ブックオフせどりで安全に稼ぐ全行程を解説【手堅い副業】

せどり
この記事は約16分で読めます。

ブックオフせどりを初めようと思ってるけど、仕入れた商品をAmazonに出品して大丈夫かな?真贋調査が来そうで怖い‥。

 

この記事ではこれからブックオフせどりをスタートしようとしている方に、安全に仕入れと販売を行う方法を解説していきます。

ブックオフせどりとは

ブックオフせどりとは、ブックオフで仕入れた商品をネットを利用して転売する方法です。

様々な転売手法が存在しますが、一番メジャーなのがAmazonで販売をするやり方です。

 

ブックオフで仕入れてAmazonで転売するやり方は、初心者でも稼ぎやすく、報酬獲得までのハードルが低い特徴がありました。

一方でこの販売手法が、Amazonによる規制の影響で非常に難しくなってきています。

 

新しく作ったアカウントだけでなく、昔から運営している実績のあるアカウントが停止になる事が多発しているのです。

 

その結果、新規参入者や長くせどりビジネスを行っていた人たちが稼げなくなり、急速にオワコン化が進んでいます。

 

現在ではブックオフでせどりをする人が減っている状況で、非常に仕入れしやすい状況にあります。

 

少し前に僕がブックオフに不用品を売りに行った時に軽く仕入れをしてみた所、20分ほど使って仕入れた4つの商品が、1週間で23,450円になっています。

この時、仕入れに使ったお金は4,000円。

非常に利益率が高く、回転率も良い仕入れだった事がわかります。

 

ブックオフせどりはこのように、現在進行系で稼げる手法であり、正しい知識を身に着けて参入していけば今からでも全く問題なく稼ぐことが可能です。

 

細野
細野

ブックオフせどりは現在でも稼げるやり方ですが、参入方法をミスると全く稼げないので注意が必要です。

ブックオフせどりのやり方を解説します

ブックオフせどりのやり方はとても簡単。

シンプルなルールを覚えて、繰り返すだけです。

詳しく解説していきます。

利益が出やすい商品の見つけ方を覚える

あなたがブックオフせどりに取り組む上で、まず最初に覚えるべきことは、利益が出しやすい商品の鉄板パターンを覚えることです。

ブックオフではお客さんから買い取った商品をクリーニングしてから、店頭に並べています。

そして一定期間売れないと、値引きをして販売しています。

 

せどりをしやすい商品は、買取直後に店頭に並んだ商品と、値引き直後の商品です。

この2つを重点的にリサーチするだけで、飛躍的に稼ぎやすくなるのです。

値札攻略をする(値下げ直後の商品を狙う)

前述の通り、ブックオフせどりで効率的に稼ぐためには、値下げ直後の商品を狙う戦法が有効です。

ではどうやって、値下げ位直後の商品を見つけるのか?

 

これは簡単で、ブックオフが商品管理に使っている値札のルールを覚えればOKです。

出品日時が新しい値札の商品を重点的に調べる

 

ブックオフの値札は上記のように管理されています。

見るべきポイントは左下の出品日時です。

 

ここの数字があなたが来店した時期に近ければ近いほど、出品直後である可能性が高い。

まずはここを調べる癖を身に着けましょう。

 

画像の値札だと、【2008】と書かれており、2020年の8月に店頭に並んだ商品という意味を示しています。

あなたが来店した時が、2021年以降であれば半年以上この商品は売れていなかった事を意味します。

 

値札を見る時は、来店日から近い日付の商品を調べるようにしましょう。

値引き直後の商品は必ずチェック

もう一つ覚えて欲しい値札としては、値引き直後の商品です。

 

 

このように通常の値札の上に別の値札が貼られている商品は、値引きが行われた商品です。

こういった商品は相場よりも安くなっている可能性が高いので、見つけたら必ずリサーチをするようにしましょう。

赤カートやカウンター内の商品を見せてもらう

店頭に並んだ直後の商品は、ライバルがまだリサーチしてない可能性が高く、積極的に調べたい商品です。

とはいえ、どの商品が店頭に並んだ直後なのかを見極めるのは困難。

 

そこで出てくるのが、赤カートです。

(赤カートの画像は準備中です。店舗に行けばおそらくわかると思います)

 

ブックオフでは加工(クリーニング)をした商品は赤いカートに入れられて、売り場にまで移動。

その後、店員さんが商品を棚に品出ししていきます。

 

もし店員さんに交渉をして、この赤カートを見る許可を得ることが出来たらチャンスは一気に広がります。

お店によっては勝手に赤カートを見る事を禁止したり、注意を受けることがあるので、赤カートを見る際には許可を得るようにしましょう。

 

また、赤カートに並ぶ前のカウンターで加工段階の商品を見せてもらうのも有効です。

「奥にある商品に興味があるのですが、見せて頂けませんか?」と聞くと、応じてくれることがあるのです。

 

これもお店によって対応に差があるので、ダメ元で交渉をしてみるようにしましょう。

出品

商品を仕入れたら、自宅に戻って出品作業を行っていきます。

どこで販売してもOKですが、Amazonは新規アカウントに厳しい規制や審査を設けてくるので、利用する際は注意が必要です。

Amazonに出品する場合

規制の問題で初心者がAmazonに出品するのはおすすめできません。

 

もしリスクを承知でAmazonに出品する場合は、Amazonが用意している出品大学を熟読しましょう。

公式が用意している資料なだけに、情報の正確性、わかりやすさはダントツです。

 

Amazon出品大学 | 無料で学べるオンライン講座
Amazon出品大学はAmazonでビジネスを伸ばすためのコツ、様々な機能の活用方法、新しいサービスの情報などを学べるオンライン講座です。Amazon出品サービスの出品者様であれば、すべて無料でご利用になれます。

メルカリに出品する場合

写真撮影をして、相場と同等か、少し安い価格で出しましょう。

そしてその後は毎日100円値下げ。

これで常にあなたの出品した商品が上位に表示され、多くの人の目に止まりやすくなっていきます。

 

メルカリ出品までの流れ・売り方 メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
このガイドでは、商品登録から出品完了までの流れを紹介しております。 ぜひご参考いただき、メルカリの出品にお役立てください。 ※メルカリには出品できない商品もございます。出品前に禁止されている出品物をご確認ください 商品登録から出品完了まで 商品登録から出品完了までは、以下の工程に分けられています...

ヤフオクに出品する場合

競り形式にするのか、即決形式にするのかを決めましょう。

 

公式が用意しているガイドを見つつ、出品作業を進めましょう。

 

出品ガイド ヤフオク!ご利用ガイド
売りたいものはあるけどやり方がわからない。ヤフオク!での売り方について詳しく説明しています。

梱包

商品が売れたら梱包をして発送をします。

コンビニから24時間発送可能なので、不便を感じることはないはず。

ブックオフせどりに必要なもの

上記の流れを繰り返すとブックオフせどりで稼げるようになります。

 

早くブックオフに行って仕入れがしたい!

 

実際にお店に出かけて仕入れをするために必要なものを紹介します。

ここで紹介したものを揃えて、仕入れに出かければバッチリです。

スマホ

店頭で仕入れ候補となる商品のリサーチを行うために必要です。

ガラケーでもリサーチは出来なくありませんが、効率が悪いのでスマホにしましょう。

 

スマホはiPhoneでもAndroidでも、好きなものを選べばOK。

バーコードリーダー

書籍や家電などバーコードが付属する商品を仕入れる場合に必要となります。

限られた時間で商品を大量にしようと思ったら、効率化が必須。

一点一点手動でバーコードを入力して調べていたら、非効率すぎるのです。

 

そこでバーコードを使い、1日に1000回、2000回といった大量の数をスキャン出来る仕組みを整えていきます。

バーコードリーダーは導入するのに数万円のコストがかかるデメリットがありますが、元はきちんと取れます。

 

古本転売をやる人は実質必須と思っていいでしょう。

予算が少ない方はヤフオクやメルカリで中古を購入して下さい。

 

アプリ

【精度抜群】店舗せどりにおすすめのアプリを厳選紹介【利益直結】
店舗せどりにおすすめのアプリが知りたい この記事では店舗せどりで必須となる、せどりアプリのおすすめを紹介していきます。 無料で使えるせどりアプリが知りたい 有料でもいいので精度が高い...

 

リサーチに必要なアプリを事前に導入しておきます。

仕入れ資金

資金は多ければ多いほど有利ですが、10万円もあれば十分です。

クレジットカードでの仕入れも可能ですが、扱う商材によっては資金がショートするため、なれるまでの間は現金で回すことをおすすめします。

ブックオフせどりで効率的に稼ぐためには、複数のお店を回ることが欠かせません。

同じ店舗を重点的に回るよりも、車を使って10店舗〜20店舗を1日かけて回ったほうが仕入れをしやすいです。

 

そのために必要となってくるのが車です。

車を使わずに自転車や徒歩で仕入れることも可能ですが、扱える商材が限られたり、回れるお店が少なくなる欠点があります。

 

ブックオフせどりは都心でも地方でも実践が可能ですが、個人的には地方都市の方が相性がいいのでは?と感じています。

家賃が安く、車を持つハードルが低く(駐車場代が安い)、大型店舗がたくさんあり、せどりとの相性が良いからです。

 

都心でせどりをする場合は、徒歩や電車を使い、高単価かつ高利益率な商品を厳選して扱うなど、工夫が必要となります。

 

店舗によってはお店で購入した商品をダンボールに詰めて発送してくれる所もありますので、車を使わずに仕入れる方は発送サービスを活用したり、近隣のコンビニから発送をするなどして、対策をしましょう。

 

せどりのために車を購入する方は、いきなり購入するのではなく、最初はレンタカーを利用して下さい。

レンタカーを使って利益を出せるのであれば、リース契約などで車を数ヶ月保持してせどりをしてみる。

それでも利益が出るのであれば、30万円以下で購入できる中古車を購入すればOKです。

 

せどりのためにいきなり車を買ったり、新車を購入する必要はありません。

ブックオフせどりで狙い目のジャンル

ブックオフでは様々な商品を扱っています。

どのジャンルでも利益を出すことが出来ますが、初心者でも取り組みやすい商材をこのパートでは紹介します。

 

様々なジャンルを経験しつつ、自分が興味を持てる分野を掘り下げていくといいでしょう。

ゲーム

Amazonが使えなくなった今、資金も使える時間も少ない人が稼ごうと思ったら、ゲームせどり一択かなと僕は思っています。

 

その理由として、ゲームは回転率が非常に高く、仕入れをしてから売れるまでの期間が非常に短いです。

直近ではコロナの影響もあり、ゲームの需要が高くなっており、高値転売しやすくなっているというのもあります。

 

覚えることも少ないジャンルなので、ある程度慣れてきたら組織化して、収益を膨らますことも可能です。

 

ゲームせどりで狙い目の商品と売れない壁を一瞬で超える方法【即売れ量産】
ゲームせどりで稼げる商品を知りたい‥ この記事ではゲームせどりを実践していきたい方や、今行っているけど仕入れた商品がなかなか売れずに悩んでいる方に、売れ筋の商品と即売れ状態を連発するテクニックを解説しま...

 

本は電子書籍が普及した現在でも売れやすい商材の一つです。

仕入れ単価が安く、売れるまでの期間も短いです。

 

本は200円〜300円程度から仕入れることが可能なので、10,000円の資金があれば30冊から50冊は仕入れ可能です。

これだけ仕入れると全ての商品が赤字になる可能性は低く、トータルの収益を黒字にしやすいです。

 

1冊ずつ転売できるのはもちろんの事、漫画のセット売り、小説のまとめ売りなど、アイディア次第で様々な売り方が可能です。

家電

中古家電は利益率が高く、販路の確保さえ出来れば稼げるジャンルです。

昨今ではAmazonの真贋調査が厳しくなっており、中古商品であっても調査の対象になる事が増えてきています。

 

その事から、家電転売は稼げるけど売る場所がない状態になってきています。

Amazon以外で売れる商材を見つけることが出来れば稼げますが、大量に仕入れて販売するのは難しいです。

ブランド品

ブックオフのブランド品は全般的に高めに価格設定がされています。

しかし需要の低いブランドやマイナーなブランドは安価になっていたりするので、そういった商品を仕入れていけば利益を出すことが可能です。

 

僕自身はリペアという工程を挟んでブランド転売を行っており、ライバルが仕入れ対象にできない商品を仕入れています。

リペアを出来る方にはブランド品は相性のいいジャンルになるでしょう。

アパレル

ブックオフでは200円〜アパレルを購入することが出来るので、うまく目利きをすればアパレルで収益を上げることが可能です。

アパレルの場合、季節性があるので、在庫管理が難しいですが、シーズン期間内に売りきる事や、売れ残りにくい商品の癖を見抜いていけば、回転率の高い販売が出来るでしょう。

 

ある程度在庫を保有しながら販売していくジャンルとなるので、在庫保管スペースを用意できない方は注意が必要です。

稼げるブックオフの特徴

ブックオフは全国に店舗がありますが、仕入れがしやすい店舗と、いつ来店しても全く仕入れが出来ないお店があります。

ブックオフ事態が在庫の一部をネット販売していたり、Amazonに出店をしている店舗もあるので、仕入れしやすいお店を見抜く事が大事です。

 

このパートでは僕が数百店舗を実際に見て回ってわかった、仕入れしやすいブックオフの特徴を暴露します。

買取がたくさん来ているお店

いきなり結論を書くと、仕入れしやすいお店とは買取がたくさん来ているお店です。

 

ブックオフで販売されている商品は、近隣に住む方が持ち込んだ、買取品です。

買取がこないと新しい商品を棚に陳列することが出来ません。

 

本部から余剰在庫を購入したり、近隣の店舗から在庫を回してもらう事も出来ますが、そういった商品に旨味はありません。

その地域に住む人が持ち込んだ品に、高く売れる商品が混ざっているのです。

 

ある程度の数を見ないとわからない事ではありますが、在庫が定期的に入れ替わっているか?新しい買取が次から次へと持ち込まれるお店か?を見るようにしましょう。

 

エクセルなどでデータベースを作って、お店の特徴を来店する度に整理していけば、あなただけの仕入れルートが確立されていきます。

せどらーに理解があるお店

バーコードリーダーを使ってスキャンをしていると、店員さんから注意を受けるお店があります。

店舗によってはバーコードリーダーの使用を禁止しているお店もあるので、お店のルールはしっかり守ってせどりをしましょう。

 

僕の経験上、来店数が多く、買取が常に安定しているお店は利益がしっかり出ているため、転売ヤーが来てもそこまで邪険にする事はないです。

仕入れがしにくいお店と遭遇したら、自分が得意なジャンルをサクッとリサーチして、次のお店にさっさと移動したほうがいいです。

 

せどり行為は一般のお客さんからすると迷惑ですし、邪魔なので、他のお客さんが見ている時は距離を置くなど、配慮をするようにしましょう。

店員さんと敵対するのではなく、友好関係になっておけば、余剰在庫を譲ってもらったり、商品が入荷した時に連絡をもらう仕組みを作ることが出来るようになります。

ブックオフせどりの利益率を改善する方法

ブックオフせどりの利益率は平均すると20%〜40%程度に落ち着いていきます。

仕入れに使った資金の2倍ぐらいの売り上げが出ていれば、仕入れ体制に問題なしです。

 

ブックオフせどりの利益率を改善するテクニックを解説します。

クーポンを入手する

LINEやメルマガ登録などで貰えるクーポンを入手したり、買い物や買取した時に貰えるクーポンを使えば安く商品を購入することが出来ます。

 

大量に仕入れが出来るようになってきたら、メルカリなどに出品されているクーポンを購入するのも一つの手です。

セールを活用する

週末や祝日などを利用してセールを行う店舗があり、通常よりも安価に購入が出来ます。

セールの時はライバルも来店するのですが、昨今ではアマゾン転売がオワコン化したこともあり、ブックオフせどらーの数は激減しています。

 

Amazon以外の販路を使って売る力がある人には追い風となるので、そういった方がセールを活用すれば、さらに大きな利益を出す事が出来ます。

店員さんと仲良くなる

必ずしも再現できるやり方ではありませんが、何度も来店していく中で挨拶をするなどして、店舗責任者と仲良くなれば、余剰在庫や廃棄を譲ってもらう事が視野に入ります。

 

ブックオフせどりは最低限の知識を身につければ、誰でも出来る手法です。

だからこそライバルとの差別化、他の人が出来ない仕組みを作るための行動が大事になってきます。

安全にブックオフせどりを継続する方法

このパートではAmazonを使って販売する際に役立つ、安全なブックオフせどり方法を解説します。

Amazonに出品をする場合は、真贋調査が常について回ります。

このリスクをきちんとヘッジしておかないと、活動そのものが出来なくなってしまいます。

 

今すぐ実践できるリスク回避方法を解説します。

内訳が記載されているレシートが貰える店で仕入れをする

ブックオフで仕入れをする際には、レシートの商品の内訳が記載されるお店で仕入れをするようにしましょう。

 

昨今ではどのお店でも、購入した商品の内訳がレシートに掲載されるようになっているはずですが、一部の店舗では、内訳を記載しないレシートを発行していたりします。

そういったお店で仕入れをした場合、何をいつ購入したのかを管理するのが難しくなるので、アマゾン転売を行うのであれば避けるべきです。

レシートを保管しておく

家計簿アプリを使い、仕入れ直後にレシートをスキャンしておきましょう。

データ化して保存しておくことで、Amazonから真贋調査が来た時にも、どの店舗で仕入れた商品なのかをすぐに調べて対応することが可能です。

セラースケットを使う

真贋調査の対象となりやすい商品を事前に全て把握することは不可能です。

リスクの高い商品をデータとして集め、共有してくれているセラースケットというサービスに加入をすることで、保険として活用することが出来ます。

 

Amazon転売を行うのであればセラースケットへの加盟は必須となるでしょう。

 

Amazon アカウント停止の復活・予防を徹底サポート|セラースケット
セラースケットはAmazonアカウント停止の対策・予防をツールで簡単に行うことができる、業界初の保険付帯型サービスです。 1万件以上の圧倒的な情報量を集約して、Amazonセラーの健全なアカウント運用をサポートします。

 

Amazon以外で売る力を身につける

昨今のせどりが無理ゲー化しているのは、Amazonで販売をしようとするからです。

現在のAmazonは個人の出品を歓迎しないスタンスを取っており、今後もさらに規制が厳しくなっていくことが予想されます。

 

個人が月に数十万〜数百万円以上の売り上げを目指すことが出来たAmazonというプラットフォームですが、ここをメインにしていくのはおすすめできません。

安全にせどりに取り組みたいと思うのであれば、なおさらです。

 

アマゾン転売を続けるとしても、Amazon以外でモノを売るスキルを身に着けていきましょう。

SKUで管理を行う

どこで何をいくらで仕入れたのかを管理するためには、出品時に指定できるSKUで管理をするのが簡単です。

 

例えば秋葉原で2021年の8月に650円で仕入れた商品だとしたら、【AKH2108650】といった感じでSKUをつけて管理をしておく。

 

そうすれば真贋調査が来た時に、どの店舗でいつ仕入れた商品なのかをすぐに把握することが可能になります。

最初の半年間は自宅から通える範囲で仕入れをする(遠征をしない)

アカウントに評価と販売実績が集まってくるまでの間は、遠方に仕入れに行くのは控えておきましょう。

 

自宅から片道1時間圏内で移動できる近場で仕入れをしておき、いつ真贋調査が請求されても即座に対応できる体制を作っておきます。

 

準備をしたからといって全ての真贋調査に対応できるわけではありませんが、準備をせずに規模をどんどん拡大していくよりかは堅実です。

アカウントが停止になった場合、売上金を引き出すことも出来なくなるケースもあるので、慎重にゆっくり育てていくぐらいが丁度いいです。

オワコンしているからこそブックオフせどりは稼げる

ブックオフせどりはAmazonによる規制の影響で、取り組む人が激減しています。

 

Amazon以外の販路で売る力を持っている人には、この状況はチャンスでしかなく、非常に稼ぎやすい状況となっています。

 

家の近くにブックオフがあったり、ブックオフでの仕入れを楽しいと思える方は、ブックオフせどりを深めていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました