【保存版】eBayの使い方を買う側・売る側で紹介!評価を集めて効率的に出品しよう

中国輸入
この記事は約14分で読めます。

「eBayの使い方は難しい?」
「英語ができなくても使える?」
「気をつけることはある?」

eBayは、国際的な仕入れや販売に役立つショッピングサイトです。

しかしサイトに訪問してみると情報が英語で書かれているため、使い方がわからずに困っている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事ではeBayをスムーズに使えるように、以下の内容を解説していきます!

  • 出品形式の違い
  • 購入する際の使い方・確認ポイント
  • 出品する際の使い方・確認ポイント
  • 注意点
  • 効率的に買う方法

海外サイトを使い慣れていなかったり、英語力に不安があったりする方は、ぜひこの記事でeBayの使い方を確かめてみてください!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

eBayの4つの出品形式

eBayとは海外ユーザーが多く集まるショッピングサイトのこと。

決まった金額の商品を買うだけでなく、さまざまな販売方法に対応していることが特徴です。

例えば次の4つの販売方法で商品が出品されています。

  • 通常出品:固定額販売
  • ベストオファー:価格交渉OKの商品
  • オークション:競売形式
  • マルチ アイテム・プロモーション:条件を満たすと割引される

Amazonやヤフオク、メルカリのようなサイトが1つにまとまったイメージです。

商品によって販売形式は変わります。

【買う側】eBayで購入する方法

こちらではeBayで商品を買う際の使い方を紹介します。

  1. アカウントを作る
  2. 登録情報を編集する

なお、アカウントの作り方は「出品する際の使い方」と共通です。

1.アカウントを作る

まずは購入に使うアカウントを作ります。

eBayトップページにある「register」から登録フォームを開きましょう。

入力項目と意味は次の通りです。

  • First name:名前
  • Last name:苗字
  • Email:メールアドレス
  • Password:パスワード

全て入力できたら「Create account(登録する)」で正式にアカウントを作成します。

なお、文字入力にはアルファベットしか使えません。

2.登録情報を編集する

購入に必要な個人情報を編集します。

配送先の住所と支払い方法を登録しましょう。

設定メニューは次の手順で開きます。

情報登録の流れ
  • ステップ1
    トップページ左上の「Hi ◯◯(自分の名前)」横の下矢印をクリックする

  • ステップ2
    「Account settings」をクリックする

  • ステップ3
    「Personal Info」の「Addresses」で住所や連絡先を設定する
  • ステップ4
    「Personal Info」の「Personal information」で支払い方法を設定する

登録時と同様、住所もアルファベットで入力します。

海外サイトなので住所の表記方法に注意しましょう。

  1. 番地

の順で、日本の表記とは逆さに記入します。

3.商品を選ぶ

欲しい商品を探し、カートに入れます。

商品を購入するまでの手順は以下の通りです。

購入までの流れ
  • ステップ1
    商品を検索する

    検索したいキーワードを入力し「Search」を押します。

  • ステップ2
    次の行動を選ぶ

    その場で購入に進んだり、他にも商品を選ぶ場合はカートに一時保存したりしましょう。

    3種類のボタンの意味は以下の通りです。

    • Buy It Now:今すぐ購入する
    • Add to cart:カートに入れておく
    • Make Offer:価格を交渉する

    他に欲しい商品がなければ「Buy It Now」ですぐに購入できます。

  • ステップ3
    購入手続きを完了する

    「Buy It Now」を選択すると、すぐに購入手続きに進みます。

    カートに入れた商品をまとめて購入したい場合は、トップページの右上にあるショッピングカートのマークをクリックして購入画面へ移動してください。

    購入したい商品の点数や内容に間違いがなければ「Go to checkout(支払いに進む)」をクリックします。

    • 支払い方法
    • 住所
    • 注文個数
    • 寄付の有無

    を確認し「Comfirm and pay」をクリックすれば、購入手続きは終了です。

英語表記なので使い方がやや難しく感じますが、日本のAmazonや楽天市場と大きな違いはありません。

英語での操作に不安があれば、ブラウザの翻訳機能も活用してくださいね。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

eBayで商品を買う際に確認すべき5つのポイント

eBayで商品を買う際に確認しておきたいのは、次の5点です。

  1. 送料
  2. オークション形式か固定額販売か
  3. 商品のコンディション
  4. 出品者の評価
  5. 発送国・対応国

正式な注文に進む前に、必ずチェックしておきましょう。

1.送料

注文前に送料を確認しておきましょう。

eBayでは出品者が自由に送料を決められるからです。

送料によっては、似たような商品でも他の出品者から購入したほうが安く輸入できる可能性があります。

出品者の考え方次第で「送料が安い代わりに商品価格に上乗せされている」「送料が高い代わりに商品価格が安い」といったケースも。

送料だけでなく商品価格も確認し、トータルコストで考えることが重要です。

中には送料がはっきりと書かれていない商品もあるので、どうしても購入したい際は事前に問い合わせすることも検討してみてください。

2.オークション形式か固定額販売か

商品の販売形式を必ず確認してください。

eBayはオークション形式や固定額販売で商品が販売されています。

気に入った商品を「すぐにでも買いたい!」と思っても、オークション形式にしか対応していないことがあるのです。

オークション形式で出品されている商品は、入札価格の入力欄が表示されます。

誤って競売に参加したり、入札ボタン(Price did)と購入ボタン(Buy It Now)を間違ったりしないよう注意しましょう。

3.商品のコンディション

イメージと違った状態の商品を購入しないよう、商品ページのコンディション欄を確認しましょう。

eBayに出品されているのは新品だけではないためです。

商品のカテゴリーによってコンディションの表記に違いがあります。

例えばアパレルとガジェット用品で表記されるコンディションは以下の通り。

【アパレルのコンディンション】

  • New with tags:タグあり新品
  • New without tags:タグなし新品
  • New with defects:欠陥のある新品
  • Pre-owned:中古品

【ガジェット系のコンディション】

  • New:新品
  • Open box:開封済み
  • Seller refurbished:出品者による改造品
  • Used:中古品
  • For parts or not working:部品・動作しないもの

自分の確認不足でコンディションが悪い商品を購入しても、返品に応じてもらえるかは分かりません。

コンディションの表記に納得して購入していることが前提だからです。

出品者が自己判断で表記しているため、同じコンディション区分でも状態に差があることもあります。

コンディションに不安があれば、出品者に質問してから購入を決めるようにしましょう。

4.出品者の評価

安心できる出品者か判断するために評価をチェックしましょう。

eBayには、大きな企業だけでなく海外の個人ユーザーも多く出品しています。

海外ユーザーは日本のトラブル対応とは感覚が異なることがあるので、評価を確認して悪質な出品者からの購入を避けることが重要です。

出品者への評価は商品ページの右側にある「Seller information」で確認しましょう。

「Positive」の評価割合が高いほど、信頼性の高い出品者であるという意味です。

評価に寄せられたコメントや項目別の詳しい成績は「Seller information」のユーザー名をクリックすると確認できます。

5.発送国・対応国

「どこの国から発送されるのか」「どの国への配送に対応しているのか」を必ず確認してください。

出品者の設定によっては日本で商品を受け取れない場合もあるからです。

「Item location」が発送国で「Ships to」が配送に対応している国を意味しています。

「Ships to」が「Worldwide(世界中)」の表記であれば、基本的には日本への配送が可能です。

「Worldwide(世界中)」と書かれていても例外が指定されているケースもあるので「See exclusions(除外を参考にする)」も念の為確認しましょう。

発送国と日本の距離によっては商品が届くまでに時間がかかったり、一部の国では偽のブランド品が多く出回ったりしています。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

【売る側】eBayで出品する方法

ここからは、eBayで商品を売る際の使い方を解説します。

出品前に、eBayのアカウントを作っておいてくださいね。

商品を出品する手順は以下の通りです。

商品を出品する手順
  • ステップ1
    トップページ右上の「Sell」をクリック

  • ステップ2
    売りたい商品を検索で探す

    売りたい商品を検索し「Select」を押します。

    商品に間違いがなければ「Use this product」を選びましょう。

    eBayに出品されている商品以外を売る場合は画面下の「Continue without selecting a product」をクリックしてください。

  • ステップ3
    商品の詳細を入力する

    • 商品情報
    • 価格
    • 送料
    • 梱包後のサイズと重さ
    • 参考画像

    などを入力します。

    内容が決まったら最後の「List item」を押すと、出品は完了です。

    入力途中の情報は「Save as draft」で下書き保存できます。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

eBayで商品を売る際に確認すべき3つのポイント

eBayに初めて出品する際は、次の3つのポイントを確認してから取り組みましょう。

  1. 出品制限の現状
  2. 出品や輸出ができない品目
  3. 登録住所

それぞれ理由などを解説します。

1.出品制限の現状

eBayを使い始めたばかりのユーザーには、出品制限が課せられます。

最初の段階では1か月間で10品まで、もしくは500ドルまでしか出品できません。

販売チャンスを増やすためには制限解放の交渉をしましょう。

品目数や金額の上限が近づくと表示される「Request higher selling limits page」というリンクか、制限を超えると自動表示されるページから交渉をリクエストできます。

制限を解放するには購入者からの評価稼ぎが重要です。

評価の仕組みについては関連記事「【例文あり】eBayの評価稼ぎのやり方5選!星の見方・催促のタイミング・注意点を徹底解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

2.出品や輸出ができない品目

eBayでは、一部の商品が出品できません。

出品後に運営から指摘されることがないよう、事前に把握しておきましょう。

  • eBayの規約
  • 日本の法律による輸出制限
  • 条約による輸出制限
  • 国際配送の決まり

などが出品の可否に影響します。

詳しくはeBayの「eBayにおける出品禁止商品リスト」や、同ページ内のリンクを参考にしてみてください。

3.登録住所

アカウントに登録している住所が正しいか確認しておきましょう。

過去に使った転送業者の住所を登録したままになっていたり、PayPalと登録住所が一致しなかったりするとeBay側から不信感を持たれる原因になるからです。

悪質なユーザーであると判断されると、出品制限や売上保留といったペナルティを課される場合があります。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

eBayを使う際の注意点

こちらではeBayを使う際の注意点を紹介します。

  1. 国ごとにサイトが異なる
  2. 送料が高い
  3. 関税がかかる
  4. ハンドリングタイムの考え方を知る

1.国ごとにサイトが異なる

eBayといってもサイトは1つではありません。

国ごとに、リンクが違う独立したサイトがあるのです。

そのため、いくつかあるeBayを比較すると取り扱う商品の傾向が違ったり、同じ商品でも送料や価格に差があったりします。

どの国のeBayが自分に合うか確かめてみてくださいね。

どの国のeBayでも基本的な使い方はほぼかわりません。

日本で「eBay」と検索して表示されたり、ノウハウ記事の題材になったりしているのはほとんどがアメリカ版のebay.comです。

Ekkiy」というサイトを使えば、全てのeBay内を一括で検索できます。

2.送料が高い

国内サイトでの売買に比べて、送料が高くなります。

海外のサイトなので世界中のユーザーと取引することになるからです。

相手が住む地域や荷物の重さによって、国際手数料が上がります。

船便で配送すると送料を抑えられますが、その分1か月以上の配送期間が必要となります。

送料をよく確認してから購入したり、出品前に配送業者のサイトなどで送料の見積もりをしたりしましょう。

3.関税がかかる

関税とは、国境をまたぐ際にかかる税金のこと。

eBayで海外との取引を行うと、商品価格や送料とは別に関税がかかります。

関税は購入者側が後払いすることが基本なので、認識に注意しましょう。

条件によっては出品者が税関に商品に関する申告をすることもあります。

4.ハンドリングタイムの考え方を知る

ハンドリングタイムは、発送までにかかる時間のことです。

商品を落札した日ではなく、決済された日を「0日目」としてカウント。

土日祝日は除いた日数で考えます。

一部のサイトでは「時差を確認して…」と複雑な考え方を説明していますが、2021年現在では日本時間が基準です。

商品情報を設定したり、購入した商品の到着時期を予想したりする際に、ハンドリングタイムの認識がズレないようにしてくださいね。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

eBayの商品を効率的に買う方法

eBayは海外のサイトなので、使い方が分からなかったり取引相手の信頼性が気になったりする方も多いのではないでしょうか。

こちらでは使い慣れないeBayで効率的に買う方法をお伝えします。

  1. 日本語対応サイトを使う
  2. 転送業者を使う

効率化できる理由などを解説します。

1.日本語対応サイトを使う

eBayは海外サイトなので、現地の言葉で運営されています。

言葉の認識に関する間違いを防ぐには、日本語に対応したサイトを使いましょう。

代表的なサイトは次の2つです。

  • eBay Direct Shop:Qoo10のアカウントで使える日本公式サイト(アメリカ版の商品のみ)
  • セカイモン:日本に配送される商品のみを表示する日本語サイト

セカイモンについては関連記事「【徹底比較】セカイモンとeBayの違いとは!登録方法・使い方・支払い方法を詳しく解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

2.転送業者を使う

転送業者とは、商品を代わりに受け取り、購入者宛に送り直してくれるサービスのこと。

日本への配送に対応していない商品を仕入れられるようになるのです。

eBayで送り先として転送業者の住所を使うことで、商品を代わりに受け取ってもらえます。

送料や手数料はかかりますが、購入できるものの幅を広げたい方はぜひ転送業者を活用しましょう。

ぜひこの記事を参考に、eBayの使い方をマスターしてみてください!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました