【放置厳禁】Amazonで乗っ取り被害に遭ったら!対処法や原因を解説【問い合わせは電話がおすすめ】

せどり
この記事は約11分で読めます。

「Amazonで乗っ取りされるとどうなる?」
「乗っ取りに気づいたらどうすればいい?」
「乗っ取られないように対策できる?」

Amazonでアカウントの乗っ取り被害に遭うと、ショップの信用を失ったり金銭的な損失が生まれたりする恐れがあります。

そのため、乗っ取りされたかもしれないと感じたら、早急に対応して被害の拡大を抑えましょう。

この記事では以下の内容を解説していきます。

  • 乗っ取り被害のリスク例
  • 被害に遭っていないか確認する方法
  • Amazonへの問い合わせ先
  • 乗っ取られた際の対処法
  • 被害の原因
  • 乗っ取りの対策方法

被害の原因や対策方法はAmazon以外のサイトでも役に立つことばかりなので、ぜひ参考にしてみてください!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonで乗っ取り被害に遭ったらどうなる?30秒でサクッと解説

「乗っ取りされてもすぐに気づけば問題ないのでは?」と軽く考えている方もいるかもしれません。

しかしAmazonを乗っ取られると、乗っ取り犯側にパスワードを変えられてしまい、被害の拡大を止められなくなる可能性があります。

具体的な被害の例は以下の通りです。

  • 勝手に注文される
  • Amazonにログインできなくなる
  • クレジットカードの情報を抜き取られる
  • 勝手にレビューを書かれる
  • 個人情報が流出する
  • 他のサイトも攻撃される

Amazonと同じメールアドレスやパスワードで登録しているサイトまで、連鎖的な被害を受けることが考えられます。

また、クレジットカードの情報が乗っ取り犯に知られると、Amazon以外のサイトでまで不正利用されることも。

乗っ取りされると被害の範囲がAmazonだけでは済まなくなります。

Amazonで乗っ取り被害を受けていないか確認する方法

Amazonにはログインの履歴を残す機能がないので、不審な点がないか自分で確認する必要があります。

アカウントが乗っ取り被害を受けていないか知る方法は、主に2つです。

  1. 勝手に注文されていないかチェックする
  2. 過去のメールを確認する

被害にいち早く気付くためにも、この2点を定期的に確認していきましょう。

1.勝手に注文されていないかチェックする

簡単に確認するには、注文履歴を参考にしてみましょう。

注文履歴に身に覚えのない買い物があると、アカウントを不正に使われている可能性が高いです。

パソコン版ならトップページの右上、スマホ版なら左上の「≡」から注文履歴を開けます。

自分で購入したものなのか判断ができない場合は「配送状況を確認」で、配送先の住所を確認してみてください。

明らかに心当たりのない住所に配達されていたら、乗っ取りの被害を疑いましょう。

2.過去のメールを確認する

個人情報を抜き取ることが目的の乗っ取りでは、注文履歴で不審点を見抜けないケースもあります。

注文履歴の他に、Amazonから届いた過去のメールを確認してみましょう。

不審なログインが察知されると「誰かがあなたのアカウントデータにアクセスしようとしています」といったメールが届きます。

自分がログインした覚えのないタイミングでメールが届いていたら、何者かが不正アクセスした可能性が高いです。

  • ログインを試した日時
  • 端末の種類
  • 簡易的な位置情報

などがメールに含まれています。

メールの送信元が間違いなくAmazonか確認し、乗っ取り被害に対応する際の参考にしましょう。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazon乗っ取り被害の問い合わせ先

乗っ取り被害に遭ったら、Amazonに問い合わせをしましょう。

Amazon側が状況確認をしてくれたり、取るべき行動のアドバイスをくれたりするからです。

問い合わせの方法は、Amazonにログインできる場合とできない場合とで変わります。

状況ごとに参考にしてみてください。

1.ログインできる場合は電話がおすすめ

Amazonではメールでの問い合わせを原則受け付けていません。

まだアカウントへのログインが可能であれば、ヘルプ内から電話サポートを受けましょう。

Amazonの担当者から自分に電話をしてもらうよう依頼できます。

電話サポートを受ける手順は以下の通りです。

  1. トップページ左上の「すべて」からメニューを開く
  2. 「ヘルプ」へアクセスする
  3. 画面上部のリンクを開く
  4. 「Amazonからお電話いたします」を選ぶ
  5. 問い合わせがスムーズに進むよう、アンケートで状況を伝える
  6. 「電話」を選択する
  7. 自分の電話番号を入力し「今すぐ電話がほしい」で電話を依頼する

電話を受けられない方は、担当者とのチャットでも問い合わせが可能です。

手順4で「今すぐチャットをはじめる」からAIチャットを開き「チャットでサポートを受ける」を選びましょう。

2.ログインできない場合

Amazonから電話をかけてもらうサービスやチャットでの対応は、ログイン後でなければ使えません。

乗っ取り犯に登録情報を変更されたなどの事情でAmazonにログインできないと、事実上問い合わせができないのです。

そのため、どうしてもの場合はフリーメールで新しくアカウントを作るなどして問い合わせすることになります。

なお、一部の記事で問い合わせ先として紹介されている電話番号は、2021年現在では使用されていません。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonの乗っ取り被害を受けた際の対処方法

Amazonのアカウントが乗っ取られた際は、以下の対処を行って被害の拡大を防ぎましょう。

  1. ログイン情報を変更する
  2. カード会社に連絡する
  3. 他のサイトも状況をチェックする

できるだけ早い段階で対処することが重要です。

1.ログイン情報を変更する

不正なログインに気がつき次第、登録情報を変更しましょう。

乗っ取り犯が登録情報を変更してしまうと、登録者本人がAmazonにログインできなくなるからです。

特に登録に使ったメールアドレスとパスワードは新しくしておきましょう。

登録情報を変更する手順は以下の通りです。

  1. トップページ左上の「≡」からメニューを開く
  2. パソコン版からは「アカウントサービス」、スマホ版からは「アカウント」を選択
  3. パソコン版からは「ログインとセキュリティ」、スマホ版からは「名前、Eメール、携帯番号、パスワードの管理」を選択
  4. アカウントにログイン
  5. SMSでログインを承認
  6. 登録情報を編集

また、クレジットカードなど支払いに関する情報も連携を解除しておくと安心です。

乗っ取り犯が行動を起こす前に、迅速に対処しましょう。

2.カード会社に連絡する

乗っ取りの被害がわかったら、早い段階でクレジットカード会社に連絡してください。

クレジットカードの支払い機能を一時的に停止したり、新しいカード番号で再発行したりできます。

できる限り早く対処することで被害の拡大を最小限に抑えられるでしょう。

会社によっては不正利用の被害に対し補償制度があります。

補償を受けるための手続きに期限や上限があることも考えられるので、スピーディに行動しカード会社からの指示に従ってくださいね。

3.他のサイトも状況をチェックする

他のサイトでも乗っ取りの被害が起きていないか、チェックしておきましょう。

Amazonと共通のメールアドレスやパスワードを使っているサイトでは、同様の被害を受ける可能性が高いです。

不安があればAmazon以外のサイトでも登録情報を変更したり、運営に問い合わせをしたりして対処してください。

  • 住所などの個人情報を登録しているサイト
  • Amazonと同じクレジットカードで利用しているサイト
  • Amazon Payを連携しているサイト

などは、被害を受ける前に、登録内容を変更しておきましょう。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonで乗っ取り被害を受ける原因

Amazonで乗っ取り被害を受ける原因として、次の3つが考えられます。

  1. ログイン情報の使い回し
  2. フィッシングメール
  3. 悪質なツール

他のサイトの乗っ取り被害にも共通する原因ばかりです。

自分の行動が当てはまっていないかチェックしておきましょう。

1.ログイン情報の使い回し

ログイン情報を複数のサイトで使い回していると、乗っ取りの被害に遭いやすくなります。

ログイン情報を入手した乗っ取り犯は、あらゆるサイトで不正アクセスを試すからです。

Amazon以外に、メールアドレスとパスワードの組み合わせが同じサイトがあると、芋づる式に被害に遭うでしょう。

  • 誕生日やイニシャル
  • 既存の単語
  • 0000など、簡単な配列

などを含んでいるログイン情報は、特に推測されやすいです。

2.フィッシングメール

フィッシングメールにリアクションすると、乗っ取りに使うパスワードなどを抜き取られる恐れがあります。

フィッシングメールとは、実在するサービスになりすましてログイン情報や支払い情報を盗み取ろうとする手口のこと。

例えばAmazonからの連絡に見せかけるなどして、以下のようなメールを送ってきます。

  • 登録情報を更新してください
  • 未納料金を支払ってください
  • 確認があるので連絡をお願いします

偽物のメールだと気づかずに返信したり、リンクで情報を入力したりすると、乗っ取り犯にログイン情報が渡ってしまいます。

ここではAmazonからのメールを例にしましたが、他のサイトになりすます可能性も十分にあります。

3.悪質なツール

一部の悪質なツールの影響で、ログイン情報が抜き取られることがあります。

「Amazonにログインして連携してください」「ツールにパスワードを設定してください」などと情報の提示を要求してくるのです。

中にはセキュリティや機能面を向上させるために、やむを得ずパスワードの入力を求めてくるツールもありますが、悪用目的の場合もあるので注意が必要です。

ソフトやブラウザの拡張機能を導入する際は、発行元の確認を怠らないようにしましょう。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Amazonの乗っ取り被害を防ぐ5つの対策方法

Amazonで乗っ取り被害に遭うと、個人情報の流出やクレジットカードの不正利用などにつながります。

できる限り被害に遭わないよう、日頃から対策しておきましょう。

こちらでは乗っ取り被害を防ぐ5つの対策方法を紹介します。

  1. 2段階認証を導入する
  2. 定期的にパスワードを変更する
  3. クレジットカード以外の決済手段を使う
  4. 不審なメールは開かない
  5. プリペイド式カードを使う

他のサイトでも同様に対策できることばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

1.2段階認証を導入する

2段階認証とは、通常のパスワード入力の他にもログイン時に必要な作業を増やし、セキュリティを強化する仕組みのことです。

Amazonでは、その都度SMSや電話でコードを受け取って入力しなければログインできないよう、2段階認証を設定できます。

設定の手順は以下の通りです。

  1. トップページの「≡」からメニューを開く
  2. パソコン版からは「アカウントサービス」、スマホ版からは「アカウント」を選択
  3. パソコン版からは「ログインとセキュリティ」、スマホ版からは「名前、Eメール、携帯番号、パスワードの管理」を選択
  4. アカウントにログイン
  5. SMSでログインを承認
  6. 「2段階認証の設定」の編集を選択する

ログイン時の手間は増えますが、乗っ取りの被害に遭う確率を大幅に下げられるでしょう。

2.定期的にパスワードを変更する

パスワードを定期的に変更することが重要です。

できる限り複雑な文字列で、サイトごとに違うパスワードを設定することがポイント。

また、新しく変更したパスワードは、パソコンやスマホの中に保存するのは避けましょう。

端末を紛失したりウィルスに感染したりすると、保存データを抜き取られる可能性があるからです。

パスワードをソフトやアプリで管理する際は発行元をよく確認してくださいね。

3.クレジットカード以外の決済手段を使う

乗っ取り被害に遭うと、カード情報を抜き取られて不正利用される恐れがあるので、クレジットカード以外の方法で支払いをするのがおすすめです。

例えば以下のような支払い方法を普段から使っておけば、Amazonで勝手に注文されても金銭的な損失が発生しません。

  • 代引き
  • 銀行振り込み
  • コンビニ払い
  • ギフト券払い

支払いの手間はかかりますが、セキュリティを重視するなら支払い方法の工夫も検討しましょう。

4.不審なメールは開かない

Amazonを装ったフィッシングメールで、ログイン情報やカード情報の開示を請求されることがあります。

不審なメールは、発行元を確認してから開封するように癖を付けましょう。

以下の点をチェックすることでAmazonからの連絡かどうか見抜けます。

  • 支払いを催促されたら、注文履歴に該当の買い物があるか確認
  • メール内のURLはAmazonのもので間違いないか
  • 文中の日本語に違和感がないか

Amazonからのメールで、ソフトのインストールや個人情報の提供を求めることはありません。

Amazonが使っているメールアドレスのドメインは「AmazonからのEメール、電話、テキストメッセージ、またはウェブページかどうかを見分ける」から確認できます。

5.プリペイド式カードを使う

プリペイド式カードとは、あらかじめ入金しておいた金額の範囲内で買い物を楽しめるクレジットカードのことです。

もしAmazonのアカウントが乗っ取られても、入金額以上の買い物はされません。

多すぎる金額を入金しないように意識すれば、金銭的な損失を最小限に抑えられます。

クレジットカードの不正利用に不安がある方は、Amazon以外のサイトでもプリペイド式カードの導入を検討してみてください。

ぜひこの記事を参考に、Amazonアカウントの乗っ取りに気をつけてみてください!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました