ストアーズで無在庫販売をして月利50万のショップを作る方法

ストアーズ無在庫販売 無在庫転売
この記事は約10分で読めます。

ストアーズを使って無在庫販売をしていきたい

無在庫転売をストアーズでやっても大丈夫?

この記事ではストアーズを使った無在庫販売に興味があるか方に向けて、ストアーズを使って月に50万円の利益を出すショップを作った僕が注意点をまとめていきます。

 

ストアーズで無在庫販売をしているけど稼げていない人、これから無在庫転売で稼ぎたいと考えている方がこの記事を読むことで、無在庫ネットショップで稼ぐために必要となる知識と基準を理解することが出来るでしょう。

 

細野
細野

ストアーズを運営して3週間以上経っているのに未だに商品が売れない人は必読です。

 



ストアーズ無在庫販売とは?

ストーアズで無在庫販売ってどういう事?

 

無在庫販売というのが何かわからない方もおられると思うので、無在庫販売について解説をします。

 

一般的な転売では、商品をリサーチして仕入れる所からスタートをします。価格差の発生する商品を探して、それを仕入れて、在庫として手元に取り寄せる工程が一番最初にあるのです。

 

一方で無在庫販売というのは、受注生産やドロップシッピングと呼ばれることもあるやり方です。商品を販売する時に手元に在庫を持つことはありません。商品が売れてから予め用意しておいた仕入先から商品を仕入れ、購入者の所に直送をするのです。

 

無在庫販売を実践することで、資金が少なかったり、在庫を置くスペースが確保できない方でも利益を出すことが出来ます。実際この手法は大変強力で無在庫販売を使って稼げるようになった人はたくさんいました。

 

しかしある時をきっかけに無在庫販売を実践するのが難しくなってきます。当時、無在庫で稼いでいた人たちが利用していたのはメルカリやヤフオク、Amazonといった大手のプラットフォームでした。このプラットフォームが無在庫販売を取り締まるようになり、規制を強化。メルカリやヤフオクを使って無在庫販売していた人たちは徐々に稼げなくなり、消えていったです。

 

一方で僕や僕が教えていた人たちはこの兆候をかなり早い段階で察知し、プラットフォーム外に比重を移していました。その中で実践していたのがストアーズを使った無在庫販売なのです。

 

僕が直接教えた人の中には、ストアーズ無在庫販売だけで月の利益が50万円を超える方も出てきました。そして現在ではストアーズも含めた複数のネットショップを組み合わせて無在庫ビジネスを展開しています。

 

この記事を読んでいる方に僕が伝えたいのは、Amazon、ヤフオク、メルカリを使って無在庫販売を行うことは、今の市況では不可能だということ。しかし、ストアーズでなら戦略次第では現在でも利益を出すことが出来るということです。

ストアーズで無在庫販売を行うまでの流れ

戦略的に参入することで、ストアーズ無在庫販売で利益を出すことが出来ます。

 

このパートではストーアズ無在庫販売で稼ぐために行う作業についてステップバイステップで解説をしていきます。

無在庫で扱える商品を見つける

まずは無在庫形式で扱える商品を探します。

 

探し方はいくつもありますが、一番簡単なやり方はプラットフォームで売れてる商品をそのままストアーズに登録することです。

 

ヤフオクやメルカリでは過去に売れた商品のデータを調べることが出来るので、取引データを元に安定的に取引されていて需要がある商品を抽出出来ます。プラットフォームで需要があるということは、それを探している人が一定数いると考えられるので、無在庫形式で販売しても売れる可能性が高いと考えるわけです。

 

このように統計学を元に売れる商品を見つけていくという考え方がおすすめです。

商品の登録を行う

売れる可能性がある商品を見つけたら、それをストアーズに登録をしていきます。ストアーズは他のネットショップと比べてSEOが上がりやすい傾向にあり、登録してから3週間ほどすると商品が売れ始めます。

 

3週間経過して商品が売れない場合は、リサーチをミスしている可能性があるので、需要がある商品を登録できているか確認しましょう。

集客を行う

ネットショップにおける集客方法はSEO、SNS、広告の三択です。

 

SEOとSNSは無料で始めることが出来ますが、広告はお金を払って出向する形になります。一番すぐに結果が出るのは広告ですが、資金が少ない間はSEOとSNSに集中するのがおすすめです。

数値測定を行い改善を行う

ウェブマーケティングにおいて重要な考え方は数値で管理を行うということです。

 

例えばSEOであれば検索順位を測定するツールを使い、検索エンジンで自分の作った商品ページが何位に表示されているのかを計測していく。そしてそれを見ながら商品ページを改善していくことで上位表示を実現していくのです。

 

広告であれば出向した広告に対して何人の人がクリックしてくれて、どれぐらいのアクセスが広告経由で来たのか?そしてその中の何人が購買に至ったのかを調べます。その上で広告費に使う予算を調整したり、出向するキーワードを最適化していくのです。

 

このように数字を使って改善分析を行っていく事で、無在庫販売で稼ぐことが可能になっていきます。

 

プラットフォームを使った無在庫転売の時は雑な商品ページでも売れていた人も、ネットショップで稼ごうとすると全く結果が出ないことが少なくありません。思考停止で稼げるプラットフォームと異なり、プラットフォームの外ではいかに戦略的に頭を使って行動していくかが大事になっていくため、求められる基準も変わってくるのです。

 

ストアーズで無在庫販売をする際の注意点

これまで紹介してきた流れを実行していけば、ストアーズ無在庫販売で稼げるようになります。とはいえ、無在庫販売は手放しでおすすめできるものではなく注意しなければいけないポイントがいくつもあります。

 

このパートではストアーズで無在庫販売をする際の注意点について解説をします。

利用規約を熟読し、販売禁止商品を取り扱わない

無在庫販売を行う上で最も大事なことはリスク管理です。

 

自分が自覚してない間に規約に抵触してアカウントを停止させられる、販売を禁止されている商品を扱って強制的にお店を非公開にされる。こういったトラブルに巻き込まれるケースが非常に多いです。

 

商品を登録する前に、自分が扱おうとしている商品がストアーズの規約に抵触しないか確認をしましょう。

 

規約は一度見て安心するのではなく、定期的に確認をするようにしましょう。ストアーズでは過去に何度も規約の改定を行っており、ここ数年でも5回改定を行われています。

 

2019年4月11日 改訂

2020年1月30日 改訂

2020年8月4日 改訂

2021年1月1日 改訂

2021年6月15日 改訂

ストーアズ利用規約(https://stores.jp/ec/terms)より引用

 

少なくとも半年に1回は利用規約は確認するようにし、新たな変更点や自分が扱っている商品が規約に抵触しないかを確認するようにしましょう。

 

仕入先に無在庫販売の許可を得る

販売元に対して無在庫販売を行う許可を事前に取ることはとても大事です。なぜなら販売者は自社が管理していない販路で勝手に商品を販売されることを嫌がるからです。

 

販売者が購入者のサポートを行う理由から、意図的に販路を制限していたり、ドロップシッピング形式で販売することを禁止している事があります。

 

一部の塾やコンサルで、ドロップシッピング出来る商品をCSV形式でダウンロードして一括登録するというノウハウが提案されていますが、これはとても危険なやり方です。

自分が自覚していない間に他人の権利を侵害したり、販売者に迷惑となる行為を行ってしまう可能性があるからです。

 

迅速な発送と着荷を行う

Amazonで買い物をした経験がある人はわかると思いますが、注文をした翌日や、注文した当日に荷物が届いてしまうのが日本の物流です。

ネットで買物をする人の多くは、Amazonの基準が当たり前だと思っており、注文した商品が届くまでに何日もかかるとは思っていません。その事が「いつ届くのか?」、「いつ発送するのか?」というクレームに繋がります。

 

注文を受けた商品は可能な限り短い期間で発送が処理され、数日以内にはお客様のもとに届く体制を作りましょう。

 

ストアーズには倉庫サービスというものも用意されているので、安定して注文が入るものに関しては在庫を持って販売するのも良いかもしれません。僕であればストアーズ以外にも複数の販路で商品を販売しておき、それらを一元管理出来る倉庫と契約をしています。そうする事でどのプラットフォームで商品が売れても迅速にお客様の所に商品を発送することが出来ています。

問い合わせが来たら即レスする

規約を厳守して運営をしていても、クレームが来たり、商品に関する問い合わせが届くことがあります。

お客様から問い合わせが来たら、当日中の返信をするようにしましょう。

 

返信期間が遅くなると、お客様は不安に感じますし、ストアーズの運営に対して報告をされてしまう事があります。クレームの数が増えると運営からも目をつけられ、アカウントの健全性が損なわれてしまいます。

 

お客様から問い合わせが来たら即レスを徹底し、自分が返信できない時には返信が出来るスタッフを用意しておくようにしましょう。

 

無在庫転売はまだまだ稼げる

一時に比べて規制は厳しくなりましたが、無在庫転売はまだまだ稼げます。

自分が扱うプラットフォームの規約を厳守し、運営と購入者に迷惑がかからないように運営をしていくようにしましょう。

 

無在庫転売が駄目になるのって、ノウハウが原因ではなくて、お客さんからのクレームや、運営の規制強化がきっかけになる事が殆どです。

Amazonやヤフオク、メルカリを使った無在庫転売で稼ぐことは、規制が強化されて不可能になっています。

 

一方で今回紹介したストアーズは規約では在庫を持たない商品の販売を禁止しておらず、その規制もBASEと比べると穏やかです。今後参入者が増えてストアーズを使った無在庫転売が広がる可能性はあるものの、大半の人はリスク管理が出来ずにアカウントを停止にさせられたり、SEOや広告出稿が出来ずに挫折をしていきます。

 

もしあなたが今から無在庫転売で稼ぎたいと考えているのであれば、ストアーズだけで稼ごうとするのではなく、複数の転売手法を組み合わせて稼ぐというマインドセット持って下さい。規制が厳しくなってしまった今、無在庫転売だけで大きく稼しくなっています。しかし月に数万円〜数十万程度であれば目指すことが可能です。

 

在庫を持つ転売で月に10万〜20万程度稼ぎ、ストアーズ無在庫販売で月に5万円を稼ぐ。こんな感じで異なる手法やプラットフォームを組み合わせながら、稼いでいくと安定をします。

 

もし今回の記事を読んで、ストアーズを使った無在庫販売についてもっと詳しく勉強したいと感じた方は、僕が運営をしているブートキャンプという企画に参加をして下さい。その企画の中でストアーズに特化をした講義を僕が直接指導を行っています。

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました