【サルでもわかる】Amazonの出品方法は簡単3STEP!個人&法人・大口&小口・FBA&自己発送の違いを解説

せどり
この記事は約13分で読めます。

「Amazonで出品する方法が知りたい」
「Amazonで出品するメリットは?」
「FBAとはどんなサービス?」

せどりをするならAmazon出品は検討したい方法のひとつです。出品方法がわかれば簡単に出品できるので、まずは副業で出品したいという方にも、本格的に出品したいという方にもおすすめです。

そこで、こちらの記事では以下の内容で解説していきます。

  • Amazonでの出品方法の流れ
  • Amazonの出品プラン
  • FBAの出品方法
  • 出品にかかる手数料

Amazonの出品を考えている方はぜひ参考にしてみてください!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonは法人・個人関係なく出品できる!概要を30秒でサクッと解説

Amazonでの出品は、アカウントを登録すれば法人・個人関係なく出品が可能です。

Amazonで出品するメリットは以下3つあります。

  • 簡単に出品できる
  • 知名度が高く集客力がある
  • 固定費が安い

Amazonを利用すれば店舗を用意しなくともすぐに商品が出品できます。

サイトを作成する手続きを省けるので、出品したいと思ったらすぐに利用できるのがメリットのひとつです。

また、Amazonは知名度が高く集客力があります。

自分でネットショップを開く場合、集客までに時間がかかることがほとんどですが、Amazonならその時間を省けるのもメリットです。

さらに、Amazonなら固定費をそれほどかけずに出品可能です。

なるべく費用を抑えて出品したい方や、出品してみたいけれど手続きが難しそうでなかなか始められない…という方はまず利用してみるのが良いでしょう。

Amazonでの出品方法の流れ4ステップ

Amazonで出品する方法の流れを把握してみましょう。こちらでは簡単に4ステップで解説します。

  1. ステップ1:Amazon出品用のアカウントを作成する
  2. ステップ2:出品者プロフィールを作成する
  3. ステップ3:Amazonカタログに商品登録する
  4. ステップ4:注文が来たら発送する

それぞれ詳しくみていきましょう。

ステップ1:Amazon出品用のアカウントを作成する

まず、Amazonにアクセスし、Amazon出品用のアカウントを作成します。

出品用は、通常のAmazonアカウントとは異なります。登録に必要なものは以下の通りです。

  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • 身分証明書
  • 納税情報
  • 電話番号

プランを選択して手続きすると、2~3日程度で登録が完了します。

ステップ2:出品者プロフィールを作成する

登録が完了したら、出品者用のプロフィールを作成しましょう。

  • 販売事業者や住所などの基本情報
  • 支払い情報
  • 配送設定や返送先住所
  • 許認可情報

などを設定します。

出品者の情報は、特定商取引法に基づいて表示しなければなりません。詳しくはAmazonセラーセントラルの「特定商取引法(特商法)及びその他の法令に基づく表示」を参考にしてみてください。

中古品を出品する場合は、古物商許可が必要です。届け出を忘れないように気をつけましょう。

古物商許可については関連記事「【完全網羅】古物商許可証の5つのメリット!個人が取得する注意点や申請方法を詳しく解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

ステップ3:Amazonカタログに商品登録する

プロフィールを設定したら、出品する商品を登録します。

出品する商品は2つに分けられます。

  • 相乗り出品:すでに販売している商品に相乗りして出品する。商品名やJANコードなどで商品を検索する
  • 新規出品:まだAmazonに商品ページがない場合は1からページを作成する。画像や商品説明などを自分で登録する

新規出品の場合、反映されるまでに時間がかかる場合があります。登録できたら商品の在庫を入れていきましょう。

ステップ4:注文が来たら発送する

注文が来たら発送します。商品を自分で発送する場合は以下の流れになります。

  1. 注文確定のメールが来る
  2. 納品書を印刷
  3. 商品を梱包し、発送する
  4. 「出荷通知」をクリックする

FBAを利用する場合、注文後の流れはすべて代行してくれるので特にすることはありません。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonの出品方法別手数料一覧

Amazonの出品にかかる手数料はどれくらいなのか気になるでしょう。

こちらでは、出品方法や手数料を以下の内容で解説していきます。

  1. 大口出品
  2. 小口出品
  3. カテゴリー別販売手数料
  4. カテゴリー別成約料

Amazonでの出品方法や手数料を確認してみてください。

1.大口出品

大口出品は、無制限に出品できるプランです。月額登録料に4,900円+販売手数料がかかります。

大口出品が適しているケースは以下の通りです。

  • 毎月50点以上の商品を販売したい
  • 商品の広告を出したい
  • 出品用のツールを利用したい
  • 検索結果の上位や商品詳細ページに商品を掲載したい
  • 新規商品を追加したい

月額料が固定なので、たくさん出品したい方には安心でしょう。

また、データ分析もできるので、より商品が売れる可能性が高まります。

Amazonに登録のない商品を出品する場合は大口出品を選択しましょう。

2.小口出品

小口出品は販売数量が少ない人におすすめです。月額料金はかかりませんが、商品ごとに100円+販売手数料がかかる出品方法です。

小口出品が適しているケースは以下の通りです。

  • 毎月出品するのは49点以下
  • 販売する商品が特に決まっていない
  • 広告を出す必要がない
  • 出品用のツールを利用する予定がない

小口出品は月額料金がかからないのがメリットでしょう。しかし使える機能が限られるため、自由度はあまりありません。

3.カテゴリー別販売手数料

Amazonで出品して取引が成立すると、販売手数料がかかります。

カテゴリー 販売手数料 最低販売手数料
本・CD・レコード・DVD・ビデオ 15% なし
エレクトロニクス(AV機器&携帯電話)・カメラ・パソコン・周辺機器 8% 30円
(エレクトロニクス、カメラ、パソコン)付属品 10% 30円
Amazonデバイス用アクセサリ 45% 30円
楽器 8% 30円
ドラッグストア・ビューティ
  • 1商品あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
  • 1商品あたりの売上の合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%
30円
スポーツ&アウトドア・カー&バイク用品 10% 30円
おもちゃ&ホビー 10% 30円
TVゲーム・PCソフト 15% なし
ペット用品
  • 1商品あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
  • 1商品あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の15%
30円
文房具・オフィス用品・ホーム(インテリア・キッチン) 15% 30円
ホーム(家具)
  • 1商品あたりの売上合計が20,000円以下の部分には商品代金の15%
  • 1商品あたりの売上合計が20,000円を超える部分には商品代金の10%
30円
ホームアプライアンス 15% 30円
大型家電 8% 30円
DIY・工具 15% 30円
産業・研究開発用品 15% 30円
食品&飲料
  • 1商品あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
  • 1商品あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の10%
なし
腕時計・ジュエリー
  • 1商品あたりの売上合計が10,000円以下の部分には商品代金の15%
  • 1商品あたりの売上合計が10,000円を超える部分には商品代金の5%
30円
ベビー&マタニティ
  • 1商品あたりの売上合計が1,500円以下の場合は商品代金の8%
  • 1商品あたりの売上合計が1,500円を超える場合は商品代金の15%
30円
服&ファッション小物
  • 1商品あたりの売上合計が3,000円以下の部分については、商品代金の15%
  • 1商品あたりの売上合計が3,000円を超える部分については商品代金の8%
30円
シューズ&バッグ
  • 1商品あたりの売上合計が7,500円以下の部分については、商品代金の15%
  • 1商品あたりの売上合計が7,500円を超える部分には、商品代金の5%
30円
その他のカテゴリー 30円 15%

引用:Amazon出品サービスの手数料

大口出品・小口出品ともに販売手数料は同じです。

4.カテゴリー別成約料

特定のカテゴリーは、販売手数料とは別に成約料が必要になります。

商品カテゴリー 販売手数料 カテゴリー成約料
15% 80円
CD・レコード・DVD 15% 140円
ビデオ(VHS) 15% 140円

引用:Amazon出品サービスの手数料

本やDVDなどを販売する場合は、成約料を考慮しておきましょう。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazon出品時にFBA発送するときの手数料

AmazonのFBA(Fulfillment By Amazon)とは、商品の管理や発送からクレーム対応まで代行してくれるサービスです。

FBAを利用すると商品に「プライムマーク」が表示されるので、購入者の購買意欲がアップするメリットもあります。

FBAを利用して発送するときの手数料について以下の内容で解説します。

  1. 配送代行料
  2. 在庫保管手数料
  3. その他の手数料

FBAの利用を検討したい方は参考にしてみてください。

1.配送代行料

FBAは、商品1点につき出荷、梱包、配送に対して手数料がかかります。商品区分により手数料が異なります。

  • 小型:25×18×2cm未満で250g未満
  • 標準:45×35×20cm未満で9kg未満
  • 大型・特大型:45×35×20cm以上で9kg以上

FBA手数料は以下の通りです。

商品のサイズ FBA手数料
小型 282円
標準 381円〜548円
大型 589円〜1,756円
超大型 3,061円〜6,250円

サイズや重量により細かく手数料が設定されています。詳しくは公式サイト「FBA配送代行手数料(Amazon.co.jp)」を参考にしてみてください。

2.在庫保管手数料

在庫保管手数料とは、FBA倉庫で商品を保管するためにかかる手数料です。

保管手数料は、商品のサイズと保管日数で計算します。

カテゴリ 小型/標準 大型/特大型
服&ファッション小物、シューズ&バッグカテゴリーを除く 1月~9月 5.160円
x([商品サイズ(cm3)] /(10cm x 10cm x 10cm)x [保管日数] / [当月の日数]
4.370円
x([商品サイズ(cm3)] / (10cm x 10cm x 10cm)x [保管日数] / [当月の日数]
10月~12月 9.170円
x ([商品サイズ(cm3)] / (10cm x 10cm x 10cm)
x [保管日数] / [当月の日数]
7.760円
x([商品サイズ(cm3)] / (10cm x 10cm x 10cm)
x [保管日数] / [当月の日数]
服&ファッション小物、シューズ&バッグカテゴリー 1月~9月 9.170円
x([商品サイズ(cm3)] /(10cm x 10cm x 10cm)x [保管日数] / [当月の日数]
3.10円
x([商品サイズ(cm3)] / (10cm x 10cm x 10cm)x [保管日数] / [当月の日数]
10月~12月 5.50円
x ([商品サイズ(cm3)] / (10cm x 10cm x 10cm)
x [保管日数] / [当月の日数]
5.50円
x([商品サイズ(cm3)] / (10cm x 10cm x 10cm)
x [保管日数] / [当月の日数]

参考:出品にかかる費用(Amazon)

365日以上フルフィルメントセンターに保管する場合、長期在庫保管手数料がかかります。詳しくは公式サイトを参考にしてみてください。

3.その他の手数料

配送代行料と在庫保管手数料以外にかかる手数料があります。

  • 納品不備受領作業手数料:適切な準備をせずに商品がフルフィルメントセンターに納品され、想定外の受領作業が必要になったときに請求される
  • 返送/所有権の放棄手数料:フルフィルメントセンターの在庫を返済または廃棄する際にかかる
  • 購入者返品手数料:返品でお客様に送料を請求しない場合に請求される

その都度発生する手数料があります。通常と異なる作業が発生した場合は手数料がかかると把握しておくと良いでしょう。

Amazonの出品手数料計算にはFBA料金シミュレーターを利用しよう

FBAにかかる料金を1つずつ計算していくのは大変です。

そこで、Amazonの公式サイトでは「FBA料金シミュレーター」を利用できます。詳細な手数料を確認する際は利用してみてください。

FBAの料金シミュレーターについては関連記事「【2021年】FBA料金シミュレーターの使い方とは!上手く使えない時の対処方法も紹介」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonの各出品方法がおすすめの人

Amazonの出品方法はさまざまです。どの出品方法がご自身に合っているのか迷ってしまうのではないでしょうか。

こちらでは、各出品方法がおすすめの人を紹介します。

  1. 副業で少しずつAmazon出品を始めてみたい人
  2. Amazonせどりを本格的に行いたい人

出品方法を検討する際の参考にしてみてください。

1.副業で少しずつAmazon出品を始めてみたい人

副業を始めて「まずAmazon出品がどのようなものか様子を見るために少しだけ出品してみたい」というケースなら、小口配送を利用して自分で発送作業をするのがおすすめです。

その都度手数料はかかりますが、1つにつき100円なので、大口配送で月額料金4,900円かけるよりも負担は軽いでしょう。

FBAを利用する場合も手数料がかかるので、それほど出品数が多くなければ自分で梱包して発送するのがおすすめです。

2.Amazonせどりを本格的に行いたい人

本格的にAmazonでせどりを行いたいなら大口出品またはFBAを利用するのがおすすめです。月に50点以上出品するなら月額料金を支払って大口出品したほうが手数料を抑えられます。

また、出荷の個数が多いと梱包は発送作業の労力がかかり、時間もかなり取られます。お金がかかっても手間を省きたい、時間を短縮したいという方はFBAの利用がおすすめです。

副業でも規模が大きくなってきたら小口出品から大口出品またはFBAに切り替えたほうが効率的です。出品する数量を基準にして最適な出品方法を選択してみましょう。

ぜひこの記事を参考に、Amazonで出品を始めてみてください!

なお、転売で高く売れる商品については関連記事「【金欠脱却】転売で高く売れるもの11選!おすすめの仕入先・意外な穴場商品を紹介」で詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました