Amazonせどりツールのおすすめは?2020【効率化と自動化】

電脳せどりツール せどり
この記事は約9分で読めます。

電脳せどりに取り組んでいるけど、なかなか利益の出る商品を見つけられない。

リサーチに時間がかかりすぎて効率が悪い。

 

限られた時間を有効に使うためには、効率化をしたり、ツールや外注化を行って時間を生み出す工夫が必要です。

 

しかし世の中には多くのツールが存在し、選ぶのが難しいというのが初心者の悩みではないでしょうか?

 

この記事ではネット転売に対応する有益なツールを紹介し、あなたが選ぶべきソフトを選定していていきます。

電脳せどり仕入れ支援ツール

電脳せどりを支援するツールや、役立つアプリをここでは紹介します。

ラクブラ

ラクブラ - RAKUBURA BOT
ラクブラはネットショップ自動注文ツールです。タイムセールやリストックに対応したBOTプログラムが自動で素早く商品を注文。売り切れ必至の人気商品や在庫希少な限定商品などの購入を支援します。

 

楽天市場と楽天ブックスに自動で注文を入れるツール(BOT)です。

楽天セールや在庫復活商品を狙う時に使います。

ShopDingDong

ShopDingDong - ネットショップ自動注文・監視ツール
ネットショップ自動注文・入荷通知ツール、ショップディンドン(ShopDingDong)の配布サイトです。

 

ネットショップに自動で注文を入れるツールです。

アマサー

Amazon 自動注文 - 逆襲の購入支援 νAmaSear - ホーム
Amazon.co.jpなど主要ショッピングサイトの商品を自動注文するソフトウェア。注文可能時に自動注文、またはメール、Twitter、LINEで通知。Amazonの自動注文は、1-Click注文とカート注文の両対応。ツイッターの在庫復活ツイートで自動注文を発動するツイートトリガーも搭載。

 

こちらは有料のツールですが、ライセンス料金1,000円と非常に安価です。

ShopDingDongで稼げるようになって、もっと先に進みたくなった方におすすめ。

アマオーク

ROK Products せどりツール
せどらーのせどらーによるせどらーのためのせどりツールを業界実質No.1のコストパフォーマンスで提供します。

 

利用者毎に検索結果が異なるため、飽和しないとのこと。

面白いコンセプトのツールです。

セドリオン

ネットショップのリサーチを自動で行うツールです。

動作が遅いため、ツールを動かす前にリサーチをする範囲をある程度絞り込んでおく必要があります。

セドリオンPro

セドリオンの上位版です。

ライバル分析やリサーチで見つけた商品をさらに掘り下げる機能が充実しています。

月額課金制。

フリマトレジャー

詳細不明。

オートプライスチェッカー

自動価格比較/ショッピング検索(Auto Price Checker)
ショッピング中に自動的に他のショッピングサイトを検索し、安い価格順に10件表示します。検索対象の8万店以上。自動比較の対象はAmazonや楽天Booksなどショップサイトだけでなく価格.comなど価格比較サイトでも可能。テキストを選択して右クリックでの価格比較も。

 

価格コム、Amazon、楽天ブックスの閲覧時に、他サイトの販売価格を表示してくれる機能です。

在庫切れ商品や高騰商品の仕入れを行う際に便利な拡張機能です。

自動で価格を比較するサイトも多く、何度も価格を比較する手間が省けます。

ショッピングリサーチャー

ショッピングリサーチャー
Amazon上で他社サイトの比較や、価格推移の確認がAmazon上で出来ます。US,JP,IT,FR,UK,DEのアマゾンに対応。さらにヤフーショッピング、ヤフオク、楽天、モノレートにダイレクトに遷移することが可能です。

 

Amazonの画面にモノレート、FBA料金シュミレータ、keepaのグラフを追加します。

電脳せどりをする上で必須のツールなので、必ず入れておくことをおすすめします。

 

こちらは有料版のショッピングリサーチャーProというものが用意されているので、無料版を試してさらに充実した機能が必要と判断できたら、有料版の導入も検討しましょう。

モノサーチ

せどり/モノレート対応 モノサーチ
ネットサーフィンからショッピング・せどり・画像検索まで使える便利ツール。楽天・ヤフー・モノレートその他お好みのサイトにワンクリックで遷移することが可能です。手数料を自動計算

 

価格の比較や在庫数の表示をしてくれる機能です。

モノゾン

モノゾン
モノレートの月間販売個数を表示する拡張ツール。

 

AIに直近の販売数を自動で計算させるツールです。

アプリでもありますが、クロームに導入することで、モノレートを表示した時に自動的に販売数を表示してくれます。

必ず導入しておくようにしましょう。

モノゾンPRO

無料で使えるモノゾンの有料版で、月額979円で利用できます。

利益の計算をFBA料金シュミレーターに移動しなくても出来るようになったり、値動きの情報を無料版よりも詳しく取得することが出来ます。

 

電脳せどりや海外せどりをメインで行っている方は、モノゾンPROを使うことで思考のショートカットが出来る可能性があります。

店舗せどりの場合は、専用アプリがまだ用意されてないので導入が出来ません。

 

自分の手法に応じてモノゾンPROが必要かどうか、判断をするといいでしょう。

ライバル分析ツール

この項目では競合転売ヤーの分析を行い、自分の販売や仕入れに活かす補助ツールを紹介します。

ストロイド



ヤフーショッピングのライバル分析を行うツールです。

個人的にヤフーショッピングはヤフー特有のアルゴリズムに乗っかるのが効率的と考えており、ライバル分析の必要性はあまりないと考えています。

ニント(Nint)

Amazonの分析に特化した分析ツールです。

OEM販売を行う方は必須です。

国内電脳せどりに使う場合は、自分と同じ商品を出品しているライバルを分析し、そこから視点を移動させましょう。

同じような商品を仕入れていては競合して共倒れになるのは必至です。

個人輸入アプリのおすすめ12選【転売出来る安さ】【2020最新】
個人輸入や輸入転売を実践する上で、スマホから利用できるアプリは大変便利な存在です。 スマホアプリを上手に使うことで、時間的制約や物理的制約から開放され、どこにいても仕事が出来るようになります。 国内転売のおすすめアプリに...

デイせど

Amazonのライバル分析に使うツールです。

正直あまり必要性は感じませんが、OEM転売をやられている方は導入する価値があるかもしれません。

オートリサーチ

ホーム | YOURSコンテンツサイト

 

ライバル分析や前頭サーチの自動化を行うことが出来るツールです。

購入者メール送信ツールの比較

当たり前の話をしますが、評価が悪い人から物を買ったりしようと思いません。

 

Amazonで評価が下がる理由としては色々ありますが、例えば商品が破損をしていた、偽物だった、配送が遅い、注文したものと異なる商品が届いた。

こういった理由が原因で悪い評価を入れられることが多いです。

 

そして大量に販売をしている人は、競合から買う気がないのに空注文を入れて嫌がらせされたり、購入した後で悪い評価を入れられる事もあります。

理不尽なクレームに対してはAmazonに申請をする事で削除してもらうことが可能なので、おかしいなと思ったらAmazonに相談をしましょう。

 

自分の非で悪い評価を入れられてしまったら、なぜその問題が発生したのかを分析し、再発しないようにする事が大事。

 

例えば納品のミスが原因でクレームが発生したなら、誰がその商品を納品したのかを調べ、納品した人が判明をしたら再発しないように問題点を指摘し、対策をします。

 

昔は評価を消してもらえるようにお願いをするというノウハウがあったのですが、これは規約に反しているので、現在ではやっているとアカウントを止められます。

ですから正攻法でお店の運営というのはやっていかないといけません。

 

そして評価を増やす上で効果的なのが、ツールにやらせるという事。

毎月数千個単位で販売している方は評価が命と言っても過言ではないので、こういったものを導入されるのがよろしいかと思います。

 

今回有名なツールについて調べてみたので、ここからは評価依頼ツールについて掘り下げて解説をしていきます。

アマスタ

まず最初に紹介するのがアマスタというツール。

こちらは月に千通まで、一つの注文につき3通までのフォローアップメールを送ることが出来るツールです。

 

送る事が出来るメールに制限があるのがしょっぱいですが、月商500万ぐらいまではこのツールだけで回せるはずです。

そして3通のフォローアップメールを、購入後、出荷後、顧客に到着後に送ることで、良い印象を持ってもらえるでしょう。

 

インターネットで注文する上でネックとなるのは、自分が買ったものが本当に届くかという所。

僕なんかは海外から注文するときに、それが有名なお店だったとしても本当に届くのか?という恐怖が未だにあります。

ですからコマ目に出荷状況や配送状況を教えてくれる販売者には非常に良い印象を持ちます。

 

これと同じことを自分の顧客に対しても提供すれば効果があるのは間違いない。

けど自分でやるのは面倒ですw

 

ですからこういった作業は外注を雇ったり、ツールに任せるといいです。

 

さすがに1通あたり3円程度のコストになってくるとツールに任せたほうが安い。

外注さんに任せたらこのコストが3倍から6倍ぐらいに跳ね上がると思います。

 

ツールにフォローアップメールを任せるというのは非常に良い選択と言えるでしょう。

 

 

アマスタ

 

JUDAS

続いて紹介しますのは、GAGAを提供してくださっているY&Sせどりツールが開発したJUDSというツールです。

 

こちらは送ることが出来る送信数に制限がなく、利用料金もGAGAの月会費380円の範囲で使わせてもらえるのでコスパがとても良い。

 

しかし致命的な欠点としてFBAで販売した商品に使えないというデメリットが有ります。

 

なので自己発送や倉庫代行業者に出荷作業をやらせている方におすすめのツールとなります。

 

評価依頼は手間の割にリターンがしょぼいという理由から、これまで積極的に紹介してきませんでした。

 

送るメールに一工夫を加える事でリピート注文や同時注文に繋げることも可能なので、売れる速度や回転率を上げたい方は導入をしていくといいでしょう。

ツールが得意なことはツールに、人間が得意なことは人間がやるというのが、今後のせどり、転売の世界で大事な考え方になっていきます。

 

投資すべき所にはどんどん投資をして、自分のビジネスを育てていきましょう。

 

https://ys-software.com/sedori/judas/index.html

販売が終了しているツール

過去に販売し、有名になっているものの、現在では販売やサポートが終了しているツールを紹介します。

サヤ取りせどらー最終バージョン

更新が停止し、使えなくなっています。

フリマハッカー

販売とサポート終了

nint for seller

2019年10月31日にてサービス終了。

まとめ

ツールを上手に活用することで作業を効率化出来たり、自動化する事が出来ます。

効率化と自動化を行う分野が増えていくと、時間と外注費を削減できるようになるので、それに伴って利益も増えてきます。

 

ぜひ上手に活用してあなたの転売ビジネスを加速していって下さい。