せどりアプリおすすめ2019。神の組み合わせで仕入れは爆益になる

せどりアプリ せどりアプリ

この記事の所要時間: 4318

こんにちは、細野です。

 

現代におけるビジネスは情報戦であり、情報を制した人間が圧倒的に大きく勝ちます。

せどりというビジネスは、資本力もそうですが、効率的に情報を処理出来るアプリやツールを組み合わせて、それを適切に処理する力が求められます。

そうしなければ、あなたはいつまでも一つ一つの作業に時間がかかりすぎて、思うように収益を上げることができなくなってしまいます。

 

今回は僕らがiPhoneに入れて持ち歩いているツールを紹介したいと思います。

稼いでる人だけが使っている特別なツールがあるわけではなく、僕らも誰もがアクセスできるツールを使い、それを使って稼いでいます。

今回は具体的に何をインストールしているのかを公開するので、ぜひ盗んで帰って下さい。

 

この記事は下記のような方に役立つことを想定としてまとめています。

店舗せどりで効率的に仕入れをするためのアプリ
Amazon転売の在庫と資金を効率的に回転させるためのツール
輸入せどりに役立つアプリとツール
税金(確定申告)の管理に役立つソフト
外注さんを管理し自動化するために使うツール

 

この記事に書かれているアプリとツールを100%使いこなした時に、必然的にあなたの収益は今の何十倍にも跳ね上がっていることでしょう。

 

それでは始めていきます。

  1. せどり厳選無料アプリ(必須)
    1. せどりすと無料版
    2. アマコード
    3. Monozon
    4. フリマとオークションを一括検索
    5. ebay
    6. Cash(キャッシュ)
    7. BUYMA
  2. せどり厳選有料アプリランキング
    1. せどりすとプロ
    2. せどりすとプレミアム
    3. Amacode Pro
    4. モノゾンPRO
  3. 直接の稼ぎには直結しないが、入れておいたほうがいいアプリ
    1. AmazonSeller(収支管理、手数料計算、在庫管理、商品情報掘り下げに利用)
    2. GMapTools(仕入れルートの管理に利用)
    3. セブン-イレブン(コンビニでFBAラベルをプリントする際に使う)
    4. netprint(仕入れ時のFBA発送に利用)
    5. shufoo!(仕入れマップ作成前の戦略決定に使う)
    6. ロケスマ(新しい仕入先の発見)
    7. ジモティー
    8. セカンドストリート
    9. ヤフオク
    10. メルカリ
    11. フリマウォッチ
    12. お宝本棚(セット本せどりに特化したツール)
  4. せどりの収支管理をアプリでやる場合
  5. せどりの確定申告をアプリで行う場合
  6. Androidに対応するせどりアプリについて
  7. Amazonのアカウントを育成するツール(価格改定、サンクスメール)
    1. 購入者メールがなぜ大事なのか?
    2. カートを取得する条件
  8. 評価自動化(サンクスメール)ツールの比較
    1. アマスタ
    2. JUDS
    3. AmaCS
  9. 価格改定自動化ツールの比較
    1. ECザウルス
    2. うれまっせ2
    3. 価格改定王
    4. GAGA(初期段階におすすめ)
  10. 価格改定もサンクスメールも両方自動化出来るツール(おすすめ)
    1. プライスター
    2. Cappy
    3. D-plus
    4. マカド
    5. アマストリーム
  11. 電脳せどり仕入れ支援ツール
    1. ラクブラ
    2. ShopDingDong
    3. アマサー
    4. 電脳せどり拡張機能(クローム)のおすすめ
      1. オートプライスチェッカー
      2. ショッピングリサーチャー
      3. モノサーチ
      4. モノゾン
  12. ライバル分析ツール
    1. ストロイド
    2. ニント(Nint)
  13. 外注さん管理ツール
    1. チャットワーク
    2. マイスピー
    3. Bandicam
  14. キャッシュレスアプリのおすすめは?
    1. kyash
    2. PayPay
    3. 楽天ペイ
    4. Origami Pay
  15. 海外せどり(Amazon輸入転売)に使うアプリやツール
    1. Tジャンパー
    2. アマトピア
    3. PRIMA
    4. Ama速
    5. nint for seller
  16. これ以外のせどり便利ツールについて
  17. まとめ

せどり厳選無料アプリ(必須)

まずは気軽に利用できるという理由から、無料で使えるアプリを紹介していきます。

無料ということでそれなりのものと思ってしまいがちですが、これだけでも月に数万レベルで良ければ稼げてしまいます。

まずは無料アプリでせどりってどんな感じなのか、自分でも稼げるのか、続けられそうか?を試していくといいでしょう。

 

これでやっていけるなと思ったら有料アプリを購入して、さらに稼げる仕組みを作り込んでいきます。

せどりすと無料版

せどりアプリ:せどりすと

せどりすと無料版ダウンロード

 

おすすめ1位はせどりすとの無料版です。

これを落としておけば、とりあえず稼ぐ土台が出来ます。

機能面は最低限という感じですが、後述のアマコードというアプリと組み合わせて、その問題を解決します。

 

アマコードがメインでない理由は、サーチ速度が遅いからです。

せどりすと無料版のほうがサクサク動いてくれるので、こちらをメインに使っていきます。

アマコード

せどりアプリ:amacode

アマコード無料版ダウンロード(iPhone版)

 

せどりすとに続く必須ツール。

こちらは手数料電卓(利益計算が出来る)が内蔵されていたり、無料版でもインストアコードがサーチできたりと充実している。

インストアコードというのはBOOKOFFやゲオで採用されている独自規格のバーコード。

このバーコードは今まで読み込むことが出来なかったので、分析は無理と思って諦める人が多かった。

しかしインストアコードを解析して読み込む方法が実装され、現在ではせどり対象になっているというわけだ。

 

万全に見えるアマコードだが、しかしサーチ速度が遅いという致命的な欠陥あり。

なので僕らはサブ的なアプリとして使っています。

 

せどりすとで全体を見て、アマコードで細部を分析する。

そして後述のモノゾンで購入ロットを決めるという流れを組んでいる。

Monozon

 

 せどりアプリ:モノゾン

モノゾンiPhoneアプリダウンロード

 

1ヶ月でいくつ商品が売れたかを自動的に計算してくれるアプリ。

せどりすとに搭載されているモノレート機能でも分析ができるが、仕入れの判断をより確実にするための最終仕上げとして使っていく。

 

特に新品せどりと相性が良く、大量に同じ商品を仕入れる時のリスク管理に活用できる。

しかしmonozonも万能ではなくて、同じ商品が日本全国でせどらーに大量に仕入れられて暴落するということがある。

新品せどりは短期間で大量の商品を回転させることが出来るメリットがあるが、リスクコントロールをしっかりやらないと不良在庫と赤字になってしまう問題がある。

最初の間は多少控えめな仕入れをしつつ、いろんな属性の商品を仕入れて分散させるのがおすすめです。

フリマとオークションを一括検索

せどり無料アプリ:フリマとオークションを一括検索

フリマ&オークション一括検索iPhoneアプリダウンロード

 

フリマアプリとヤフオクの相場を一括横断検索してくれます。

せどりというとAmazonで販売する事と思ってしまいがちなのですが、Amazon以外で販売することで大きな利益を出すことが出来る商品が存在します。

そういった商品のリサーチに横断検索アプリを活用していくのです。

ebay

海外せどり無料アプリ:ebay

eBayiPhoneアプリをダウンロード

 

これは横断検索アプリでは検索できない海外マーケットの分析をするために使います。

世界最大のオークションサイトであるebayで販売をすることで、日本より高く売れるのはもちろんの事、購入したい人の母数が増えるため、商品回転率を高めることが出来ます。

英語や販売数の上限があったりと、とっつきにくい部分があるebayですが、取り入れることであなたのせどりの幅が広がっていきます。

Cash(キャッシュ)

古着せどり無料アプリ:CASH

cashアプリをダウンロード

 

古着せどりをする時に使います。

店頭で安く売られている商品が買取価格よりも安ければチャンス。

ほぼノーリスクで現金化して利益を出せる可能性があるんです。

せどりの収益化までの速度を更に早めてくれた革新的なアプリです。

BUYMA

BUYMA

バイマアプリをダウンロード

 

自分では売れると思うのだが、横断検索アプリで販売履歴が使います。

服の新品転売をやる人はBUYMAの引きを見たほうが良いです。

BUYMAで人気があれば、販売履歴がいなくても、類似品や競合商品の相場価格から判断をして仕入れて問題ありません。

アパレルせどりは相場を見れる範囲が限られるからこそ、ライバルが増えずに手堅く稼げるのです。

せどり厳選有料アプリランキング

ここからは有料だが、最短で30万稼ぐために有効と考えているアプリを紹介していきます。

基本的に紹介しているものは買ってガッカリすることはないのだが、副業レベルだとせどりすとプロが特におすすめです。

これと無料アプリのアマコードがあれば、不便感じることはまずない。

専業レベルでやるならせどりとプレミアムを導入していきましょう。

せどりすとプロ

 

Evernote Camera Roll 20151104 204422 (1)

せどりすとプロをダウンロード(有料)

 

初期段階でアマコードとセットで使うことをおすすめしているツールです。

無料版のせどりすとよりもサーチ速度が早く、安定しています。

バーコードリーダーとセットで使うことで、店舗せどりを効率化出来るメリットがあります。

 

せどり仕入れ前にやっておこう:ビームせどりに使うKDC200の設定方法
この記事ではKDC200とiPhoneを接続する方法を解説しています。 まだKDCを購入されてない方や、アプリの導入が終わってない方は、以下の記事を読み、準備をすすめて下さい。 ...

せどりすとプレミアム

せどりすとプレミアム

せどりすとプレミアムを契約(月額課金有料アプリ)

 

店舗せどりで月に30万以上稼ぎたいなら必須のアプリ。

分析のしやすさやサーチの速さが他社のツールと比べて段違いです。

 

せどりをする時に悩む利益計算や、キーワード検索、

入力ウィンドウの常時アクティブ化(KDCを繋いでおけば常にスキャンできる)、

インストアコードサーチ、ネットショップ在庫検索、カート価格調査など

せどりをしていく上でこんな機能あったらいいなというのが全部搭載されています。

 

月に100万以上稼ぐ人は例外なくこのアプリを入れています。

月額5000円と維持費が高いのがデメリット。

しかし使いやすく、これを使うことで分析が効率化されるのは間違いない。

 

せどりすとプレミアムの料金はいくら?評判は?買ったほうがいい?
結論から言うと、せどりすとプレミアムは組織化するなら導入しましょう。 これ買い切りにしてくれたらいいのになー。 料金は月額5000円ぐらいです。 せどりすとプレミアムへの切替タイミングですが、 ...

Amacode Pro

せどり有料アプリおすすめ:アマコードプロ

 

 

 

 

アマコードプロ

 

アマコードの有料版です。

せどりすとプレミアムと出来ることはほぼ同じで、価格が少しだけ安い。

 

せどりすとプレミアムは月額5,400円で初回に2ヶ月分の10,800円を支払わないといけない。

それに対してAmacode proは一ヶ月から契約ができて4,980円。

初回の15日間は無料お試し期間がついている。

 

現在は受付と販売が停止している模様。

せどりすとプレミアムとの競争に負けてしまったのかもしれませんね。

 

使えない間、大きく稼ぎたい方は、せどりすとプレミアムの契約を検討して下さい。

モノゾンPRO

無料で使えるモノゾンの有料版で、月額979円で利用できます。

利益の計算をFBA料金シュミレーターに移動しなくても出来るようになったり、値動きの情報を無料版よりも詳しく取得することが出来ます。

 

電脳せどりや海外せどりをメインで行っている方は、モノゾンPROを使うことで思考のショートカットが出来る可能性があります。

店舗せどりの場合は、専用アプリがまだ用意されてないので導入が出来ません。

 

自分の手法に応じてモノゾンPROが必要かどうか、判断をするといいでしょう。

直接の稼ぎには直結しないが、入れておいたほうがいいアプリ

 

このパートでは、稼ぐ上では必須ではないのだが、教えてる人たちに入れてもらってるアプリを紹介していきます。

AmazonSeller(収支管理、手数料計算、在庫管理、商品情報掘り下げに利用)

せどり収支管理アプリ

Amazonセラーアプリをダウンロード

 

Amazon公式アプリです。

売り上げチェックから、お客さんからの問い合わせ、
手数料計算までこれ一本で出来ます。

このアプリを導入してから手数料計算で悩むことがなくなりました。

仕入れる前から見込み利益や売れるまでの速度を予測してから仕入れるので
大量仕入れや高単価な仕入れでも迷うことがありません。

このデータ出ててくる数字はAmazonが公式に出している数値なので、100%誤りがありません。

収集管理の最終チェックにはこのアプリを使っていきます。

慣れてきたら毎回粗利計算をしなくても、感覚で取っていけるようになりますが、最初の間は終始管理は丁寧にやるようにしましょう。

 

自分のアカウントで規制されて出せない商品も、このアプリを使えば事前に規制対象化を調べることが出来ます。

既成商品はアマコードでも調べることが出来ますが、より確実なのがAmazon公式のセラーアプリです。

仕入れる前の最終チェックとして使っていきましょう。

GMapTools(仕入れルートの管理に利用)

せどり店舗検索アプリ

gmaptoolsをダウンロード

 

グーグルマップをiPhoneから見られるようにしてくれるアプリ。

思ったよりも効率的にお店が回れてしまった時に
他に回れるお店を探す時に使います。

こういう時に仕入れマップを作っている人と作ってない人の間で差が出てきます。

稼げない人ほどこの仕入れマップ作りをやらないんですよねー。

セブン-イレブン(コンビニでFBAラベルをプリントする際に使う)

 

Evernote Camera Roll 20151104 204422 (3)

セブンイレブンアプリをダウンロード

 

後述のネットプリントをする際に、最寄りのセブン-イレブンを探します。
今やプリンターやパソコンを持ち歩かなくてもどこでもプリントアウトが簡単にできます。

iPhoneがあればどこでも仕事をこなせる時代ですね。

netprint(仕入れ時のFBA発送に利用)

 

Evernote Camera Roll 20151104 204422 (2)

ネットプリントアプリをダウンロード

 

セブン-イレブンで印刷をする文章を登録するアプリです。
仕入れた商品を出先からFBAに送る時に使ってます。

このやり方を取り入れてから効率が良くなっただけでなく、
利益率も改善しました。

僕の教え子の福田さんが開発してくれました。
ありがとう。

shufoo!(仕入れマップ作成前の戦略決定に使う)

せどり仕入れアプリ:shufoo!

シュフーアプリをダウンロード

 

近場でセールをやっているか、利益の出る商品が特売で出ていないかを探すために使う。

このアプリで仕入れルートを作る前に調べておき、セールをやっている場合は朝イチでその店に出かけて利益を確定させる。

忙しない手法だけどやれば必ず結果が出る手法。

月に1億円以上売ってる人から教えてもらったやり方です。

 

ロケスマ(新しい仕入先の発見)

 

せどり店舗検索アプリ:ロケスマ

ロケスマアプリをダウンロード

 

近くにあるお店をリストアップしてくれる。

寄り道しながら道中で見つけたお店で新ジャンルにトライすることで、日給(1日の期待値)はどんどん上がっていく。

 

1日回り終えた時に20万円を超える期待値が出ていればその日は合格。

10万切ってたらかなりやばいです。

仕入れが上手な人と何度も一緒に仕入れに出かけてスキルを盗みましょう。

 

ジャンル固定は一時的に稼げても長期的には必ず淘汰されて消えていきます。

ゲームだけ、カメラだけ。

こういった脳死しちゃってるコンサルとか仕入れツアーには絶対に参加しちゃ駄目。

稼げないよ。

ジモティー

 

せどり0円転売アプリ:ジモティー

ジモティーアプリをダウンロード

 

アラート登録をした商品が出品された際に即座にチェックして連絡を取るために使う。

多少忙しないが張り付いておくことで有利な仕入れが実現をする。

電脳せどり、0円転売のアプリとして活用できる他、外注さんの雇用(人材募集)にも使えます。

セカンドストリート

せどり店舗アプリ:セカンドストリート

セカンドストリートアプリをダウンロード

 

中古や未開封品の仕入先として活用出来るセカンドストリートのアプリです。

全国の在庫をこのアプリ一つで検索できる他、店舗の検索もアプリ内から可能です。

ヤフオク

電脳せどりアプリ:ヤフオク

ヤフオクアプリをダウンロード

 

ヤフオクで販売をしている人は入れておきましょう。

問い合や出品など管理がアプリから一式出来てしまいます。

メルカリ

電脳せどりアプリ:メルカリ

メルカリアプリをダウンロード

 

電脳せどりの仕入れと販売に使います。

店舗で仕入れた商品でもメルカリで売ることで高値転売できる商品があるので、入れておきましょう。

フリマウォッチ

電脳せどりアプリ:フリマウォッチ

フリマウォッチダウンロード

 

電脳せどりや、店舗で見つけた商品をアラート登録するために入れておきます。

店舗では高いがネットだと実は仕入れできる商品だったというパターンは実は非常に多いのです。

思考を水平展開させる事で、仕入れの幅はどんどん広がっていくので、思考停止で大量にバーコーコードを当てるのではなく、仮説を作って検証をたくさんしていきましょう。

お宝本棚(セット本せどりに特化したツール)

セット本せどりのツールなら「お宝本棚」
セット本せどり専用ツール「お宝本棚」。仕入れも管理も、高値情報もこのツール一つでOK! 難しい設定は何もいりません。スマホでもPCでも使えるので、店舗だけでなく自宅でも情報分析できます。

セット本せどりの検索に特化したツールです。

セット本せどりはある程度量をこなすと暗記ゲーになりますが、相場観が出来るまでは効率化するツールを導入してみても面白いかも知れません。

セット本せどりで役立つツールとリスト。揃わない時の仕入れサイト
せどり初心者が取り組みやすいジャンルに本せどりがあります。 単価が低く、小さな利益を積み重ねることで、初心者でも結果を狙いやすい特性があります。 そして本せどりを一歩深めたノウハウとして、複数の本をまとめてセットにして売...
本せどりで稼ぎ続ける方法と役立つツール2019。コツは仕入先にあり
細野です。 インターネットビジネスに対してあなたはどのような期待をするでしょうか? 会社に勤めなくても稼げる。 副業として収入を得られる。 アルバイトをせずにお金を稼げる。 どれも正解で...

せどりの収支管理をアプリでやる場合

 

せどり収支管理アプリ:マネーフォワード

マネーフォーワードアプリをダウンロード

 

ここまで紹介してきたアプリは、主にせどりで稼いだり、せどり作業を効率化するものが中心でした。

稼げるようになっていくと次に不安になるのは、税金の問題だったり、月々の収支管理だと思います。

 

これに関しては税理士を雇って管理を委託することがベストですが、自分でもお金の動きを管理したい場合は、マネーフォーワードというアプリを入れてみて下さい。

銀行やクレジットカードの動きを一つのアプリで管理できるため、今いくら使っていて、後どれ位の余裕があるのかを可視化する事が可能です。

 

せどり(転売)の確定申告(税金)は税理士を使え!独学は追加徴税!
せどり転売で利益が出るようになると、税金や確定申告について悩むようになります。 税金の支払いは自分で行うことも出来ますが、法に従って適切な処理が出来る保証がありません。 正しく納税処理を行わないと、税務署から追加で調査が来て、追...

 

せどりの収支管理を行う上で重要な事は、家庭のお金とビジネスにお金をしっかり分けることです。

ビジネス専用の銀行口座とクレジットカードを作り、それをマネーフォーワードで管理をしていけば、資金繰りに失敗することはありません。

 

なお、せどりは在庫を持つビジネスのため、現貯金を超えた額をクレジットカードで運用することはおすすめしません。

仕入れた商品はどれだけ慎重に分析をしても、売れ残ることがあるものです。

過剰なリスクを取ったがために、リボルビング払いの金利を支払うためにずっとせどりをしていたり、支払いが停まってクレジットカードとAmazonの手数料が払えずにアカウントが同時に停まったという方を知っています。

 

何のためにビジネスをやっているのか考えて下さい。

債務を作るためにせどりをやるなんて本末転倒です。

せどりの確定申告をアプリで行う場合

せどり税金確定申告アプリ

やよいの青色申告/白色申告 オンラインをダウンロード

 

「やよいの青色申告/白色申告 オンライン」という業界で一番有名な会社がアプリを出しています。

基本的には税理士に一任しますが、自身でも動きを見ていきたい場合は、アカウントを共有して、月々の動きを管理していきましょう。

Androidに対応するせどりアプリについて

 

今お使いのスマホがAndroidな方もいらっしゃると思います。

iPhoneに乗り換えたほうがいいのですが、Androidでせどりをやる場合は、Androidに対応していて、今回紹介したアプリと同等の機能を持つアプリを入れていきましょう。

せどりすとプレミアムであれば、有料会員になる事でAndroid版を使う権利も手に入れることができます。

 

Amazonのアカウントを育成するツール(価格改定、サンクスメール)

Amazonで商品を販売するにあたり、重要になるのが価格改定と評価です。

 

価格を最安値圏に保持することで成約率を高め、評価を安定的に集めることでカート取得率を高めます。

この2つの条件が整って、Amazonを利用する最大のメリットである、高回転ビジネスが実現をするのです。

 

しかしこれらを全て自分ひとりで行うのは難しい。

スタッフを雇えば人件費がかかる。

 

そこで出てくるのがAIに任せるという考え方です。

この記事では世の中にあるAmazonの価格改定ツールを掘り下げて、徹底比較をしていきます。

 

あなたのビジネスの規模と資金に応じて、適切なツールを選ぶようにしましょう。

購入者メールがなぜ大事なのか?

Amazonで販売していく上でカート取得というのは大切な要素になっていきます。

特に新品販売をしている人にはそうです。

 

カート取得というのは何かというと、Amazonで目立つ位置に表示される機能。

SEOみたいなものと考えてもらっていいです。

 

カートを取得することでAmazonが販売している商品のように見せることが出来る

カートを取得することでAmazonが販売している商品のように見せることが出来る

 

このカートを取得することが出来る様になると、成約率が上がり販売スピードが上がっていきます。

 

FBAを使うだけでも売れる速度というのは、自己出品の数倍にまで上がりますが、

カートを取得できるようになるとその速度はさらに上がるということです。

 

今回はこのカートを取得する上で有効とされている、評価依頼について考えてみたいと思います。

カートを取得する条件

Amazonでカートを取得する条件はいくつかの要素で構成をされています。

基本的にはランダムで表示がされますが、価格、評価、FBAの有無によってこれらの要素は決まっていきます。

 

まず最初の価格についてですが、競争性のある価格を提示できているか?という事です。

 

同じ条件で販売している人から乖離をしていると、あなたから買う理由はどこにもないので、Amazonとしてはカートを付与する理由がありません。

 

ところが競合と同等、あるいは競合よりも有利な条件をオファーしていると、あなたから買う理由が生まれるので、Amazonはあなたの商品に対してカートを付与してくれるようになるのです。

 

価格改定ツールを使って24時間耐性で相場を監視する必要性があるのが、このカート取得に直結するからなんですね。

これと加えて評価を取得し、クレーム率を低減させる対策を、ツールを使って行っていきます。

評価自動化(サンクスメール)ツールの比較

当たり前の話をしますが、評価が悪い人から物を買ったりしようと思いません。

 

Amazonで評価が下がる理由としては色々ありますが、例えば商品が破損をしていた、偽物だった、配送が遅い、注文したものと異なる商品が届いた。

こういった理由が原因で悪い評価を入れられることが多いです。

 

そして大量に販売をしている人は、競合から買う気がないのに空注文を入れて嫌がらせされたり、購入した後で悪い評価を入れられる事もあります。

理不尽なクレームに対してはAmazonに申請をする事で削除してもらうことが可能なので、おかしいなと思ったらAmazonに相談をしましょう。

 

自分の非で悪い評価を入れられてしまったら、なぜその問題が発生したのかを分析し、再発しないようにする事が大事。

 

例えば納品のミスが原因でクレームが発生したなら、誰がその商品を納品したのかを調べ、納品した人が判明をしたら再発しないように問題点を指摘し、対策をします。

 

昔は評価を消してもらえるようにお願いをするというノウハウがあったのですが、これは規約に反しているので、現在ではやっているとアカウントを止められます。

ですから正攻法でお店の運営というのはやっていかないといけません。

 

そして評価を増やす上で効果的なのが、ツールにやらせるという事。

毎月数千個単位で販売している方は評価が命と言っても過言ではないので、こういったものを導入されるのがよろしいかと思います。

 

今回有名なツールについて調べてみたので、ここからは評価依頼ツールについて掘り下げて解説をしていきます。

アマスタ

 

せどりツールアマスタ

 

まず最初に紹介するのがアマスタというツール。

こちらは月に千通まで、一つの注文につき3通までのフォローアップメールを送ることが出来るツールです。

 

送る事が出来るメールに制限があるのがしょっぱいですが、月商500万ぐらいまではこのツールだけで回せるはずです。

そして3通のフォローアップメールを、購入後、出荷後、顧客に到着後に送ることで、良い印象を持ってもらえるでしょう。

 

インターネットで注文する上でネックとなるのは、自分が買ったものが本当に届くかという所。

僕なんかは海外から注文するときに、それが有名なお店だったとしても本当に届くのか?という恐怖が未だにあります。

ですからコマ目に出荷状況や配送状況を教えてくれる販売者には非常に良い印象を持ちます。

 

これと同じことを自分の顧客に対しても提供すれば効果があるのは間違いない。

けど自分でやるのは面倒ですw

 

ですからこういった作業は外注を雇ったり、ツールに任せるといいです。

 

さすがに1通あたり3円程度のコストになってくるとツールに任せたほうが安い。

外注さんに任せたらこのコストが3倍から6倍ぐらいに跳ね上がると思います。

 

ツールにフォローアップメールを任せるというのは非常に良い選択と言えるでしょう。

 

 

アマスタ

 

JUDS

続いて紹介しますのは、GAGAを提供してくださっているY&Sせどりツールが開発したJUDSというツールです。

 

こちらは送ることが出来る送信数に制限がなく、利用料金もGAGAの月会費380円の範囲で使わせてもらえるのでコスパがとても良い。

 

しかし致命的な欠点としてFBAで販売した商品に使えないというデメリットが有ります。

 

なので自己発送や倉庫代行業者に出荷作業をやらせている方におすすめのツールとなります。

 

評価依頼は手間の割にリターンがしょぼいという理由から、これまで積極的に紹介してきませんでした。

 

送るメールに一工夫を加える事でリピート注文や同時注文に繋げることも可能なので、売れる速度や回転率を上げたい方は導入をしていくといいでしょう。

ツールが得意なことはツールに、人間が得意なことは人間がやるというのが、今後のせどり、転売の世界で大事な考え方になっていきます。

 

投資すべき所にはどんどん投資をして、自分のビジネスを育てていきましょう。

 

マーケットプレイス用出品用 一括メール送信ソフト JUDAS

AmaCS

AmaCSという自動メール送信ソフトが販売開始されました。

月額3,980円でAmazonで商品を購入してくれたお客さんに、サンクスメールを送信してくれるツールです。

 

この手の機能はプライスターやマカドといった価格改定ソフトにもついていますが、AmaCSの異なることころは「独自商品販売に特化」したメール送信機能であるということです。

 

つまり、Amazonで自社商品を販売している人向けのシステムとなります。

国内転売や電脳せどりをやってる人には必要ありません。

 

メール送るだけのツールで月額3980円というのは、個人的に高すぎると思います。

 

なお最近話題になっているOEM販売(転売)は、初期投資を求められる転売手法であるため、全くおすすめできません。

電脳せどりや輸入、輸出を極めた後で参入しても何ら遅くないです。

 

知識も経験もない人が自社商品販売に手を出すと火傷するし、すでにAmazonはオワコン化しているので、これから参入しても期待値は全く取れないでしょう。

こういった分野では後発ほど不利になるので、あえて資金を投じて在庫を持ってまでやる価値は皆無です。

 

価格改定自動化ツールの比較

 

ここからは価格改定の自動化を行うツールを比較していきます。

これも一時期は多くのツールが競争をしていたのですが、その競争も落ち着き、結論が見えてきました。

 

これから導入するならどのツールが一番コスパがいいのか?

比較をしながら見極めていきましょう。

ECザウルス

せどりの塾に参加した時に、案内が来たツールです。

料金体系は以下のようになっていました。

 

————塾生価格————-

〇出品価格改定ツール(買時通知5000件付き)

6800円(税別)/月

68000円(税別)/年(2ヶ月お得)※一番お得

〇サーチツール

5000円(税別)/月

50000円(税別)/年(2ヶ月お得)※一番お得

※一度解約して再度ご契約される場合は

定価でのご提供となりますのでご了承下さい。

—-定価【現在一般販売してません】——–

〇出品価格改定ツール(買時通知なし)

6800円(税別)/月

〇サーチツール

5000円(税別)/月

〇買時通知

5000円(税別)/月 5000件上限

—————————————

◆オプションで

買時通知 CSV一括登録機能

5000件以上の登録機能も予定しております。

 

 

これに対する僕の反応だけど、

まあいらねーなって感じ。

 

価格改定はECザウルスと同じことを

月に380円のツールで出来るし、

サーチツールはせどりすとプレミアムがあるからね。

この2つだけで月利100万までは問題なくいけるし。

 

買いどきツールってのは暴落している商品を刈り取って電脳出来るやつなんだが、

これも似たようなツールがGAGAのサイトで買えるしね。

うれまっせ2

無料! Amazonマーケットプレイス せどり(価格改定)ツール『うれまっせ』

 

無料で利用できる価格改定ツールです。

無在庫販売ならこれを週に1回程度動かすだけでも十分な気がします。

 

価格改定王

 

Amazon マーケットプレイス売り上げ倍増ツール - 価格改定王

 

年額9,800円で利用できる、価格改定ツールです。

機能が限定的であり、後述のGAGAよりも値段が高いので、選ぶ理由は特にありません。

 

GAGAであれば年単位で契約しても5千円以下で、ポイントの付与も出来ますし、一定期間毎に自動で動かすオートメーション化も可能です。

VPSに設置することで24時間可動させて、最安値圏を保持することが出来るので、在庫回転率が高まります。

 

GAGA(初期段階におすすめ)

 

価格改定に特化し、月額300円という激安価格を実現したツールです。

ビジネスの初期段階はこれ一本でいいです。

 

アマゾンマーケットプレイス価格改定ソフト『GAGA』ニュータイプ価格改定システム『Mariah』

 

販売数が増えてきたら後述のマカドというツールに乗り換えて、評価依頼メールを自動で送信する。

1日に数件であればメールは自分で出来るので、初期段階はGAGAを使って、価格改定だけ自動化すればいいです。

 

そんなGAGAですが、Windowsでないと使えない、出先からツールの管理が出来ないというデメリットがありました。

そこで開発したのがVPSと組み合わせて使うやり方です。

 

価格改定ツールGAGAをスマホから使えるようにする方法

 

価格改定ツールで有名なプライスターはスマホから管理することが出来、どこからでも常に在庫管理を出来るメリットがありました。

その一方で毎月5,400円を取られるので、これはコスパとしてどうなのかなーと思っていた次第です。

数千万単位で売っていくならこのツールはありかと思うんですが、月利100万ぐらいまでいいならここまで高性能なツールは必要ないです。

 

僕がおすすめをしているGAGAはWindowsでないと動かないというデメリットがあり、Windowsを持ってない人にはパソコンを買ってもらっていました。

しかしWindowsVPSというサービスを使えば、ウィンドウズパソコンを所有する必要もなく、スマホから管理が出来る環境を作れることに気が付きました。

 

VPSというのはインターネットから自分のシステムに入って管理できるサービスなんですが、これを使うことでスマホから専用環境にアクセスすることが可能になります。

 

VPSの利用料金は月に2,000円程度なので、年間2万4千円で専用環境を持つことが出来ます。

電気代や置く場所から開放され、停電や地震の影響からも守れる専用環境を作る。

これをやる事でプライスターよりも安くて、プライスターと同等かそれ以上の環境を作ることが出来ます。

 

自分でパソコンを買って自宅設置をするか、VPSを契約して専用環境を作るか。

どちらでもありだと思います。

 

Macを使っている方はこれ以外にも仮想環境を作ってそこにWindowsをインストールするという方法もあります。

在庫が少ない方はそこまでアグレッシブに売れなくても良いという方はこれでもいいと思います。

 

僕としては回転率や販売チャンスを逃さないためにも、価格改定ツールは24時間体制で動かすことをおすすめします。

ということでVPSを使った環境のクラウド化についてでした。

 

 

GAGAは利用料金も安く、設定を変えることで高額なツールと同じ動きをするのでおすすめをしてきました。

しかしメールを自動で送れなかったり、改定ルールが大きく稼ぐ上では限界があるので、ある程度稼げるようになったら乗り換えることを現在では提案をしています。

 

個人的にGAGAは半年契約や年間契約プランを作るべきだと思っています。

利用料が安く開発者さんが儲からないので、手間暇的にやらないというのが理由だと思うのですが、利用者視点だと対応して頂きたいです。

 

ただ現状は対応してないので稼げるようになるまでの最初の1ヶ月をGAGAで対応し、2ヶ月目に稼げるようになったら速攻でプライスターやマカドに乗り換える。

このように活用していくといいでしょう。

価格改定もサンクスメールも両方自動化出来るツール(おすすめ)

 

現在は一つのツールで、単調作業を全て自動化できるのが当たり前になっています。

そのため、これから導入するのであれば、この中から、候補を選ぶのがおすすめです。

 

プライスター

 

せどり価格改定アプリ:プライスター

 

せどりすとプレミアムと連携する事が出来るので、人によってはこの価格改定ソフトを使い続けている人もいます。

スマホからも価格改定を実行できたりと、使い勝手は非常に良い。

 

主要な機能(価格改定、サンクスメール)は一式兼ね備えており、日本のAmazonだけでなく、アメリカAmazonにも対応をします。

 

現在は後発のマカドというツールに機能面で抜かれて、使ってる人は少なくなってしまいました。

ある程度の規模で稼げているならば、プライスターかマカドの2つで悩むことになると思います。

 

実績があるプライスターか、後発だけどユーザーの声を取り入れてどんどん進化するマカドか。

どちらを選んでも収支の改善には効果が期待できるため、お試しで契約してみて、使いやすいと感じたほうを使えばいいでしょう。

 

店舗せどりメインの方はプライスターを利用して、出先からも出品をしたり、アプリを使って在庫管理をしていきましょう。

 

Cappy

 

オールインワンな管理ツールでありながら、月額利用料金が3980円と非常に安価なツールです。

さらに60日間は無料でお試し出来るため、十分に機能を試してから、契約に踏み切ることが出来ます。

 

販売会社が過去に色々とやらかしているため、個人的にはおすすめしません。

しかし、機能的に充実していて利用料金が安いのも事実です。

 

何があっても自分で責任を取れるという方は、利用をされてみてもいいのではないでしょうか。

申込時に選択できる代行サービスは、プライスターの代行仲介サービスのほうが安いため、申し込まなくていいです。

 

開発の頻度や更新の速度、運営会社の信頼性はプライスターやマカドが勝ります。

 

D-plus

 

せどり価格改定ツール:d-plus

 

以前アマコードやフリマハッカーで有名な布施さんのメルマガで紹介されていたツールです。

月額利用料金が5980円と競合サービスよりも高いため、今となってはあまり積極的に選ぶ理由は見当たりません。

これから選ぶならば、プライスターまたはマカドの2つから選んだほうがいいです。

 

Amazon販売総合管理ツール「D-plus」スタンダード版

 

マカド

 

せどり価格改定ツール:マカド

 

電脳せどりメインの方は、機能がプライスターよりもさらに充実しているマカドを選ぶといいでしょう。

プライスター同様、価格改定、サンクスメールといった一連の流れをこれ一本で自動化出来ます。

 

月額利用料金が4,800円とプライスターと同額。

最初の30日間は無料で使えるので、まずは無料で利用をしてみて、収益アップに直結するか試してみればいいです。

 

その上で外注やスタッフさんを雇うのと、4800円を毎月ツールに払うのがどちらがコスパが良いかを測定してみる。

ある程度の規模(利益20万以上)であれば、自動化ツールに4,800円を払うのは、それほど非合理な選択ではないはずです。

 

マカド! Amazonせどり管理ツール

アマストリーム

Amazon価格改定ツール:アマストリーム

 

 

 

 

 

月額2,980円で登場した後発ツールです。

競合ツールが提供する機能を全て搭載しながら利用料金が安いので、乗り換え対象の候補となります。

せどりすととの連携機能もあり、効率的な出品を補助する機能が多々搭載。

電脳せどり仕入れ支援ツール

電脳せどりを支援するツールや、役立つアプリをここでは紹介します。

ラクブラ

ラクブラ - RAKUBURA BOT
ラクブラは楽天市場、楽天ブックス対応の自動注文ツールBOTです。楽天スーパーSALEでの半額タイムセール限定商品の攻略や、即完売の新製品、希少な限定アイテムなどの購入を支援します。

 

楽天市場と楽天ブックスに自動で注文を入れるツール(BOT)です。

楽天セールや在庫復活商品を狙う時に使います。

 

ShopDingDong

ShopDingDong - ネットショップ自動注文・監視ツール
ネットショップ自動注文・入荷通知ツール、ショップディンドン(ShopDingDong)の配布サイトです。

 

ネットショップに自動で注文を入れるツールです。

 

アマサー

Amazon 自動注文 - 逆襲の購入支援 νAmaSear - ホーム
Amazon.co.jpなど主要ショッピングサイトの商品を自動注文するソフトウェア。注文可能時に自動注文、メールで通知。Amazonの自動注文は、1-Click注文とカート注文の両対応。ツイッターの在庫復活ツイートで自動注文を発動するツイートトリガーも搭載。

 

こちらは有料のツールですが、ライセンス料金1,000円と非常に安価です。

ShopDingDongで稼げるようになって、もっと先に進みたくなった方におすすめ。

電脳せどり拡張機能(クローム)のおすすめ

電脳せどりを効率化する際には、グーグルクロームの拡張機能を導入するのが基本です。

このパートでは便利な拡張機能を紹介していきます。

オートプライスチェッカー

せどり便利ツール:オートプライスチェッカー

 

 

価格コム、Amazon、楽天ブックスの閲覧時に、他サイトの販売価格を表示してくれる機能です。

在庫切れ商品や高騰商品の仕入れを行う際に便利な拡張機能です。

自動で価格を比較するサイトも多く、何度も価格を比較する手間が省けます。

ショッピングリサーチャー

せどり便利ツール:ショッピングリサーチャー

 

 

ショッピングリサーチャーをダウンロードする

 

Amazonの画面にモノレート、FBA料金シュミレータ、keepaのグラフを追加します。

電脳せどりをする上で必須のツールなので、必ず入れておくことをおすすめします。

モノサーチ

せどり便利ツール:モノサーチ

 

 

モノサーチをダウンロードする

 

価格の比較や在庫数の表示をしてくれる機能です。

モノゾン

せどり便利ツール:モノゾン

 

 

モノゾンをダウンロードする

 

AIに直近の販売数を自動で計算させるツールです。

アプリでもありますが、クロームに導入することで、モノレートを表示した時に自動的に販売数を表示してくれます。

必ず導入しておくようにしましょう。

ライバル分析ツール

この項目では競合転売ヤーの分析を行い、自分の販売や仕入れに活かす補助ツールを紹介します。

ストロイド



ヤフーショッピングのライバル分析を行うツールです。

個人的にヤフーショッピングはヤフー特有のアルゴリズムに乗っかるのが効率的と考えており、ライバル分析の必要性はあまりないと考えています。

ニント(Nint)

Amazonの分析に特化した分析ツールです。

OEM販売を行う方は必須です。

国内電脳せどりに使う場合は、自分と同じ商品を出品しているライバルを分析し、そこから視点を移動させましょう。

同じような商品を仕入れていては競合して共倒れになるのは必至です。

輸入アプリおすすめ2019。儲かる商品はスマホでリサーチする時代
個人輸入や輸入転売を実践する上で、スマホから利用できるアプリは大変便利な存在です。 スマホアプリを上手に使うことで、時間的制約や物理的制約から開放され、どこにいても仕事が出来るようになります。 国内転売のおすすめアプリに...

外注さん管理ツール

このパートでは外注さんや、代行会社とのやり取りに使うツールを紹介していきます。

せどりは自動化と相性があまり良くありませんが、人に任せられる作業はどんどん割り当てるようにしましょう。

チャットワーク

せどり自動化アプリ:チャットワーク

 

グループチャットを作り、作業工程毎に情報共有を行うことで、後から採用した人に同じ仕事を教える手間が省けます。

有料プランは月額400円から利用できるため、元が取れないということはまずありません。

 

物販ビジネスで大きく成功するためには、自分以外の人の力をどれだけ使えるかが重要になります。

シンプルな原理を覚えて繰り返すだけで稼げてしまう単調作業だからこそ、人にどんどん作業は割り当てるというマインドが成否を分けるのです。

 

Chatwork | ビジネスコミュニーケションをこれ一つで
Chatworkはメール、電話、会議・訪問など仕事で必要なコミュニケーションをより効率的にするビジネスチャットです。

マイスピー

外注さんを教育するコンテンツの配布に使います。

コンテンツとして利用するのは主に、動画とPDFです。

 

特に動画は実際の作業画面を直接相手に見せることが出来るため、伝わりやすいです。

外注さんの教育を何度もやっていく間に、教える力はどんどん上達をするので、それに伴い動画も作り直して、コンテンツに追加していきます。

 

また、同じ動画を何度も見てもらうことで、一度見てもらうだけでは理解が出来ない相手でも、理解が出来るようになっていくというメリットがあります。

 

マイスピーの評判はガチ!料金は普通、マニュアルが神。到達率は要工夫
こんにちは、細野です。 ビジネスを自動化したいと思った時、必要となるのは秀逸なシステムと戦略です。 戦略に関しては別記事で解説するとして、秀逸なシステムについて今回は解説をします。 まずビジネスの自動化は、...

Bandicam

Windowsで録画をする際に使うツールです。

無料版は10分までの録画に対応しています。

 

外注さんに教えるためのコンテンツとして、初期段階であれば10分以内にほとんどの動画は収まるはずです。

依頼する内容が発展的になってくる頃には、もっと大きく稼げていますから、その時は有料版(4,320円)を購入すればいいです。

 

Amazonの納品作業や、リサーチ作業、仕入れ作業などをこのソフトを使って撮影しておき、外注さんに渡します。

 

そうすれば毎回研修をやらなくて良くなり、外注さんをたくさん雇っても管理に追われることがなくなります。

 

せどりで頭打ちになる人は、自分ひとりですべての作業をやろうとしてしまっている人です。

それだと収入は上限、自分が体調を悪くすると収益は悪化してしまうので、自分が動かなくてもお金が入ってくる仕組みを作れるように、どんどん人やシステムに投資をしていきましょう。

 

MACを使っている方はQuickTimeを使うと良いです。

こちらは無料で機能制限もありません。

 


キャッシュレスアプリのおすすめは?

カードや貨幣を一切使わない、アプリ決済が普及してきており、せどり転売の現場でもこれらの活用をすることで利益率の向上が期待できます。

 

セブンペイのようにセキュリティ問題が発生して撤退する企業が出たりと、現状のキャッシュレスアプリは過渡期にあると言えます。

しかしリスクを取ることでリターンが取れる側面が存在するのは事実であるため、このパートではキャッシュレスアプリとせどり転売を組み合わせるやり方を解説します。

 

以下に導入することでメリットがあるキャッシュレスアプリを紹介していきます。

kyash

クレジットカードとの組み合わせでCB率が3%まで上がります。

大半のクレカはキャッシュバック率が1%程度なので、3倍の還元率になる計算です。

使える金額が1日単位、月単位で上限がありますが、毎月枠を使い切る事で年単位で大きなリターンが期待できます。

PayPay

キャッシュレスアプリの火付け役になったサービスです。

サービス開始当時はCBの取り消しなど、転売ヤーを排除する傾向がありましたが、ルールを守って使う上では問題なし。

楽天ペイ

楽天で電脳せどりをする人におすすめのキャッシュレスアプリです。

楽天のサービスに複数加盟をすることで、ポイントの還元率が上がり、ポイントでけで利益が出せるようになります。

ポイントせどりをする事で、価格差がない商品でも利益を出せるようになるので、資金力が多い方は楽天を使った電脳せどりを取り入れていきましょう。

Origami Pay

家電量販店仕入れとの相性が最強のキャッシュレスアプリです。

クーポンを活用したり、前述のkyashと組み合わせることで、利益率を高めることが可能です。

店舗せどりをされる方は必ず入れておきたいアプリとなります。

海外せどり(Amazon輸入転売)に使うアプリやツール

このパートではAmazon輸入転売や海外せどりに使えるツールを紹介していきます。

Tジャンパー

拡張機能として人気のあったTAKEWARIに代わるツールです。

各国のAmazonの販売価格を表示してくれるので、海外せどりをする際に役立ちます。

アマトピア

リサーチ、価格改定、ライバル分析を1つのツールで行うことの出来るツールです。

Amazon輸入転売やOEM販売を行う上で、必須となる機能が搭載されています。

PRIMA

海外Amazonの在庫管理を行えるツールです。

Amazon輸出転売を行っている方に必要です。

Ama速

輸入仕入れのリサーチに使うツールです。

nint for seller

ライバル分析ツール。

OEM販売に必須です。

これ以外のせどり便利ツールについて

マカドは店舗せどり、電脳せどり、輸入転売、無在庫転売をAmazonで実践している人に利用する価値があるツールです。

しかし出来ることはあくまでも販売補助であり、リサーチや仕入れを自動化することは出来ません。

 

自分が仕入れた商品を他に狙っているライバルがいる時は、「デイせど」を使うことで、ライバルであろうアカウントをAmazonで探して分析することで、ライバルの仕入れや販売状況を丸裸に出来ます。

メルカリで仕入れているライバルせどらーを分析し、Amazonで販売してる出品者を分析することで、あなたが電脳せどり初心者であっても、すぐに利益の出る可能性が高い商品をザクザク見つけることが出来るようになるのです。

 

せどりは資金を求められるという欠点がありますが、資金さえあるのであれば、稼げる可能性が非常に高いビジネスモデルです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

こうして整理してみると、せどりアプリって割とたくさんありますね。

無駄を削ぎ落として紹介したのですが、それでもかなりのアプリを使って稼いでいることがわかりました。

 

今回紹介したアプリを組み合わせて、行動を継続していけば月に30万はすぐに到達できるので頑張っていきましょう。

 

資金がなくせどりや電脳せどりが出来ない方は、資金を求められないネットショップ無在庫転売や0円転売を実践していきましょう。

 

すでに利益を出せる力があるか、資金不足で月利が伸び悩んでいる方は融資を受けましょう。

せどりの資金問題を融資や助成金で解決。やり方とタイミングについて
※安易にせどりで独立して稼げなくなって人生終了する人が出ています。あなたが自分の事を特段優秀で自己管理能力が高いと思えないなら、せどりで独立をされる事はおすすめしません。あなたの未来を「楽に稼げそうだから」という安易な理由で棒に振らないで下...

 

大きく稼ぐための環境について知りたい場合は、こちらの記事を読み、実践して下さい。

 

副業におすすめのグッズをまとめて紹介。稼ぎを強力に加速したい方へ
この記事では在宅副業で稼ぐための環境づくりをまとめていきます。 環境がダメだと稼げないので、ここにまとめた事を全て実行しましょう。 そうすれば月収100万稼げる環境が完成します。 ネット回線 お住いの地域によ...

 

具体的なせどり転売向けのおすすめスマホを知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

せどりスマホのおすすめ機種2019。予算は2万円あればOKです
せどりで稼ぐためには、スマホやパソコンが必須です。 パソコンの選び方はこちらの記事で言及をしましたが、スマホについては深く解説をしてきませんでした。 一昔前までは3万円から5万円を出して性能が良いスマホを購入してもらって...