【無料あり】自動購入ツールのおすすめとAmazon&楽天で使える効率化ソフトを一挙紹介

せどり
この記事は約17分で読めます。

メルマガ

「自動購入ツールって何?」
「どのツールがおすすめ?」
「ツールの料金が知りたい!」

せどりが軌道に乗ってくると、自動購入ツールの名前を耳にする場面も出てくるでしょう。

細野
細野

在宅で稼げるのが電脳せどりの魅力ではありますが、決して楽なことばかりではありません。

商品の仕入れもその1つで、何時間もパソコンの前に貼り付いたり、発売時刻に合わせて徹夜することもあります。

そんな苦行を解消してくれるのが、自動購入ツールです。文字通りツールが商品を自動で購入してくれるので、自分が眠っている間も勝手に仕入れが進みます。

そこで今回は、商品をスムーズに購入してくれる「自動購入ツール」について、以下の流れで解説していきます!

  • 自動購入ツールとは?
  • 自動購入ツールを使うメリット
  • 自動購入ツールを使うデメリット
  • おすすめの自動購入ツール

ツールを使って自動化すれば自由な時間も増えてQOLが上がりますし、その気になれば空いた時間でリサーチをかけて、さらなる売上げアップも見込めるでしょう。

細野
細野

ぜひ自動購入ツールを使って、良いせどりライフをおくってください!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

自動購入ツールとは?30秒でサクッと紹介

自動購入ツールとは、その名の通りECサイト上の商品を自動で購入するツールです!

  • 刈り取りせどり
  • トレンドせどり
  • 限定品転売

購入したい商品を設定すると24時間体制で監視し、出品されたら即座に購入してくれます。

細野
細野

特にPS5やSwitch、iPhoneなど発売から数秒で売り切れてしまうようなものは購入できる確率が大きく高まるでしょう。

自動購入ツールを使う3つのメリット

自動購入ツールを使用するメリットは、主に3つあります。

  1. 手動で購入よりも早い
  2. パソコンに貼り付かなくてよい
  3. 商品を購入できる確率が上がる
細野
細野

仕入れにかかる労力が少なくなるので、生活が大きく変わるはずです。

1.手動購入よりも早い

自動購入ツールは手動とは比べ物にならないスピードで購入が進みます。

手動購入の場合は以下の流れで商品を購入するので、1〜2分はどうしても必要です。

1.カートに入れる
2.基本情報の入力
3.支払情報の入力
4.商品購入

しかし、自動購入ツールを使えば数秒で購入が完了します!

楽天やAmazonのセール品などは販売開始から数秒で売り切れてしまうこともある(比喩ではなく本当に数秒)ので、ツールを利用して購入するとよいでしょう。

細野
細野

実際に発売前に注目が集まるような人気商品は、この手のツールを利用して購入されることも多く、ライバルと戦うには人力では心許ありません。

2.パソコンに貼り付かなくてよい

利益商品を仕入れるために、パソコンの前に何時間も貼り付くのはよくある話です。

  • タイムセール期間中に1時間ぶっ続けで購入
  • 限定商品発売時刻に更新ボタンを連打
  • 海外時刻に合わせた深夜の待機

ずっとパソコンの前にいるのは辛いですし、何より早いもの勝ちの仕入れは神経をすり減らします。

深夜2時にパソコンの前で、いつ発売するかハッキリしない商品の購入を待ち続けるのは苦行でしかありません。

細野
細野

しかし自動購入購入ツールを使えば寝ている間も商品を購入してくれるので、QOLが爆上がりです。

3.商品を購入できる確率が上がる

人気商品は販売開始直後から世界中のせどらーが殺到するので、人力勝負で商品を購入できる確率はかなり低いです。

ライバルたちもツールを使って仕掛けてくるので、こちらもツールを使って対抗しましょう。

ただし、ツールの設定やPCやサーバーの性能次第で不具合が起きたり、スピードに差が付く場合もあるので100%の購入できるとは限りません。

細野
細野

しかし、同じツールを使用しているライバルたちと同じ土俵に立つためにも、快適な環境で自動購入ツールを導入することをおすすめします。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

自動購入ツールを使う5つのデメリット

自動購入ツールのデメリットは主に5つです。

  1. 購入できない商品がある
  2. 利用はAmazonや楽天が中心
  3. 運用費用がかかる
  4. サービス終了の恐れがある
  5. 他のせどらーと差別化が難しい

デメリットも忘れずにチェックして、導入すべきかじっくり検討してください。

1.購入できない商品がある

自動購入ツールの購入スピードは手動の比ではありませんが、100%購入できるとは限りません。

ツールに登録した商品を常に監視し、即座に購入してはくれますが、商品の数が増えると監視自体に時間がかかり、購入に若干の遅れが発生します。

細野
細野

欲張ってあれもこれもと登録すると、ライバルに負けてしまうので注意してください。

2.利用できるのはAmazonや楽天が中心

自動購入ツールによっては、対応していないサイトがあります。

基本的にAmazonには対応していますが、メーカー直販の小さなECサイトなどではまず使用できないので注意してください。

また、Amazonに次ぐ人気の楽天市場ですが、今回紹介するツールではShop Ding Dongのみ自動購入が可能です。

3.運用費用がかかる

自動購入ツールは24時間動かすので、基本的に仮想サーバー(VPS)を立てて運用します。

なので毎月のサーバー代は必須であり、有料ツールを使用する場合は月額利用料も当然発生します。

細野
細野

自前のパソコンで動かすことも可能ですが、普段使っているPCしかない場合は自動購入専用のPCを購入する費用も必要になります。

24時間スリープにならないように動かし続けるので、仮想サーバーを契約しなくてもPCを立ち上げている間の電気代はかかってしまうでしょう。

月に何万円もかかるものではありませんが、固定費はジワジワ溜まっていくので利益が出るか慎重に吟味してください。

4.サービス終了の恐れがある

自動購入ツールはいくつも存在しますが、サービスが終了したものも多いです。

【サービス終了したツールの例】

  • ラクブラ(楽天購入特化ツール)
  • Amazing Free(Amazon購入特化ツール)
  • せどりの翼 アルバトロス

こちらの自動購入ツールは、既にサービス終了しているので注意しましょう。

細野
細野

以前このブログで紹介していた「せどりの翼 アルバトロス」も現在は販売終了となってしまいました。

自動購入ツールは永遠に使い続けられるとは限らないので、サポートの状況を定期的にチェックしてください。

5.他のせどらーとの差別化が難しい

自動購入ツールは出回っている種類が多くないので、ライバルも同じツールを使用している可能性が高いです。

ツールの使い方次第である程度の差別化はできますが、同じツールを使うと必然的にライバルとの差がつけにくくなります。

差をつけるためには、ツールの外にあるリサーチや目利きの部分が欠かせません。最初から利益が出ることが分かっていて、かつライバルが少ない商品を探しましょう。

僕のおすすめはブランド品やパソコンを「リペアや価値を高めて販売する」というやり方で差別化する転売方法です。これならライバルも少なく飽和しにくいビジネスモデルです。

細野
細野

これからはライバルとの差別化も視野に入れてしっかり稼いでいきたいという方は、こちらの記事で詳しく紹介していますので読んでおいてください。

おすすめの自動購入ツール7選

せどりの自動化を進めてくれるツールは自動購入以外にも様々なものがあるので、今回はおすすめの自動化ツールをまとめてご紹介します

  1. Shop Ding Dong
  2. vAmaSear
  3. せどりの翼 アルバトロス(現在は販売停止)
  4. セドリオン
  5. DELTA GIGA
  6. ラクゾン
  7. BidMachine(ビットマシーン)
  8. 自動購入ツールをプログラミングで自作する

それぞれツールの機能の違いや、料金について順に解説していきます。

1.Shop Ding Dong【無料】☆☆☆おすすめ

料金 無料
利用可能サイト ・Amazon
・楽天Bic
・楽天市場
・オムニ7
・楽天ブックス
特徴 ・無料で利用できる
・公式サイト設計が丁寧
・ソフトインストール型
・複数の商品を監視、注文できる
・複数のショップを同時に監視できる
・バージョンアップが定期的に実施されている

Shop Ding Dongは、今回紹介する中で唯一の無料ツールです。品質も非常に高く、有料ツールにも引けを取りません。

特に楽天の自動購入に対応しているところが最大のポイントで、有料ツールを含めても楽天で利用できるのはShop Ding Dongだけです。

サポートも充実しており、細かなアップデートを繰り返して不具合を修正し続けています。

使用方法も画像付きで詳しく解説されているので、公式サイトを見るだけでスムーズにツールを動かせるでしょう。

2.vAmaSear【買い切り2,000円】

料金 2,000円(買い切り)
利用可能サイト ・Amazon
・ビックカメラ.com(自動注文非対応)
・ヨドバシ.com
・トイザらス オンラインストア(自動注文非対応)
・セブンネットショッピング
・TSUTAYA オンラインショッピング(自動注文非対応)
・イトーヨーカドーネット通販
・楽天市場(自動注文非対応)
・ロフトネットストア
特徴 ・ライセンス料がかかる
・公式サイト設計が丁寧
・ソフトインストール型
・商品出品のツイートをトリガーに自動購入できる
・複数のショップ、商品を同時に監視できる
・バージョンアップが定期的に実施されている

vAmaSear2000円の買い切り自動購入ツールです。月額使用料はかかりません。

様々なサイトに対応しており、幅広い仕入れを実現してくれます。ただし、楽天市場を含む一部のサイトでは通知機能しか使えず、自動購入はでき無いので注意しましょう。

こちらもShop Ding Dong と同様にアップデートは定期的に実施されており、頻度としてはこちらの方がよりアップデートの回数が多いです。

またvAmaSearの面白い機能として「ツイートトリガー」というものがあります。

ツイートトリガーは、ご自身の Twitter アカウントで作成したリストのメンバー(ツイッ ターユーザー)のツイートを 5秒毎に取得します。取得したツイートにお気に入りリスト で登録したキーワード全てが含まれているとき、これをトリガーとしてサイトにアクセス し、注文可能であれば自動注文( 出品通知)を実行します。

参考:vAmaSear HP

ツイッター連動で商品を購入する機能はvAmaSearにしかないので、使ってみる価値はありそうです。

3.せどりの翼 アルバトロス(販売終了)

せどりの翼 アルバトロスは、現在販売停止しています。

料金 初月9,800円、月額3,980円
利用可能サイト Amazon
特徴 ・利用料がかかる
・クラウド型
・Amazonの新品価格が高いものがわかる

せどりの翼 アルバトロスは、Amazonで新品の値段が通常値段よりも高いものを見つけてくれるツールです。自動購入の機能は無いので注意してください。

このツールを使えばプレミア価格商品を絞り込みができ、見つかった商品を店舗や別サイト等で通常値段で仕入るだけで利益になります。

いままで何時間もかけていた利益商品のリサーチが一瞬で終わるので、毎日リサーチに追われている方は導入してみてください。

使用方法は公式サイトに動画が掲載されているので、それを見る事で理解できるでしょう。

4.セドリオン【買い切り12,800円】

料金 12,800円(買い切り)
利用可能サイト ・Yahooショッピング
・楽天市場
特徴 ・利用料がかかる
・ソフトインストール型
・外出先でスマートフォンやタブレットからもデータにアクセス可能
・Amazon上の定価越えの商品を抽出&他のネットショップと比較
・Amazonと価格差がある商品を様々なサイトから探す
・5日間無料体験可能

セドリオンはYahooショッピングや楽天市場等とAmazonの間で、価格差のある商品を探してくれるツールです。自動購入ツールではないので注意してください。

見つけた商品を購入して、Amazonに流すだけで利益が得られます。「プレ値リサーチ」という

また、セドリオンではAmazonに出品することもツール上から可能です。仕入れたい商品に出品制限がかかっているかすぐに確認出来るため、誤って販売できない商品を仕入れてしまうミスを防げます。

5日間無料体験ができるので、まずは体験してみて効果を実感してからに使用するかどうか決定すると良いでしょう。

5.DELTA GIGA【月額10,800円】

deltagiga

料金 月額10,800円
利用可能サイト
  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • EDION
  • ケーズデンキ
  • ノジマオンライン
  • TSUKUMO
  • WINK DIGITAL
  • Qoo10
  • ひかりTVショッピング
  • Dショッピング
  • イオンスタイルオンライン
  • アスクル
  • LINEショッピング
  • HMV
  • たのめーる
  • Honyaクラブ
  • ECカレント
  • ポンパレモール
  • トイザらス
  • イーカプコン
  • あきばお~
  • あみあみ
  • ゲーマーズ
  • ムービック
  • カインズ
  • DCMオンライン
  • コーナンeショップ
  • KOMERI.com
  • ナフコオンライン
  • ロイモール
  • キャスティングオンライン
  • FISHING遊
  • ぶんぶんタックル
特徴
  • リサーチできるECサイトの数が業界最多
  • Webツール型
  • パソコンをオフにしてもリサーチ継続可能
  • 1分間に1300件の高速リサーチ
  • 4日間無料体験可能

DELTAGIGAは、楽天市場・ヤフーショッピング・Amazonはもちろん、業界最多となる31のECサイトにも対応したツールになります。自動購入ツールではないので注意してください。

楽天とヤフーショッピングの価格比較、ECサイトとAmazonとの価格比較、アマゾンとヤフーショッピングの価格比較、楽天とアマゾンの価格比較ができます。

2021年の12月に追加された「楽天ハック」では、楽天市場のショップ単位でリサーチすることができるようになりました。

他にも「条件抽出商品(拡張版)」や「新フィルタ検索」「価格変動商品」など、開発中の機能も多数あるので、これからさらに進化していくツールです。

一般的なソフトインストール型とは違い、寝る前や仕事に行く前に検索条件を指定してリサーチをかけておけば、パソコンやスマホを閉じていてもWeb上でリサーチを継続してくれるのも強みです。

4日間無料体験ができるので、まずは実際に使ってみると良いでしょう。

6.ラクゾン【月額2,980円】

ラクゾン

料金 月額2,980円
利用可能サイト
  • 楽天市場
  • Amazon
特徴
  • 楽天ポイントの複雑な計算を自動化
  • カーソルを合わせるだけで利益商品がわかる
  • Google Chromeの拡張機能
  • パソコンでのみ利用可能
  • 7日間無料体験可能

ラクゾンは、楽天ポイントせどりに特化したツールです。

※楽天ポイントせどりについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

楽天市場のポイントは色んな種類があって計算が大変ですが、「SPU・ショップポイントアップ・スーパーDEL・キャンペーン」などで獲得できるポイントや、各種値引きクーポンを使った場合の価格も瞬時に自動計算してくれます。

また、ソースコードに埋め込まれたJANコードも自動取得してくれるので、ライバルがせっせと手動でリサーチしている間に大量の利益商品も取りこぼさずに取得。

初心者さんでも、型番や規格が違う商品を仕入れてしまうというミスがなくなり、スイスイ利益を上げていくことが可能です。

Amazonで売却した場合の現金利益と、仕入れの際に楽天から入るポイントの合計も丸わかりなので、楽天ポイントを加味して効率よくせどりできるようになります。

7日間無料体験ができるので、まずは実際に使ってみると良いでしょう。

7.BidMachine(ビットマシーン)【月650円~4,500円】

BidMachine

料金 5段階のプランに応じて1ヶ月650円~4500円。1ヶ月・3ヶ月・6か月・12か月払いがあり、長期契約ほど月額の料金が割引されるシステム。無料お試し版もあり。
利用可能サイト
  • ヤフオク!(旧Yahoo!オークション)専用
特徴
  • ヤフオクの自動入札ができるツール
  • 狙った商品が出品された時のアラーム機能あり
  • 徐々に高値を付けていく追跡入札も可能
  • 無料版あり

ヤフオクは終了時間間際の入札が最も落札できる確率が高くなっています。しかし、手動だとずっとPCの前に張り付いていないと入札できませんよね。

BidMachine(ビッドマシーン)を使えば自動でヤフオクの入札をやってくれます。

また、設定した値段で一気に入札する一括入札だけでなく、ライバルの入札に合わせて徐々に価格を上げて入札してくれる「追跡入札」の機能もあります。

デメリットとしては、ソフトを起動していないと自動入札ができないので、パソコンの電源をつけておかなくてはいけないという点ですが、電源さえ入っていれば放置でOKなのでそれほど気になりません。

BidMachineを導入することで、仕事など予定がある時間帯の終了時間でも商品を落札することが可能となり、仕入れの幅が広がりますのでメリットの方が大きいです。

無料版を使えば、月に10件まで自動入札ができますので、試しに使ってみたいという方はインストールしてみてください。

8.自動購入Botをプログラミングで自作してみる

自動購入ツールを探したけど、いまいちピンとくるものが無い..。

そんな方はプログラミングで自作するのも1つの手です!

JavaScriptやPythonなどのツールを使ってスクレイピングを行えば、比較的簡単にツールを作成できます。

ただし過剰に回遊して、サイトに負荷をかけるようなツールを作ると、サイバー攻撃と見なされてアカウント閉鎖もしくは逮捕される可能性があるので注意しましょう。

自分でプログラミングできない場合は外注することも可能

また、もしプログラミングに自信がない方は、オリジナルツールの作成を外注するのも1つの手です。自分でツールを作れない場合は作れる人に頼みましょう。

細野
細野

自動購入ツールの作成はそこまでレベルの高いものではないので、クラウドソーシングサイト等を利用すればOK。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • ココナラ

などで発注が可能なので、ツールを作成してくれる人を探してみてください。もし良い自動購入ツールが完成したら、ツール自体を販売して利益を上げるという方法もあります。

自動購入ツールを使う環境を整えよう

自動購入ツールを利用するなら、その効果を最大限に発揮させるために次のような環境を整えておきたいですよね。

  • 常に自動購入が可能
  • ライバルよりも早く自動購入できる

そのためには、具体的に次の二つの環境を整えればOKです。

  • 「常にPCを立ち上げておく→自動購入専用のPCを用意」
  • 「速いネット回線を契約する→光回線にする」
細野
細野

もう少し詳しくご紹介しておきますね。

自動購入ツールは専用PCで稼働させよう

DELTAGIGAのようなWebツール型であれば、PCを閉じていても稼働できますが、DELTAGIGAはリサーチ用ツールなので自動購入はできません。

自動購入ツールはPCの電源を落としてしまうと自動購入できなくなるタイプのものが大半です。

なので自動購入専用のPCを導入することを検討しましょう。メモリは最低8GBあればOK。中古なら2~3万円で購入することも可能です。

専用のPCを用意できない場合は「さくらのVPS」など「VPS(仮想専用サーバー)」を使うと、自動購入ツールをサーバーにインストールして稼働させることができますよ。

自動購入ツールは光回線での使用を推奨

また、ネット回線はデータのやり取りがダントツで速い「光回線」がおすすめです。

ネット速度が遅いとツールで自動購入できるスピードも遅くなり、ライバルに負けてしまいます。数が少ない商品を狙う場合は命取りになりますので、自動購入ツールを使うなら光回線を用意しましょう。

どこの光回線にするかを選択するときは「IPv6」対応のプロバイダを選択しましょう。IPv4よりも回線が混雑しにくくスピードも速いので快適に使えます。

細野
細野

もし、光回線を初めて契約する場合は、回線工事費用がかかるので(2~3万円程度)手出し0円で契約できるドコモ光がおすすめです。MNP(携帯の乗り換え)とセットで契約するとキャッシュバックが5万円貰えて工事費が無料になる窓口もありますよ。

このブログではスマホ転売やMNPで稼ぐ方法もご紹介していますので、せどりと一緒に実践すれば仕入れ資金をグッと増やすことができますよ。

自動購入ツールを使用する際の注意点

自動購入ツールは、ネットで仕入れが完結する「電脳せどり」になるのですが、実は仕入れてはいけない商品もいくつか存在します。

後で「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、こちらの記事で電脳せどりの基本をチェックしておくと安心ですよ。

【極意】利益率の高い電脳せどりとは!おすすめの仕入先や違法になる3つのケースを紹介
「電脳せどりと店舗せどりは何が違うの?」 「電脳せどりの仕入先は?」 「電脳せどりの利益率を高めたい!」 この記事ではこれらの疑問を解決していきます。 「電脳せどり」は初心者にも始めやすい方法なので、多くの方が手を付けるので...
また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました