【正直しんどい】婚活がめんどくさい原因と7つの対処法【結婚したいけどやる気が出ない】

婚活
この記事は約10分で読めます。

メルマガ

「婚活で人と会うのが億劫になってきた…」
「なかなか良い異性と出会えず、やる気が出ない」
「このまま婚活を続けるべき?」

婚活が上手くいかないと、モチベーションが下がってしまいますよね。

休日に自分の時間を削ってまでデートするのも、婚活アプリを開いて通知をチェックするのも、全部めんどくさくて投げ出したくなることも。

しかし、めんどくさいという理由だけで婚活を投げ出してしまうのは、大変もったいないです。

しんどい気持ちを乗り越えて婚活を成功させれば、恋愛経験0からでも幸せな未来を切り拓けます。

そこでこの記事では、婚活がめんどくさいと感じる理由を紐解き、具体的な対処方法を紹介していきます。

男女ともに共通する内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、ブログでは書いていない収入アップ・人生の満足度向上に関する情報は、僕のメルマガでも配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてくださいね!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

婚活が「めんどくさい」と感じて上手くいかない原因

婚活がめんどくさいと感じる際は、その理由を見つめ直してみましょう。

何にモヤモヤしているのか知れば、行動の切り替え方や対処法が見えてくるためです。

この章では、婚活がめんどくさいと感じる主な理由を紹介していきます。

  1. 外出がめんどくさい
  2. 相手への気遣いがめんどくさい
  3. 自分の時間が取れない
  4. 周りと比較してしまう
  5. お金がかかる
  6. 普通の恋愛との違いがめんどくさい

自分に当てはまるものがないか、ぜひチェックしてみてください。

1.外出がめんどくさい

婚活では、出会った人と親交を深めるためにデートをすることがあります。インドアなタイプの人は、食事やデートが疲れ、めんどくさいと感じてしまうでしょう。

また、めんどくさいと思うのは、外出そのものだけではありません。

外出に向けた次のような準備にしんどさが重なり、めんどくさい気持ちが膨らんでしまうのです。

  • 早起きして外出の準備をする
  • 当日のデートプランを考える
  • 待ち合わせや日程のすり合わせ

最初はデートに行けることが新鮮だったのに、婚活で何度も外出の予定をこなしていくうちに慣れ、作業のように感じることもあります。

2.相手への気遣いがめんどくさい

相手に気を遣い過ぎてしまい、精神的な疲れが「めんどくさい」という気持ちに変わるケースです。

相手が好きそうなタイプに合わせて普段とは違う服装をしたり、好きではないジャンルのレストランに行ったり。友達とはまた違った気遣いが必要となるでしょう。

言い換えれば、相手を気遣える優しいタイプの人なのだと表現できます。

しかし、相手に良い印象を残し婚活を成功させようとするほど、自分への負担が積み重なります。自分らしくいられないと、案外疲れてしまうのもです。

初対面の相手にめんどくさい気持ちを持つくらいなら、気のおける家族や友人と過ごしたほうが楽に感じるでしょう。

3.自分の時間が取れない

婚活の予定で休日が潰れ、疲れてしまうことも。

仕事で疲れた体を癒せなかったり、精神的にもリラックスできなかったりすると、婚活にかける時間がもったいないと思っても仕方ないですよね。

さらに、婚活で時間が消費されるのは、デートやイベントがある日だけではありません。

当日に向けて服装を考えたり、前日に髭剃りや美肌パックをしたりと、何かと自分の時間が削れていくのです。

婚活を成功させるための準備やエチケットよりも「自分の時間を犠牲にしている」という意識が勝ってしまうと、途端にめんどくささが増してしまいます。

4.周りと比較してしまう

婚活が上手くいかないと、周りと自分を比較してしまいます。

例えば、つい比べてしまうのは、次のような人たちとの違いです。

  • 婚活をすることなく独身を謳歌している人
  • スムーズに異性と出会って婚活を卒業していく人
  • 苦労することなく恋愛結婚して幸せになる人

婚活で行き詰まっている時に、周囲の充実した人のキラキラしたオーラを感じ取ると、ネガティブになり「全部めんどくさい……」と沈んでしまいます。

めんどくさい思いをしたり、自分の時間を削ったりしてまでアクションを起こしているのに、婚活で苦労していない人の姿を思い出すと、行動を投げ出したくなる時もあるでしょう。

5.お金がかかる

婚活では出費がつきもの。「お金を払ってまで行動するのはめんどくさい」と感じることもあります。

  • 結婚相談所やアプリの会員費
  • デート代・食事代
  • オシャレ代
  • プレゼント代

など、細々としたお金がかかるのです。

婚活を楽しめていないと、金銭的な出費はキツいですよね。「婚活をせず家でゆっくりと休日を過ごしていたら……」と考えると、お金を払っているのに結婚できない現状にめんどくささを感じてしまいます。

6.普通の恋愛との違いがめんどくさい

普通の恋愛と比べると、婚活はやり方がやや特殊です。

キラキラした恋愛を夢見ていた人にとっては、この違いがめんどくささに変わるでしょう。

普通の恋愛では、恋人らしい甘酸っぱいイベントなどが醍醐味。

しかし婚活では、結婚に対して真剣な男女が行動しています。少女漫画や青春ドラマのような恋愛のプロセスよりも、結婚(ゴール)への最短ルートを見据えた心の読み合いなどが想定されるのです。

そのため爽やかな理想を持っていた人ほどギャップを感じ、楽しさよりもめんどくささが勝ってしまいます。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

婚活がめんどくさいと感じた際の対処法6選

婚活がめんどくさいと感じてどうしようもない時は、次の6つの対処法を試してみてください。

  1. 未来を想像する
  2. 婚活に時間をかけすぎない
  3. 婚活仲間を見つける
  4. 自分に合った婚活スタイルを探す
  5. 切り替え上手になる
  6. 婚活に楽しみを見つける
  7. コンサルタントの力を借りる

考え方を変えるだけで、婚活へのマイナスな気持ちがリフレッシュされることもあります。

対処法を1つずつ見ていきましょう。

1.未来を想像する

自分の未来を想像すると、めんどくささよりも「婚活を頑張らなきゃ」という気持ちが強くなります。

ポイントは「婚活がうまくいって理想の相手と幸せになった未来」と「このまま婚活をめんどくさがり一生独身でいる未来」の両方を想像すること。

幸せな未来と独身の未来の差が大きいほど危機感を感じ、婚活の重要度を実感できます。

一生独身で、年下から気を使われたり、親戚の中で腫れ物扱いされたりする未来を具体的に想像してみてください。

婚活よりももっとめんどくさい未来が待ち受けていると分かれば、やる気をきっと取り戻せます。

2.婚活に時間をかけすぎない

婚活にかける時間を見直し、少し離れることも検討しましょう。めんどくさいと感じるのには、精神的な疲れも影響するためです。

婚活に時間を注ぎすぎると私生活との両立が大変になり、どちらも頑張れなくなってしまいます。

  • 本当に必要なイベントだけに参加する
  • 月に何回までデートに行くか上限を決める
  • 婚活しない日を作る

など、私生活とのバランスが取れるような時間配分を考えてみてください。

3.婚活仲間を見つける

婚活仲間の成功談・失敗談を聞いていると、モチベーションが上がって婚活へのやる気がみなぎります。

友人と一緒に婚活したり、SNSで婚活界隈をフォローしたりして、仲間を見つけましょう。

自分と同じ「結婚」という目標を持った仲間は、婚活がうまくいかないことを責めたり、婚活を頑張る姿を見ても馬鹿にしたりはしません。

「最近婚活がめんどくさい」という愚痴も、婚活を頑張る者同士なら、きっと気持ちを理解してくれます。

4.自分に合った婚活スタイルを探す

婚活のスタイルを変えて、自分に合った方法を探すことも大切です。「自分は婚活のどのような点をめんどくさいと感じているのか」によって、向いているスタイルは異なります。

例えばイベントやパーティに行くのがめんどくさいと感じる人は、メッセージアプリを使った婚活が合うかもしれません。

コミュニケーションが苦手な人は、オフラインのイベントの空気が苦痛に感じることも。

メッセージアプリなら、イベントのためにアクセス方法を調べたり、見た目に気を遣ったりするめんどくささが解消されます。

逆に社交的な場に抵抗がなく、メッセージで少しずつ距離を縮めるのがめんどくさいと感じる人もいるでしょう。

どのような婚活が合っているかわからなければ、1つの方法にこだわり過ぎず、色々試してみるのがおすすめです。

5.切り替え上手になる

婚活でめんどくさいと感じる出来事があっても、気持ちを切り替えて次に進むことがポイントです。

一度婚活で嫌な思いをすると、次の行動に積極的になれないことがあるでしょう。

例えば、個性的すぎる人に当たってしまったり、いざ会ってみたら想像していた姿と全然違ったりすると、途端に婚活がめんどくさくなってしまいます。

そういう場面にぶつかると「お金をかけて婚活しているのに報われない」「次の人も同じような相手なのでは」と、次の行動が嫌になりますよね。

しかしネガティブな気持ちを引きずっては、婚活以外のシーンでも暗い気持ちがチラつき、仕事や友人関係にも影を落としてしまいます。

「付き合いを深める前に相手の悪いところに気づけてよかった」「合わない相手をサクッと切って、次の異性に出会うまでの期間を縮められた」など、気持ちを切り替えて進みましょう。

6.婚活に楽しみを見つける

婚活に楽しみがあると、めんどくさい気持ちを減らせます。

  • 異性と会うために色んなレストランに行けるのが嬉しい
  • デートに向けてオシャレをすることに充実感がある
  • 初めて出会うタイプの人から知らない世界の話を聞けることが面白い

など、婚活はめんどくさいことばかりではありません。

楽しいと感じられると、めんどくさくても「また婚活のために行動を起こしたい」と思えます。

7.コンサルタントの力を借りる

めんどくさいと感じて行き詰まったら、コンサルの力も借りてみましょう。

自分一人で活動していると、めんどくさくて立ち止まってしまう、根本的な原因に気づけません。そのためコンサルから客観的なアドバイスをもらい、改善につなげるのです。

コンサルはボランティアでなく有償のサービスです。あえてお金を払ってアドバイスをもらうことで、無駄にすることなくきちんと取り組もうというモチベーションにつながります。

実は僕も、婚活コンサルを提供しています。

実際に通常の婚活から脱却してパートナーを見つけた僕が、1年以内の結婚を目指して、見た目のアドバイスからデートプランの添削まで徹底サポート

本気で取り組みたい方は、ぜひコンサルの利用を検討してみてください。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

めんどくさいと感じたら婚活の方針を再確認しよう

「婚活がめんどくさい」という沼にハマって動けなくなった時は、婚活の方針を再確認することがおすすめ。

  1. 婚活を頑張る理由を考え直す
  2. 期限を決める
  3. 異性に求める条件を絞る

以上の3点から、婚活の方針を振り返ってみてください。

婚活へのブレがなくなり、めんどくさいというマイナスな気持ちが晴れるはずです。

1.婚活を頑張る理由を考え直す

理由なくなく婚活をダラダラと続けるのは、メリハリがなくめんどくさく感じる原因になります。

理由があやふやな婚活では結婚願望よりもめんどくささが勝ち、行動を先延ばしにする癖が付いてしまうのです。

  • 家族を安心させたい
  • 同期や同級生に遅れをとりたくない
  • 自分を癒してくれるパートナーが欲しい
  • 子供が欲しい
  • 社会的信用を作りたい

など、頑張る理由はそれぞれ。理由がはっきりしているほど、めんどくさいと感じて立ち止まることを防げます。

2.期限を決める

「いつまでに結婚したい」という時期を明確に決めましょう。期限から逆算して行動のスケジュールを立てられるようにするためです。

「◯歳までに結婚する」と、数字で具体的に決めることがポイントです。特に子供を産みたいと考える女性は、妊娠年齢も視野に入れて期限を決めなければなりません。

婚活の期限を決めたら、1人の異性と良い関係を保ったりプロポーズを受けたりする時期をスケジューリングすると、今やるべきことが浮かび上がります。

3.異性に求める条件を絞る

異性に求める条件は、広過ぎないように見直しましょう。

理想の異性像を挙げ始めれば、無限に希望条件が出てくるはずです。しかし全ての条件を満たす王子様・お姫様のような異性に出会える確率は、限りなく低いでしょう。

結婚を視野に入れられる異性の幅を広げることで、出会いが少ないことで感じるめんどくささを減らせます。

相手のスペックだけで、結婚後の幸せが100%保証されるわけではありません。条件の取捨選択をして絞り込みしましょう。

婚活が「めんどくさい」と立ち止まってしまったときは、ぜひこの記事を参考に行動してみてください!

なお、ブログでは書いていない収入アップ・人生の満足度向上に関する情報は、僕のメルマガでも配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてくださいね!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました