PR

店舗せどりの疲労対策(足が痛い、腰が辛い)

せどり
この記事は約4分で読めます。
-

メルマガ

せどりで朝から晩まで仕入れるためには体力も必要ですが、対策も必要です。

 

店舗せどりは肉体への負荷が大きく、続けられずに挫折する人も少なくありません。

車での仕入れでも、電車での仕入れでも1日中立ちっぱなしなので、足が痛くなったり、腰に負担がかかって辛くなってきます。

 

30代前半ぐらいまでなら体力で何とかカバーできますが、年齢が上がってくると店舗せどりを続けるのはしんどくなってきます。

 

店舗せどりは商圏で守られているがゆえに、飽和しにくいです。

この特性を利用して、短期集中で稼ぎ、資金が増えたらネットで完結する物販に移動していくことをおすすめします。

 

それまでは店舗せどりを少しでも快適にするための対策方法を勉強していきましょう。

 

肉体労働で疲労が出てしまうのは乳酸が体内で生成をされるからです。

そこでその対策として出てくるのがクエン酸です。

 

クエン酸を飲みまくることで疲労を発生する要因を排除でき、長時間の仕入れを続ける事が可能になります。

 

クエン酸が含まれているドリンクをドラッグストアなどでまとめ買いしておき、こまめに補給しましょう。

 

仕入れに行くときは食事量も気持ち減らしたほうが良いです。

食べると眠くなりますからねw

 

一時期はこれを乗り越えるために、甘いモノを食べたり、栄養ドリンクを取っていたのですが、炭水化物と栄養ドリンクは一時的にエネルギーが上がってその後落ちてしまうので、あんまおすすめしません。

 

食べる量を減らすのが一番集中力を維持しやすいです。

具体的には炭水化物を減らします。

 

例えばブロンコビリーで食事を取るならお米を注文時に抜いてもらいます。

大戸屋でも単品注文が出来るので米と味噌汁を外して注文する。

 

集中力を維持するコツとしては、サプリメントも有効ですが、緑茶が良いです。

僕は遠征をする時は2リットルの緑茶を1日で飲みつくします。ホームセンターなどに行くと1本100円以下で売ってると思います。ああいう安いやつを車に積んでおけばOK。

 

水分補給はとても大事なので、意識してやっていきましょう。

 

車で移動する方は、ハニカムクッションやヘッドレストを取り付けて、腰への負担を軽減しましょう。軽自動車はシートにかけるコストを削減して作られているので、クッションを導入すると乗り心地が改善されます。

ヘッドレストはセリアに行くと300円ぐらいで売ってると思います。1個あると昼寝がはかどりますよ。

 

 

どうしても眠い時は車の中で20分ほど仮眠してから、次の仕入れに向かいましょう。眠いのを我慢して運転を続けるのは危険です。

 

店舗せどりにおすすめの車は?車がない場合の対策も解説
せどりをやるために車を買いたい 店舗せどりに適した車種が知りたい この記事では店舗せどりに適した車の選び方を解説しています。 車を上手に利用することで、店舗せどりはATM製造機と化します。せどりがオワコンと言われている今だからこそ、ライバル...

 

足や腰の負担が辛い方は、ふくらはぎサポートやコルセットを使いましょう。

 

泊まり込みで仕入れに出かける際は、宿泊先をケチらないようにしましょう。

一泊5,000円を切るような激安ホテルは値段は安いかもしれませんが、ペラッペラの布団だったり、風呂や朝食がなかったりして、疲れが取れません。

 

僕のおすすめはスーパーホテルとドーミインという所です。

これらのホテルは温泉がついていて、食事もおいしく、しっかりと休息が取れます。

 

仕入れの中でネックとなる作業は減らしていきましょう。

 

スマホの充電が切れてスキャンができなくなる。性能が低いスマホを使っていてリサーチ速度が遅い。事前にしっかりと準備をすることで、無駄なことに使う時間を減らせます。

 

車移動であれば高速充電対応の充電器をシガーソケットに取り付ければ、次のお店までの移動時間に充電を回復させる事ができます。

スマホは定期的にバッテリー交換を行うか、より高性能なスマホに買い替えていきましょう。寿命の目安としては2年〜3年程度です。

 

【投資効果最大】スマホのおすすめ 
スマホを買い替えたいけど、そこまでお金をかけたくはないな メールと電話が出来ればいいので中古スマホで十分 今使ってるスマホのバッテリーがヘタっており、買い換えるべきか悩んでいる スマホの販売価格が高騰を続けており、長い人だと5年以上スマホを...

 

店舗せどりを続けるためには、強靭な精神力と体力が必要です。

続けることで少しずつ成果に繋がっていきますから、疲労を軽減するための工夫を取り入れていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました