【裏技】Amazonの複数アカウントを作る方法!出品者アカウントでは条件によって作成OK

せどり
この記事は約12分で読めます。

「Amazonアカウントは複数作れる?」
「規約違反にならない?」
「複数のアカウントをどうやって活用すればいいの?」

目的別で登録を分けたいなど、Amazonで複数アカウントを作りたいという方もいるのではないでしょうか。

出品者側では、アカウントがBANされた時に備えて予備のアカウントを作っておきたいという考え方も。

そこでこの記事ではAmazonの複数アカウントについて、以下の内容を解説していきます。

  • 複数アカウントを作るのに必要な情報
  • 作り方
  • 注意点
  • アカウントの切り替え方
  • 複数作ったアカウントを削除する方法
  • 複数アカウントを作らなくても対応できること
  • 複数アカウントによるペナルティ

複数アカウントを作るべきか迷っている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

購入者側ならAmazonで複数アカウントを作れる

複数アカウントにより「規約違反でBANされたらどうしよう…」と思っている方もいるかもしれません。

実は、購入者側がアカウントを複数作ることは公式で認められています。

認められていると断言する根拠は次の2つ。

  • アカウントの切り替え機能が標準で搭載されていること
  • 「アカウントの追加」のボタンがあること

以上のことから、Amazonは複数アカウントの作成を前提としていることが明らかです。

とはいえ出品者は絶対に複数アカウントを作れないという訳でもありません。

複数アカウントでAmazonとトラブルになるのではと不安な方も、安心してくださいね。

Amazonで複数アカウントを作るのに必要な情報

複数アカウントを作るには、次の情報が必要です。

  • 名前
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 住所
  • 電話番号
  • 支払い情報

法人出品ではださらに細かな項目がありますが、個人の販売・出品ではそこまで多くの情報は求められません。

最初に入力するのは、メールアドレスとパスワード、名前です。

この中で全く同じ情報が使えないのは、メールアドレスのみ

登録済みのメールアドレスで新規入会しようとしても「Eメールアドレスはすでに使用されています」と表示されて先に進めません。

メールアドレスを持っていない方はGmailなどのフリーアドレスを活用しましょう。

パスワードは他のアカウントでも登録できますが、再利用は避けるのがおすすめ。

片方のアカウントのパスワードが流出してしまった時に、不正アクセスの被害が広がるのを防げるからです。

その他の4つの情報は、既存アカウントの情報を別アカウントにも入力し、登録できるか試してみました!

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 支払い情報

どれも注意書きが表示されることはなく、スムーズに登録できました。

複数アカウントを作るにはメールアドレスと、できればパスワードを新規で用意すればOKです。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonで複数アカウントを作る方法

新規のメールアドレスを用意したら、アカウントを作成していきましょう。

複数アカウントを作る手順を画像付きで解説します。

ぜひ一緒に進めてみてください。

複数アカウントの作り方
  • ステップ1
    ログアウトする

    既存のアカウントにログインしたままでは、新規登録ができません。

    はじめにログアウトしておきましょう。

    トップページ右上の「アカウント&リスト」にマウスを乗せると、メニューが表示されます。

    メニューの1番下に「ログアウト」のボタンがります。

  • ステップ2
    アカウント作成画面に進む

    ステップ1でログアウトすると、自動的に画面が切り替わります。

    ここでは案内通りにはログインせず、画面下にある「Amazonアカウントを作成する」へ進んでください。

  • ステップ3
    必要情報を入力する

    登録に必要な情報を入力していきます。

    • 名前
    • フリガナ
    • メールアドレス
    • パスワード

    メールアドレスは、Amazonの登録に使っていないものを用意してください。

    入力できたら「Amazonアカウントを登録する」のボタンを押して登録完了です。


Amazonの複数アカウントを管理する際の注意点3選

Amazonで複数アカウントを作る際の注意点を解説していきます。

  1. 特典を共有できない
  2. アカウントの結合には非対応
  3. 出品者用アカウントは原則1つずつ

アカウントを増やしてから「なんだかイメージと違った」を後悔することがないよう、確認しておきましょう。

1.特典を共有できない

Amazonでは、複数アカウントで特典を共有することはできません。

Amazonからは、あくまで「別の登録者」として扱われるからです。

例えば次のような、アカウントをまたいだ行動は非対応。

  • 既存アカウントでプライム会員だから新アカウントも送料無料
  • 既存アカウントで買ったKindle本を新アカウントでも読む
  • 既存アカウントで買った商品について新アカウントで返品手続き

逆に「新アカウントの◯◯を既存アカウントに」という引き継ぎもできません。

新アカウントでプライム会員の特典を受けるには、新たに500円の会費を支払いましょう。

2.アカウントの結合には非対応

Amazonでは、複数のアカウントを結合することができません。

アカウントを結合しないとできない、以下の操作もNGです。

  • ポイントを別のアカウントに移す
  • Kindle本の保存場所を1つにまとめる

必要のないアカウントがある場合は、結合ではなく削除をすることになります。

3.出品者用アカウントは原則1つずつ

購入者は比較的自由にアカウントを作れますが、出品者アカウント(セラーセントラル)は原則1つずつしか登録できません。

利用規約の「出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項」で、複数の出品アカウントの運用が禁止されています。

知らずに複数アカウントを登録すると規約違反でペナルティを受けることも。

ただし、出品者側の複数アカウントの運用には例外もあります。

  • 複数のブランドを持っていて、それぞれが独立している
  • 法人を2つ持っている
  • 複数アカウントが必要なAmazonプログラムに参加している

アカウントを解説する前に、Amazon側へ条件を問い合わせしておくと安心です。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonの複数アカウントを切り替える方法

アカウントを切り替え忘れると、間違った住所に配送されたり、Kindle本の保存先が混ざったりして不便です。

アカウントの運用がゴチャゴチャにならないよう、目的に応じて切り替えましょう。

トップページ右上の「アカウント&リスト」でミューを開きます。

下のほうにある「アカウントの切り替え」で、アカウントの一覧画面に移ってください。

ログインしたいアカウント名をクリックすると、情報が切り替わります。

なお、新アカウントを作ってから初めての切り替えでは、一覧に情報が表示されなません。

「アカウントの追加」を押すと、次回からもアカウント一覧画面に新アカウントも並ぶようになります。

Amazonの不要な複数アカウントを削除する方法

不要な複数アカウントは削除しておくことがおすすめ。

ログインせずに放置していると、不正利用などのトラブルに気付くのが遅れてしまうからです。

アカウントの削除は、カスタマーサービスに依頼して進めてもらいます。

検索バーの下にある「カスタマーサービス」をクリックし、問い合わせへのリンクを開きましょう。

チャットか電話でサポート担当と話せますので、削除したいアカウントがあると伝えてください。

他の通販サイトのような退会フォームはないので注意しましょう。


収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

複数アカウントを作らなくても対応できること

ドミノ倒し

目的によっては、無理に複数アカウントを作らなくても対応できることがあります。

  1. 自宅以外に配送する
  2. 家族にAmazonの特典を使わせる
  3. Prime Videoを複数端末で見る

管理するアカウントを無闇に増やさないため、登録前に確認してみてください。

1.自宅以外に配送する

自宅以外の住所に発送するのは、複数アカウントを作らなくてもできます。

Amazonに複数の住所を登録しておけるからです。

住所を登録する手順は以下の通り。

住所を複数登録する方法
  • ステップ1
    「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」を開く

  • ステップ2
    「アドレス帳」を開く


  • ステップ3
    「新しい住所を追加」で新住所を登録する


単身赴任先や実家などを追加して活用しましょう。

2.家族にAmazonの特典を使わせる

「家族も送料無料にしてあげたいけど、アカウントは混ぜたくない」という時は、家族会員を活用できます。

家族会員とは、追加で会費を払うことなくprime特典を共有でき、アカウントも分けられるシステムのこと。

登録方法は以下の通りです。

家族会員の登録方法
  • ステップ1
    「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」を開く
  • ステップ2
    「プライム」を選択する

  • ステップ3
    ページ下部の「プライム特典を共有する」から招待メールを送る

なお、家族会員は2人までしか追加できません。

3.Prime Videoを複数端末で見る

プライム会員の特典であるPrime Videoは、複数端末から視聴できます。

3つの端末まで同時視聴できるのです。

アカウント作成の目的がPrime Videoだけであれば、家族に教えてあげましょう。

視聴方法は、自分のメールアドレスとパスワードで、Prime Videoアプリにログインさせるだけ。

ただし、パスワードを知られると家族間でもトラブルの原因になります。

家族にパスワードを教えるよりも、ログイン作業を登録者本人が行うと安心です。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

購入者アカウント・出品者アカウントは分けておくのがおすすめ!

購入者としても出品者としてもAmazonを使う方は、登録を分けてくのがおすすめ。

アカウントが共通だと、以下のデメリットがあるからです。

  • 1つのアドレスにメールがごちゃごちゃに届いてしまう
  • 出品費用の支払いと購入代金の支払いを管理しにくくなる
  • 複数人で出品者アカウントを管理する際、購入履歴などのプライベートなことを見られてしまう

出品者アカウントを作る際は、既存アカウントとは別のメールアドレスで新規登録しておきましょう。

Amazonに悪質な複数アカウントがバレるとペナルティが発生

出品者アカウントで、正当な理由なしに複数アカウントを作ると、Amazon側から悪質と判断されることがあります。

悪質なアカウントとして目をかけられるデメリットは主2つ。

  1. アカウントの停止
  2. 新規アカウント開設の制限

出品者にとって痛手となることばかりです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.アカウントの停止

ペナルティとしてアカウントが停止されることがあります。

  • 一時的に出品が制限される
  • 売り上げが保留になる

などの措置を取られる可能性があるのです。

最悪の場合、売り上げを引き出せないままアカウントが凍結されたり削除されたりすることも考えられます。

アカウト停止のペナルティについては関連記事「【保存版】Amazonアカウントが停止する4つの理由!解除・復活の方法を紹介【詐欺メール注意】」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

2.新規アカウント開設の制限

ペナルティを受けたり、アカウントが削除された経歴があると、新規登録できなくなる可能性があります。

ペナルティを受けたアカウントと登録情報が同じだと、関連性を疑われてしまうからです。

  • 名前
  • 住所
  • クレジットカード情報
  • 銀行口座情報

などが一致すると「メールアドレスは違うけど中の人間は同じなのでは?」と思われる原因に。

ペナルティやアカウント削除といった事態にならないのが1番ですが、やむを得ず新規登録する際は情報が重複しないように気をつけましょう。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

出品者がペナルティを受ける複数アカウント以外の理由

出品者アカウントでは、複数アカウント以外でもペナルティを受けることがあります。

Amazonの規約に違反すること全般がペナルティの原因です。

かなり細かく規約が決まっていますが、こちらではペナルティの原因になりやすい項目を3つ紹介します。

  1. レビューの操作
  2. 顧客満足度の低下
  3. 禁止商品の出品

複数アカウント以外にも意をつけるべき点を確認しておきましょう。

1.レビューの操作

レビューの不正操作は最悪の場合、Amazonで永久に出品できなくなります。

不正レビューと判断される行為は以下の通り。

  • レビューを書いてもらう代わりにプレゼントや割引を提供すること
  • 自分の商品やライバル商品への自作自演レビュー
  • 購入者にレビューの取り下げ・編集を頼むこと

不正レビューはAmazon側だけでなく、購入者からの信頼も失います。

非公式の手段でレビューを集めるのではなく、商品の良さや対応で勝負していきましょう。

2.顧客満足度の低下

Amazonは、顧客満足度を数値で判断し、ペナルティの参考にしています。

例えば、顧客満足度に関する次の数値です。

  • 注文不良率
  • キャンセル率
  • 出荷遅延率

真摯な顧客対応を続けていれば、ペナルティを回避できる項目ばかりです。

定期的に顧客満足度に関する統計を確認し、改善してくださいね。

3.禁止商品の出品

Amazonの規約や、法律で禁止されている商品を出品すると、ペナルティを受ける可能性が高いです。

出品資格を失うだけでなく、罰金などの実刑となることも。

禁止商品や制限対象品はAmazonの「カテゴリー、商品、出品の制限事項」から確認してみてください。

一部ではAmazonや自治体に販売許可をとっていれば出品できる商品もあります。

Amazonで複数アカウントを作る際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました