【上下関係なし】オンライン仕入れが出来る古物市場まとめ

転売
この記事は約10分で読めます。

古物市場で仕入れをしたいけど、上限関係が厳しそうで不安‥。

会社員をしているので古物市場が開いている平日に仕入れに行くなんて無理‥。

この記事では副業で物販ビジネスに取り組んでいる方に向けて、古物市場での仕入れについて解説をします。

古物市場とは

古物市場とは、古物商を持つ人だけが入ることが出来る、業者市の事です。

個人、法人関係なく、古物商の資格さえ持っていれば入ることが出来、入会するためには市場が定める入会金を支払い、審査を受ける必要があります。

 

古物商の取得方法【業者委託vs自分でやる】どっちがおすすめ?
転売やるためには古物商の資格が必要なんだよな。どうやってやるの? この記事では古物商の取得方法について解説をします。 中古商品を扱う場合、古物商の取得は必須となり、違反をすることで罰せられる可能性...

 

入会後には参加費(2,000円〜3,000円程度)が必要な古物市場もあり、これとは別に買付手数料を設定している所が多いです。

 

古物市場では買付だけでなく、出品を行うことも出来ます。

自分が得意としない商材を現金化したり、他の市場で仕入れた商品を横流しして稼ぐ人もいるのです。

 

そんな古物市場を利用する、メリットとデメリットを解説します

古物市場のメリット

まずは古物市場を利用するメリットを紹介します。

仕入れ価格が安い

店頭やネットからの仕入れよりも安く購入できるケースが多いです。

古物市場は業者が仕入れることを前提に値付けを行っているため、競りに出る商品の開始価格は相場よりも安く設定されています。

その設定価格に対して、参加者が入札を入れていくという形式になっているのです。

 

競りが加熱をして高値になる事もありますが、しっかりと予算を決めて参加をすれば高値掴みををするリスクはありません。

珍しい商品が仕入れできる

流通量が少ない珍しい商品を仕入れることが出来ます。

僕の事例だと5000円程度で仕入れたブランド品の財布が5万円で売れた事があります。

 

流通量が少ないため、ライバルが少なく、販売した時に探していた人達が一斉に僕が出品した商品を競り合ってくれました。

 

店舗やネットで仕入れをしていたら、見つけることが出来なかった商品なので、こういった品が仕入れが出来るのは大きな魅力です。

ライバルが少ない

この記事を書いている時点では参加者が少なく、稼ぎやすい状況です。

店舗仕入れに限界を感じた方や、ネット仕入れや輸入転売で利益を出せてない方が、古物市場に目を向けており、この状況は今後変わるかもしれません。

単純転売でも稼げる

ジャンルにもよりますが、物を右から左に流すだけの単純転売でも稼ぐことが出来ます。

 

販売する販路と、販売スキルさえあれば、短期間での収益化が可能です。

古物市場のデメリット

古物市場を利用するデメリットを解説します。

紹介がないと入れない所がある

一部の古物市場は紹介制を取っており、紹介を得ないと参加できない市場があります。

古物市場には閉鎖的な文化が残っており、新規参入者に対して歓迎というスタンスを取ってない市場も存在するのです。

 

古物市場に参加する際には、参加条件をしっかりと読み、今の自分でも参加できるのかを見極める必要があります。

初期投資が高め

無料で参加できる市場もありますが、稼ぎやすいのは有料の古物市場です。

そういった所は参加するだけで、3万円〜5万円を超える登録料が設定されていたりします。

 

資金が少ない方はこの費用を捻出するのがネックになる可能性があります。

資金が少ない人は不利

仕入れに使える資金が10万円しかなければ、市場参加費を支払ってしまうと、使えるお金は7万円です。

仕入れ単価が安いとは言え、古物市場においても資金が多い人のほうが有利であることは否めません。

 

少ない資金でも古物市場仕入れをスタートすることは可能ですが、短期間で大きく稼ぐことは難しいでしょう。

開催日が平日

ネット専門の古物市場であっても、市場が開催されるのは平日です。

会社員をされている方は、競りに参加することが難しいです。

古物市場の攻略方法

古物市場で仕入れをすれば稼ぐのなんて簡単だな

 

このように考えているのであれば、油断は禁物です。

 

古物市場では珍しい商品を仕入れることが出来たり、相場よりも安く購入できることがあります。

しかし誰もが参加できるかというと、なかなか難しいです。

 

まず第一に古物市場が開催されるのは平日が大半

本業がある人はこの時点で参加することが不可能ですよね。

 

会社を休んで参加をしたり、平日休める仕事に転職をするという方法もありますが、現実的ではありません。

 

では、古物市場で稼ぐことは諦めなければいけないのか?というとそんな事はありません。

戦略的に古物市場で稼ぐ攻略方法を解説します。

相場観を形成する

古物市場は安く仕入れをすることが出来ますが、きちんとした相場観を持って参加しないと高値掴みをするリスクがあります。

 

もしあなたに販売経験が全く無いのであれば、まずは何かしらの分野で経験を積むことをおすすめします。

 

僕であればヤフオクでブランド品を仕入れて、それをリペアして販売する経験を積んだ上で、古物市場に参加。

古物市場に参加する前に取引価格の相場について問い合わせをし、相場価格で購入が出来れば利益が出せることを確認した後、参加をしました。

 

実務経験 → 利益が出せる体制の構築 → 仕入れ先の分散

 

物販ビジネスで稼ぐためには、この流れを構築しておくべきであり、全くの未経験者が事前調査なしに古物市場に参加するのはおすすめできません。

 

最初から完璧な仕入れは出来ないので、相場観を形成しつつ、優位性の高い入札価格を入れていく姿勢が必要です。

オンラインで仕入れが出来る古物市場で足元を固める

相場観が形成できたら、自分が扱っていく商材が仕入れできる古物市場を探します。

その際におすすめの流れはオンラインで仕入れが出来る古物市場を探すという事です。

 

古物市場の中には、ネット経由での競りを認めている所があります。

そういった古物市場では、事前に予約入札というものを行うことが出来るので、この機能を使えば競りの間パソコンの前に張り付いていなくても、落札が可能なんです。

 

オンラインで仕入れが出来る古物市場を利用すれば、副業の方でも古物市場の攻略が可能。

事業や専業として取り組んでいる方も、他の市場と並行して利用する事が出来るので、参加を検討する価値があります。

 

まずはネット仕入れに対応した古物市場で足元を固めておき、そこで利益を出せるようならば、オフラインでの仕入れを検討していけばいいです。

僕はこのやり方で古物市場に取り組み、初月から黒字化することに成功しています。

情報発信をする

古物市場で安定的に稼げるようになったら、古物市場での仕入れ方や稼ぎ方を情報発信する事を検討しましょう。

 

この記事をあなたが読んでくれているように、Amazon転売がオワコン化した今、古物市場から仕入れてヤフオクやメルカリで販売するやり方に注目が集まっています。

 

この分野の情報発信をしている人は現場とても少ないので、今から参入すれば大きなチャンスがあります。

情報発信は必ずしもやる必要はありませんが、資金や持てる在庫、使える時間に限界を感じているのであれば、検討する価値があります。

 

僕自身も自分が理想とするライフスタイルを追求した結果、プレイヤーではなく、教える活動にコミットする事にしました。

古物市場で仕入れをして稼ぐのって、ある程度慣れてくると同じ作業の繰り返しです。

 

飽きてきますし、使える時間や資金にも限界がある。

「儲かる情報を教えるはずがない」と批判されることもあるのですが、「上限があるビジネスの余った枠を販売する行為は詐欺ではない」と僕は考えています。

 

もしあなたが「物販ビジネスだけで自由になることは難しい」、「転売やせどりに飽きてきた」と感じているのであれば、情報発信を検討してみて下さい。

あなたが培ってきた経験を人に教えることで、さらに成長し、収入を増やすことが可能になっていきます。

オンラインで仕入れが出来る古物市場

上記を踏まえて、個人でも参加できるオンライン対応の古物市場を紹介します。

まずはここで紹介している古物市場で足元を固め、それでも稼げるのであればオフラインの古物市場を開拓していきましょう。

エコリング

ブランド品の買取ならエコリング
ブランド買取ならエコリングにお任せ下さい。出張や宅配など選べる買取方法でブランド品に限らずバッグ・腕時計・金券やご自宅の不用品まで幅広く高価買取しております。店頭は東京・愛知・大阪・兵庫・広島・福岡で出店中!お気軽にご相談ください。

 

ブランド品から貴金属、道具市場までを扱う、総合古物市場です。

圧倒的な知名度と集客力で全国から集めた商材が、毎週競りにかけられます。

 

取扱量が豊富であるため、初心者にもチャンスがありますし、僕自身ここで足元を固めたことで、着実に稼げるようになりました。

 

初めての古物市場として強くおすすめ出来ます。

 

登録には5万円がかかりますが、僕からの紹介があれば入会金が無料になります。

オークネット

株式会社オークネット | 中古車、バイク、フラワー、デジタル機器、ブランド品、医療機器等の関連事業者様向けオークション流通支援サービス
中古車、バイク、フラワー、デジタル機器、ブランド品、医療機器等の関連事業者様向けオークション流通支援サービスならオークネット。

 

国内最大級のネット古物市場です。

ブランド品以外にも、パソコンや自動車など、幅広い商材が取り扱われています。

JBAリアルライブネットオークション

JBAリアルライブネットオークション | 新品もリサイクル品も手に入る、日本最大級の業者専門市場!
【お知らせ】 (2021/1/21)ライブネットオークション・時計の開催について (2021/1/15)ライブネットオークション、キャンペーン継続・延長のお知らせ (2020/12/23)システムサーバー移行のお知らせ (2020/12/15)年末年始(2020年~2021年)の営業について (2020/10/1)ライ...

 

ブランドオフが運営をする古物市場です。

オフラインの古物市場も開催していますが、ネットオークションを開催しています。

専用のアプリが用意されており、アプリ経由で管理が可能になっています。

トレファクライブネットオークション

ライブネットオークション【家電・家具のBe to Be 向けオークション】
中古家具、家電、生活雑貨、スポーツ用品と様々な品目が集まったBe to Be 向けのネット型市場オークションサイトです。各品物5秒単位で入札できるリアルタイム入札を採用しており、その他事前入札・ファイナルプライスなどの仕組みもあります。中古市場のネット版なので商品の仕入れにも、または業販したい場合にも簡単に便利に利用で...

 

トレジャーファクトリーが運営する、ネット専用の古物市場です。

ブランド品、家具、家電が扱われており、古物商があれば個人でも参加が可能です。

 

毎月第一月曜日ブランド市場開催

毎週水曜日9時より道具市場開催。

 

初回参加費用30,000円、入場料2,000円、年間更新料が10,000円かかります。

アプレオークション

株式会社アプレ
アプレは金・プラチナ・ジュエリー・ダイヤ・ブランド品・時計などリユース品取引の総合窓口です。リユース品の買取販売、オークション、真贋教育、鑑定サポートはアプレへお任せください。

 

登録料無料で参加ができるブランド品の古物市場です。

毎月11日と25日に退会が開催されており、ネットから競りに参加可能です。

 

大会参加費3,000円のみで利用ができるので、登録だけでもしておいて損はありません。

モノバンクオークション

ものばんくオークション | リユース業界に「新しい!」を。
宝石、時計、バッグ、道具などの古物を扱うBtoB向けのリアルタイム ネットオークションです。スマホやタブレット端末さえあればいつでもどこからでも参加可能です。

 

入会金20,000円、年会費12,000円。

 

専用のアプリが用意されており、商品の状態を動画で見ることが可能。

事前入札にも対応するため、競り当日にパソコンの前に貼り付けなくても落札を狙うことが可能。

オークネット

ブランド品 | 株式会社オークネット
オークネットブランドオークションのサイトです。パソコンとインターネット環境があれば参加が可能。セリ市場に出向く時間と経費を大幅に削減できます。出品されるアイテムはすべて,検品専門部隊による厳正な検品が行われ5段階の評価点によって状態が表示されるので,分かりやすく安心して取引ができます。また,専用サイトから事前下見が可能...

 

入会金50,000円、月会費3,800円。

法人でないと参加ができないため、法人化している人は優位性がある仕入先となる。

古物市場で稼いでいこう

古物市場に行きたいけど、開催日が平日で無理‥。

体育会的なノリについていくのが大変そう‥。

 

このように悩んでいる方はかなり多いはず。

 

今回紹介してきたネット仕入れに対応している古物市場だけでも、稼ぐことは十分に可能です。

まずはオンラインで足元を固め、それ以上に稼ぎたい、組織化をしたいと思ったらオフラインの古物市場を開拓していきましょう。

 

古物市場を利用して安定的に稼ぐ方法が知りたい、一緒に仕入れに同行して欲しい方は僕のLINEに登録しておいて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました