【意外と簡単】携帯せどりでおすすめの機種はこの3つ!高利益を狙えるMNP転売の仕組みも大公開

ケーコジ
この記事は約9分で読めます。

メルマガ

「携帯せどりで稼ぎたい!」
「どこから仕入れられるの?」
「違法にならないか心配」

携帯せどりというと、キャリア会社との契約などがあって「なんだか難しそう」と敬遠してしまいますよね。

しかし中古スマホの転売なら、他のせどりジャンルと大きく変わることはなく、安く仕入れて高く売るというシンプルな稼ぎ方が可能です。

違法性もないので、主婦やサラリーマンでもチャレンジしている人が増えてきました。

この記事では、携帯せどりの基本として知っておきたい、以下の内容を解説していきます。

  • 携帯せどりのメリット・デメリット
  • おすすめ機種
  • 力を入れるべきタイミング
  • 成功のポイント

中古スマホの転売で基礎を掴んだら、さらに高利益率・本格的な仕入れを目指せるMNPへのチャレンジもおすすめです。この記事を参考に、ぜひ携帯せどりを始めてみてください!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

転売初心者が携帯せどりにチャレンジする3つのメリット

なぜ携帯せどりへの注目度が上がってきているのかというと、次の3つのメリットがあるからです。

  1. 生活に欠かせないアイテムとして需要が高い
  2. 海外にも販売できる
  3. 仕入れ・販売のルートがたくさんある

「携帯なんて売れるの?」と半信半疑でいた方は、まずはこの章でジャンルの魅力を再確認していきましょう。

1.生活に欠かせないアイテムとして需要が高い

携帯は、今や誰もが持っている生活必需品となりました。個人でも2台持ちしている人が多く、需要が高まっているジャンルです。

例えば音楽プレイヤーにしたり、SNS用の端末を持ったりするのに、わざわざ携帯ショップに出向いて契約するほどのことではないと思う人がいるでしょう。

このような人たちには「高いお金を出してまで買いたくない」「中古でも良い」というニーズがあります。

また、生活必需品は、経済状況や季節の影響を受けにくいことが特徴です。よほど画期的な技術が生まれない限り「生活に携帯が欠かせない」という状況はなかなか変わりません。

2.海外にも販売できる

携帯は世界中で使われるアイテムです。日本で仕入れた携帯でも、言語設定を変えれば海外でも問題なく使えます。

特にiPhoneは世界中で共通の人気があり、転売でも買われやすいでしょう。

海外製の携帯ではなくても、SONYの機種などでは「日本のデバイスは機能性が高い」と世界から評価を受けています。

国内の市場に絞る必要がないので、携帯せどりは見込み顧客の数を確保しやすいです。

3.仕入れ・販売のルートがたくさんある

携帯せどりでは、仕入れでも販売でも複数のルートを確保できます。1つのルートに頼る「プラットフォーム依存型のせどり」にならないよう、対策できるのです。

<仕入れ・販売の両方に使えるルートの例>

  • メルカリ
  • ヤフオク
  • リサイクルショップ
  • Amazon
  • 楽天市場
  • 海外ショッピングサイト

プラットフォーム依存を抜け出すことで、特定のサイトでペナルティを受けるようなことがあっても、せどりの手を止めずに済むでしょう。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

携帯せどりで気をつけたい2つのデメリット

需要が高く人気が集まっている携帯せどりですが、デメリットも一部あります。

  1. 赤ロム・黒ロムは販売できない
  2. 検品の手間がかかる

せどりにチャレンジしてからギャップに悩むことがないよう、早い段階でデメリットまで把握しておきましょう。

1.赤ロム・黒ロムは販売できない

携帯せどりでは、端末の状態により「◯◯ロム」と呼び方が区別されます。なかでも赤ロム・黒ロムは携帯せどりの商品に適しません。

  • 赤ロム:端末料金の未払いなどが原因で利用制限がかかっている携帯
  • 黒ロム:SIMカードが入っていて誰かが使っている携帯

携帯の状態について確認することなく転売すると、赤ロム・黒ロムが原因で購入者からクレームを受けるリスクがあります。

2.検品の手間がかかる

商品説明や写真だけでは携帯の状態が詳しく分からないので、転売前に検品する手間がかかります。

外観は綺麗でも、機能に問題がある中古機種が多く売られているためです。

  • 電源は付くか?
  • 液晶に乱れはないか?
  • きちんと音は出るか?
  • カメラレンズに傷はないか?

など、チェックすべき項目は数え切れません。

中古品を転売する場合、チェック項目をリスト化してルーティンを作るなどの工夫が必要です。

携帯せどりでおすすめの機種3選

ここからは、携帯せどりの実践的なノウハウをお伝えしていきます。

どの携帯を扱おうか迷ったら、次の3つをリサーチしましょう。

  1. iPhoneシリーズ
  2. Google Pixelシリーズ
  3. 中国スマホ

各機種の特徴を紹介していきます。

1.iPhoneシリーズ

日本でのシェア率は、iPhoneシリーズが50%以上を占めています。

シェア率の高さは、市場への流通量にも影響します。メルカリやヤフオクで検索してみると、数え切れないほどiPhoneが出品されているのです。

eBayなどの海外サイトでも出品されているので、iPhoneで仕入れに困ることはないでしょう。

特に最新機種は10万円以上と高く「金銭的に手が出ない」というケースがあるため、中古でも需要が高いこともメリット。性能の高さとブランド力を知られているので、多少ナンバリングが古くても買い手が見つかりやすいです。

2.Google Pixelシリーズ

Googleが独自開発している機種です。

アメリカでの発売が2016年、日本上陸が2018年と、他の機種に比べると発売からの日が浅いことが特徴。そのため日本では型落ちや中古品の流通がそれほど多くありません。

仕入れられるチャンスがあったら、相場との価格差をよくリサーチして積極的に目をつけておきましょう。

ただしアメリカではGoogle Pixelを転売した人約200人のGoogle関連アカウントが停止される措置が確認されました。せどり対策が強化されることも考えられるため、常に最新情報を掴んで動向に注意しましょう。

3.中国スマホ

日本メーカーのスマホやiPhoneと比較すると、定価が安い中国製品が多いです。エントリーモデルは、新品でも1万円前後で手に入るほど。

低下が安いため薄利多売になりやすいですが、資金が少ないうちは仕入れやすいでしょう。

中国スマホを仕入れるポイントは、以下のモデルを選ぶことです。

  • 技適マークの認証を受けている
  • 日本語に言語設定できる
  • 「Google Play」に対応している

過去にはアメリカによる経済制裁の影響で、HuaweiスマホがGoogleのOSなどを使えなくなる事態などが起きています。せどりで商材にするなら、国際情勢には注視しておくと安心です。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

携帯せどりで力を入れるべきタイミングは2つ

携帯せどりでは、利益を倍増できるタイミングが2つあります。

  1. 最新のスマホが発売したとき
  2. 買取屋のキャンペーン時期

行動を起こすタイミングも意識して、薄利多売にならないよう工夫していきましょう。

1.最新のスマホが発売したとき

最新のスマホが発売されると、古い機種を売り切るために携帯ショップがキャンペーンを打ち出すことが多いです。

運がいいと、何世代か前のiPhoneを10円など格安で仕入れられます。

新作発売直後のキャンペーンを狙って大量に仕入れておき、前世代スマホが品薄になった頃に、最新機種よりも安い価格で転売すれば、大きな利益を得られるでしょう。

2.買取屋のキャンペーン時期

買取屋とは、中古デバイスを個人から買い取ってくれるお店のことです。

「iPhone12シリーズ買取強化キャンペーン」など、特定の機種の査定額がアップするイベントを開催しています。

公式サイトで開催スケジュールが分かるので、直近で活用できそうなキャンペーンに合わせて仕入れ量を増やすなど、対応すると良いでしょう。

買取屋については関連記事「【安定して売れる】買取屋せどりのメリットは4つ!使い方・利益率アップのポイントまで紹介」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

携帯せどりを成功させる3つのポイント

携帯せどりを成功させるには、やみくもに行動することはおすすめしません。

次のポイントを押さえて、失敗を回避しましょう。

  1. 古物商許可を取得する
  2. 丁寧に梱包する
  3. 付属品と一緒に売買する

それぞれ紹介していきます。

1.古物商許可を取得する

古物商許可は、中古品のせどりで必要な資格です。

警察署を通じて公安委員会に書類を提出すれば、許可申請は完了します。なお、申請には19,000円程度の手数料がかかります。

古物商許可を得ることなく中古品せどりをすると、罰せられることがあるので注意しましょう。

2.丁寧に梱包する

購入者に携帯を送る時は、丁寧に梱包するようにしてください。

携帯は精密機器であり、少しの衝撃で破損するリスクがあるためです。配送車の中で大きく揺れたり、配達員が誤って荷物を落としたりしても問題ないよう、対策しておきましょう。

  • クッション剤で箱の隙間を埋める
  • 精密機器であることを示すシールを貼る
  • 水に濡れないよう撥水性のある素材で包む

などの対策が有効です。

3.付属品と一緒に売買する

中古の携帯でせどりする場合は、付属品を一緒に売ると購入希望者からの印象がアップします。

新品と同じセット内容を再現し、購入後すぐに使える状態で売ることが理想です。

例えばiPhoneなら、

  • 外箱
  • 有線イヤホン
  • Appleシール
  • 充電アダプタ

などが付いてきます。足りない付属品はメルカリなどから中古品で買い揃えることも可能です。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

【上級者になるなら】1円仕入れもできる携帯ショップの活用も検討を

携帯せどりについてインターネットで調べると、中古品転売の情報がよくまとめられています。

しかし、より利益を上げたい方は携帯ショップから新品の端末を仕入れることも検討しましょう。携帯ショップを上手く活用すると、中古品よりも格安で新品を仕入れられます。

携帯ショップで稼げる仕組みは、主に2つです。

  1. MNP転売
  2. 移動機転売

それぞれ簡単に解説していきます。

1.MNP転売

MNPとは、Mobile Number Portabilityの頭文字を取った言葉で、電話番号を変更することなく携帯会社の契約を乗り換えられる制度を意味しています。

実はMNPで乗り換えした人を対象に、携帯会社の多くは大型のキャンペーンを開催しています。ライバルキャリアから顧客を奪い、自社に呼び込むためにMNPの利用者を優遇しているのです。

キャンペーンを活用すれば、例えばiPhone SEを一括10円で仕入れることも難しくありません。

2.移動機転売

移動機は、携帯会社と契約を結ばずに、単体購入できる端末のことです。MNPで格安キャンペーンが開催されると、移動機もセットで割引されていることがよくあります。

総務省による決まりで、MNPキャンペーンと移動機の価格差を22,000円に抑える必要があるためです。そのため、MNPを使って10円で買える携帯なら、移動機として22,010円で仕入れられます。

MNPよりも価格が高いことがほとんどですが、移動機なら維持費の管理や多重契約によるトラブルは発生しません。

携帯ショップから新品の端末を格安仕入れする方法については関連記事「【超有料級】ケーコジで稼ぐなら5つのポイントを押さえよう!現役プレイヤーが初心者のよくある質問にも回答」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

ぜひこの記事を参考に、携帯せどりに挑戦してみてくださいね!

なお、ブログでは書いていない収入アップ・人生の満足度向上に関する情報は、僕のメルマガでも配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてくださいね!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました