せどりが儲からない理由は?なぜ借金になるの?【お金が増えるのは半年後以降】

せどり難しいせどり
この記事は約14分で読めます。
なぜせどり有在庫転売 は儲からないビジネスなのか? CFの違いが追いつけない差を生み出す

 

僕は現在、最初にやるビジネスとして無在庫転売を提案しています。

しかし過去には、せどりを第一に提案していた時期がありました。

 

その時のお客さんに最近メールしてわかった事があります。

ほぼ1年ぶりにメールして、

 

収入は上がってない
マインドも強化されてない(成長は完全に停止)
そもそもビジネス以前な状況(金持ってない、時間も使えてない、本気でやってない)

 

という事がわかりました。

 

どの人も入口の部分で夢や希望を持ってせどりにチャレンジすることを決断してくれた人たちです。

しかし実際は小銭稼ぎで成長が停止していたり、そもそもビジネス以前なマインドで全く成長してないという状態でした。

 

しかし彼らのことを悪く言うつもりはありません。

 

せどりは今でも稼げるビジネスですが、実践する人を選びます。

小銭持ちぐらいにはなれますが、お金持ちになるのは難しいビジネスモデルなんです。

 

この記事では今せどりをしているが思うように結果が出ずに悩んでいる方や、なかなかお金が増えずに続けるべきか迷っている方に向けて、せどりが儲かりにくい理由をわかりやすく解説していきます。

 

細野
細野

せどりは再現性は高いですが、万人向けの副業ではありません。自分がせどりに対する適性や素質があるかを考えてみて下さい。

せどりが儲からない論理的な理由

せどりが儲からない理由の解説

せどりは簡単なルールを覚えるだけで、単調作業をひたすら繰り返していくビジネスです。

そこに学びや成長の余地は極めて少なく、しっかりと掘り下げて取り組めるだけのマインドがある人は、そもそもせどりなんてやらない。

もっと合理的だったり、センスが求められるビジネスにチャレンジして、高い目標設定を自分に課すのです。

 

一方でせどりはお店やオークション、ネットショップで安く売られてる商品を見つけて、それを横流しするだけ。

もちろん最初は覚えることがあり、成長が全く無いわけではないのだが、数週間もやればルールは概ねマスターできてしまう。

 

そして店舗せどりであれば社員を入れない限り、すぐに収入は頭打ちになる。

電脳せどりでも外注化しない限り大きな収入を得る事は出来ない。

 

そして致命的な欠陥として、これらのビジネスは資金がなければ稼ぐ事が出来ない。

資金が必要

せどりは儲かる商品を見つけるために、仕入れをしなければなりません。

仕入れできる商品を見つけるだけでも大変なのに、その仕入れた商品を在庫をしてホールドして販売しなければならない。

 

つまり稼げるまでのステップが多く、それだけ挫折ポイントが多いのです。

 

資金として100万円すら用意できないという状況では、まともな利益はまず出ないと考えています。

なぜかというとせどりの利益率は20%程度という方が多いので、100万円を運用しても得られる期待値は20万円にしかならないからです。

 

副業として取り組む基準として、時間もお金も割くのであれば、30万円以上稼げないとやる価値ないと考えています。

たまに見かけますが、1年やって利益10万とか、5万とか。

 

こういった小銭レベルだとまず辞めますよね。

バイトしてるほうがいいし。

 

もしあなたがビジネスに投じることが出来る資金が100万円すらないなら、せどりをやるのは避けましょう。

あなたの能力に関係なく、稼げるまでに時間がかりますし、作業量の割にリターンがしょぼすぎて割が合わないって感じるはずです。

大変な割にリターンがしょぼい

仕入れをして、それを出品して、売れたら入金確認、梱包をやって発送。

やってた時は何も考えずにやってたけど、せどりで稼ぐためには莫大な作業量があります。

 

これほどまで大変な思いをして、お金を使って在庫持ってまで取り組んでいくら稼げるのか?

 

僕が伝えてきて30万行けば、頑張ったな。

50万をコンスタントに出せたら、すごいじゃんといった感じだった。

それより上はどれだけ頑張っても行かなかった。

 

この事実からも明らかなように、仕組みが出来ず、肉体労働であるせどりは労力に対してリターンが全く割に合わない。

儲かるビジネスの条件を何一つとして満たさないから、稼げても続けることが出来ずに、活動が止まる。

 

僕はビジネスをやるなら、自動化をして自分の気分や状態に関係なく、収益が右肩上がりで伸びていかないと駄目だと思ってます。

月に30万とか50万で限界が来るビジネスって会社員やってるのと大差なくないですか?

稼げてもあなたは労働を続けないといけない。

ライバルが多く飽和しやすい

利益の出る商品を狙って多くの転売ヤーがしのぎを削っています。

参入者がどんどん増えてくるので、誰でも仕入れができて右から左に流す単純転売は、飽和をしやすいです。

販売先から出禁を食らう

儲かる商品を見つけることが出来ても、それを買い占めていると販売者からブラックリスト扱いを受けることがあります。

買い占め行為は他のお客さんにも迷惑であるため、利益が出る仕入れ先を見つけることが出来ても、それが継続できる保証はありません。

自由になることが出来ない

無在庫転売は収入が上がれば上がるほど、自分がビジネスに使う時間は短くなります。

何も作業をしなくてもいい状態が3ヶ月から4ヶ月ぐらい頑張れば完成をします。

 

でもせどりはその状態に到達しません。

いつまでも仕入れをしなきゃいけない。

副業レベルじゃ社員も雇えない。

 

ライバルはどんどん増えて、変化に対応できずに消えていく。

そんな人をたくさん見てきました。

 

思考停止で稼げてしまうせどりの末路であり、成長しないビジネスの成れの果て。

稼げたのに稼げなくなるって意味不明ですよね。

 

別にせどりだけじゃなくて、ネットビジネスの世界はこういう一瞬稼げてその後だめになって消える人が非常に多い。

戦略がそこにないから、右肩上がりの成長システムがないから、ゴール設定がされてないから、こういう事が起きる。

将来性、発展性がない(事業化に不向き)

発展性がありません。

せどりを極めたその先のステップとして、OEM転売やメーカーや卸からの仕入れがありますが、やってる事はせどりと大差ないですよね。

貿易であれば事業ごと売却っていうオプションがあるのですが、せどりには資産性がないので売却すら出来ない。

 

だからいつまでも自分が経営に関与しなきゃならないし、いつまでも延々と肉体労働しなきゃならない。

会社員やアルバイトと変わらない生活がずっと続くのです。

法律で禁止をされていく

チケット転売やマスク転売のように、倫理的に問題がある行為という認識が広がっており、今後も転売に対する規制は強化されていく可能性が高いです。

人に迷惑をかけたり後ろ指を指されるビジネスで、お金を稼ぎたいですか?

QOLが下がる

家の中がダンボールまみれになり狭くなり、梱包や資材のゴミで汚くなります。

広い家で生活をしている人であれば問題ないかもしれませんが、ワンルームのマンションやアパートでやろうとするとかなり大変です。

家族と同居している場合は、家族の生活スペースも狭くなるため、不満が爆発することも。

 

土日祝日も休むことが出来ず、使いもしないものを延々と仕入れる。

肉体的にも精神的にも疲弊をします。

そんな生活が続くわけ無いでしょ。

お金が増えない(増えている実感を持てない)

これまでお伝えしてきた通り、メリットだけでなく、デメリットも多くあるのせどりです。

 

せどりで稼ぎ続けるためには、出た利益を再投資し、常に一定のお金を回していかなければなりません。

これがあるがゆえに、「お金が増えている実感を得にくい」という欠点があり、お金が増えている実感がないので稼げるイメージが持てず辞めてしまうという人が多いと分析しています。

 

最初の半年から1年ぐらいの間は、仕入れや設備投資にばかりお金が出ていき、増えている実感を持ちにくいと思います。

その間、土日祝日の全てを費やし、自分の時間はゼロ。

にも関わらず、お金が増えている実感を持てない状態で続けなければいけないのです。

 

僕はせどりを教えていて続かない人が多いことに対して、「根気がない人が多いんだな」とバカにしていました。

しかし今はわかります。

彼らが間違っているのではなく、大半の人がせどりを続けるのは無理ゲーなのだと。

 

なぜなら大変な割にお金がなかなか触れないから。

 

実際これは非常に的を得ている私的で、せどりはお金が増えている実感を得にくいし、益出しまでに時間がかかりモチベーションを保ちにくいです。

初期投資でマイナスからスタート

せどりを開始すると、Amazon大口契約やバーコードリーダー、価格改定ソフトなど初期投資が必要になります。

パソコンを持ってない場合はパソコンも購入しなければならないので、安く見積もっても3万円〜5万円以上の出費が発生をします。

 

そしてこの状態で仕入れのテクニックやノウハウを吸収していかなければならず、自分で出来ない場合は教材やコンサルにお金を払うことになります。

コンサルティングであれば直接指導を受けられるメリットがありますが、参加に30万円以上の費用がかかるのが相場となっており、非常に高額です。

仕入れた商品が売れるまでは資金が拘束される

仕入れた商品が想定した価格で売れて利益に変わります。

どれだけ仕入れた時点で価格差が開いていても売れなければ不良在庫でしかありません。

 

そして仕入れをするとわかるのですが、想定した価格で全てが売れていくわけではありません。

30%〜40%程の商品が見込んだ利益で売れていき、残りの30%ほどは利益トントン、さらに残りの30%は赤字になったり、売れ残ります。

 

モノレートやメルカリの販売履歴を分析しても、それは過去の出来事であり、必ずしも未来に同じことが繰り返されるわけではないのです。

同じ商品を多くの方が仕入れれば価格競争は必至ですし、大量に在庫を持っている商社やAmazon本体が参入をしてきた場合、相場が一気に暴落をすることも。

売上と利益を再投資しないと稼ぎが増えない

運良く利益を出すことが出来ても、そのお金をすぐに使うことは出来ません。

あなたが稼ぎたい金額が大きく、それを稼ぐための資金が溜まってない場合、出た利益や売上は全て再投資をする必要があります。

 

例えば最終的に月に30万円を稼ぎたいけど、今持ってる資金が10万円しかない場合は、10万円の資金を運用しながら、出た利益をひたすら再投資して運用しなければなりません。

 

利益率20%で順調に伸ばせた場合、

1ヶ月目:10万円+利益2万円で資金が12万円に

2ヶ月目:12万円を月利20%で運用して14.4万円

3ヶ月目:14,4万を月利20%で運用して17.28万円

4ヶ月目:道場の運用で20.736万円

といった具合で、資金を増やしていくイメージです。

 

そして最終的に150万円ほどの資金に到達した時に、自身の最終目標である月利30万円が射程に入ります。

せどりは資金がない人には稼げないビジネスと言われる理由がこれです。

 

出た利益を再投資して複利で増やしていけば1年後や2年後には稼げるようになるかもしれませんが、その期間せどりを頑張り続ける事が難しいのです。

Amazonの出品規制が厳しすぎて扱える商品が少ない

有名メーカーの家電やCDなど、新品中古問わずに新規出品者は取り扱うのが難しくなってきています。

せどりの仕入先として定番だった、リサイクルストアやメルカリで仕入れたものをAmazonで販売するのは規約的にNGに。

これにより卸や商社以外から仕入れた商品をAmazonで販売する事が無理ゲーに。

 

多くの店舗せどらーやネット転売ヤーが撤退をする事になりました。

せどりで稼げない人の特徴

せどりで稼げない人の特徴

せどりで稼ぐことが構造的に難しい事がなんとなく伝わったかと思います。

ここからは、せどりに取り組んだものの結果が出なかったり、頭打ちになる人の特徴を解説します。

自分が該当してしまわないか注意し、当てはまっている場合は対策をしていきましょう。

資金がないのにせどりで稼ごうとする

せどりは資金力で稼げる金額が決まるビジネスです。

月に5万円以上を稼ぎたいのであれば、最低でも20万円の資金は用意した方がいいでしょう。

 

せどりの利益率はやり方にもよりますが、20%程度に落ち着いていきます。

利益率の高い中古せどりは売れるまでに時間がかかったりして、キャッシュフローに問題があったり、人に任せにくい(自動化と相性が悪い)問題が。

せどり転売のキャッシュフローを改善するコツを解説【即効性あり】
せどりを継続しているのに、手元にお金が残らない。 売上は伸びているのに、お金を稼げた実感を持てない経験はありませんか? 僕は何度もあります。 リスクをしっかり管理して仕入れをしているつもりでも、転売ビジネス...

もしあなたがせどりで起業をしたい、専業を目指していくのであれば、最低でも200万円の資金に到達するまでは副業で取り組みましょう。

それまでは期間工のような短期のお仕事や、生活の固定費を抑える工夫をし、ビジネスに使える原資を生み出す努力をしていきましょう。

独学で進めようとする

今の時代、せどりで稼ぐためのノウハウは無料でいくらでも転がっています。

しかしそれらは自分で課題を見つけて検索できる人だけが活用できるもの。

右も左も分からない初心者にはノウハウの良し悪しは判断できません。

 

あなたの性格や資金に向いているビジネスを提案してくれる人から助言を受けたほうが、結果として短い期間で稼げるようになりやすいです。

何でも自分でやろうとする

ツールにやらせたほうがいい作業を自分でやっていたり、人を雇って任せた方がいい作業を自分が担当してしまっています。

人に任せにくい手法(店舗せどりなど)でスタートしてしまうと、伸びしろがなくなってしまいます。

 

税金や在庫管理、発送などはその分野のプロに任せ、自分じゃないと出来ない仕事に集中をしていきましょう。

目標や期限を決めていない

せどりは長く続けられるビジネスモデルではありません。

様々な規制や市況の悪化により、初心者の方が稼ぐのは難しくなってきていますし、上級者の方でも同じような作業を延々と続けることに限界を感じていたりします。

 

せどりを通じてどうなっていきたいのかをきちんと考えて、期限を決めて取り組まないと、いつまでもダラダラと単純転売を繰り返す生活が続いてしまいます。

せどりを続けてもキャリア的に評価されたりしませんし、成長もあまりないので、2年から3年を上限に集中して取り組み、目標の金額を稼いだらスパッと辞めて次に行く事をおすすめします。

新しいことにチャレンジしていない

ある程度慣れてくると、せどりはルーティン作業の連続になってきます。

新しいジャンルや取引先、販路の開拓など、常に挑戦をしていかないと成長は鈍化してしまいます。

 

一時的にせどりで稼げるようになる人は多いのですが、新しいことに挑戦をして成長を続けられる方というのが非常に少ないです。

同じ手法や商品でずっと稼げるほど、ビジネスの世界は甘くないので、稼げるようになっても学びを辞めずに、成長し続けていきましょう。

せどりをやるなら日記を読め

この記事を読む人の中には、これからせどりを始めようと考えてる人もいると思います。

そういう方はブログやTwitterなどで、せどりを実戦している人たちを探してみることをおすすめします。

 

どういう生活をしているのか?

どんな商品を仕入れているのか?

 

彼らの実践日記を見ていくと、せどりの良い面だけでなく、シビアな側面も見えてくるはず。

それらを知った上で、それでも自分はやってみたいか?を考えるようにしましょう。

 

簡単に稼げそうだから‥という理由でせどりを選ぶと、泥臭い作業の連続すぎて嫌になってしまうでしょう。

自分の性格と照らし合わせて実践できそうかを見極めた上で、せどりに参入をすれば仮に失敗をしても納得が出来るはずです。

日記の探し方

ブログランキングや「せどりブログ」、「実践記」といったキーワードで探すと、見つけることが出来ます。

せどりには色んな手法があるので、複数の方を比較しつつ、それぞれの良い点と良くない点をノートに整理していくと、自分に向いている手法が絞り込めるはずです。

SNSで探す場合

Twitterがおすすめです。

プロフィールに【せどり】【転売】といったKWを入れている方を探し、有益なツイートをしている人がいたらフォローしていきましょう。

数が増えてきたらリスト機能を使うと、せどり関連の情報だけを表示させることが出来るので便利です。

まとめ

残念ながらせどりは実践する人が増えて飽和傾向にあります。

規制も厳しくなっており、戦略的に参入をしないと厳しい状況。

 

せどりで稼げる金額には天井があり、将来性もないビジネスです。

これ一本で独立とかマジで辞めたほうが良いです。人生が詰みます。

 

自分には本当にせどりが向いているのか?

せどりの厳しい現実を知った上で、それでも頑張りたいと思えるか?

 

厳しいことも書いてきましたが、せどりは頑張ったら頑張っただけ自分に還元されやすいやり方です。

将来性は低いけれど、タネ銭作りにも適したやり方だと考えています。

 

資金がなくて稼げないなら、期間工を半年ほど頑張ってタネ銭を作るという方法もあります。

 

なぜせどりなのか?

せどりの先に何を見据えるのか?

 

ここをしっかりと明確にして取り組むようにしましょう。

安易な気持ちでせどりに参入すると、人生が破滅しますので。