【体験談】Twitterでシャドウバンかな?と思ったら取るべき行動とは!症状・解決方法を紹介

情報発信
この記事は約11分で読めます。

「シャドウバンって何?」
「シャドウバンを受けたらどうすればいいの?」
「再発させないために対策できる?」

Twitterでは、運営から目を付けられると「シャドウバン」という規制がかかるといわれています。シャドウバンと思われる症状で、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

シャドウバンが起こると、Twitterを集客や情報発信の柱にしていた方ほど、ダメージを受けてしまいますシャドウバンから凍結へと移行することも考えられるので、早めに対処しなければなりません。

この記事では、シャドウバンを解決するために、以下の内容を解説していきます。

  • シャドウバンの概要
  • バンを受けているかチェックする方法
  • 対処方法
  • 原因となる行動
  • 行動のポイント

実際にシャドウバンの被害にあった僕が、どのように規制から復活したのか、実体験を踏まえてお伝えします。ぜひ参考にしてみてください!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

シャドウバンってどんな状態?30秒でサクッと解説

シャドウバンは、Twitterで起こる規制の1つです。

こちらでは、次の3つの視点から、シャドウバンで起こる症状を解説します。

  1. シャドウバンとは
  2. シャドウバンの種類
  3. 他のペナルティとの違い

凍結やアカウントロックのような本格的な規制よりも措置が軽い反面、自分では状況に気づきにくい特徴があります。

まずはシャドウバンに関する基礎知識を身につけて、対応の重要性を確認していきましょう。

1.シャドウバンとは

シャドウバン(shadow ban)は、Twitterで本人が気づかないうちに、アカウントがペナルティを受けている状態です。

自分目線ではいつも通りアカウントを使えていても、シャドウバンを受けると、ツイートが他の人から見られなくなってしまいます。

他の人のタイムラインに掲載されなくなったり、Twitter内の検索結果で自分に関する情報が表示されなくなったりするためです。

実はTwitterの公式は、シャドウバンの存在をはっきりと否定しています。

People are asking us if we shadow ban. We do not.
(シャドウバンをしているのか、人々は私たちに尋ねてきます。私たちは(シャドウバンを)していません。)
引用:Setting the record straight on shadow banning

しかしシャドウバンと思われる症状に気づき、解除のために行動している人はたくさんいます。

「最近あまりいいねがもらえない」など違和感を感じたら、シャドウバンされていないか疑ったほうがいいでしょう。

2.シャドウバンの種類は主に4つ

2021年の時点で、シャドウバンは次の4タイプに分類されることが分かっています。

  • サーチサジェスチョンバン:検索結果で表示される際の優先順位が下がる
  • サーチバン:ツイートが検索結果に表示されない
  • ゴーストバン:やり取りをしている相手と自分にしかリプライが見えない
  • ディブースティングバン:自分のリプライを見ようとした人に「このツイートは表示できません」と警告される

どのシャドウバンにも共通していえることは「せっかくツイートをしても空回りになってしまい、いつの間にか集客効果やエンゲージメントが落ちてしまう」ということ。

特にビジネスの集客手段としてTwitterを使っていた人には、大きな痛手となる現象ばかりです。

3.他のペナルティとの違い

Twitterの中でも特に有名な規制として「凍結」が知られています。同じ規制でも、シャドウバンと凍結は全くの別物です。

シャドウバン 凍結
タイムラインの表示 いつも通り表示される 見られない
ツイートの送信 いつも通りできる できない
いいね・リツイート いつも通りできる できない
フォロー数・フォロワー数 変わらない 0になる
他人の目からどう写る? 検索やタイムラインに掲載されず、自分の存在に気づいてもらえない ・検索やタイムラインに掲載されない
・プロフィールに情報が表示されない

全体像を見ると、凍結の方が措置が重いことが分かります。しかし凍結は、実行される前に警告が届いたり、ユーザー本人でも「行動を制限されている」ということに気づけたりすることが特徴的。

一方でシャドウバンは、ペナルティを受けていることに本人が気づけないままになってしまう、やっかいな規制だといえます。

自分がTwitterでシャドウバンを受けているかチェックする方法

繰り返しになりますが、シャドウバンで規制されているかは、自分では気づけません。

フォロワーからの反応が悪かったり、エンゲージメントが以前よりも下がったりしたら、次の方法でバン状況を確かめてみましょう。

  1. バン状況のチェックサイトから確認する
  2. Twitterの検索でチェックする

違和感を感じたら早めに状況を確認し、シャドウバンに素早く対応することが大切です。

1.バン状況のチェックサイトから確認する

手間をかけずにチェックするなら、確認用のサイトを使ってみるのがおすすめです。例えば「Twitter Shadowban Test」で、無料でバン状況を確認できます。

使い方は以下の通りです。

  1. 確認したいアカウントのIDをコピーする
  2. 確認用サイトにIDをペーストし「CHECK」のボタンで解析を始める
  3. 解析結果を確認する

IDをペーストするときは「@」は入れません。

シャドウバンを受けていない健全なアカウントなら、各解析項目にチェックマークが表示されます。

なお、このサイトでは「サーチサジェスチョンバン」の定義が、日本で一般的にいわれているものと異なるため注意しましょう。

日本のユーザーからは「検索結果で表示される際の優先順位が下がること」と認識されていますが、このサイトでは「ハッシュタグを含むツイートが検索結果に表示されないこと」とされています。

2.Twitterの検索でチェックする

Twitterの中の検索機能でも、シャドウバンの規制を受けているか確認できます。「from:自分のID」と入力し、Twitter内で検索するのです。

本来なら自分が投稿したツイートのみを抽出するためのコマンドですが、この検索方法で1件もツイートが表示されなかったら「サーチバン」を受けている可能性があります。

専用サイトを使えば簡単にバン状況を調べられますが、過去に有名な分析ツールが急に閉鎖したことがあるので、検索による調べ方も覚えておくと便利です。

【体験談】Twitterのシャドウバンから復活した方法

僕もTwitterでシャドウバンを受けたうちの1人です。ここからは、僕がシャドウバンから復活した際の実体験をお伝えしていきます。

僕がシャドウバンに気づいてから行ったことの中で、最も効果があったのは「何もせず放置すること」

ツイートなどの行動を一切せず、シャドウバンが解除されるまでアカウントの使用を辞めたのです。

もう1つ効果があったのは「自分のツイートに誰かからリプライをもらう」ことです。

自分で持っている別アカウントからのリプライでも、シャドウバンの解除に効果的でした。ただし同じIPアドレスだとTwitterに気付かれないよう、VPNなどを使って工夫する必要はありそうです。

なお、一部のブログで説明されている次のような行動は、状況の改善には繋がりませんでした。

  • 興味関心のトピックを全て解除
  • Twitterの運営をフォロー
  • 運営にメールで問い合わせ

運営からメールの返信が届きましたが、結局1週間以上もシャドウバンを受けたままだったのです。

そのためシャドウバンに気づいたらまずは落ち着き、Twitterでの発信活動を一旦止めることから始めてみてください。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Twitterでシャドウバンの原因となる5つの行動

Twitterでは、次のような行動がシャドウバンの原因になるといわれています。

  1. ツイート内容の重複
  2. ハッシュタグの乱用
  3. リミットを超えたアクション
  4. 通報を受けること
  5. 外部リンクの貼りすぎ

Twitter側は「シャドウバンはしていない」というスタンスなので、これらの項目はあくまでユーザー文化で明らかになった推測です。

シャドウバンだけでなく、凍結の原因にもなる行動ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

1.ツイート内容の重複

内容がよく似たツイートを、大量に送信する行為です。全く同じ文章でなくても、極端に似ているというだけでTwitterのルール違反となります。

複数のアカウントに渡る同一文章の投稿も、Twitter側がNGを出しています。

予約投稿で定期告知をしていたり、botを運用したりしている方は、特に注意しましょう。ツールを使った大量投稿や提携文の自動返信などは避けておくと安心です。

2.ハッシュタグの乱用

ハッシュタグの使い方が不適切な人も、シャドウバンの原因になると考えられています。例えば、次のようなハッシュタグの使い方です

  • 1つの投稿に大量のハッシュタグを付けている
  • ハッシュタグだけで構成される、文章なしでの投稿
  • ツイート内容に関連性が薄いハッシュタグを使う

本当に必要なハッシュタグだけを、厳選して使うことが大切です。

3.リミットを超えたアクション

Twitterが決めているリミットを超えることも、避けた方がいいでしょう。各行動のリミット(上限回数)は次の通りです。

行動 1日の上限回数
ダイレクトメッセージ 1,000回
ツイート 2,400回
フォロー 400回

ツイートのリミットには、リツイートの回数も含まれています。これらの行動はスパムと認定され、シャドウバンだけでなく凍結にまでいたることもあるので注意しましょう。

リミットの上限スレスレの行動数や、上限のオーバーを繰り返す行為は、Twitterからの印象が悪くなります。

4.通報を受けること

通報は、シャドウバンや凍結を受けるきっかけになります。通報できる項目の例は以下の通りです。

  • ユーザーにとって興味がない内容
  • 不審・スパム
  • センシティブな画像・動画
  • 不適切・攻撃的
  • 自傷行為や自殺をほのめかす内容

これらに当てはまらず、根拠のない嫌がらせ通報だったとしても、シャドウバンの原因になってしまいます。特にインフルエンサーへリプライを送っていると、アンチから虚偽通報をされるケースがあるのです。

Twitter側は通報内容を機械的に判断しているため、事実との裏付けをしないままシャドウバンをすることが考えられます。

また一部の内容はスタッフが目で見て確認していますが、ヒューマンエラーもあり得るのでどうしても誤ったシャドウバンは防げません。

5.外部リンクの貼りすぎ

Twitter以外のサイトに誘導するリンクを、ツイートに貼りすぎる行為です。

その中でも本文がなくURLのみで構成されたツイートは、シャドウバンの原因になると考えられています。また、アフィリエイトリンクの直貼りも、Twitterからの印象が良くありません。

アフィリエイトをする際は、外部の記事にアフィリエイトリンクを設置し、掲載先に誘導するなどして、ワンクッション挟むことが重要です。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

Twitterでシャドウバンを意識して行動すべきこと4選

シャドウバンで集客や情報発信の妨げを受けないために、次の行動を意識しましょう。

  1. 過激な投稿は控える
  2. 予備アカウントを持っておく
  3. Twitterだけに集客を依存しない
  4. アカウントは購入せずに自分で育てる

それぞれ解説していきます。

1.過激な投稿は控える

過激な投稿とは、誰かを傷つける発言や、見た人が不快に思う画像などのことです。投稿がセンシティブ認定されて人の目に触れなくなったり、通報を受けたりするリスクがあります。

特に大量に通報されることは、シャドウバンにも大きく影響すると考えられます。

フォロワーから悪い印象を持たれれば、集客力の低下にも繋がります。アンチを増やしてしまうような発信スタイルは避けてくださいね。

2.予備アカウントを持っておく

予備として、もう1つTwitterのアカウントを持っておきましょう。シャドウバンを受けても、すぐに活動先を移行するためです。

普段から「サブアカウントはこちら@〜〜〜」など、予備アカウントを紹介しておけば、移行先でフォロワーを0から集め直す必要はありません。

予備アカウントの運用年数が長いほど、Twitterと長期間にわたり良い関係を築けている証拠であり、運営からの信頼に繋がります。

早い段階で予備アカウントを作り、少しずつフォロワーへの認知度を増やしておきましょう。

3.Twitterだけに集客を依存しない

日頃から、Twitter以外にも集客先を育てておくことが大切です。集客ルートを複数個持っておくと、1つが機能しなくなっても宣伝能力を失いません。

「アカウントがシャドウバンから抜け出せない」「規制が強まって凍結される」など、状況が改善しないこともあり得ます。そうなると、Twitterしか集客ルートを持っていなかったら、移行先で0からのスタートになってしまうのです。

他のSNSはもちろん、運営による規制を受けない独自ドメインのブログを持っておくこともおすすめです。

4.アカウントは購入せずに自分で育てる

Twitterでは、アカウントをお金で買ってはいけません。シャドウバンのみならず、凍結にも大きく影響します。

たとえ購入行為がバレなくても、そのアカウントが過去にシャドウバンを受けTwitterからマークされていたら、他よりも規制の判断が厳しくなる可能性があるのです。

以下のような行為も規約違反なので、絶対にしてはいけません。

  • いいねやリツイートの購入
  • すでに大量のフォロワーがいるアカウントを購入
  • フォロワー数増加を目的とした外部ツールの利用
  • 相互的な水増し行為

お金で近道をすることなく、地道に信頼を築いていくことが最重要です。

Twitterで「もしかしたらシャドウバンを受けている?」と不安になったら、ぜひこの記事を行動の参考にしてみてください!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

 

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました