PR

おすすめの本まとめ

この記事は約9分で読めます。
-

ビジネスをしていく上で有益な書籍や、QOLを高める上で活用した本を紹介します。

ここで紹介されている本を読破し、自分の現場に落とし込めたら、収入面で不自由をすることはなくなるはずです。

金持ち父さん貧乏父さん

超有名な本なので知っている人も多いと思います。資産家と浪費家の違いを端的に解説した書籍です。ネットワークビジネスや不動産投資のセミナーで紹介されることが多いのですが、今となってはこれらのビジネスは古いです。不動産投資は高額収入を得ている上場企業の会社員以外は手を出さなくても良いです。

改訂版が出ているので新しい方を購入して下さい。古いものは翻訳が読みにくいです。

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

ESBIという4つの属性の違いを解説し、お金持ちになるためにはどのクワドラント属さなければいけないのかを解説しています。この概念は聞いたことがあっても理解できてない人は多いのでとても重要です。

ネットビジネスを始める上でもSから先に抜けられない人は多く、そういう人は月10万とか20万ですぐに頭打ちになります。一方でEやIの概念を理解している人は、事業化したり、作った事業を売却して大きな資産を作っています。

こちらの本も改訂版が出ているので、購入する際は改訂版を買って下さい。

金持ち父さんの起業する前に読む本

起業をして一発屋で終わる人と不労所得化まで到達できる人の違いが書かれています。

副業を開始すると従業員と個人事業主のクワドラントに属すようになります。

それだけでも世帯年収1000万は超えていくのですが、自分の時間を切り売りしてお金に変えているのでQOLが上がっていきません。プレイヤーを続けていたら大きく稼ぐことは出来ないのです。

著者のロバートキヨサキ自身も不動産やネットワークビジネスではなく、教育事業で大きな収益を得ています。一介のプレイヤーで終わるのではなく、発信者としてコンテンツビジネスにシフトをしているのです。

この本はESからBIにシフトするために何をしなければいけないのか。偉大な起業家になるために、どういったマインドセットを持たないといけないのかが書かれています。

初心者向きの本ではありませんが、仕組み化経営を進めたくなったり、収益が頭打ちになってきたら読んでみて下さい。

バビロンの大富豪

資産を構築する上で基本となる原則を解説しています。僕はこの本の書かれていることを忠実に実践した結果、資産を作ることが出来ました。よくわからん投資の本を読み漁るなら、原理原則が書かれたこの本を何度も読むことをおすすめします。

人を動かす

人との付き合いを円滑にする上で必要な原理を解説しています。コミュニケーションがジョズに出来ないとビジネスでも人生でも成功することが出来ません。では具体的にコミュニケーションってどうやって改善すればいいのか?その答えが書かれています。

何度も読み返しながら実践していく本であるため、常に本棚に置いておきたい1冊となります。

色んなバージョンが出ているのですが、僕はこの完訳版が一番読みやすかったです。

影響力の武器

自分で商品を作って販売する際に必要となる、人が行動を起こしたくなる原理を解説しています。この本に書かれていることは一般教養として知ってないと、日常生活に支障が出てしまうため、目を通しておくことをおすすめします。定期的に改訂版が出されているので、購入する際は最新版を購入するようにしましょう。

影響力の武器が難しいと感じる方は、こちらの本を読みましょう。日本人が書いた本なので、読みやすいはずです。

神話の法則

ブログを書いたり動画を作る方は、人が魅了されるパターンを知っておくことが大事です。神話の法則はヒットした映画に共通するパターン化し、どういった要素を入れることでしっかりとした枠組みの作品が出来上がるのかを解説してくれています。ハリウッド映画は基本として、日本の映画でも宮崎駿監督の作品を筆頭に、神話の法則で作られた映画は大ヒットをしています。

ビジネスを行う上で必須の知識となりますので、リファレンスとして常に本棚に入れておきましょう。

ウォール街のランダム・ウォーカー

NISAやiDeCoを社会人になって始めた人は、まずはこの本で大局観をインストールしましょう。僕はこの本に大学生の時に出会えて、学生の段階で実践をすることが出来ました。

僕が大学を出たのはサブプライムショップがあった2008年頃だったので、底値で株価を仕込むことが出来、現在では大きな含み益となっています。

脳を鍛えるには運動しかない

成功者の家に行くと自宅にジムがあったり、定期的に運動をする習慣を持っていることに気が付きます。運動をすることで、積極性、精神安定、美肌効果(アンチエイジング)など体と脳の機能が活性化されることがわかっています。逆に運動をしないとどんどん太っていき、精神状態も悪化し、積極性が失われて時代に取り残されていきます。

なぜそういった事が起きるのか?を研究データとともに詳説に解説しているのが、この本です。

もしこの本が難しいと感じる方は、もう少し噛み砕いて書いてくれている下記の本を読んでみて下さい。

独学大全

自分でテーマを決めて研究を進めていくやり方がまとめられている本です。独学は効率が悪いためおすすめしませんが、すでに研究対処の分野が決まっており、既存のノウハウは全て網羅しきってしまった方向け。

もう少しライトな本がいい方はこちら。ブックオフで100円で売ってると思います。

ブログで5億円稼いだ本

ブログを始めたい方に必要となる知識が網羅されている1冊。知識ゼロの方向け。

圧倒的サイト戦略

ウェブ設計からマーケティングまでの全体像を学ぶ際に使います。

孫社長にたたきこまれたすごい数値化仕事術

数値管理、数値改善を解説した本の中で最も優れた書籍です。30万クラスの高額塾で教えていてもおかしくない内容。

ザ・ゴール

上記の数値改善の本とセットで読んで下さい。漫画版が読みやすいのでおすすめです。

超入門失敗の本質

ザ・ゴールを読んだ後、最後にこの本を読んで下さい。数値管理を行うと、市況や前提状況の変化によって計測すべき指標が変わることがあります。

うまくいっていた仕組みが空回りしだす要因が、この本を読むと理解できます。

人を操る禁断の文章術

ブログやセールスページを書き始めた方向け。影響力の武器と神話の法則と組み合わせながら使っていきます。超初心者向け。メルカリで300円で買えるはず。

メモの魔力

アウトプットの仕方について書かれた本。アウトプットを極めれば成長速度が加速して、最短で目標が達成できるようになります。必読。ブックオフで安く買える。

ヤバい集中力

習慣の作り方や、タスクを大量にこなす体作りについて書かれています。なかなか作業がはかどらない人や、習慣を作れない人におすすめです。

売上最小化、利益最大化の法則

売上を伸ばすことが利益を得るために必要と考えている人は多い出しょう。僕もそうでした。

ですが、作業量を増やしても限界が訪れたり、販売数を増やしているのに利益が伸びないという時期がいつか訪れます。

自社が使える資金、時間、人材を最適化する事で、利益を伸ばしていけると著者は解説しています。

なぜ大企業が自分のビジネスに参入してこないのか?その答えがこの本には書かれています。

月商ではなく月利を意識しなさいと僕は伝えてきましたが、月利を意識するだけでは不十分です。自分たちが持つリソースを最適化して、最小の努力で最大のリターンが得られる仕組みを作れるように修正をしていきましょう。

コーポレートファイナンス 戦略と実務実践

売上最小化、利益最大化の法則が読破出来たら読んでください。キャッシュ・コンバージョン・サイクルという経営指標が解説されています。

効率的に資金を運用して、会社に残るお金を増やす本質を学べます。

この本ではコーポレートファイナンスというMBAで勉強する学問を扱っています。MBAを学ぶと、統計学を用いて経営改善が出来るようになります。MBAの取得には安くとも200万以上はかかりますが、書籍であれば安価に勉強が可能です。

MBAで学ぶ全ての学問が現場に必要というわけではないので、範囲を絞って読みやすい本で勉強するのがおすすめです。

同じような学問に簿記がありますが、簿記は過去の分析に重きをおいているのに対して、コーポレートファイナンスは未来に焦点を当てています。簿記の勉強も無駄ではありませんが、コーポレートファイナンスを学んだほうが、稼げるビジネスを作る上では即効性が高いと僕は考えています。

東大式目標達成思考

目標を達成するための細分化、数値設定について書かれた本です。

日々のタスクが自分が設定した目標に対して、どういった影響を及ぼすのかを、大目標、中有目標、小目標の3つで振り返り、時間軸で進捗状況を管理していきます。

このやり方であればどんな目標でも達成していけますし、ビジネスのような明確な答えがある世界で結果を出すなんて目標は容易に達成可能です。

無駄のない美しい日本語で書かれているので、とても読みやすいです。読書が苦手な方でも読破が出来るでしょう。

マンガでわかる チーズはどこへ消えた

20年以上前のベストセラーです。この本が出た時僕は高校生だったのですが、内容を理解することができませんでした。

大人になって実務経験を積み、漫画版を読むことで、この本が伝えようとしていた本質を理解できるようになりました。

ビジネスで結果を出せるようになると、うまくいっている仕組みにしがみつきたくなります。現状に甘んじず、常に定点観測を行いながら、新たな仕組みを作ることを継続しないと、人生はうまくいかない事が、この本を読むと深く理解できます。

経験値が浅い段階で読んでも響かない本なので、稼げるようになってきたら、一度目を通してみてください。

時間最短化、成果最大化の法則

出し惜しみ無しで最高峰のマインドセットを、誰でも実践できるレベルまで噛み砕いて解説してくれている本です。

僕は物事を難しく、複雑に考える癖があり、なかなか思うように結果が出せずに悩むことが多いです。ですが、シンプルに考え、試行回数を増やす。10回中9回はうまくいかない事は当たり前というマインドセットで向き合えば、失敗も気にならないし、凹んだりもしない。

指摘されれば確かに!と感じることばかりなのですが、盲点になりがちな事をこの書籍では教えてくれています。

完璧主義の方や、勉強はしているけど結果が伴わずに悩んでいる方向けの1冊。

 

タイトルとURLをコピーしました