【超簡単】Amazonサジェストを登録するやり方とは!キーワード選定の方法や検索上位になる仕組みを解説

せどり
この記事は約13分で読めます。

「Amazonのサジェストキーワードはどうやって調べるの?」
「新規で出品する場合、キーワードを設定する方法は?」
「Amazonで出品している商品の検索順位を上位にしたい!」

Amazonで売上を伸ばすためには、出品した商品の検索順位を上げることが大切です。

どの商品を上位表示するかはAIが決定しているので「サジェストキーワード」を駆使してAIの評価を高めると、商品が顧客の目に止まりやすくなり、売上アップに繋がります。

しかし、サジェストキーワードと言われても、何をどうすれば良いのかいまいちピンとこない方も多いでしょう。

そこで今回は、Amazonの検索順位をアップさせる、サジェストキーワードの設定方法と仕組みを解説していきます!

  • Amazonのサジェストキーワードとは
  • サジェストキーワードを入力する方法
  • サジェストキーワードを設定する際の6つのコツ

キーワード選定に使用するツールや決める際の注意点なども解説しますので、ぜひ最後までご覧ください!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonのサジェストキーワードとは!概要をサクッと解説

Amazonのページで上位表示を勝ち取るために大切な「サジェストキーワード」ですが、専門用語なので聞き馴染みのない方も多いでしょう。

そもそもサジェストキーワードとは何なのか、まずは以下の3点から解説していきます!

  1. サジェストキーワードとは?
  2. いつ必要になるの?
  3. サジェストキーワードを登録すべき理由は?

概要をしっかりチェックしておきましょう。

1.サジェストキーワードとは?

サジェストキーワードは「関連キーワード」とも呼ばれ、検索欄に調べたい内容を入力した際に自動的に表示される検索候補のことです。

例えばGoogleで「サジェストキーワード」と検索した場合、このように表示されます。

このようにAIが検索ワードと関連性が高いキーワードを抽出して候補をサジェスト(提案)することから「サジェストキーワード」と呼ばれています。

2.いつ必要になるの?

Amazonに新しく商品を登録するとき、あわせてサジェストキーワードを紐付けるべきです。

これにより、Amazonの検索に引っかかりやすくなります。

より具体的に言うと「何を買うか迷っている顧客に商品を見つけてもらう」ために必要です。

例えば「プレゼント」と検索バーに入力すると、以下のようなサジェストキーワードが出てきます。

仮に検索している方が男性向けのプレゼントを探していた場合「プレゼント 男性」をクリックするはずです。

この時、男性向けのプレゼントとして開発した商品なのに「プレゼント 男性」というサジェストキーワードが設定されていなければ、上位表示されることはなく折角のチャンスを逃してしまうでしょう。

販売している商品にどのようなサジェストキーワードが適しているのかリサーチして、商品を求めているユーザーに知ってもらえるように努めてください。

3.サジェストキーワードを登録すべき理由は?

サジェストキーワードを登録すべき理由は、主に2つあります。

  • 商品を求めている人の元に届けられる
  • 検索にヒットする確率が高くなる

多くの方が検索した(関連性が高い)言葉がサジェストキーワードになるため、適切なキーワードを登録すれば検索にヒットしやすくなり、顧客の目に触れる回数も多くなります。

もちろんサジェストキーワードなら何でも良いわけではありません。

例えば「洗濯機」で検索した場合、サジェストキーワードには以下の内容が出てきます。

商品を販売するのであれば「洗濯機 寿命」「洗濯機 排水口」を選んでも意味がありません。

販売したい商品に合ったサジェストキーワードを入力することで、購入意識のある顧客へPRしていきましょう。

Amazonでサジェストキーワードを登録する2つの方法

Amazonで出品した商品にサジェストキーワードを登録する方法は2つあります。

  1. Amazonセラーセントラルで登録
  2. 一括アップロードで登録

それぞれ解説していくので、好きな方を選んでください。

1.Amazonセラーセントラルで登録

特定の商品のサジェストキーワードを変更したいのであれば、Amazonセラーセントラルから登録するのが簡単です。

【Amazonセラーセントラルから登録する方法】

  1. トップページの在庫タブの中にある「在庫管理」をクリック
  2. 商品を選び詳細の編集をクリック
  3. キーワード項目から設定

まずはAmazonセラーセントラルのトップページに進み、在庫タブから「在庫管理」をクリックしましょう。

在庫ページに商品の一覧が表示されるので、キーワードを登録したい商品を選び、右端にある「詳細の編集」をクリックします。

移動先のページで「キーワード」の項目を選び、ここから検索キーワードを登録します。

文字は500バイト未満、文字数に直すと約83文字以内で入力しましょう。

入力し終えたら下にある「保存して終了」のボタンを押せば完了です。

2.一括アップロードで登録

大量の商品のキーワードを一気に設定したい場合は、一括アップロードがおすすめです。

【一括アップロードで登録する方法】

  1. 在庫タブの中にある「アップロードによる一括商品登録」をクリック
  2. 「在庫ファイルをダウンロード」をクリック
  3. 商品の分類を入力し、テンプレートを作成
  4. テンプレートファイルにある検索キーワードを入力
  5. 「在庫ファイルをアップロード」を開きファイルをアップロード

Amazonセラーセントラルのトップページにある在庫タブから「アップロードによる一括商品登録」をクリックします。

開いたら「在庫ファイルをダウンロード」をクリックしましょう。

出品している商品の中で、キーワードを登録したい商品のジャンルを選びます。

入力を終えたらテンプレートを作成し、Excelファイルとしてダウンロードします。

ダウンロードしたExcelファイルに検索キーワードを入力し終えたら「在庫ファイルのアップロード」を開き、編集したファイルをアップロードしましょう。

最後に「アップロード」のボタンを押したら完了です。

手順は少し複雑ですが、商品をまとめて登録できるので品目が多いときはこちらを使いましょう。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonで新規出品する際にサジェストキーワードを設定するための6つのコツ

Amazonのサジェストキーワードは、何でも登録すればよいわけではありません。

すぐマネできる6つのコツがあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

  1. 商品の基本情報は必ず登録
  2. 商品とキーワードの関連性を意識する
  3. キーワード設定はASINごとに可能
  4. 検索キーワードの詰め込みすぎはNG
  5. SEO対策として商品説明にキーワードを入力
  6. 商品タイトルにもこだわる

ちょっとしたことが検索順位に大きな影響を与えるので、忘れずに全て設定してください。

1.商品の基本情報は必ず登録する

Amazonではサジェストキーワードを入力すべき項目が3つあります。

  • 商品タイトル
  • 商品説明箇条書き
  • 商品の説明文

どれも商品の基本情報で、顧客の目に触れる箇所でもあるので必ずチェックしておきましょう。

特に商品のタイトルは検索順位が決まる重要な要素になるので、サジェストキーワードを盛り込みつつ、人間が見ても不自然にならない名前を考えてください。

商品の説明文もAmazonのAIは検出するので、商品の魅力を解説しながら適度にキーワードを散りばめることをおすすめします。

2.商品とキーワードの関連性を意識する

サジェストキーワードは商品に適したものを見極めることも重要です。

より関連性の高いキーワードを選ぶメリットは、大きく分けて2つあります。

  • Amazonから高品質なページだと評価される
  • 商品をチェックした顧客が混乱しない

AIは日々進化しており、そのページが本当にユーザーのためになっているのか判定する精度が高まっています。

関連性の低いキーワードを入力すると、Amazonから低品質な商品ページと評価されてしまい、検索順位も下がる原因になるので注意しましょう。

例えば腕時計を販売する時、2つのサジェストキーワードを見つけたとします。

【腕時計のサジェストキーワードの例】

  • 腕時計 高級
  • 腕時計 格安

この2つは明らかに相反するキーワードなので、両方盛り込むのは危険です。

仮に100万円の時計に「腕時計 格安」を設定して、検索順位で一番上に表示されたとしても、顧客が求めているのは安い時計なので見向きもされないでしょう。

Amazonからしても「顧客を混乱させる表示」なので、検索順位を下げられるのは当然です。

3.キーワード設定はASINごとに可能

Amazonでは1つの商品カタログに1つのASINが付き、サジェストキーワードはASIN毎に設定できます。

サイズやカラーリングに違いがある場合、別のASINが付けられるので別々のキーワードを設定してください。

商品の微妙な違いによってキーワードを分けるべきものは多いので、細かいところまで意識しましょう。

【ASINの違いを利用したキーワード設定の例】

  • お菓子のフレーバー名
  • 衣服のカラーリング
  • 食料品の重量
  • 家具のサイズ

サジェストキーワードを使い分ければ、顧客が望むものをドンピシャで提供できるので、売上アップに繋がります。

4.検索キーワードの詰め込みすぎはNG

キーワードは多く登録すればするほど窓口が広がるイメージがありますが、詰め込みすぎは検索順位に悪影響を与えかねません。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」とも言うので、1つのキーワードに集中して、確実に検索順位で1位を取るほうが良いでしょう。

最初から爆発的ヒットを狙うのではなく、少しずつ認知を広げて売上を伸ばしていきましょう。

5.SEO対策として商品説明にキーワードを入力

商品の特徴や特性を紹介文に入力する際は、サジェストキーワードを入れることでSEO対策を行いましょう。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」という意味です。

Googleなどで知りたいキーワードを検索すると様々な情報が出てきますが、自分のサイトを検索結果の上位に表示させるマーケティング手法になります。

これはAmazonでも同様で、自分が出品している商品を検索結果の上位に表示させれば、顧客の目に触れる機会が増えるので売上アップに繋がるでしょう。

なお、AmazonSEOについては関連記事「【売上アップ】AmazonのSEO対策8選!出品した商品を上位表示させてカートを獲得しよう」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

6.商品タイトルにもこだわる

Amazonで商品を検索した際、真っ先に出てくるのが商品のタイトルです。

タイトルは商品の顔であり、最重要ポイントなので一番時間をかけて吟味してください。

【タイトルに欠かせないポイント】

  • 自然なサジェストキーワード
  • ユーザーの目を引くインパクト
  • 一言で商品の特徴を伝えるフレーズ

短いタイトルの中にどれだけの内容を詰め込めるかで、売上が決まると言っても過言ではありません。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonでサジェストキーワードを選定するおすすめツール4選

商品のサジェストキーワードを調べる際におすすめのツールを4つ紹介します。

  1. 1つひとつ手打ちで調べる
  2. アマゾンサジェストキーワード一括DLツール
  3. Keyword Tool
  4. Googleキーワードプランナー

方法に優劣は無いので、自分に合うリサーチ方法を探していきましょう。

1.1つひとつ手打ちで調べる

Amazonで実際にキーワードを入力すれば、サジェストキーワードが出てきます。

例えばAmazonで「スマートフォン」と入力した場合、このようなサジェストキーワードが表示されるでしょう。

ここに表示されているものは全てサジェストキーワードなので、商品に関連するものがあれば採用してください。

2.アマゾンサジェストキーワード一括DLツール

アマゾンサジェストキーワード一括DLツールとは、調べたいキーワードを入力するとサジェストキーワードをまとめて取得してくれるツールです。

【使い方】

  1. キーワードを入力する
  2. CSV取得というボタンをクリック
  3. CSVファイルでキーワードを取得

まずはアマゾンサジェストキーワード一括DLツールを開いて、中央のバーにキーワードを入力します。

検索ボタンを押して、しばらくするとページの下の方に出てくる「CSV取得」というボタンをクリックします。

これだけでキーワードをまとめたCSVファイルがダウンロードできるでしょう。

3.Keyword Tool

Keyword ToolとはAmazonなど様々なサイトのサジェストワードを調べるサイトです。

【使い方】

  1. Keyword Toolを開く
  2. Amazonのタブをクリック
  3. キーワードを入力

まずはKeyword Toolのページに進み「Amazon」のタブをクリックします。

検索欄に調べたいキーワードを入力すると、サジェストキーワードの検索結果がこのように表示されます。

ページの右下にある「Copy / Export」をクリックするとCSVファイルでダウンロードも可能です。

CSVにすれば一括アップロードする時に楽なので、必要に応じてダウンロードしてください。

4.Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、キーワード毎の検索ボリュームも同時に把握できるツールです。

【使い方】

  1. Googleキーワードプランナーを開く
  2. 「新しいキーワードを見つける」をクリック
  3. サジェストキーワードを入力

まずはGoogleキーワードプランナーのぺージを開いて「新しいキーワードを見つける」をクリックします。

するとこちらのページに移行するので検索欄にキーワードを入力し、ページの左下にある「結果を表示」をクリックします。

検索した内容の月間の検索ボリュームがこのように表示されるので、この数字を参考にキーワード選定を行いましょう。

こちらはあくまでGoogleの検索結果ですが、Amazonでも同じような検索をしている可能性は高いので参考になるでしょう。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonのサジェストキーワードで気をつける3つの注意点

サジェストキーワードの設定はAmazonには欠かせませんが、設定する際には3つのポイントに注意してください。

  1. 商品毎にキーワード数の上限がある
  2. 複数のキーワードは区切って入力する
  3. 商品タイトルに入らなかった単語は説明文に記載する

知らずにミスをすると思わぬ機会損失になりかねないので、事前にチェックしておきましょう。

1.商品ごとにキーワード数の上限がある

商品ごとに設定できるキーワード数には制限があり、1つの項目につき500バイトまでしか記入できません。

全角の日本語1文字が約3バイトといわれているので、1つの商品に設定できるキーワードは約83文字までです

ただし、商品のジャンルによっては250バイト未満(約40文字)の上限なので、その都度確認してください。

2.複数のキーワードは区切って入力する

1つの商品に対して複数のキーワードを設定したい場合は、半角スペースで単語ごとに区切りましょう。

区切らずにキーワードだけを詰め込みすぎると、1つの塊で認識される危険が高まります。

せっかく設定したキーワードが無駄になってしまうので注意してください。

3.商品タイトルに入らなかった単語は説明文に記載する

商品タイトルに入らなかったサジェストキーワードは、商品の説明文等に挿入しましょう。

商品のタイトルは顧客が目にするところなので、キーワードを重視しすぎて文体が崩れるのはNGです。

キーワードには優先順位を付けて、重要なものだけタイトルに入れるようにしてください。

ぜひこの記事を参考に、Amazonの売上アップを目指してみてくださいね!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました