無在庫転売のやり方で稼げないパターン。初心者はこれに騙されるな

無在庫転売やり方 無在庫転売
この記事は約14分で読めます。

仕入れをする物販ビジネスと異なり、無在庫転売では最初から商品を無制限で扱うことが出来ます。

 

この事により仕入れが出来ないという問題から完全に開放をされます。

 

しかし仕入れをしなくていいという条件はメリットであると同時にデメリットにもなりえます。

どういう事か?

 

無在庫で扱えるということは出品数の上限に至るまで無数に商品を出品していくことが出来るということです。

つまり、自分よりも大量に行動をする人間がいるとどうしても成績は伸び悩んでしまうということ。

 

今回は無在庫転売で稼げる人と、稼げない人の違いを明らかにし、これから参入するあなたが取るべきポジションを明確にしていきます。

 

無在庫転売と出品数の相関

 

どれぐらいの出品をすればいいのか?という話は一概には言えませんが、僕らの実態データで言うと、1日あたり50から100を出すことができれば月の利益100万は超えていきます。

 

月に30万でいいならもっと少なくても行きます。

1日20個とか30個とかでも行く。

 

ただ結論としては大量出品をしていったほうが結果が出るまでの速度は早いです。

 

もしあなたが物理的に副業に割く時間を確保できないなら、稼いでる人たちと在庫を共有するという方法があります。

 

過去に稼げていたCSVインポートというやり方

 

オークタウンというサイトを使うと商品リストをインポートしたりエクスポートすることが出来るので、この機能を使って稼いでる人の商品を自分のアカウントに移動させるのです。

そうすればその商品の在庫管理と価格調整をしているだけで、あなたも稼いでる人たちに近い売上を出すことが可能になります。

 

ただこれは実践は不可能です。

だって稼いでる人からしたらあなたと付き合って商品リストを渡す理由なんてどこにもないですからね。

 

一方で僕らはこの抜け道を一定の条件を満たした人にだけ提供をして、実現をしています。

その事により後発でもチームに貢献できると判断した人は、リストを手にして最短で結果を出せるようになっています。

 

国内転売のように3000個出して10万とか20万すら儲からないビジネスと異なり、僕らが扱う商品は1000個に満たない商品数で100万円を超える利益を持続的に出し続けています。

 

それが出来るのは常に定点観測をして利益が出ない商品からは撤退し、新規の商品を開発し続けているからなんです。

一人ではなくチームとしてこれを実践することで、大きな力を発揮することが出来る。

単価の低い商品も単価の高い商品もジャンルに関係なく分散させることで、ライバルが追いつけないレベルでビジネスを実践する。

 

よく利益の出る商品を共有するというやり方を実践しているグループがあると思いますが、利益が出る可能性の共有ではダメなんです。

現在進行系で儲かっている生きたリストをそのまま共有しないと。

有在庫は過去を見て商品を仕入れるのでこれが出来ません。

 

無在庫であれば未来を見てマーケティングを仕掛けることが出来るので、扱える商品数に上限はありません。

資金が少なくても回転率を重視して効率的に増やす事も可能。

 

僕らはこの無在庫転売というスキームが、アフィリエイトでもなければ、せどりのような在庫を持つビジネスよりも遥かに優れていると考えています。

高い再現性と右肩上がりの成長を実現出来るのはきちんと理由があるということ。

 

ただCSVにしろ、コピペ出品にしろ、全てはプラットフォームを使うから通用をするやり方です。

現在ではAmazonにしろ、ヤフオクにしろ、無在庫転売は厳しく規制をされているため、上記のやり方ではアカウントが停止されてしまい、稼げない状態になっている事は忘れないで下さい。

 

もしあなたが無在庫転売をやっているにも関わらず、月に50万すら稼げていないのであれば、後発でも勝てるスキームを実践できているか考えて下さい。

ネットビジネスの世界は先行者利益を確保できたから稼げただけの人、タイミングが良かったから稼げただけの人がたくさんいます。

 

そういう輩に捕まると一生結果が出ないので比較をする癖を身に着けていきましょう。

 

無在庫転売に必要な資金は?

 

どのようなビジネスであれ資金は必要です。

一番元手がかからずに大きく稼げるのはアフィリエイトですが、これは再現性がありません。

 

稼げるまでに2ヶ月とか3ヶ月とかかかって、ようやっと稼げてたと思ったら10万。

こんな子供騙しみたいなビジネスやりたいですか?

 

もちろんアフィリエイトにもいいところがあって、10万の翌月が20万になったり、一気に40万になったりする可能性があります。

 

しかし検索エンジンの気分次第でサイトが上位表示されなくなると、40万稼げた翌月に収入が10万以下になったりする事もある。

 

あなたは先行きが見えず、予想が出来ないビジネスを続けられますか?

先行きが立てられないビジネスは博打と同じです。

 

僕としてはアフィリエイトの可能性は認めつつ、初心者が取り組むビジネスとしては転売。

これが再現性が担保された現実的な選択だと考えます。

 

どうしても遠回りしたいなら止めませんが、お金を稼ぐという目的を果たすだけなら転売が一番合理的です。

 

ただ転売にも欠点があって、キャッシュフローがあまり良くないです。

出た利益は次の仕入れに回さなければならない。

作業を続けないといけない。

在庫を持つ。

 

このような致命的な欠陥があり、そこを懸念して取り組むことを断念する人もいます。

 

現在では在庫は持たなくても100万以上稼げるのでこの部分はクリアされました。

 

問題は作業の継続と資金です。

 

無在庫転売の利益率は20%〜30%程度なので、30万円を稼ごうと思ったら100万円を超えるお金を回していかないといけません。

これはクレジットカードでもOKなので、まず最初にやることは100万の枠の確保です。

 

1枚で取れたら理想ですが、難しければ複数のカードを使って運用していきます。

そして利用実績が増えてきたら増額申請をして100万まで枠を広げていきます。

 

あとは無在庫転売を実践していけば30万はすぐに到達可能です。

かかる期間としては1ヶ月程度と思って下さい。

時間をかけて到達するハードルではない。

とても簡単です。

 

んで次に50万を稼ぐ資金ですが、これは200万ぐらいはあったほうが余裕があっていいです。

なのでこれもカードの枠を増やすのと、優良カードも組み合わせて枠拡張をしていきます。

 

なんで有料カードを使うかと言うと、優良カードを契約することで枠が100万を超えて与えられるからです。

僕であれば1枚で500万を超える枠を与えてもらっているカードがあります。

 

さすがにこれは時間がかかりますが、例えば20万の枠を有料カードの切り替えて50万にする。

こういった実績であれば何度も見てきています。

 

最初の間は無料のカードで実践してくれて問題ありませんが、稼げるようになってきて枠が足りなくなってきたら有料カードに切り替えをやりましょう。

 

最後に100万稼ぐ資金ですが、これは400万から500万ほど欲しいです。

上手に運用すればこれよりも少ない金額で達成出来ますが、最悪の数字である利益率20%で計算すると500万は欲しい。

 

これも複数のカードを組み合わせて実現できれば良いので、頑張っていきましょう。

 

資金についての不安は無在庫転売の場合はそこまでシビアに考えなくて良いです。

売れてから仕入れはやるので、不良在庫は出ませんし、2週間単位でキャッシュフローは回ります。

ですから支払いができなくてブラックリストに掲載されるということも起こりません。

 

一点だけ注意点としては生活の口座とビジネスの口座は分けることです。

生活の口座でお金をガンガン使ってしまうと、月末に支払いが出来ないということが起こってしまいます。

 

マネーフォワードのようなアプリで管理をされている人もいますね。

資金が厳しい人はアプリの力も使って破綻しないように丁寧にマネジメントをやっていくといいでしょう。

 

以上、無在庫転売で稼ぐために必要な資金についてでした。

 

儲からない時に確認すべきポイント

 

無在庫転売で稼げてる人と稼げてい人は何が違うのか?

 

稼げる経験しかしていない僕らに言わせると、僕らと真逆のことを考えていたり、実践している人という答えになります。

どういう事か?

 

多くの人はツールを使ったり、無料の情報を見て稼ごうとします。

しかしツールを使ってもノウハウがダメだったら意味がありません。

 

アマゾンで販売されているものをヤフオクで転売する。

そういったアカウントの情報を僕らは大量に持っていますが、どのアカウントも大量に出品して月に20万すら利益が出てないんじゃないでしょうか?

 

一方僕らは出品数が1000にすら届きませんが、利益が100万を超えます。

ツールも一切使わずに、稼げてない人からしたら効率悪そうなやり方でやっているのにです。

 

僕らが稼げているのは世の中の人が考えている常識と真逆の行動を取っているだけ。

見下した言い方をしますが、僕ら以外のやり方は稼げない(稼げても稼ぎの額が低い)やり方なので、彼らがやってる事と正反対の行動を取れば、めちゃくちゃ稼げるノウハウになる。

そのように考えて研究開発を続け、一緒に力を合わせて戦っています。

 

まず最初にアマゾンで仕入れてヤフオクで売るやり方。

これ稼げないんでやらなくていいです。

 

練習として期間を区切ってやるなら別として、これで30万とか50万とか効率悪すぎ。

今やライバルも数も増えて、大きく稼げる商品は非常に少なくなってきています。

新しく商品を開発してもすぐに真似されて飽和をしてしまう。

 

ハードルが低いがゆえに真似がされやすく、長く稼ぐのが難しくなっているんです。

 

じゃあどうすればいいかと言うと、輸入無在庫転売をやるといいです。

 

と言うと、アメリカのアマゾンから仕入れたり、バイマをやりだす人がいるんだけど、この2つはやりません。

厳密には使うけど優先度としては低いということ。

 

なぜかというと、アマゾンUSもバイマもやってる人がたくさんいるからです。

この2つを使っても稼げるけど、真似されやすいのでやらないという事です。

 

じゃあどこから仕入れればいいのか?という話ですが、それをここで書いてしまうと僕らの優位性がなくなるので書きません。

 

仕入先というのは多ければ多いほどいいし、他の人と被らなければ被らないほどいいです。

 

かつて卸から仕入れをして転売をすればライバルがいないので稼げると言った人がいました。

その人はいま全く稼げなくなりました。

 

なぜか?

仕入先を固定して、その仕入先に依存をしてしまったからです。

 

卸が自分たちでネット販売をしたほうが稼げると考えて、参入をしてきてしまったんですね。

こうなると自分よりもさらに安い値段で仕入れをしている卸商社に一介の転売ヤーは太刀打ちできません。

彼の収入はゼロになり、再び社畜生活へと戻っていったのでした。

 

今うまく言っていても、それが未来永劫通用する仕組みだとは思わないことです。

強いライバルは必ず出てきますし、常人では考えられないレベルで行動を起こす人が出てきます。

 

その時に自分はそういった人と太刀打ちが出来るのかを考えましょう。

常に先の先を見据えて種まきをしていくのです。

 

そうしなければ大多数の人がそうなるように、あなたもまた一瞬稼いで消えていくネットビジネス起業家になってしまうでしょう。

 

塾やコンサルを選ぶときの注意点

 

無在庫転売は後発でも稼ぐことが出来る、唯一のスキームです。

 

資本力が求められる電脳せどり(ネット転売)や輸出入と異なり、クレジットカードとパソコンがあればすぐに初日から稼ぎ出すことが出来ます。

 

一方で作業量の割に稼げないという意見もあり、賞味期限切れの手法で取り組んでしまうと大変なのに稼げないという状態になってしまいます。

 

スクール(塾)やコンサルに申し込む際には回収できることはもちろんの事、身につけたスキルを使ってその後も持続的にビジネスとして稼ぎ続けられることを考えなければなりません。

どういった選定基準で相手を見て、判断をしていくとガッカリしないかをこの記事では解説をしていきます。

 

 

2つの発信者がいる事を知る

 

お金を払っていいい人、カモられる人。細野フィルターについて

 

ビジネスの業界には2種類の人間がいて、自分に依存をさせることでお金を稼ぐ人間と、相手の独立を手助けして口コミで稼ぐ人間がいます。

 

自分に依存をさせるタイプの指導者に捕まってしまうとなかなか抜け出すことが出来ず、結果も出せずに時間だけが過ぎていきます。

 

シビアな考え方ですが、ビジネスを学ぶのであれば相手がいい人だからとか、好きだからという理由ではなく、自分の目標を達成させる後押しをしてくれるかを見るようにしましょう。

 

無料コンテンツの質を見る

 

その上でまずは入口の部分で相手が提供しているコンテンツの質を見ます。

動画、レポート、無料相談。

この辺りを見て質が低いのであれば、相手を積極的に選ぶ理由はありません。

 

ただ、最初の間は質の高さや低さを判別することが出来ないと思うので、並行していくつもの人を見ていくのがいいです。

比較をすることで違いがわかりますし、相手のメリットやデメリットが浮き彫りになってきます。

 

スクール(塾)であればサポート体制は必ず見ていきたいポイントです。

講師に対する受講生の比率が高すぎるのは論外です。

 

僕の経験上、本当に丁寧に相手を見て認識していこうと思ったら、片手の数以上を見ることは難しいです。

数十人単位、数百人単位で人が入ってしまうスクールでは、サポートが追いつかず、コンテンツだけを渡して終わりになる可能性が非常に高い。

 

業界の事を知っているからこそ伝えますが、キャンペーンと称して参加者を募っている案件(ローンチ)は粗悪であることが多いです。

業界のトップとか、売上とか魅力的なPRが並んでいると思いますが、売るための謳い文句でしかありません。

 

良い所があれば(実績など)、悪い所(人が殺到してサポートが弱くなる)という点もあるので、相対的に判断をしなければいけません。

 

例えばあなたがすでに経験がある上級者で、最低限のサポートがあれば後は自分で学習して結果を出せると思うならば、スクールは良い選択となるでしょう。

しかし初期段階で相手からのサポートが必要ならば、大規模なスクールに入る事はおすすめしません。

 

多少実績や知名度が低くても、しっかりとサポートをしてくれる人を選んだほうが、最初の30万、100万を稼ぐ上では有効です。

 

詐欺のテンプレを知る

 

ネットで詐欺をやっている人たちのパターンを知ることで、防衛が可能になります。

 

ツイッターしかやっていない。LINEしかやっていない。

こういったパターンが来たらまず詐欺だと思ったほうが良いです。

 

なぜ彼らが連絡手段を限定するかと言えば、自分を評価してもらうコンテンツがないからです。

ですから見栄えや耳障りの良い言葉で人を集めて、収益化することだけを目的に行動をしています。

 

昨今ではSEOがなかなか上がらないこともあり、サイトを持たない人も増えています。

そういった方でも動画やSNSは取り組んでいるはずなので、そこで相手の質を評価しましょう。

 

そしてメルマガがあるならば登録をしてみて、内容を見る。

役に立たないメルマガだったり、学びがないと判断をしたら配信を解除して次に行きます。

 

お客様の声を見る

 

実績がある人であればお客さんの体験談がサイトに掲載をされているはずです。

それを見て自分の同じ様になりたいと思えるか、真剣に向き合えそうかを判断しましょう。

 

相手の教え方のうまさに関係なく、人である以上、相性というものがどうしてもあります。

 

生理的に好きになれない。相手を尊敬できない。

このような状態で無理をして参加をすると、相手の言葉を受け入れることが出来ずに残念な結果に終わるでしょう。

 

理想的な剪定方法としては地雷屋さんが作ってくれた人間分類法を使うと良いです。

自分と対局の所にいる人や、隣りにいる人を選ぶと、自分に不足しているスキルを授けてくれる傾向があります。

 

ネットの世界では欲タイプ(猛)の人が幅を利かせていますが、これらの人は売るまでは熱心ですが、売った後は適当な対応なので絶対に選ばないようにしましょう。

 

「四観」簡易後半 人を1分で見抜ける超当たりまくる人間分析とは?【地雷屋】Ver1.1
【閲覧注意】人を見た目で透視してしまうヤバイ方法  -地雷屋さんと木坂さんに敬意を示して

 

今回伝えた選定基準を使って頂ければ、マッチングミスで残念な結果に終わることを減らせるはずです。

幸せなスクールライフになりますように。

作業をたくさんしないと稼げない。

在庫を持ったり、人を雇ってオフィスを構えないといけない。

そんなやり方に消耗していませんか?

一人で実践でき、収入が上がっても忙しくならないビジネスは情報発信だけです。

誰でも簡単にできるビジネスを追い求めて疲弊するのではなく、あなただから出来るビジネスを構築して、安全に稼いでいく。

収入が増えても忙しくなったり、管理が複雑になってQOLが低下しない仕組みの作り方を、メルマガ登録をしてくれた方に公開しています。

無在庫転売
SNSやってます。フォローミー!
記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです。SNSでのシェアも大歓迎です。


ビジネスと一杯のコーヒー