【稼げてない人を分析してわかった】Amazon転売が儲からない理由

転売
この記事は約12分で読めます。

アマゾン転売を続けているがちっとも稼げていない

売り上げは出ているが手元にお金が残らない

 

 

この記事ではAmazon転売に取り組んでいるものの、稼げていなかったり、利益が残らないという方に向けて、

 

アマゾン転売が稼ぎにくくなっている理由
最初にAmazon転売を選ぶと無理ゲー化する理由

 

この2つをわかりやすく解説します。

 

記事を最後まで読むことで、どこに集中するのがこれから物販を始める上で有利なのかが理解できるようになります。

【稼げてない人を分析してわかった】Amazon転売が儲からない理由

アマゾン転売が儲からない理由

転売やせどりの情報収集をしていくと、高い確率でアマゾン転売がおすすめされています。

 

Amazonを使うことで、

梱包や発送を自動化することが出来る
集客力が高く、出品するとすぐに売れる

上記の理由から、初心者でも稼げるやり方であると言われているケースが多いです。

 

アマゾン転売を行うことで、集客や決済の問題を解決し、短期間で大量の商品を販売する土壌を整えることが出来ます。

 

しかし同時にAmazon転売に取り組むことでデメリットが発生します。

アマゾン転売が稼ぎにくい理由を解説していきます。

Amazonという括りでしか物事を考えられなくなり思考が停止をする

それなりに頭もよく、会社では優秀な社員として重宝されているんだろうなと感じる方からこんな相談を受けたことがあります。

 

知り合いのツテを使って運よく契約できたメーカーから商品を仕入れて、それをAmazonFBAを使って販売しています。月の利益は10万円前後が出ていますが、これ以上数字が伸びません。

 

 

この方はAmazon転売について全く知識がない状態で参入し、商品の売れ行きを分析する方法や、資金管理方法を勉強することなく、結果を出せるようになりました。

 

簡単に稼げるようになってしまったので、腰を据えて勉強をする必要がなく、同じことを繰り返してきたのでしょう。

 

僕は彼に以下のようなアドバイスをしました。

 

細野
細野

メーカー取引で結果が出せているのは強みなので、ここを深めていきましょう。国内外のメーカーに最低100社以上、出来れば1000社以上営業をして自分だけが独占的に取引が出来る商品を増やしましょう。そうすれば売り上げがさらに伸びていくはずです

 

転売で苦労するのって0を1にする最初のステップです。

 

仕入れた商品がなかなか売れない
売れても赤字になってしまう

 

こういった壁を超えることが出来ず、何年もAmazonを使って転売をしているのに、全く利益が出せてない人もいたりします。

 

一方で相談をしてくれ方は、この壁を超えて、毎月10万円をコンスタントに稼ぎ出す事に成功。

ライバルがいないので飽和するリスクは他の転売と比べて非常に低い状態です。

 

アマゾン転売で稼げない理由は、誰もが同じ手法で、同じ商品を扱うからです。

 

同じ仕入先で全く同一の商品を大量仕入れ。

それを一斉にAmazonに出品するため、価格競争が起きてしまうのです。

 

この問題を解決するためには、自分だけが独占的に扱える商品を増やすしか方法がありません。

しかし実際にこのやり方を実践しようとすると、なかなか大変です。

 

営業をしようにも平日は本業があり、仕入先の開拓が思うように進まない。

メーカーは毎日のようにアマゾン転売をしている人から大量の営業メールを受け取っているため、なかなか相手をしてもらえない。

 

僕であればメーカーに営業をかける時に、

 

細野
細野

ウェブマーケティングを7年以上実践してきて、SEOで上位表示を取った経験を多数持っています。御社のブランド価値を損ねずに集客をし、商品の売り上げに貢献することが出来ます

 

 

こんな感じで提案をして、他の転売ヤーと差別化をします。

 

一方で転売ヤーの人にメーカーに営業をしろと言っても、こんな感じのPRしか出来ません。

 

Amazonで商品を販売する経験があります。御社の商品を僕にAmazonで販売させて頂けないでしょうか?

 

 

これだとメーカーからすると頼む価値は希薄ですよね。

自分たちでもAmazonに参入出来るから。

 

Amazonという括りで物事を考えると、

 

Amazonで売れるものを探そうとして消耗(ライバル多すぎ、薄利多売)
同じ商品を仕入れようとしている転売ヤーと差別化が出来ない(値下げ合戦、相場暴落)
メーカーや卸と契約が出来ない(資金不足、信頼不足)

 

ライバルが多すぎますし、稼ぐために資金が必要なやり方であるため、挫折をしてしまうのです。

転売ヤー、副業をAmazonが歓迎していない

せどらーとAmazonが共存をしていた時代と異なり、現在は転売ヤーが出店することをAmazonが歓迎をしていません。

 

新規アカウントが取り扱える商品を意図的に制限
仕入れた商品の真贋の証明を求め、自社の基準に一致しなければ容赦なくアカウント停止
過去に販売していた商品が利用規約で取り扱い禁止になると、その商品を過去に販売していた人たちにも制裁を加える

 

販売手数料でAmazonの利益に貢献しているのだから、今後もAmazonは自分たちに居場所を提供するはずだ

希望的観測を元に行動を起こしていた転売ヤーの裏腹に、Amazonは規制をどんどん厳しくしていきました。

 

昔から稼げていた人たちも資金力が豊富なライバルの参入や、変更される規約に追いつけず一人、また一人と脱落をしていく状況。

 

商売を行うのであれば、市場が右肩上がりで成長をしている場で行わなければなりません。

アマゾン転売の市場は成長をしておらず、規制を強め、副業参入者を排除する方向で動いています。

 

自分たちに向かい風となる環境で結果を出すのは至難の業です。

キャッシュフローがめちゃくちゃ悪い

アマゾン転売で稼ぐためには、商品を仕入れて、それをAmazonに納品(自社で販売も可能)しなければいけません。

 

商品を仕入れてからAmazon配送センターに商品を納品し、それが売れてようやっと売上金を回収することが出来るのです。

初期設定だとAmazonの入金サイクルは2週間であり、キャッシュフローが非常に悪いです。

 

ヤフーショッピングであれば6日に1回の入金サイクルが可能ですし、メルカリであれば売上金の振込申請をしてから2日以内に自分の銀行口座に入金が行われます。

 

キャッシュフローが悪いということは、それだけ潤沢な資金が求められることを意味します。

資金がある方であれば余裕を持って取り組めますが、資金が少ない方がアマゾン転売に取り組むと無理ゲー化します。

 

AmazonFBAへの納品作業にも地味に時間がかかります。

納品する量にもよりますが、1日〜数日は納品のために時間が潰れるなんて事もザラです。

 

メルカリであれば仕入れをした商品をその場で撮影して、その日に出品が完了。

出品したその日に売れて発送まで1日以内で完結をしたなんて事も珍しくありません。

 

稼ぐために多くの工程がかかるという事は、それだけ挫折ポイントが増えるということです。

手数料が高すぎる

カテゴリーによって違いはあるものの、売り上げの15%ほどを手数料として徴収されます。

これ以外にAmazonFBAを使っている場合はFBAの手数料も発生し、利益が圧迫をされます。

 

他社を見れば、ペイペイフリマであれば販売手数料は5%、ラクマは6%とAmazonの半額以下の手数料です。

手数料が安ければそれだけ手元にお金を残しやすくなります。

 

Amazonと比較をした際に価格差のある商品を見つけることは、それほど難しいことではありません。

しかしバカ高い手数料を支払っても稼げる商品を見つけ、それを自分が意図した価格で売るのが難しいです。

 

自分以外にもライバルが出品してきて相場が日々動く。薄利多売で稼ごうとすると、赤字になる商品も当たり前に出てきます。

今からアマゾン転売に参入するなら

今からアマゾン転売に参入するには

これまで解説してきた通り、これからアマゾン転売を始めるのはおすすめできません。

 

しかしこの記事を読む人の中には、どうしてもAmazon転売に取り組みたい、資金はあるので余裕を持って参入が出来るという方もいますよね。

 

あえて今からAmazonに参入するのであれば、どのように伸ばしていけばいいかを解説します。

アカウントだけ作成して他のビジネスに取り組む

まず最初におすすめしたいのは、アカウントだけを作成することです。

Amazonでは作成されたばかりのアカントに対して監視を強化する傾向にあるので、アカウントだけを作成しておき、半年から1年ほど寝かせておきます。

 

その間は別のビジネスに取り組み、そちらを伸ばして、稼げるようになっておく。

そうすれば大量の資金を必要とするAmazon転売に、余裕を持って参入することが出来るようになります。

真贋調査を前提に仕入れを行う

真贋調査がAmazonから来た際に、確実に審査をパスできるように対策をしていきます。

 

具体的には以下の対策を取ります。

ネットからの仕入れやストアアカウントやネットショップのみ

資金が少ない間は卸やメーカーからの仕入れは難しいですよね。

そうなると仕入れ先はヤフオクやネットショップがメインになるはずです。

 

メルカリやヤフオクで個人から購入した商品は真贋調査が来た際に、正規の仕入先として認めてもらうことが出来ません。

ネットから商品を仕入れる際は、ストアアカウントかネットショップから仕入れを行うようにしましょう。

店舗で仕入れる際は明細が記載されたレシートを保管しておく

店舗で仕入れた商品をAmazonで販売したい場合は、仕入れた商品の明細がレシートに記載される店舗で仕入れを行いましょう。

 

ハードオフのジャンク品コーナーで仕入れた商品はレシートに明細が記載されませんので、NGです。店舗によっては頼むことで明細を記載した領収書を発行してくれるかもしれませんが、基本的には避けるべき。

 

明細が記載されているレシートを保管しておけば、真贋調査が来た時にそのレシートを見て、仕入れたお店に連絡。

領収書を発行してもらい、その書類を使って対応をする流れになります。

SKUを使い仕入れた場所と日時を管理し、真贋調査が来たら即座に対応できる体制を整える

上記の対策を行えば、何をどこで仕入れたのかが記録として残る状態になります。

仕入れた商品をAmazonに出品するにあたり、SKUと呼ばれる在庫管理タグを使い、仕入れた場所と日時を管理できるようにしましょう。

 

例えば横浜にあるブックオフで7月10日仕入れた商品であれば、【BFYK0710】といった感じで管理しておけば、真贋調査が来た時にSKUから逆算をして仕入先と日時を特定できるようになります。

メーカーや卸に営業をする

アマゾン転売を長く続けていくのであれば、小売からの仕入れではなく、メーカーや卸との取引にシフトをするべきです。

 

メーカーや卸は誰でも取引できるわけではなく、最低購入ロットが決まっていたり、法人でないと相手をしてもらえないなど、参入障壁があります。

しかし資金があり、法人化をしてしまえば、逆にそこがチャンスになりますよね。

 

小売からの仕入れで資金が増えたり、実績を元に融資を受けることが出来たら、メーカー仕入れや卸仕入れにチャレンジをしていきましょう。

メーカーから直接仕入れた商品を納品すれば、真贋調査で落とされることはありません。

融資を受ける

アマゾン転売を半年から1年ほど行えば販売実績が作れますし、決算書も作ることが出来ます。

その決算書を持って金融機関に出向けば、高い確率で融資を受けることが出来るはずです。

 

融資をする側は、事業の堅実性、伸びしろを見ます。

すでに利益が出ていて資金が更に増えればさらに利益が伸びると判断したら、融資をするのは当たり前です。儲かる事業にお金は集まってくるからです。

 

融資を受けるためには、事業計画書の作成が必要です。

自分で作ることも可能ですが、成果報酬で一緒に事業計画書を作ってくれる業者からサポート受けましょう。

 

自分で事業計画書の書き方を勉強しつつ、専門家からもサポート受ければ、融資の審査を受ける際に有利に交渉をすすめることが出来ます。

 

しっかりと準備をした人だけがビジネスの世界は結果を出すのです。

マンガでやさしくわかる事業計画書

マンガでやさしくわかる事業計画書

井口嘉則, 飛高翔
1,426円(04/11 19:53時点)
発売日: 2013/04/26
Amazonの情報を掲載しています

OEMやクラウドファンディングにシフトをする

融資を受けて増やした資金でさらに稼げるようになったら、そのお金を使ってOEMやクラウドファンディングに挑戦をします。

 

メーカー仕入れや卸仕入れは、小売からの仕入れと比べればライバルは少なくなりますが、それでも自分だけの独擅場ではありません。自社だけが独占的に販売できる商品を作るためには、OEMやクラウドファンディングに挑戦する必要があります。

 

これらのやり方は多額の資金と時間を必要としますが、資金に余裕がある段階で取り組めば何ら問題なしです。

アマゾン転売を最初に選ぶべきじゃない

これから物販をやるのであれば、Amazon以外で稼ぐスキルを身につけるのがおすすめです。

 

僕自身Amazonを使わなくなったことで、Amazonありきでしか考えられなかった狭い視野が広がり、取引先を増やしたり、高値で売るためのスキルを開発出来るようになりました。

 

どんな場所でも物を売ることが出来るスキルを身につける
仕入れた商品が最短かつ最高値で売れる場を選定できるようになる

 

スキルを高めていけば、これらが出来るようになり、ビジネスが安定をします。

 

昔からアマゾン転売を続けていてアカウントが強くなっている方は今後もアマゾン転売を続けてもいいかもしれません。

しかしもしあなたが全くの初心者で、これから物販をスタートするのであれば、アマゾン転売を選ぶのは全くおすすめできません。

 

Amazonでやろうとするから挫折する
Amazonの仕組みを頼って楽をしようとするから、逆に苦労をする

 

近道だと思って取り組んだ事が、結果として遠回りに繋がっていったりするのです。

 

もしこの記事を読んで、初心者でも稼げるやり方を知りたいと思った方は、僕のLINEに登録をして下さい。

LINEの中ではゼロから何も後ろ盾がない個人が、どうやって成り上がり、幸福度の高い人生を獲得していくかを、踏み込んで解説をしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました