eBay転売で儲からないのは当たり前。儲かるコツは順番

ebay転売

最終更新日

この記事の所要時間: 733

細野です。

 

最短で稼ぐ事を考えた時に、物販というのは最も現実的かつ再現性が高い手法であると言えます。

物販以外の道を選んだ瞬間に、あなたの特殊能力でもない限り、険しい道が待ち構えています。

 

大半の人は稼ぐ上でやり方や手順にこだわりをもっていません。

なんとなくで決めていたり、興味があるからという理由で始める人が殆どでしょう。

だからこそ、ビジネスをする際は正しい順番を意識することがとても大事です。

在庫を持つビジネスや後発が不利なビジネスに参入をすると、不利な状況からのスタートになってしまいます。

 

そんな中、馬鹿でもできる物販ビジネス。

その物販ビジネスの中でも、輸入と輸出は国内転売と同じか、それ以上にアホでも稼げるやり方として注目をされていました。

なんでかって言うと、この人なんで稼げてるんやろ?って人が輸入や輸出で平気な顔をして稼いでるからですw.

 

「コイツに出来るならワイにも余裕で出来るやろ」

そんな風に思っておりました。

 

んで、実際誰かが出来ているってことは、自分が出来てもおかしくない。

隣のアホが出来てるなら、自分も出来て当たり前。

バカでも稼げるなら知能がある自分は稼げて当たり前。

 

そんな認識でビジネスと向き合うといいですよ。

ライバルなんて大したことない人ばかりですから。

一瞬で蹴散らして、結果を出していきましょう。

 

輸入と輸出の違い

 

まずは基本的なところから抑えていきましょう。

 

輸入と輸出は似ているようで結構違います。

輸入のほうが稼げるまでの期間は短いです。

 

その理由として輸出で稼ぐ方法は、AmazonかeBayを使うのでキャッシュフローが悪いからです。

Amazonであれば入金までの期間が、2週間周期、eBayもPayPalを使うので1週間周期です。

 

一方で輸入であればヤフオクを使っていけるので、1週間以下のスパンで出金が出来ます。

つまりそれだけキャッシュフローが良い。

また自分のネットショップやヤフーショッピングを作れば、この周期をさらに短くすることも可能です。

 

これの意味する所は、輸入と輸出で迷ったら、先に輸入をやるべきという事。

輸入の方がより短期ビジネスだという事です。

 

規制が厳しい海外Amazon、出品規制があるeBay

 

輸出で使うのは海外AmazonとeBayと書きました。

実は輸出で最短で稼ぐことが不可能なのは、このプラットフォームに依存していることが強く密接しています。

 

日本でもAmazonの規制が厳しいことは知っている人もいるかもしれませんが、海外でも同じように締め付けがあるんですね。

 

そしてeBayでは出品できる数や金額に最初は規制がかかっています。

販売をしながら実績を作ることでこの規制は徐々に緩やかになっていきます。

 

なぜこのような規制をeBayがかけているのかというと、詐欺アカウント対策ですね。

変なものを大量に売る人が出てこないように、信頼のできるアカウントにだけ販売数を増やす許可を出しているのです。

 

これが新規の人には参入障壁であり、実績がある人には飽和しにくい仕組みになっていきます。

 

輸出で稼ぐことが出来るのは紛れもない事実ですが、他の物販ビジネスに比べて時間がかかってしまう欠点があります。

ですから最後に輸出には取り組めばいいのです。

 

言語の壁

 

輸出を最初にやるべきでないと考える理由に言語があります。

海外の人とのやり取りなので、英語を使っていくことになります。

実は輸入でも、「輸入ってコピペで稼げてバカでも出来ますよ」と言うと、「でも英語使うんでしょう?」という返しがかなりの確率で返ってきます。

いや英語なんて中学と高校でどんな人でも6年間は勉強したやんって思うのだが、苦手意識を持ってしまうときつい。

 

ちなみに僕はTOEICのスコアが615点しかなく、第一文型と第二文型といった文法用語は一切頭に入ってない。

ターゲット1500も真面目にやらなかったので、イディオムも全然覚えてない。

けど英語使って問題なく稼げてる。

 

日本語と同じで使う単語なんて限られるし、わからければ辞書引けば大抵の意味はわかるんだよね。

日常会話で崩して使うような話し言葉も、映画やドラマ見ていればなんとなくわかるんで、そういったものも混ぜながら実践で使っています。

 

自分が見て覚えた英語を使う → それが通じる → 嬉しいのでもっと英語使いたくなる → もっと英語が上手になる

 

このループですね。

どんどん使えるようになる。

 

話せるようにはならないけど、使えるようになる。

話せなくても稼げるのが英語のいい所っす。

 

本気で英語を話さなきゃいけないぐらい輸出入が発展したらどうするの?って思う人もいるかもしれませんが、その時は通訳雇えばいいだけです。

稼いだお金で通訳を雇う。これだけ。

簡単でしょ?

 

英語話せる人なんて世の中掃いて捨てるほどいて、お金出せば雇える。

 

eBay転売で稼げるやり方は無在庫転売。それ以外は全て赤字と挫折が待っている

 

僕が伝えている無在庫転売では、eBayを使った仕入れは利益が20万円を超えてきた段階で教えています。

なぜ最初にeBayを教えないかというと、オークションからの仕入れは在庫の変動が激しく、管理が大変だからです。

 

流動性に問題のない卸を仕入先とすることで、常に仕入れが確実に出来、売れた時にカウンターパートナーがいないという状態にならないようにしています。

 

そして卸からの仕入れに慣れ、自動化が進んできた段階で、eBayや海外Amazon、海外ネットショップにも着手していきます。

これらは在庫管理さえ出来れば稼げるのは事実なので、アパレルのように動きが速いものではなく、年間を通じて販売できて、かつライバルが少ないものを、ヤフオクとネットショップで扱っていきます。

 

ヤフオクでAmazonUSのアカウントを転売している人を分析するとわかりますが、ヤフオクで扱える商品数の上限3000個を扱って、実際に売れているのは数点です。

労力に対してリターンが全然合ってないんですね。

これは売る相手をミスっているから発生する問題であり、ヤフーショッピングやネットショップで需要がある商品を扱えば、問題なく成約は出ていきます。

 

プラットフォームで転売をしている人は、売る場所を変えると売れる商品や客層が変わるというのがなかなかイメージできないようです。

しかし全てのプラットフォームを使い、プラットフォームの外でも販売している僕らは、それぞれの特性を使い分けて、器用に稼ぐことが出来る。

だから部分的な飽和が発生しても、全体の収益は常に安定して、毎月100万、200万と収益を出し続けることが出来るわけです。

 

まとめ

 

コスパが悪い輸出ですが、輸入で稼げるようになったらチャレンジをしていきましょう。

規制があるものの、コツコツやっていける人にはそれが逆にメリットになるので。

eBayも否定はしていますが、稼げなくはないです。

ただ優先度が低いだけ。

 

輸出は儲かる商品がすぐに見つかるけど、その数が大量にありすぎて出品しきれない。

なぜそういった問題が起きるのかというと規制ですね。

 

でも規制が緩やかになっていけば出せる量も増えて、無在庫でガンガン売っていけます。

そして面倒な出荷作業は全部引き受けてくれる業者さんがいるので、そこと契約して作業を丸投げ。

 

これで自宅から一歩も出ずにコピペで稼げる仕組みの完成です。

 

皆さんが思ってる以上に輸入や輸出は簡単です。

在宅で最短で30万稼ぎたいって言われたら、無在庫輸出入を僕はおすすめします。

自動化すれば不労所得化も可能です。

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です