【図解】エックスサーバードメインの取得方法と初期設定【簡単】

Xserverドメイン エックスサーバー
この記事は約6分で読めます。

初めてドメインを作る方はもちろん、ExpiredDomainsで取得する候補として抽出した中古ドメインはXserverドメインで一括取得することができます。

ドメインの取得方法や、ドメインをレンタルサーバーで使えるようにするための初期設定として「ネームサーバー」の変更方法もお伝えします。



エックスサーバードメイン(XserverDomain)の取得方法

まずはエックスサーバードメインのトップページを開きます。

ドメインを一つだけ取得したい場合

ドメインを一つだけ取得したい場合は、ドメイン名を入力し「検索する」をクリックします。

Xserverドメイン取得方法

複数のドメインを一括で取得したい場合

大量のドメインを一括で取得したい場合は、「複数のドメインを一括取得したい方はこちら」をクリックします。

Xserverドメイン取得方法

検索結果で取得可能かどうかわかる

「検索する」を押すと、入力したドメインが取得可能な場合は下記のように契約期間や価格の項目が表示されます。

Xserverドメイン取得方法

入力したドメインが取得できない場合

契約できないドメインは次のように表示されます。

Xserverドメイン取得方法

レンタルサーバーを選択/登録する

すでに別のレンタルサーバーを契約している場合や、すでにXserverのレンタルサーバーを契約している場合は「利用しない」をクリックします。

細野
細野

ドメインと一緒にXサーバーを契約する場合は、個人なら「エックスサーバースタンダード」がおすすめ(無料期間お試し期間あり)です。

Xserverドメイン取得方法

細野
細野

選択出来たら「取得手続きに進む」をクリックします。

Xserverドメイン取得方法

Xserverにログイン/登録する

XserverアカウントのIDとパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

Xserverドメイン取得方法

Xserverアカウントを持っていない場合は、先に左の「Xserverアカウントの登録へ」をクリックしてアカウント登録してください。アカウントを登録する場合はこの記事の入力画面を見ながら進めるとサクッとできると思います。

ドメインの価格を確認する

取得する予定のドメインと価格が表示されますので確認してください。

Xserverドメイン取得方法

「1円」になっているドメインはXサーバードメインのキャンペーンです。

支払方法の選択

支払方法を選択して「お申込み内容の確認」をクリックします。

細野
細野

支払方法のおすすめは時間も手数料もかからない「クレジットカード」です。ビジネス用のカードを1枚作っておくと便利ですよ。

各支払いに必要な情報を入力します。

Xserverドメイン取得方法

「お申込内容の確認」をクリックします。

Xserverドメイン取得方法

「同意する」にチェックを入れ、「申し込む」をクリックします。

Xserverドメイン取得方法

申し込み完了

これで、入力したドメインを取得することができました。

Xserverドメイン取得方法

細野
細野

次に、取得したドメインの初期設定をしていきましょう。

ネームサーバーの設定

ドメインはネットの住所のようなものですが、この住所の場所に何を表示させるのかというと「レンタルサーバーに入っているデータ」です。

なので、ドメイン設定でどのレンタルサーバーを使うのかを指定しておく必要があります。

細野
細野

それが「ネームサーバーの設定」です。難しくないのでマイペースに進めてみてくださいね。

Xserverアカウントにログインする

まずは、Xserverアカウントにログインします。

Xserverドメイン ネームサーバー

先ほど取得したドメインが表示されますので、ドメインの列の右側にある「3つの丸が縦に並んだマーク」をクリックします。

Xserverドメイン ネームサーバー

「ネームサーバー設定」をクリックします。

Xserverドメイン ネームサーバー

レンタルサーバーを選択する

ここでは、「Xserver」のレンタルサーバーを指定します。(Xserverのレンタルサーバーに新規で登録する場合はこちら

そのほかのレンタルサーバーを使う場合は「その他のサービスで利用する」を選択してください。
細野
細野

その他のレンタルサーバーを使う場合は「レンタルサーバー名 ネームサーバー」で検索すると、そのレンタルサーバーのネームサーバー情報と、その設定方法が出てくると思います。

Xserverドメイン ネームサーバー

XドメインのネームサーバーをXserverのレンタルサーバーに指定する場合は、下記のように自動で入力されますので「設定を変更する」をクリックします。

Xserverドメイン ネームサーバー

ネームサーバー設定が完了したというアナウンスがあるので、「OK」をクリックします。

Xserverドメイン ネームサーバー

これでネームサーバーの設定は完了です。

Whois情報の設定

ドメインには「Whois情報」というものがあり、このドメインを所有している人の情報が誰でも見られるようになっています。

しかし、ブログを始める上で「本名は出したくない」「住所も知られたら困る」という方も多いはずです。

細野
細野

Xserverドメインの場合は、何も設定しなくてもWhois情報にXserverの情報を代理で公開してくれていますので安心してくださいね。

現在のWhois情報がどう表示されているかは、Xserverドメインのマイページから「Whois情報設定」をクリックすると確認できます。

Xserverドメイン Whois情報

「Xserver Inc.(弊社)名義で代理公開する」にチェックマークが入っていると思います。

これは、下記のXserverの情報を、ドメインのWhois情報として公開してくれているという意味です。

Xserverドメイン Whois情報 Xserverドメイン Whois情報

細野
細野

Whois情報を変更しない場合は何も設定することはありません。ですが、知識としてこういうものがあるということは知っておいた方がいいので、頭の片隅にメモしておいてくださいね。

レンタルサーバーにドメインを設定しよう

次に、レンタルサーバーに取得したドメインを設定していきます。

細野
細野

ここではXserverの場合のドメイン設定方法をお伝えしていきます。

Xserverのレンタルサーバーのコントロールパネルを開き「ドメイン設定」をクリックします。

レンタルサーバーのドメイン設定

「ドメイン設定追加」タブをクリックします。

レンタルサーバーのドメイン設定

取得したドメイン名を入力して「確認画面へ進む」をクリックします。

レンタルサーバーのドメイン設定

この時、「無料独自SSLを利用する」「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする」のチェックマークは外さないでください。
「追加する」をクリックします。

レンタルサーバーのドメイン設定

これでレンタルサーバーにドメインが追加されました。

レンタルサーバーのドメイン設定

ドメインを設定したのにエラーが出る場合

細野
細野

ドメインは反映されるまでに最大1時間程度かかることもあります。ドメイン設定後に動作が上手くいかないことがある場合は、焦らずに少し時間をおいてから試してみてください。

レンタルサーバーのドメイン設定

ワードプレスをインストールしてみよう

これでレンタルサーバーにドメインを設定することができました。お疲れさまでした。

細野
細野

いよいよブログを作る準備が整いましたね。

Xserverならワードプレスも簡単にインストールすることができますよ。これからワードプレスをインストールしてみたい!という方は、こちらの記事を見ながらやってみてください。

【図解】Xserverのワードプレスインストールはこれで完璧!
エックスサーバーに初めてワードプレスをインストールする方向け。図解で手順を一つずつお見せします。難しいSSL化の設定もこの通りにやるだけで簡単に完了できますよ。

(↑この記事の通りに設定できていれば、「SSL設定」はすでに完了しているので、ワードプレスのインストールの部分から読めるリンクになっています)

 



コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました