【人間関係不要】古物市場でせどりをして月利100万円稼ぐ方法

古物市場せどり せどり
この記事は約11分で読めます。

古物市場仕入れが儲かるって聞いたけど本当なのかな

広告で古物市場仕入れをしている動画を見て気になっている

 

 

この記事では古物市場でせどりをする方法について解説をしていきます。

 

僕自身、古物市場を使って現在進行系で利益を出しています。僕の真似をすればあなたも古物市場を使って稼げるようになりますよ。

 

細野
細野

地方に住んでいたり、車を持っていない方でも古物市場を使って稼ぐ方法を解説します

古物市場とは?卸と何が違うの?

古物市場とは、古物の資格を持つ人だけが出入りできる市場の事です。

卸は資格を有してなくても買付が可能ですが、古物市場は資格を持ってない人は参加することが出来ません。

 

市場は日本全国に存在しており、オンラインの市場とオフラインの市場に分かれます。

 

古物商の取得方法についてはこちらでまとめておりますので、参考にして下さい。取得のために勉強などは必要なく、犯罪歴さえなければ誰でも申請が可能です。

 

【完全網羅】古物商許可証の5つのメリット!個人が取得する注意点や申請方法を詳しく解説
「古物商許可証を取るメリットを知りたい!」 「古物商許可証はどんな人に必要?」 「取得方法を詳しく知りたい!」 などの疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。 古物商許可証は、中古品を売買するビジネスを行うときに必要です。も...

古物市場の基本的なルール

古物商を取得することで、市場への買付が可能になります。

せどりを長く続けている人でも、ネット仕入れや店舗せどりだけという方が多く、市場まで買い付けに来る人は少ないです。古物市場で仕入れが出来る体制を整えることで、仕入れが安定しますので、ぜひチャレンジをしましょう。

 

とはいえ、古物市場には独特の文化があり、予備知識無しで行くと何も買えずに終わるでしょう。

そこで僕がこれだけは知っておいたほうがいいと考える、基本的なルールを解説していきます。

声を上げた人に競り落とす権利が与えられる

実際の競りの風景を見て頂くのが一番わかりやすいです。

上記はYBA横浜ブランドオークションという会場です。実際の競りはどこもこんな感じで、一番前で進行を務める人が商品を競りにかけていきます。

 

競りに参加するためには商品の価格が言われた瞬間に自分の買値を声に出す必要があります。

例えば競り人が「3000円から」と言ったのであれば、3000円以上の価格で自分の買値を言わないといけません。

 

後から発言したり、他の人が値段を言った後に発言をしても、ルール違反と見なされ相手にされません。

競り人の提示した価格と自分の買付値が同じ場合は「はい」と言えば、他に声を出す人がいなかった場合落札になります。

 

まずは声を出すという基本的なルールを頭に入れて、実際の現場で練習をしていきましょう。最初は怖気づいてしまったり、タイミング的に声が出せずに落札できないこともあると思いますが、何度か通っていく間に慣れていきます。

 

市場に参加すると最初の間は後ろに座ることになるので、競り人がいる前まで声が届かないこともあるでしょう。大きな声を出すのが苦手な方は発声練習をするなどして、通る声を出す練習をしておくようにしましょう。

専門用語があるが覚えなくてもOK

古物市場の会場に行くと「ドン」とか「テラ」といった意味不明な言葉を使う人や、手のサインで値段を伝える人がいる事に気がつくでしょう。

これらは符丁(ふちょう)という専門用語ですが、この言葉を覚えていなくても問題はありません。

 

5000円であれば「5,000(ごせん)」、1万円でれば「10,000(いちまん)」といった感じで伝えれば、符丁を使わなくても拾ってもらえます。

相場を覚えてないと買い付けは難しい

一つの商品の競りにかけられる時間は数秒〜1分以下です。どんどん次に進んでいきますので、瞬間的な判断で発声をして買付の意思を伝えなければいけません。

 

最初の間はあまりの速さについていけないと思いますが、自分がいいと思った商品の競り番号を覚えておき、その競りが来たら即座に予算上限MAXで声を出せるように準備をしておきましょう。

 

市場はプロとプロの戦いであるため、相場を知っていないと買い付けは難しいです。自分が競り落としたい商品の相場は頭に入れておく事が大切です。

独自ルールが多い

古物市場に参加をすると、座る場所から、競り落とせる商品まで全てが縦社会である事に気がつくでしょう。

入会したばかりのあなたが声を出して競り落とそうとしても聞いてもらえなかったり、他の人よりも高い価格を提示しているのに無視をされる。

 

古物市場は体育会系的な先輩後輩システムが機能しており、何度も通って名前と顔を覚えてもらう事で少しずつ優遇をしてもらえるようになります。具体的には短くとも半年から1年ほどは通う必要があるでしょう。

 

市場によって独自のルールが多いので、最初の間は我を出すのではなく、場の空気や雰囲気に馴染むことを目指しましょう。

初心者は何からやればいいのか?

古物市場には様々な形態が存在し、ブランド品だけを扱う市場から、古着を扱う市場、家電や家具を扱う道具位置などが存在をします。

 

初心者が古物市場で稼ぎ出すための流れを解説します。

扱う商材で利益が出せるようになる

まずはネット仕入れや店舗で買付をして、利益を出せるようになりましょう。最初から古物市場だけで仕入れるのもOKですが、相場観がない状態で参加してもボコボコにされて終わりですw

まずは小売から買って利益を出せるようになりましょう。

僕のおすすめは、買付のタイミングや時期に左右されにくいブランドリペア転売です。

 

ブランドリペア転売のやり方を解説。これを読めば全体像が一発でわかる
中古のブランド品を買ってリペアして販売すれば稼げるって聞いたけど本当?やり方が知りたい ブランドリペア転売は初心者でも稼ぎやすく、ライバルが少ないため、おすすめが出来ます。 しかしネットで...

自分が扱う古物を扱う市場を探す

扱う商材が決まったら、市場を探していきましょう。

商材名+地域名+古物市場というキーワードを入れてネット検索をすれば、その地域にある古物市場が出てくるはずです。

 

関東圏であれば仕入先に困ることはありませんが、東京以外だと仕入出来る市場が存在しないことがあります。そういう場合はオンラインの古物市場を利用するようにしましょう。

 

 

 

 

オンライン古物市場の競りは上記のような感じで、オフラインの市場でやってる事をオンラインで実現しています。

古物市場への参加申し込みをする

どの市場も参加の前に審査があります。身分証と古物商の提出を要求する所が殆どですので、すぐに提出できるように準備しておきましょう。

 

審査に通ったら入会費用や利用費用の支払いを行い、その後市場への参加が可能になります。

 

古物市場の多くは平日の朝から夕方まで開催をする所が殆どです。副業の方はオンラインの古物市場を使うか、休暇を申請しないと参加するのは難しいです。

 

専業でせどりをやる方は、この部分が逆に差別化に繋がります。複数の市場に参加することで仕入れに不自由することはなくなるでしょう。

古物市場で競りをする

参加する市場が決まったら、会場に出向いて競りに参加をします。最初の間は何も買えないと思いますが、場数を踏み慣れていけば取れるようになります。

 

相場をしっかりと頭にいれること。わからない商品はその日に調べる癖をつけること。

この2つを徹底すれば1ヶ月ほどで仕入れが出来るようになっていくはずです。

 

どうしても仕入れが難しい場合は、古物市場で仕入れをして稼いでる人と一緒に同伴をしてもらうといいです。

仕入れツアーや同行サービスを提供している人がいるので、そういったものにお金を払ってサポートをしてもらうのです。

 

【攻略】古物市場は同行でマスター!初心者が参加する方法や優良サービスの探し方を紹介
「古物市場に同行してもらうってどういうこと?」 「同行を受けるメリットは?」 「どうやって同行相手を探せばいい?」 転売にある程度慣れてきた方は、仕入れを強化するのがおすすめです。特に、中級者以上が仕入れで周りと差をつけるなら古物...

仕入れた商品を販売する

競りが終わったら商品の代金を支払い、自宅まで持ち帰ります。ほとんどの市場は着払いで商品を配送してくれるので、車を持ってない方でも荷物の配送は問題ありません。

商品が自宅に届いたら、写真撮影をして販売開始です。

古物市場せどりに必要なもの

店舗せどりや電脳せどりと異なり、古物市場には参入するために準備が必要です。また特殊な文化が多いです。

このパートでは参入前に準備すべきことをご紹介します。

古物商許可

まずは一にも二にも古物商許可が必要です。

取得の流れをまとめていますので、以下の記事を参考にして下さい。

現金

古物市場では店舗やネット仕入れと異なり、現金での支払になります。クレジットカードを使うことが出来ないので現金を用意しておきましょう。

資金的には30万円もあれば余裕を持ってスタートすることが出来ます。

オフラインの古物市場に行く方は車があったほうがいいです。大抵の古物市場は着払いでダンボールに詰めて発送をしてくれますが、車で直接持ち帰ったほうがすぐに出品やリペアをしてお金に変えることが出来るため有利です。

家電や家具など大きい商材を仕入れたい方は大型免許の取得も視野に入れて下さい。

誰も知らない古物市場で稼ぐ方法

この記事を読むほとんどの人は古物市場で仕入れ(せどり)をしてそれをメルカリなどで販売することを想定しているでしょう。

 

ですが実は古物市場は仕入れだけでなく、販売を行うことが出来るのです。販売したい商品をダンボールに詰めて市場に送れば、あとは古物市場が競りにかけて販売をしてくれます。

 

販売手数料もヤフオクやメルカリよりも安く、売上は競りが終わると振り込んでくれるため楽です。仕入れた商品の出品が追いつかなかったり、長期間売れずに抱えた在庫を処分する際に古物市場はとても便利です。

 

僕は現在古物市場での販売をメインにしていて、店舗で売れる商材を安く仕入れてリペアして競りにかけてもらってます。そうする事でメルカリやヤフオクを使うこと無く、毎週10万〜30万円を超える利益を出すことに成功しています。

 

リペアの作業は外注化しており、外注さんの自宅から古物市場まで商品を直送してもらっているため、僕が仕入れた商品を見ることすらありません。

仕入れから販売までの大半の作業を外注化出来ており、僕の作業時間としては週に3時間以下。それで月に100万を超える利益をコンスタントに出すことが出来ているのですが、相当コスパがいいビジネスと言えるのではないでしょうか。

 

古物市場で落札するだけではなく、出品をするという視点を持つことで他の人と異なる軸で戦うことが出来ます。会社員をされていて使える時間が少ない方や、出品が苦手でなかなか上手に写真が取れない方は古物市場での販売を検討してみるといいでしょう。

 

オンラインの古物市場であれば、住んでいる地域に関係なく利用が出来ますし、車を持っていない方でも大量に仕入れを行うことが可能です。僕は1日で120万円ほど仕入れたことがありますが、これだけ大量に仕入れても家まで持ち帰る手間やダンボールに詰める作業はなしです。

 

面倒な作業は全て古物市場のスタッフがやってくれるため、僕は仕入れの意思決定にだけ集中していればいいというわけです。

仕入れに同伴してくれる人の探し方

初心者が古物市場に参加して最短ルートで稼ぐのであれば、同伴してくれる人をつけるのがおすすめです。

稼げる市場を自分で見つける手間や、実際にどんな感じで仕入れをしていくのかを目の前で見ることが出来るので、独学で覚えるよりも大幅なショートカットができるからです。

 

古物市場を教えている人は現場少ないですが、ネット検索やSNSで同伴できないか交渉をしてみましょう。

 

この記事を書いている僕自身も同伴サービスを提供しています。

参加された方からは「迷いが晴れた」、「稼げるイメージが明確になった」など高い評価を頂いております。

 

古物市場同伴/ブランド品のせどり転売仕入れツアー -
古物市場同伴(せどり仕入れツアー)をお探しですか?当サイトでは古物市場での仕入れをサポートするサービスを提供しています。市場、店舗、ネット仕入れがこのサービスで完結をします。2ヶ月間の安心サポート付きです。

まとめ

物販で稼ぐためには仕入れの川上に立つか、自社製品を販売をしない限り、大きく稼ぐのは難しいです。

 

ネット仕入れや店舗せどりでも利益を出すことは可能ですが、誰かの元を経由する度に仕入れの価格というのは高くなってしまいます。

 

ブランド品の場合は真贋のリスクもあり、身元が不確かな個人から買い付けるのはリスクが非常に大きいです。

仕入先の中心に古物市場を持つことで、仕入れが安定化し、真贋問題に悩むことなく稼げるようになります。

 

古物市場で買い付けるスキルを身に着けていき、ライバルよりも一歩先の転売ビジネスを実践できるようになっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました