【誰でもできる】ヤフオクで安く落札する手順とコツ!自動入札ツールやタイミングを徹底解説

せどり
この記事は約9分で読めます。

「ヤフオクでなるべく安く落札したい!」
「絶対に落札するコツは?」
「落札に裏技はある?」

ヤフオクを利用するなら、1円でも安く落札したい方が多いのではないでしょうか。実は、落札にはコツがあり、知っていれば誰でも安く落札できます。

この記事では以下のことを解説します。

  • 安く落札する4つの手順とおすすめのタイミング
  • おすすめの自動入札ツール
  • 落札したいなら知っておきたいこと裏技

記事を読めば、オークションを安く勝ち抜けますぜひ参考にしてみてくださいね!

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

【4STEP】ヤフオクで安く落札する手順

安く落札するには、入札前の準備が大切です。なぜなら、闇雲に入札すると、オークションで値段が吊り上がってしまうから。

ヤフオクは基本キャンセルできないので、予算の範囲内で落札することが大切です。

安く落札するには、以下の4STEPがおすすめです。

  1. 商品相場を調べる
  2. 予算を決める
  3. 商品の状況を確認する
  4. タイミングを見計らって入札する

詳しく解説します。

1. 商品相場を調べる

まずは欲しい商品の価格相場を調べましょう。相場を知らないと、明らかに高額な商品に入札する恐れがあります。

相場を調べるには、商品名を検索するだけで構いません。ヤフオクは中古品の出品が多いので、状態によって値段に幅があります。数商品を見て、自分が欲しい状態のざっくりした相場を調べましょう。

商品をいくつか見る際に、良さそうな商品は保存しておきましょう。

2. 予算を決める

次に自分の予算を決めましょうオークションに白熱して、予算以上の入札をする人がいるからです。商品の状態と購入できる最高額を自分の中で決めておくと、冷静にオークションに参加できますよ。

予算を決める際は、先ほど調べた価格相場を参考にしましょう。「絶対に落札したいから、相場+1,000円を予算にしよう」など具体的に決めるのがおすすめです。

3. 商品の状況を確認する

次に、ピックアップした商品の状況を詳しく確認します。

以下のポイントをしっかりチェックしましょう。

  • 商品の状態
  • 付属品の有無
  • 出品者の評価
  • 現在の入札額
  • 入札締め切り日

これらの情報をもとに、最終的に入札する商品を決定しましょう。特に、出品者の評価は見落としがちですが、トラブルを避けるために重要です。

4. タイミングを見計らって入札する

状況を確認して、問題なさそうであれば入札しましょう。

その際、以下4つのタイミングがおすすめです。

  • めぼしい商品を見つけたと同時に入札する
  • オークション終了時間ギリギリに入札する
  • 高値が更新されたタイミングで
  • ツールを利用して決めたタイミングで

これらのタイミングがおすすめな理由は、これから説明します。

ヤフオクで安く買える入札のタイミング4選

ヤフオクでは、入札のタイミングにコツがあります。

おすすめのタイミングは以下の4つです。

  1. すぐ入札
  2. 終了時間ぎりぎりに
  3. 他の人が入札したとき
  4. ツールを利用する

知っているだけで安く落札できるので、ぜひ使ってみましょう!

1. すぐ入札

すぐ入札すると、入札忘れを防げたり、ライバルへのけん制に繋がったりします。

すぐ入札する際は、予算より少し安めにするのがポイントです。ヤフオクでは入札数が多いほど、上に表示される人気商品になります。そのため、入札数が少なければ人に見つからず落札できます。

すぐ入札する場合は最安値にしがちですが、ライバルが多くなってしまいます。そのため、あまりケチらずに入札することが大切です。

2. 終了時間ぎりぎりに

オークション終了時間ぎりぎりの6分前に入札するのもおすすめです。なぜなら、6分前は自動延長にぎりぎり引っかからないタイミングだからです。

自動延長:オークションの5分前以内に入札があった場合、終了時間を自動で5分延長する機能

自動延長がなかった時代には、オークション終了の30秒前に入札するのが安く落札するコツとして知られていました。しかし、自動延長になると値段が上がるため、現在のヤフオクではほとんどの出品者が自動延長機能を付けています。

そのため、現在では、自動延長にぎりぎり引っかからない6分前に入札するのがコツになっています。

万が一、自動延長が付いていない商品であれば、終了の30秒前に入札すると高確率で落札できます。ヤフオクでは、オークション終了時間が秒単位で表示されるので、それを見ながら入札を行いましょう。

3. 他の人が入札したとき

他の人が入札した直後に数十円高い値段で入札し、プレッシャーをかけるのもオークションで有効な手法です。

ライバルは「いくらまで吊り上がるんだろう…」という不安を抱えながら入札を繰り返すので、精神的な負担が大きいです。

また、ライバルより数十円高い値段で入札しているので、最安値で落札できる可能性が高いです。

ただし、この手法は白熱しやすいです。冷静にオークションを行い、予算の上限になったら、入札をやめましょう

4. ツールを利用する

最後はツールを利用して、ライバルが入札したとき終了時間ぎりぎりに入札する方法です。金額も設定できるので、予算内のオークションであれば、ほぼ確実に落札してくれます。

ヤフオクをずっと見続けるのが難しい、終了時刻前に用事がある人は、ツールを活用してオークションに参加しましょう。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

ヤフオクでおすすめの自動入札ツール3選

自動入札ツールを使えば、オークションに画面にずっと張り付いていなくても落札できます

初心者でも使いやすいおすすめツールは以下の3つです。

  1. ヤフオク
  2. オークファン
  3. 瞬札オークション

1つひとつ紹介します。

1. ヤフオク

ヤフオクに搭載された機能でも自動入札を行えます。新たなツールを導入する必要がないので、最も手軽な方法です。

やり方は非常に簡単で、予算の最高額で入札するだけです。特別な設定は不要です。

予算の最高額で入札するだけで、自動ツールが働き、他の入札者がきても予算内で競ってくれます。もし他に入札者がいなければ、最安値で購入できます。

2. オークファン

オークファン指定の時間に指定の金額で自動入札できるツールです。

「オークション終了の6分前に入札したいが、用事があって自分ではできない」などで利用するのがおすすめです。

オークファンの自動入札機能はYahoo!プレミアム料金(月額508円/税込)に加入すると利用できます。機能の利用自体に料金はかかりません。

3. 瞬札オークション

瞬札オークション時間と金額を指定するだけで自動入札を行ってくれる無料ソフトウェアです。

画面がシンプルで初心者でも簡単に利用できます。入札金額ぎりぎりまでは自動で競ってくれるので、予算内の最安値で落札してくれます。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

ヤフオク落札したいなら知っておきたいこと3選

ヤフオクで落札したい人に知っておいてほしいのは、以下の3つです。

  1. 即決価格が存在する
  2. 白熱する場合がある
  3. 追加で送料と振込手数料がかかる

知らないと損をするので、必ず入札前に確認しましょう。

1. 即決価格が存在する

ヤフオク内には、即決価格が存在し、それを狙えば確実に手に入ります

オークションは、ライバルがいると、値段が吊り上がったり、落札できなかったりしますが、即決価格がある商品ならそのリスクはありません。

即決価格が設定されている商品は「入札する」ボタンの下に「今すぐ落札する」のボタンがあります。「今すぐ落札する」のボタンを押して、支払いを済ませれば、必ず落札できます。

どうしても手に入れたい場合は、即決価格を設けている商品を探しましょう。

2. 白熱する場合がある

オークションが白熱し、予算以上を入札してしまうのはヤフオクでよくある話です。途中から商品を手に入れることではなく、相手を負かすことが目的になると、大きな金額を入札してしまいます。

ヤフオクでは、入札者から入札を取り消せず、出品者に依頼するしかありません。そのため、入札したら基本的に支払わなければならないと思って、予算内で入札しましょう。

どうしても入札を取り消したい場合のやり方は関連記事「【保存版】ヤフオクは入札後もキャンセルできる!落札者・出品者の立場別に返金方法を解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

オークションが白熱してから予算を決めるのは難しいので、1回目の入札をする前に予算を決めるのがおすすめです。

3. 追加で送料と決済手数料がかかる

ヤフオクでは落札金額に加えて、送料と決済手数料が追加でかかる場合があるので、それを考慮して入札金額を決めましょう。

送料は落札者負担のケースが多く、なかには金額が明記されていないこともあります。梱包方法や住んでいる地域によっては、送料が高額になるので、不安な人は入札前に送料の目安を聞きましょう。

決済手数料はコンビニ支払いと、車や不動産などの特定カテゴリに対してかかります。クレジットカード払いであっても必要なので注意しましょう。

詳しい手数料一覧はこちらから確認してみてくださいね。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

ヤフオクで安く落札する裏技3選

ヤフオクでは上級者だけが知っている裏技があります。

使いこなすと、穴場商品を見つけられたり、格安で落札できたりするので、ぜひ参考にしてみてください。

裏技は以下の3つです。

  1. ウォッチリストで商品を監視する
  2. 商品タイトルミスを狙う
  3. 出品者に交渉する

詳しく解説します。

1. ウォッチリストで商品を監視する

ヤフオクでは値下げやオークション終了の数十分前など、指定の状況になったときに通知を送るウォッチリストで商品を監視できます。

出品者はウォッチリストに入れられると、値段を下げて早く売ろうとする傾向があります。そのため気になる商品があれば、ウォッチリストに入れて、値下げを待つのが有効な手段です。

また、オークション終了の数十分前にリマインドの通知が送られます。入札忘れが防げるので、気になる商品はウォッチリストに入れるようにしましょう。

2. 商品タイトルミスを狙う

出品者のなかには、商品タイトルに商品名を入力していないミスをする人がいます。

特に家電の型番に多いミスです。商品タイトルに商品名を入力していないと、検索してもヒットしないので、入札がつきにくく安いことが多いです。

そういった商品でも、説明欄には商品名が書かれているケースがあります。検索する際に「タイトルと商品説明」にチェックを入れれば、タイトルミスをしている安い商品を見つけられます。

タイトルミスをしている商品はライバルが少なく安いので、ぜひ探してみましょう。

3. 出品者に交渉する

ヤフオクでは公式で値下げ交渉を認めており、機能を使って交渉できます。

商品ページの値段付近にある「値下げ交渉をする」をクリックし、交渉内容を入力すると交渉できます。

ただし、返答なしで48時間以上経過すると、自動的に交渉決裂になります。1つのオークションにつき、3回まで交渉できるので有効に使いましょう。

注意点は出品者が「交渉を受ける」で選択すると、自動的に交渉価格で落札になることです。交渉の返事を聞いてから、購入するか決めることはできないので注意してください。

ぜひこの記事を参考に、ヤフオクで効果的な落札を目指してみましょう。

また、ブログではお伝えしていない稼げる転売のノウハウについては僕のメルマガで詳しくお話しています。無料で受信できるので、お気軽に登録してみてください!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました