【初心者向け】MNP案件の探し方とテレアポや来店のコツ&手配師の仕組み

MNP案件の探し方 ケーコジ
この記事は約10分で読めます。

メルマガ

「ケーコジ(携帯乞食)でMNPしてみたいけどあまりいいキャンペーンが見つからない」という方のためにケーコジの案件(乗り換え・新規・手配師)の探し方についてまとめました。

ケーコジは期待値を最大限までに高めれば、年間で約150万円稼ぐことも可能な稼ぎ方です。電話や来店をするときのコツも合わせてお伝えしていきますので、実践にお役立て頂ければと思います。

細野
細野

この記事にあるやり方を実践すれば、おいしいキャンペーンを見逃すことなく稼ぐことができますよ。

ケーコジの案件とは?

そもそもケーコジ(MNP乞食/携帯乞食)でいう「案件」とはなにかというと「MNP(乗り換え)・新規・移動機」を携帯キャリアで契約するときのキャンペーンのこと。それぞれの特徴は以下の通りです。

【MNP】店はMNP(乗り換え)してくれる人を探しています。こちらとお店側の目的が一致するため一番利益が出るキャンペーンが多いです。
【新規】たまにいい案件があります。
【移動機】嘘をつかれる(在庫隠しなど)ことや、お店に歓迎されない場合があります。
【機種変更】利益が出せる時と出せない時があります
細野
細野

好条件なキャンペーンを拾いやすい(今なら高く売れるiPhone13とか)のはMNPと新規。(特にMNP)この二つで契約していくのがメインで、どこでも転がってるような案件(iphone12とか)なら「移動機」という感じで立ち回っていきます。

MNP案件の探し方は電話・来店・手配師の3つ

MNP

では、どんな方法でお得なMNP案件を探すのかというと、方法は大きく分けて3つあります。

  • 電話をかける(+過去に来店したり、問い合わせた店舗から折り返しの電話で教えてもらう)
  • 来店する
  • 手配師(案件を持っている人)に頼む
細野
細野

僕は直接店舗へ来店しちゃうことが多いですが、電話なら副業の方でもお昼休みや有休・半休を使って問い合わせできます。

電話でケーコジ案件の問い合わせをする時のコツ

電話

ケーコジ案件をGETするためには、沢山電話をかける必要があります。

テレアポの電話のかけ方や、店員さんから聞き出しておきたい内容などもまとめましたのでこちらも確認しておいてくださいね。

  • 「MNP」ではなく「乗り換え」という
  • 「友達がお得にスマホを乗り換えたと聞いた」という体で話をする
  • 「自分で使う」というスタンスを崩さずに話をする
  • キャンペーンがあるかどうかをちゃんと聞く
  • 県内全域の店舗、最低100件は電話をかける
  • キャッシュバック金額を確認する
細野
細野

最初は電話をかけるのが怖いと感じるかもしれませんが、1度やってみるとすぐに慣れます。電話のコツをもう少し詳しくお話していきますので、挑戦してみましょう。

電話を掛ける店舗の探し方や件数

ケーコジのキャンペーンは週末に行われることが多いです。このキャンペーンの内容は木曜日に決まるので、3ヶ月~半年ぐらいに1回、副業の方は有給・または半休をとってテレアポしておきましょう。

例えば、ドコモのキャンペーンを探しているなら「ドコモ 東京 店舗」などで検索して、出てきた店舗一覧を見て県内全部に電話をかけていきます。

こちらのサイトで各キャリアの電話番号を載せてくれています。

どのくらい電話すればいいのかについては、とにかく大量に電話を掛けます。「最低100件」はかけましょう。エクセルなどで店舗名と電話番号を管理しておくとわかりやすいですよ。

細野
細野

これを回線の枠が埋まるまで何度も繰り返します。

電話でのこちらの立ち位置と問い合わせ方の注意点

テレアポ

まず「MNPしたいです」という問い合わせ方はあまりよくないです。

一般のケーコジをしないお客さん達は「MNP」ではなく「乗り換えしたい」と伝える方が多いので、言葉を合わせて「乗り換え」というようにしましょう。

他にも、一般のお客さんと変わりのないように振る舞うと怪しまれずに情報を教えてもらうことができます。例えば、次のような感じです。

今楽天モバイル契約しているんですけど、使っているスマホが古くなったから(または画面が割れてしまったなど)買い替えたいと思っています。

こないだ、友達が乗り換えで安くiPhoneを購入していたので、もしそちらでiPhoneの乗り換えキャンペーンを週末にやるのであれば教えてほしいです。

このように言っても、教えてくれる店舗と教えてくれない店舗があります。例えば、家電量販店などは教えてくれないところが多いようです。

もし、いい条件のキャンペーンがあれば「自分用として使う」という体で、「取り置きできますか」「未開封にできますか」と聞いてみましょう。

細野
細野

未開封にできなくても、いい条件なら取り置きしてもらいましょう。

電話をかけてキャンペーンの情報を聞くと、今使っている携帯のキャリアを聞かれます。転出元のキャリアが違うとキャンペーンの内容が変わったりするため、すぐに答えられるようにしておきましょう。

キャンペーン情報の判断方法

キャンペーン内容

お店の返答にもよるのですが、例えば今だとiPhone12のキャンペーンってどこでもやっているんですね。なので、未開封で1円とかならおいしいですが、5000円以上なら乗らなくてOKです。

細野
細野

iPhone13なら、未開封ではなくても高く売れるので取り置きしてもらいましょう。

美味しいキャンペーンなら、「何台までOKですか」と聞いておきましょう。ドコモなら最大5台まで一気にいけると思います。(残っている枠によります)

細野
細野

例えばドコモの場合なら「ドコモ本体」「OCN」「トーンモバイル」でそれぞれ5台ずつ契約できます。

また、ドコモ回線をMNPするなら「エコノミーで契約できますか」と聞いておくといいです。回線維持費がかかりすぎると利益がでなくなってしまうので、エコノミーを断られたらいい条件の時だけ契約しましょう。

細野
細野

または移動機を買っちゃうという方法もあります。

 

細野
細野

auは超好条件以外は移動機がおすすめです。注意点としてソフトバンクは半年に一回しか移動機が買えないので、ワイモバでやるかやらなくてもいいんじゃないかな。

 

あとは、「出張店舗やっていますか」とも聞いておきましょう。出張店舗はお得なキャンペーンをやっていることが多いので、もしやっていたらどこで何時から何時までやっているかも教えてもらいましょう。

キャンペーンがなかった場合

断られる

「今はやっていないですね」と言われたら「わかりました、今後もしキャンペーンやる時に連絡を頂くことはできませんか」と聞いてみましょう。

ダメと言われるお店も結構ありますが、連絡をもらえるということであれば自分の連絡先を教えておきましょう。

細野
細野

来店の際にも同じように連絡をもらえないかどうかを聞いて、OKなら名刺を渡しておくとキャンペーンの際に連絡をもらうことができます。

断られる場合もありますが、こちらからかけなくてもキャンペーンの実施情報を入手することができるありがたい方法なのでお願いしましょう。

来店でMNP案件を探すコツと効率的な回り方

来店

まずは、来店する前にGoogleマップでdocomoやau、家電量販店など回る予定のお店を片っ端から登録していきます。

細野
細野

「マイプレイス」という機能を使うと自分だけのマップが作れますので、「ケーコジマップ」を作っておくということです。

車で回ったほうがいいのですが、都心部なら電車でもOK。

また、店舗を回る時は特定のキャリアばかりに行かないようにしましょう。(例えば「今日はドコモショップしかいかない!」など)

細野
細野

ドコモショップ→ヤマダ電機→ビッグカメラ→ヨドバシみたいな感じでいろんなお店を回るといいですね。

なぜ同じキャリアばかりに行くのがダメなのかというと、例えばドコモショップで何も案件がない時期にドコモショップばかりを回っていても案件がなにも見つからず非効率だからです。

あとは、移動機をヨドバシカメラやビッグカメラなどの家電量販店で買う場合は、朝一でいかないと移動機の枠がなくなってしまうのでご注意を。

来店時にも「今後キャンペーンがあったら教えてほしい」と言ってこちらの連絡先を渡しておけば電話をもらえるようになります。

細野
細野

店員さんと仲良くなっておくと、色々情報をくれたり融通をきかせてくれることもありますよ。

手配師とは?仕組みや頼み方について

手配師

手配師というのは、お店と癒着して案件を確保している人のことです。手配師に頼むと「1人1台」という条件を突破出来たり、普通なら開封して渡される端末も未開封で手に入れるというメリットがあります。

自分で案件を探す手間が省けるので、時間がない方や努力するのが嫌な方、面倒な方などが利用します。

Twitterや特定のサロン内で案件を紹介している手配師が多く、案件を紹介してもらうためには手数料を支払います。(数千円~数万円)

何回線契約したいのかや、現在の回線契約状況などのやり取りをして契約当日は手配師に同行してもらうというやり方が一般的です。

細野
細野

手配師には当たり外れがありますし、紹介料を払ってバックレる人もいます。初心者の方が良し悪しを見極めるのは難しいため、最初の間は遠回りに見えても自分でテレアポや店舗周りをして案件を探すことをおすすめします。

手配師の選定基準

副業でケーコジに取り組んでいたり、家族の名義を使って一度にまとまった数の契約をしたい時に、1回線ずつ契約していくのは効率が悪いですよね。

そういった際に手配師を利用すると、まとめて5回線、10回線と契約が出来る店舗を仲介してもらえることがあります。

 

僕が何度か手配師の方を利用して契約してみて感じた、良い手配師の探し方や選定方法を紹介します。

即レスしてくれる人

メッセージの返信が遅かったり、こちらの質問に回答してくれなかったり、はぐらかす人は要注意です。

レスポンスが遅かったり、不誠実な対応する人、口調が乱暴な方は避けるようにしましょう。

 

連絡をする際は、こちらもきちんと礼儀を守り、相手が必要とする情報(希望契約数、転出元回線の種類)を伝えていきましょう。

その上で残念な対応をした場合は、別の手配師の方を探していきましょう。

領収書を発行してくれない人

実際には存在しない案件を募集して、手配料だけを取って、バックレる人もいます。

そういった人はお金を取る際にも、ペイペイ送金を利用するなどして、自分の身分がばれないように対策をしてきます。

 

手配料を支払う際は事前に領収書の発行に対応をしてくれるか問い合わせをしましょう。領収書の発行を嫌がる方には手配をお願いしないほうがいいです。

弱い案件を紹介してくる人

人気のない機種(iPhoneSEなど)でどこでもやってるような案件を、紹介してくる人がいます。

店舗との癒着が弱く、1名義で1台しか購入できない案件を紹介してくる人も微妙です。それであれば自分でテレアポして契約したほうが、手配料を取られないため、利益が増えます。

 

手配してくれる端末が弱かったり、まとめて契約が出来ない案件を紹介してくる人はスルーをしてしまってOKです。

来店予約をしてくれない人

まともな手配師であれば、来店する日時、担当者、店舗の詳細(場所、駐車場の有無など)を教えてくれます。

 

こういった情報は手配料を支払った後で開示されますが、連絡が来ない場合、その方に頼むのは今後は避けたほうがいいです。お金を取る以上、責任を持って最後までサポートをすべきです。

ケーコジでどのくらい稼げるのか知りたい方へ

細野
細野

「電話を100件かけなくてはいけない」と聞くと、ケーコジは大変だとかめんどくさいと感じてしまったかもしれませんね。

ですが、性格の合わない上司の言うことを聞いたり残業をする必要もなく、自分のペースで進められてこれだけの金額を稼げれば、ケーコジは十分に頑張る価値がある副業だと思います。

【2022年最新】ケーコジでいくら稼げるのかガチで計算してみた!
ケーコジ(携帯乞食)で年間いくら稼げるのか、実際の金額を計算してまとめてみました。ケーコジで稼いだ場合の税金や確定申告についても。

このブログではケーコジでの稼ぎ方について色々とお伝えしていますが、次の記事の「携帯乞食で失敗しないための注意点」だけでも目を通しておくことをおすすめします。

【違法性なし】携帯乞食の稼ぎ方とMNPのやり方を解説【サラリーマンでもできる】
「携帯乞食って何?怪しくない?」 「サラリーマンでもできるって本当?」 「やり方は難しくないの?」 人気のスマホを格安で購入できる「携帯乞食」が、注目を集めています。キャンペーンのキャッシュバックでお小遣いにしたり、格安で仕入れた...

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました