影響力の武器要約 ビジネスにどう活かす?翻訳が読みにくい?

 

この記事の所要時間: 242

どうも、こんにちは。

年末にライティングについて語るセミナーをやったんですが、
2年ぐらい書けて勉強してきた成果を感じました。

ライティングの勉強というのは
ネットビジネス大百科や
今回紹介する影響力の武器を読んで
勉強している人は多いと思います。

でも実際問題、
自分の現場で学んだ知識を
使いこなせている人って少ないように感じます。

ライティングが多少ダメでも
サイト量産であるとか、新品せどりのように
稼げる分野は存在します。

そしてそういった所から
自分のビジネスを開始した人は
ライティングをそれほどガチになってやらなくても
結果が出るので、「別にいっか」となってしまうのでしょう。

一方ライティングが上手になることで、

-メルマガであれば精読率を高めることが出来るようになります
-セールスレターであれば売上や成約率が上がります
-サイトアフィリエイトであれば滞在時間や直帰率が改善されます
-せどりであれば最安値にしなくても売れるようになります
-オークションであれば相場よりも高い値段で売れるようになります

といったメリットがあり、
しっかりと学んだ人にはそれ相応のリターンがあるのです。

他ならぬ僕もライティングで稼いでいると言っても過言ではなく、
特にせどりの分野ではライティングの恩恵を大きく受けています。

僕はせどりを開始してから早い時期にライティングの重要性に気が付き、
ライティングを改善するために色々と試行錯誤をした結果、
価格改定をしなくても売れるようになったし、
最安値から数千円から数万円乖離していようとも
問題なく成約が取れるようになりました。

あなたがもし、

-作業量を増やすことでしか成果が伸びなくなっている
-価格や機能などで勝負をすることに限界を感じている

といった状況であれば、
ライティングについて真剣に勉強してみることをおすすめします。

ビジネスという観点で見た時、
学ぶために払う努力相応のリターンが
得られるからです。

自分でビジネスをやっていない人も
会社で提案書を作る時、
営業先にメールを送る時などに
学んだことが活かせます。

ライティングについて書かれている本には
色々なものがありますが、
ライティングはもちろんの事、
人の心理を理解していく上で是非とも読んで欲しいのが、
影響力の武器という本です。

この本は2007年に現在販売されている第二版が発行され、
現在はさらに改定されて「影響力の正体」というタイトルになっています。

第二版の頃は翻訳が読みにくく読破するのが難しかったのですが、
影響力の正体はかなり読みやすくなっているので、
過去に読むのを挫折した人にもおすすめです。

とはいえ、普段から論文や厚みのある本を読み慣れてない人もいると思うので、
僕が影響力の武器を読んで1枚のPDFにまとめた要約をシェアします。

まずはこれを見てアウトラインを掴み、
その上で影響力の正体を読んでみてください。

きっと何も予備知識がない状態で見るよりも
頭に入ってくるはずです。

それではどうぞ。

 

影響力の武器 要約

 

 

 

記事が役に立ったり参考になったら応援クリックお願いします

細野をシェアする!!

コメントを残す