【辛すぎる】婚活の悲惨な現実を男性・女性の両視点から紹介!打破するための5つの対処法とは

婚活
この記事は約9分で読めます。

メルマガ

「婚活の悲惨な現実とは?」
「男性側・女性側でどんな現実がある?」
「婚活の悲惨な現実を打破する方法が知りたい」

婚活すれば良い相手が見つかるだろうと考える方は多いでしょう。しかし、実際にはなかなか上手く行かない方が多いのが現状です。

「婚活すればいつか結婚できるだろう」と漠然と考えるのではなく、悲惨な現実を知ることも必要です。

そこで、こちらの記事では、以下の内容について解説していきます。

  • 婚活の悲惨な現実
  • 婚活の悲惨な現実を打破するための対処法

婚活の悲惨な現状を知り、結婚までたどり着くにはどのように行動すれば良いのか、確認してみてください。

なお、ブログでは書いていない収入アップ・人生の満足度向上に関する情報は、僕のメルマガでも配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてくださいね!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

【共通】婚活の悲惨な現実4選

婚活している人に共通する悲惨な現状を4つ紹介します。

  1. いいなと思える人がいない
  2. お金がかかる
  3. 結婚に対する焦りが大きくなる
  4. 婚活が上手くいかないことに悩んでしまう

1つずつ見ていきましょう。

1.いいなと思える人がいない

婚活を始めても、いいなと思える人がなかなかいないのが現状です。婚活では、まず相手の年齢や収入などのスペックをチェックします。

  • 年収が良くても年齢が離れすぎている
  • 性格が合いそうでも相手の収入に不安がある
  • 良さそうな人がいるけれど距離が遠すぎて現実的に難しい

など、さまざまな要因で相手選びに苦労します。

万が一いいなと思える相手がいたとしても、競争率が激しいので条件の良い相手と出会うのはなかなか困難でしょう。

2.お金がかかる

婚活が長引けば長引くほど、かかる費用が増えていきます。

例えば、

  • 結婚相談所や婚活アプリへの登録料
  • デート代
  • ファッション・美容院代

などが挙げられます。

なかなか良い相手が見つからないのに支出が増えていくと、婚活を続けることに対し、次第に不安を感じてしまうでしょう。お金がかかることを理由に、婚活を中断してしまう方は少なくありません。

3.結婚に対する焦りが大きくなる

婚活が長引くと、だんだん結婚に対する焦りが大きくなります。特に、周りの人が次々と結婚していくと焦りが強くなり「この際、結婚してくれるなら誰でもいい」と投げやりになりがちです。

しかし、妥協して付き合っても気持ちが乗らないので、婚活に対してネガティブになってしまいます。

4.婚活が上手くいかないことに悩んでしまう

婚活出会った相手となかなか上手く行かず、悩んだり落ち込んだりしてしまう人もいます。

上手くいっていると思っていたのに、急に連絡がつかなくなったり、そもそも誰ともカップリングが成立しなかったり。なかには婚活をしていてうつ病になりかけてしまう方もいます。

婚活しても必ず結婚できるとは限りません。悲惨な現状もあることを知っていたほう、がショックは少ないでしょう。

「婚活でうつ病になりそう」と不安な方は関連記事「【放置厳禁】婚活でうつ病になりそうと感じた際の5つの対処法!不安を感じたら迷わず相談を」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

【男性側】婚活の悲惨な現実3選

男性が婚活する上での悲惨な現状について、3つの項目に分けて解説します。

  1. 女性の年齢層が高い
  2. 若い女性を狙うと気持ち悪いと思われる
  3. 年収を重視される

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.女性の年齢層が高い

婚活している女性は、30代~40代が多い傾向です。「子どもが欲しいので、なるべく若い人を見つけたい」と考えているなら、お相手候補は多くないでしょう。

20代~30代前半までの男性の場合、婚活で同年代または年下の相手を探すのはなかなか困難といえます。

2.若い女性を狙うと気持ち悪いと思われる

年齢が高くなるにつれて、若い女性ばかりを狙っていると「気持ち悪い」と思われがちです。男性の場合、30代後半でも「自分はまだまだイケている」と考える方が多いでしょう。

しかし、20代前半の女性からすると1周りも年上の男性は「いい歳」です。「話が合わなそう」「おじさんなのでは?」と思われて敬遠されがちです。

自然と出会う恋愛の場合、相手の歳はそれほど気にならないかもしれません。しかし、婚活では実年齢が重視されやすいことを知っておきましょう。

3.年収を重視される

婚活女性は、相手の年収をかなり重視する傾向です。

「結婚したら専業主婦になりたい」「生活に苦労したくない」と考えている女性が多いからです。婚活は相手のスペックで比較できるので、より高い年収の方が好まれます。

そのため、標準よりも年収が低い場合、なかなか婚活が上手くいかない可能性があります。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

【女性側】婚活の悲惨な現実4選

女性が婚活する際に悲惨な現状について、4つの項目に分けて紹介します。

  1. 年齢が上がると男性からのアプローチが減る
  2. 30代を過ぎるとライバルばかりになる
  3. 高望みできなくなり「いい」と思える男性が減る
  4. 遊び目的の男性に引っかかり時間を無駄にする

ぜひ参考にしてみてください。

1.年齢が上がると男性からのアプローチが減る

女性は、年齢が上がるにつれて男性からのアプローチが減っていきます。男性は、若い女性を求める傾向にあるからです。

そのため、女性は戦う土俵を考える必要があります。例えば30代になったら20代女性と同じ土俵で競っても厳しいので、30代後半~40代が多い婚活サービスを利用するのがおすすめです。

ある程度の年齢になったら、若作りするよりも落ち着いた大人の女性であることをアピールした方が上手くいくでしょう。

2.30代を過ぎるとライバルばかりになる

特に30代を過ぎると、婚活女性が飽和状態になります。「20代のうちに結婚したい」という女性が婚活を始め、見事にゴールインするパターンもあります。

しかし、なかなか上手く行かない人は婚活の場に残ることに。30代になると、良いお相手が見つからないライバル女性が増えるので、その中で結婚までたどり着くのはなかなか困難です。

自分が戦うべき市場をきちんと把握して、いち早く抜け出すことが必要でしょう。

3.高望みできなくなり「いい」と思える男性が減る

年齢を重ねると、相手に対する条件を減らさなければ上手くいかなくなります。その結果、理想の人とは程遠い人しか残らず「いい」と思える相手が見つからない可能性が高まります。

年齢が上がるにつれて、選り好みできなくなってしまうので、なるべく早いうちに婚活を始めるのが良いでしょう。もし出遅れてしまったら、ある程度の妥協は仕方ないと受け入れることも必要です。

婚活で高望みを避けるべき理由については関連記事「【惨敗します】婚活で高望みを避けるべき理由とは!相手に求めがちな条件とやめる方法を解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

4.遊び目的の男性に引っかかり時間を無駄にする

婚活していると、なかには本気で結婚したいと考えていない男性もいます。既婚者が紛れていることもあるようです。

特に、気軽にできる婚活アプリは相手の素性がわかりません。なかなか結婚話が出ないと思ったら「実は結婚していて…」というケースもあり、時間を無駄にしてしまいます。

結婚相談所なら、独身証明書を提出した人のみが登録できるところが多いので、既婚者に引っかかるリスクはないでしょう

一度遊び目的の男性に出会うと、男性不審になりかねません。不審な点があれば、問いただしておいたほうが良いでしょう。

婚活の悲惨な現実を打破するための対処法5選

婚活には悲惨な現状があるのは事実です。しかし、婚活している人が皆悲惨というわけではありません。こちらでは、婚活の悲惨な現状を打破する対処法を5つ紹介します。

  1. 出会いの数を増やす
  2. 自分の年齢に合う婚活サービスを利用する
  3. 相手に求める条件を見直す
  4. 待つだけでなく積極的に行動する
  5. 期限を決めて婚活する

1つずつ見ていきましょう。

1.出会いの数を増やす

婚活は、出会いの数が大切です。なるべく多くの異性と出会える場を作りましょう。

もし、マッチングアプリのみで婚活しているなら、結婚相談所や婚活パーティーなどに参加してみると、新たな出会いが期待できます。

周りの人に「相手を探している」と伝えておくと、良い人を紹介してもらえることもあります。周囲の人に婚活中であると伝えるのは勇気がいりますが、結婚するなら周りの目を気にせず、プライドを捨てて挑むことも必要です。

2.自分の年齢に合う婚活サービスを利用する

婚活を成功させるには、自分の年齢に見合ったサービスを利用することも大切です。自分が30代なのに、20代前半の人が多く利用するような婚活サービスでは、なかなか上手く行かないでしょう。

特に女性の場合、同年代の男性が集まる婚活サービスを選ぶとなかなか上手くいかないことがあります。少し歳上の人が集まりやすい婚活サービスを選んだほうが、マッチング率は上がるでしょう。

あらゆる婚活サービスを試したけれど、上手く行かなかったという方は、婚活コンサルの利用がおすすめです。気になる方は、チェックしてみてください。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

3.相手に求める条件を見直す

高望みばかりしていないか、相手に求める条件を見直してみることも必要です。若さだけで通用するのは20代前半までと考えておきましょう。

男性なら女性、女性なら男性の目線になり、自分が婚活市場にいたらどう見えるのか、冷静に考えてみてください。相手に求める条件を少し変えただけで、スムーズに婚活が進むこともあります。

自分の市場を冷静に考えることが大切です。

4.待つだけでなく積極的に行動する

良い人が見つかったら、躊躇せずにアプローチしてみましょう。「自分に自信がないから、相手から積極的に来てほしい」「男性からアプローチしてほしい」と受け身でいると、チャンスはなかなか巡ってきません。

婚活は上手く行かなくて当たり前なので、たとえ失敗しても問題ありません。積極的に行動する自分に自信がつき、婚活がスムーズにいくかもしれません。

5.期限を決めて婚活する

婚活は期限を決めて行うのがおすすめです。婚活期限を決めず「結婚できるまで」と頑張る方もいるでしょう。しかし、結婚をゴールにすると意地になってしまい、婚活がどんどん辛くなってしまいます。

「◯歳まで」「1年間だけ」と期限を決めて、その間に一生懸命頑張るのが良いでしょう。疲れてしまったときは休むことも大切です。

婚活の悲惨な現実を知ろう!最短で結婚するなら婚活コンサルがおすすめ

婚活に悲惨な現実があることは事実です。何も知らずに「いつか結婚できる」とダラダラ婚活しているよりも「時間勝負だから期限を決めて頑張ろう」と考えたほうが上手くいく可能性が高まります。

なかなか婚活が上手くいかず悩んでいる方は、婚活コンサルを利用するのがおすすめです。L2ギアス」は、本気で結婚したい方に「こうすれば婚活が上手くいく」という具体的なアドバイスを行っています。

マンツーマンで徹底的にサポートするので、気になる方はぜひご参加ください。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました