【ほぼ無料】せどりで使えるおすすめ神アプリ13選!仕入れ・出品に使って効率的に稼ごう

せどり
この記事は約10分で読めます。

「せどりをもっと効率化したい!」
「もっと安く仕入れたい!」
「おすすめのせどりアプリは?」

と考えていませんか?

実はせどりはアプリを活用することで収益が拡大します!多くのせどらーはアプリを利用して効率的に稼いでいるので、取り入れない手はないでしょう。

そこでこの記事では、

  • 【仕入れ編】せどりアプリ9選
  • 【地図編】せどりアプリ2選
  • 【出品編】せどりアプリ2選

と、せどりアプリを合計で13個紹介していきます。

せどりアプリを使う注意点についても詳しく解説しているので、これからアプリを使うことを検討している方は必見です。

ぜひこの記事を参考に、自分に合ったアプリを見つけてみてください!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

【仕入れ編】せどりアプリ9選

まずは仕入れで使えるアプリを9つ紹介します。せどりは仕入れが9割と言われるほど重要。アプリを使って仕入れを攻略しましょう。

アプリ名称 料金 用途 対応機種
1. アマコード 無料・5,400円/月 リサーチ・出品 android・iPhone
2. せどろいど/せどりすと 無料・5,000円/月 リサーチ android・iPhone
3. プライスター 5,280円/月 リサーチ・出品 android・iPhone
4. Amazon seller 無料 リサーチ・出品 android・iPhone
5. DELTA tracer 2,200円/月 リサーチ androidのみ
6. keepa 1,900円/月 リサーチ android・iPhone
7. honto 無料 リサーチ android・iPhone
8. Shufoo! 無料 リサーチ android・iPhone
9. フリマウォッチ 無料 リサーチ android・iPhone

それぞれ詳しく解説します。

1. アマコード(Amacode)

アマコードは、商品のバーコードを読み取るだけで利益が分かる無料アプリバーコードで利益を判断するアプリはいくつかありますが、無料で最も人気が高いのがアマコードです。

具体的には以下のことを瞬時に表示してくれます。

  • Amazonでの販売価格
  • Amazonでのカテゴリ内ランキング
  • 出品者一覧

細かい設定が可能ですが、その分説明なしで使うのが大変かもしれません。こちらの記事「【画像付き】アマコードの設定・使い方を解説!モノレート閉鎖の影響も詳しく紹介」で使い方と設定方法を写真付きで詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください!

 

アマコードは無料でも十分使えますが、月額5,400円のアマコードプロもあります。プロ版はスキャンしただけで売れ行きグラフが確認できたり、アプリ内で出品までできたりとメリット多数。

もっと作業を効率化したい方におすすめです。

2. せどろいど/せどりすと

せどろいど/せどりすとは、アマコード同様にバーコードを読み取って利益が出るか判断する無料アプリです。せどろいどがandroid版、せどりすとはiPhone版のアプリです。

ただし、連動していたモノレートの閉鎖やアップデートの終了から不具合が多く見られます。そのため、アマコードがなんらかの事情で使用できない人におすすめです。

せどりすとには有料版のせどりすとプロ・せどりすとプレミアムがあります。

せどりすとプロにアップグレードすると、アプリ内の広告が非表示になります。価格は2,820円の買い切りで、追加機能が付加されるわけではない点に注意しましょう。

せどりすとプレミアムは、せどりすとを進化させたアプリで月額5,000円のランニングコストがかかります。無料版アプリより、即座に直感で操作できるのが特徴です。また店舗せどりだけではなく、電脳せどりでも利用できるようになりますよ。

3. プライスター

プライスターはバーコードを読み取るだけで、利益を判断し出品まで行えるアプリです月額5,280円の有料アプリなのでよく考えて課金しましょう。

プライスターが優れているのは、他にも以下のことができるからです。

  • Amazonの価格の自動改定
  • 売上を管理
  • 在庫管理

またプライスターは専用ブログで使い方を解説しているので、ちょっとしたことでつまづくことはありません。アマコードプレミアムと機能が類似しているので、自分の好みの方を使用してください。

4. Amazon Seller(アマゾンセラー)

アマゾンセラーはAmazonが公式で提供しているアプリで、バーコードをスキャンすれば利益や出品制限を確認できます。

こちらはAmazonのせどりをする人なら全員入れておくべきアプリです。なぜならAmazonは出品制限を年々強化しており、仕入れる前に確認するのは必須だからです。

仕入れてからAmazonで出品できないことがわかると赤字になる可能性があります。そのためアマコードを使って利益を計算し、アマゾンセラーで出品できるか確認するのがせどりの王道の流れです。

5. デルタトレーサー(DELTA tracer)

デルタトレーサーはバーコードを読み取ることで、その商品が売れている頻度や価格を教えてくれる有料アプリです。価格推移やランキングをグラフで確認できるので初心者でも使いやすくなっています。

無料版のアプリもありましたが、2020年で終了しました。

デルタトレーサーはこれ1つで仕入れの判断ができるのが特徴で、他のアプリを経由する必要はほぼありません。利用料金は月額2,200円です。

6. キーパ(Keepa)

キーパは商品名を検索すると価格推移グラフを閲覧できたり、指定の価格に値下げされたら通知がくるトラッキング機能を利用できるアプリです。

chromeの拡張機能ですが、iPhone版・android版のアプリも用意されています。無料のアマコードと連携して使うと便利です。

無料でも利用できますが、せどりに必要なツールは有料でしか使えないので、有料アプリと考えるのが適切です。月額1,900円ほどです。

7. honto(ホント)

ホントは、店舗の在庫を一括で確認できる無料アプリで、本のせどりをする人に必須です。本屋に行ってお目当ての商品があるか確認する手間が省けます。

また、近所の店舗に取り寄せや配達のサービスもあるので本が近所になくても大丈夫。さらにポイントサービスなどがあるので活用するとさらにお得に仕入れられますよ。

8. Shufoo!(シュフー)

シュフーは指定したエリアのチラシを一括で管理するアプリです

数日前にはチラシが配布されるので、安くなる商品をあらかじめチェックできます。数量限定や在庫処分商品はぜひチェックしておきたいところです。

とはいえ、一般の主婦向けに開発されたアプリなので、せどりで利用している人は少ないです。そのぶん、こちらも目を通していれば他のせどらーと仕入れる商品を差別化できるでしょう。

9. フリマウォッチ

フリマウォッチは複数のフリマサイトを一括で比較してくれる無料アプリです。10種類以上のフリマを網羅しており、せどりで使うフリマアプリは網羅しています。

  • メルカリ
  • ラクマ
  • PayPayフリマ
  • ヤフオク
  • ブクマ

ひと目で比較できるので、わざわざ複数のアプリを経由する必要はありません。

またアラート機能があり、指定の商品が指定の値段になると通知がきます。そのため安く仕入れられます。フリマアプリで仕入れたい人はぜひ活用しましょう。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

【地図編】せどりアプリ2選

仕入れで店舗を回るのを効率化する地図アプリを2つ紹介します。どちらか一方ではなく、合わせて活用すると効率的に回れるのでおすすめですよ。

  1. ロケマス
  2. グーグルマップ(Google Map)

それぞれ詳しく見ていきます。

1. ロケマス

ロケマスは、店舗をジャンルごとに地図上に表示する無料アプリです。効率よく回るのに必須ですよ。

それぞれ店舗をアイコンで表示してくれるので分かりやすいです。さらにアイコンをタップすると以下のことが分かります。

  • 現在地からの距離
  • 営業時間
  • 駐車場の有無

そのため回る順番を決めるのときにも重宝しますよ!

2. グーグルマップ(Google Map)

グーグルマップは言わずとも知れた有名アプリですが、店舗せどりで活躍しますロケスマと合わせることでせどりの神アプリと化すでしょう。

というのも、先ほど紹介したロケスマでは、小規模のお店は表示されないからです。グーグルマップで確認し、せどりの狙いどころである小規模のお店を落とさないようにしましょう。

ロケスマとグーグルマップで回るお店をピックアップしたら、効率的に回れるルートを検索します。やり方は以下の順にクリックするだけ。

  • メニュー
  • マイプレス
  • マイマップ
  • 地図を作成
  • 地図に追加
  • 回るお店を線で結ぶ

ルートを作ることで効率的に回れるのでぜひ活用しましょう。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

【出品編】せどりアプリ2選

こちらでは、出品の際に使えるアプリを2つ紹介します。

  1. メルカリ
  2. ヤフオク

どちらも活用すると、収益最大化します。

1. メルカリ

メルカリはフリマアプリ人気No.1の超有名アプリです。せどりをするならインストールしていない人はいないほど。

ただメルカリのユーザーは安く買うことが目的なので、高値で売るのは難しいです。そのためAmazonで売れなかった商品を損切りで売るときに使えます。

またメルカリは仕入れアプリとしても活用できます。出品者のほとんどは素人なので、値段の付け方が甘い場合が多いです。

いちどめぼしい商品を見つけたら検索してみると良いでしょう。

2. ヤフオク

ヤフオクは国内最大のオークションサイトで、多くのせどらーが利用しています。Amazonで販売しながら、サブでヤフオクを活用するのがせどりの王道です。

マーケット規模が大きく、なんといっても売れやすいの特徴です。オークション形式なのでときに想像以上の額で落札されることも。

メルカリより高く売れることが多いので、インストールして活用しましょう。

せどりでアプリを使う2つの注意点

非常に便利なせどりアプリですが、使う際に注意すべき点があります。

  1. 使えなくなる可能性がある
  2. 正しいとは限らない

大きな影響を及ぼすので、アプリを使用する前に必ず確認しましょう。

1. 使えなくなる可能性がある

せどりのアプリは閉鎖し使えなくなる可能性が十分にあります実際に多くのせどらーが愛用していたモノレートというツールがAmazonの規約違反と判断され閉鎖しています。

そのため、アプリに頼りすぎずせどりを行うことが大切です。リピート商品を増やしたり、目利きで仕入れられるほど経験を積みましょう。

また、店舗によっては購入前商品のバーコードを読み取ることを禁止しています。見つかると退店を促されることもあるので、禁止されているお店ではバーコードリーダーを使わないようにしましょう。

2. 正しいとは限らない

どのアプリでも情報が正確とは限りません古い情報や間違った情報が表示されることもあります。

そのため、1つのアプリで調べるのではなく、複数のアプリを調べて情報が一致しているかを調べることが大切です。できるだけ公式アプリで確認するようにすると良いでしょう。

例えば、利益が出ることがアマコードで見込めたら、Amazonにアクセスして自分で最安値を調べ直すなどです。仕入れてから情報が間違っていることに気が付くと大きな損失になりかねませんよ。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

アプリから抜け出して古物市場で稼ごう!

年々、アプリを使ってせどりを行うのは厳しくなっています。アプリの閉鎖やAmazonの出品規制などが理由です。

そのため、たかがせどりと侮らず、さまざまな方法を模索するのが大切です。

なかでも、僕がおすすめしているのは古物市場での仕入れです。

古物市場:せどりのプロが集まる中古品専門の売買会場のこと

プロ向けの市場なので知名度が低いですが、アプリを使ったせどりよりも消耗せずに大きく稼げます。

実際に僕は、一般の方でも参加しやすいように同行サービスを提供しています。

詳しくは関連記事「【攻略】古物市場は同行でマスター!初心者が参加する方法や優良サービスの探し方を紹介」にて解説しています。ぜひ、参考にしてみてください!

 

「せどりをもっと勉強したい」「いきなり古物市場行くのは不安…」という方には、無料のメルマガをおすすめしています。

月収100万円を目指せるせどりノウハウを配信していて、メールアドレスだけの登録&いつでも解除可能なので気軽に読んでみて下さい!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました