【図解】Cyfonsインストール方法保存版【レンタルサーバー別】

Cyfonsインストール Cyfons(サイフォンス)
この記事は約8分で読めます。

メルマガ

この記事ではCyfonsのダウンロード方法と解凍方法、インストールと初期設定のやり方を画面付きで解説していきます。

レンタルサーバーへのアップロード手順やCRON設定などはサーバーによって違いますので、必要なタイミングでその手順が書いてある記事へのリンクも貼っておきます。

この記事では「Xサーバー」「さくらサーバー」「ロリポップ」のレンタルサーバーを使っている方に向けてそれぞれのインストール方法をご紹介していきます。
Cyfonsの公式マニュアルではロリポップなどの格安サーバーは避けた方がいいとされています。推奨されているXサーバー以外のレンタルサーバーはサポート対象外なので、できればXサーバーへインストールすることをおすすめします。
細野
細野

メルマガのテスト配信のやり方についてもご紹介しますので、最後まで一緒に進めていきましょう。

Cyfonsをインストールする前に必要な事

Cyfonsをインストールする準備が整っているか確認しましょう。Cyfonsをインストールために必要な作業は次の4つです。

  1. レンタルサーバーの登録
  2. ドメインの取得
  3. レンタルサーバーとドメインの紐づけ
  4. ドメインのSSL化(SSLってなに?という方はこちら)
  5. Cyfons用の新規データベース作成
  6. ロリポップの場合はWAF設定・アップロードフォルダ設定
細野
細野

まだ完了していない項目がある場合は、レンタルサーバーごとの「前準備」をまとめておきますので、項目をクリックしてやり方をチェックしてくださいね。

【エックスサーバー】Cyfonsインストール前準備

【さくらサーバー】Cyfonsインストール前準備

【ロリポップ】Cyfonsインストール前準備

Cyfonsのダウンロード方法

全ての準備が終ったらCyfonsのメンバーページを開き、「Cyfonsシステムファイルダウンロードページはこちら」をクリックします。

「Cyfonsインストール用ファイルダウンロード」をクリックします。

Cyfonsダウンロード

Cyfonsダウンロード「phpバージョン」や「MySQLバージョン」についての注意書きがありますが、最近サーバーを契約したばかりであれば問題ありませんのでそのまま進んでください。

「cin.zip」というファイルがダウンロードされます。

Cyfonsダウンロード

Cyfonsのインストールファイルを解凍する

しかし、レンタルサーバーにzipファイルをそのままアップロードしても失敗してしまいますので、このファイルを解凍する必要があります。

ファイルの上で右クリックすると「解凍」という項目があります。好きな場所を選んで解凍してください。(デスクトップに解凍すると1番わかりやすいと思います。)

ファイル解凍

もし「解凍」という項目がない場合はフリーで使える解凍ソフトなどを使い、ファイルを解凍して「cin.php」のファイルにしておいてください。
下のように「cin.php」というファイル名になっていればOKです。

Cyfonsダウンロード

細野
細野

これがCyfonsをインストールためのファイルになります。

Cyfonsをレンタルサーバーへアップロードする

Cyfonsをレンタルサーバーへアップロードします。それぞれのレンタルサーバーによってアップロード方法が異なりますので、こちらを参考にしてください。

Cyfonsのインストール方法

先ほどアップロードした、Cyfonsをインストールするためのファイル(cin.php)にアクセスします。

Cyfons install

アクセスするURLは次の通りです。

https://【あなたのドメイン名】/cin.php

↑のURLを「http://~」で始めるとSSL化していないCyfonsになってしまいますので、必ず「https://~」始まるURLでインストールしましょう。
【ドメイン設定・SSLの設定がまだ終わっていない場合】
  • Xサーバー: ドメイン設定の記事はこちら / SSL設定の記事はこちら
  • さくらサーバー: ドメイン設定の記事はこちら / SSL設定の記事はこちら
  • ロリポップ: ドメイン設定の記事はこちら / SSL設定の記事はこちら
URLへアクセスすると、Cyfonsのインストール作業が始まります。
「Cyfons運用URL」は指定しなくてOKなので、チェックボックスにチェックを入れ「URLを設定」をクリックします。

Cyfons install

※チェックボックスにチェックを入れるとボタンが押せるようになります。
Cyfons install

「これでURLを確定する」をクリックします。

Cyfons install

「インストールを続行する」をクリックします。Cyfons install

「インストールを続行する」をクリックします。

Cyfons install

Cyfonsを購入した際のシリアル番号を入力し、「次に進む」をクリックします。

Cyfons install

データベース名・ログインユーザー名・パスワード・mysql名を入力して「次に進む」をクリックします。

Cyfons install

ここに入力する情報は、それぞれのサーバーで書いてある場所が違うのでこちらを参考にしてください。

Xサーバーのデータベース情報確認方法

Xサーバーのトップページ」>「サーバー管理」>「MySQL設定」を見るとわかります。
Xサーバーデータベース情報

ロリポップのデータベース情報確認方法

ロリポップのコントロールパネル」>「サーバーの管理・設定」>「データベース」で確認できます。

ロリポップ データベース

さくらサーバーのデータベース情報確認方法

さくらサーバーのコントロールパネル>「Webサイト/データ」を見るとわかります。

Cyfons install

Cyfonsにログインしてみよう

「次に進む」をクリックします。

Cyfons install

「初期設定値」のIDとパスワードをメモして、「管理画面からログイン」をクリックします。

Cyfons install

次の情報を入力して「ログイン」をクリックします。

こちらをコピペして使っていただいてもOKです。

ID:admin@admin.admin
パスワード:123456

Cyfons install

Cyfonsの管理者情報を修正しよう

Cyfonsへログインしたら、管理者情報を入力します。

メールアドレスは、Cyfonsをインストールするドメインのアドレスを作っておくとメンバーさん達にメールが届きやすくなるのでおすすめです。

Cyfons install

基本情報はあとからでも変更ができますので、「保存」をクリックします。

Cyfons install

これでCyfonsのインストールは完了です。

「https://あなたのドメイン名」にアクセスすると、次のようにCyfonsのトップページが表示されます。

細野
細野

URLに鍵マークがついていれば、SSL化もバッチリOKですよ。

ロリポップ Cyfonsインストール

【最難関】CRON設定をしよう【レンタルサーバー別】

CRON設定は、指定した時間に指定したプログラムを動かすための設定です。ステップメールを自動で配信したりするために必要なものです。

細野
細野

Cyfonsの公式マニュアルではXserverでのやり方しか載っていないので、初めての方にとってはかなり難易度の高い作業です。簡単にコピペで対応できるように解説していますのでご安心ください。

各レンタルサーバーのCRON設定方法はこちらからご覧ください。

Cyfonsでメールを配信してみよう

CRON設定が出来たら、最後にメールのテスト配信をしてみましょう。

Cyfonsの管理画面(https://ドメイン名/admin/)にログインし、「メインメルマガ発行ツール」をクリックします。

cyfons 号外メール

「号外メール」をクリックします。

cyfons 号外メール

「号外メール作成」をクリックします。

cyfons 号外メール

タイトルと記事を入力し、「内容確認」をクリックします。

cyfons 号外メール

「テスト送信」をクリックします。

cyfons 号外メール

「テストメールを送信しました」という画面が出ます。

cyfons 号外メール

管理者メールアドレスに設定したメールボックスをチェックして、このようなメールが届いていれば成功です。

cyfons 号外メール

細野
細野

これでCyfonsのインストールは完了です。おつかれさまでした!


【関連記事】

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました