【必勝法】ヤフオクでなかなか売れない!原因を見極めて正しく対処しよう【まだまだ売れる】

せどり
この記事は約10分で読めます。

「ヤフオクってもう売れないんでしょ?」
「メルカリで出品したほうがいいのかな?」
「売れない理由と解決策を知りたい!」

と考えていませんか?

メルカリなどのフリマアプリの台頭で、ヤフオクの存在感は薄まっているように感じますよね。なかには「オワコン」という人もいて、不安になるでしょう。

結論から言うと、ヤフオクはまだまだ売れるサイトです。オークファンを用いた調査によると、ヤフオクの流通額はメルカリの5倍以上、商品数は2倍以上あるんです。

ただ、ヤフオクには長年利用しているユーザーが多く、売れるコツが存在します。コツを押さえられてないと、市場規模が大きくても売れないので注意してくださいね。

この記事では、以下のことを解説します。

  • ヤフオクがオワコンと言われる理由
  • ヤフオクでまだまだ売れる理由
  • あなたの商品が売れない原因と対策

記事を読めば、ヤフオクの魅力と売れやすくなる方法が分かりますよ。ぜひ最後まで読んでみてください。

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

ヤフオクはもう売れない?オワコンと言われる2つの理由

最近「ヤフオクはオワコンだ」「ヤフオクに出品しても売れない」という声があります。

その理由は主に2つ。

  1. フリマアプリにユーザーが集まっている
  2. 値段の安いブランドが増えている

詳しく解説します。

1. フリマアプリにユーザーが集まっている

フリマアプリにユーザーが集まり、ヤフオクの知名度が落ちているのが原因の1つです。メルカリやラクマなど、聞いたことがある人も多いでしょう。

実際に利用者についてみると、メルカリは約74万人、ヤフオクは約66万人で、メルカリのほうが出品者数は多いです。

フリマアプリは、個人で気軽出品できるので、初心者でも始めやすく、多くのユーザーを獲得しています。

一方、ヤフオクはオークション制度や送料が別な商品が多いことから、初心者向けとは言いにくいです。ただ、大量出品はヤフオクのほうが簡単流通額は多いです。

ユーザー数から、フリマアプリのほうが盛り上がっているように見える部分はあるでしょう。

2. 値段の安いブランドが増えている

海外ブランドや3COINSなど、低価格でも品質がしっかりしたブランドが増えており中古品を使わなくて値段の安い商品が手に入りやすくなりました。

そのため、ヤフオクを使わなくても、安くて魅力的な商品が手に入ります。

そもそもオークションやフリマを使う人が減っているということです。

メルカリよりヤフオクのほうが市場規模は大きい!その5つの理由

ヤフオクはメルカリよりも市場規模が大きく、十分売れるサイトと言えます。

実際にメルカリでは月間約400万商品が流通しているのに対し、ヤフオクでは月間約940万商品。流通額を見ても、メルカリが約120億円に対しヤフオクが約620億円とヤフオクが圧倒しています。

こちらでは、ヤフオクの流通量や流通額が多い理由を、メルカリと比較しながら解説します。

  1. マニアが多い
  2. オークション形式なので値段が上がりやすい
  3. 年齢層が高い
  4. サービスは改良されていく
  5. 業者が多い

それぞれ詳しくみていきましょう。

1. マニアが多い

ヤフオクはマニアが多く、珍しい商品でも高値で売れます例えば、プラモデルやコレクターアイテムなどの希少性の高い商品です。

メルカリでマニアックな商品を出品しても、欲しい人が少ないため、高い価格では売れにくいです。マニアもそれを分かっているので、メルカリではなくヤフオクで取引を行います。

ヤフオクとメルカリでは、売れやすい商品が違うのです。

2. オークション形式なので値段が上がりやすい

ヤフオクはオークション形式なので、適正に値上がりし、売れていきます。

一方、メルカリでは、初心者の出品が多いので、値段の付け方が甘く、相場が崩れていたり、ありえない安値で取引されていたりします。

そのため「価値がありそうだけど、どれぐらいなのか判断できない」という人はヤフオクで出品するでしょう。

3. 年齢層が高い

ヤフオクは30~50代がメインユーザー層で、比較的モラルが高いです。メルカリは20~30代がメインで、なかには中高生もいるので、マナーの悪いユーザーも存在します。

また、年齢層が違うため、取引される商品も異なります。メルカリのユーザーは「とにかく安く購入したい」ですが、ヤフオクは「レアなものを購入したい」と考えています。

そのため、限定品はヤフオクで出品されることが多いです。

メルカリとヤフオクは違う市場で戦っているので、ユーザーを奪い合っているのではなく、住み分けているのです。

4. サービスは改良されていく

ヤフオクのサービスは年々改良されており、どんどん使いやすくなっています。

「ヤフオクはサービスが使いにくい…」というイメージを持っている人も多いでしょう。たしかにヤフオクはルールが複雑で、初心者には使いにくい部分がありました。

しかし、今では以下の点が改良されています。

  • 落札代金はPayPay払い可能
  • オークション形式だけでなく、定額のフリマ形式でも出品可能
  • 自動延長制度の導入
  • ヤフオクアプリのリリース

ヤフオクは時代に合わせてサービスが年々使いやすくなっているので、今後も期待できるでしょう。

5. 業者が多い

ヤフオクは大量に出品する業者がいて、豊富な商品が揃っています

メルカリでは、個人同士を繋ぐ場を目指しているので、業者が入ることを嫌っています。ツールを使った出品や短期間の大量出品をすると、アカウントを制限されることも。

一方、ヤフオクでは古物商や転売屋が入り込んでおり、ヤフオクもそれを問題視していません。

そのため、ヤフオクのほうが出品数が多いです。また、取引に慣れている業者なので、スムーズに進みます。

そのほか、メルカリとヤフオクの詳しい違いについては関連記事「【徹底比較】メルカリとヤフオクの9つの違いとは!どっちが売れるのかを考察してみた」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

ヤフオクで売れない8つの理由と解決策

ヤフオクで売れないのは、ヤフオクに問題があるからではなく、出品に問題があることがほとんど。出品方法を改善すれば、売れやすくなりますよ。

こちらでは、商品が売れない8つの理由とその対策を紹介します。

  1. 写真が少ない
  2. 商品紹介文が雑
  3. タイトルが正しくない
  4. 価格が相場から離れている
  5. 独自ルールが多い
  6. プロフィールが怪しい
  7. 評価が少ない
  8. オークション終了時間が適当ではない

自分の商品に当てはまってないか確認しましょう。

1. 写真が少ない

写真が少ないと、商品のイメージが湧かず、購入されにくくなります。少なくとも、5枚以上の写真を掲載しましょう。

ヤフオクでは、1枚~10枚の写真を掲載できます。出品中でも、写真は追加できるので、さまざまな角度から撮影して追加しましょう。

なかには、実物の写真を1枚も入れず、公式サイトの写真を掲載している場合もあります。

実物の写真がなければ、本当に存在するのは疑問に思ってしまいますよね。無在庫転売を疑われることもあります。

手間かもしれませんが、実物を撮影して、掲載しましょう。

特に、コメントで質問が来ている場合は、写真で回答すると、購入されやすいですよ。

写真は明るい場所ではっきりと映るように撮影しましょう。撮影後に、加工で明るさを上げることもできますよ。

2. 商品紹介文が雑

商品紹介文が雑だと、不信感を与え、購入されにくいでしょう。

初心者によくある紹介文が「新品のワンピース。ユニクロです。」これでは、商品の詳細が伝わりません。

また、こんなに雑に出品している人なら、梱包やメッセージも雑なのでは?と不信感を抱かせます。

商品紹介は以下のテンプレートを参考にしっかり記載しましょう。

【商品紹介のテンプレート】

  • 商品の正式名称
  • 型番
  • メーカーまたはブランド名
  • サイズ
  • 定価
  • 素材、材質
  • 付属品の有無
  • 購入時の価格
  • 経過年数
  • 商品の状態

ヤフオクの定型文については関連記事「【完全網羅】ヤフオクに使える定型文14選!出品・落札・評価は印象良く効率的に行おう」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

3. タイトルが正しくない

商品タイトルが正しく設定されていないと、検索にヒットせず、見つけられにくくなります。検索にヒットする正しい商品タイトルを付けましょう。

具体的には、以下のように入力するのがおすすめです。

  • ブランド名(Louis Vuitton・ルイヴィトン)
  • 商品の概要(長財布)
  • 商品の特徴(ブラック・黒)
  • ターゲット(レディース・女性用)

特にブランド名は正式名称とカタカナの両方で検索されるので、どちらも入力しておきましょう。

4. 価格が相場から離れている

価格が相場から離れていると、偽物や粗悪品と思われ、購入されにくくなってしまいます。

「安ければ、安いほど買われやすい」というのはヤフオクでは通用しません。まず信頼されることが大切だからです。

落札相場の半分を入金開始額に設定し、オークション形式を選択するのが一般的です。1円出品などは怪しく見えるので気を付けてください。

正しい相場でオークションを開始すると、値が釣りあがって高値で売れます。

5. 独自ルールが多い

出品者が独自に定めたルールが多いと、取引しづらく、敬遠されます。なるべく独自ルールは作らず、色んな人と柔軟に取引できるようにしましょう。

具体的には、以下のようなルールです。

  • コメントなしでの入札禁止
  • 悪い評価がある方とはお取引しません。
  • 落札後24時間以内に支払がなければ、取引をキャンセルします。

独自ルールを設けると、トラブルを回避できることもありますが、そもそも購入されにくくなります。どんな方とでも取引できるように心がけましょう。

6. プロフィールが怪しい

ほとんど記入されていないプロフィールは怪しく購入したいと考える人は少ないでしょう。

プロフィールは人間性もでるので、しっかり記載して、信頼を得るのが大切です。350字と決まっているので、多くのことを書く必要はありません。

  • 冒頭に簡単なあいさつ
  • 出品している商品の傾向
  • コメント回答や発送が遅れやすい時期
  • 喫煙・ペットの有無

これらを盛り込んで、よい印象のプロフィールを作りましょう。

7. 評価が少ない

評価が少ないと、怪しいアカウントだと思われ、取引を避けられることがあります。

ヤフオクで評価を集めるのは非常に重要なので、もし評価がない新規アカウントなら、まずは商品を購入し、評価を集めましょう。

ヤフオクの評価については関連記事「【例文あり】ヤフオクで良い評価を集める5つの方法!悪い評価を変更・削除・リセットするには」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

8. オークション終了時間が適当ではない

ヤフオクでは、オークションの終了時間が重要で、人気の時間帯でないと入札されにくくなります。

なぜなら、終了時間前後は、熾烈な戦いが繰り広げられるから。必ず落札したい人は、ヤフオクを見れる時間帯に終了時間が設定されている商品に入札します。

平日の昼間がオークション終了時間だったら、不便ですよね。

ヤフオクでは、日曜日の20~24時がユーザーの多い時間帯で、終了時間に設定されやすいです。簡単に変更できるので、検討してみてください。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

ヤフオクでせどりをしよう

実は、ヤフオクを副業として利用し、毎月数万円~数十万円の利益をあげている人がいます。その人たちは、せどりを行っていることがほとんど。

せどり:商品を安く仕入れて、ヤフオクなどで高く売ること。差額が利益となる。

せどりは再現性が高く、正しいノウハウがあれば初心者でも利益を得られます。少額から始めることもでき、リスクも少ないですよ。

せどりの詳しいノウハウは僕の無料メルマガでお伝えしています。メールアドレスだけの簡単登録&いつでも停止可能なので、お気軽に登録してみてください!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

 

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました