【食い止めろ】生涯独身の男性が迎える末路は悲しい!結婚できない理由や対策とは

婚活
この記事は約9分で読めます。

メルマガ

「生涯独身でいる男性の末路ってどうなる?」
「年齢別の独身男性はどんな人生を迎える?」
「悲しい末路を迎えないための対策を知りたい」

などの悩みにお答えします。

生涯独身でいる男性の割合は、年々増えているのがリアルな現状です。独身の期間が長いと「このまま年を重ねてどんな末路になってしまうのか…」と気になる方もいるのではないでしょうか。

ニュースで独身男性の悲しい末路をみると、将来が不安になりますよね。

しかし、しっかり対策を取れば年齢を重ねてからでも充実した人生を過ごせます。

そこでこの記事では、以下の内容を解説します。

  • 年齢別の独身男性が迎える末路
  • 独身男性の悲しい末路
  • 結婚できない5つの理由
  • 悲しい末路を迎えないための対策

悲しい末路にならないようにリアルな現状を把握し、対策を取るための参考にしてみてください。

なお、ブログでは書いていない収入アップ・人生の満足度向上に関する情報は僕のメルマガでも配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

生涯独身でいる男性の割合は年々増えている

国勢調査によると、男性・女性ともに生涯未婚率は年々増えています。

とくに女性よりも男性の生涯未婚率が高く、2020年は25.7%で、2015年は23.4%です。2015年からの5年間で徐々に増えており、男性4人に1人が結婚しない人生を歩んでいます。

さらに、このままだと2040年には男性の生涯未婚率が30%まで上がると推測されているのです。

何も対策をしないと、悲しい末路を迎える独身男性が増えるかもしれません。

【年齢別】独身男性が迎える末路

年齢によって、独身男性が迎える末路は異なります。

こちらでは、以下の内容を解説します。

  1. 30代は周囲の既婚者と壁ができる
  2. 40代は孤独を感じ始める
  3. 50代以降は死を迎える可能性がある

それぞれ見ていきましょう。

1.30代は周囲の既婚者と壁ができる

30代は独身者が既婚者との壁を感じ始める時期です。30代で独身の男性は多くいるので、あまり結婚の焦りがないかもしれません。

しかし、周囲の友人や同僚などが、どんどん結婚していきます。今までであれば一緒に遊んでいたのに、結婚した途端になかなか会えなくなるでしょう。

周囲の既婚者との壁ができ始めて、少しずつ結婚への焦りが見えてきます。

2.40代は孤独を感じ始める

40代では結婚したくてもできない可能性が高く、孤独を感じ始める時期です。

国立社会保障・人口問題研究所の人口統計資料集によると、2019年の男性初婚率は40~44歳が5.55%で、45〜49歳が2.13%です。

中でも40代男性の初婚率は非常に低く、結婚できない人が増えています。

また、30代の頃よりも周囲の既婚者が増え、飲みに行ったり遊びに行ったりする機会が減ります。40代になると、孤独感が一気に増すでしょう。

3.50代以降は死を迎える可能性がある

50代以降は40代の頃よりも孤独感が増え、死を迎える可能性が出てきます。プライベートで付き合える関係が少なくなり、孤独感が高まるためです。

また、政府の人口動態調査によると、未婚男性の平均寿命は短いとされています。未婚男性の死亡年齢のピークは65〜69歳ですが、配偶者がいる方は80〜84歳です。

そのため、死を迎える可能性が出てくるのが、50代以降の未婚男性の現実です。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

結婚しない独身男性の悲しい5つの末路

結婚しないで独身のままいる男性は、さまざまな悲しい末路を迎える可能性があります。悲しい末路を迎えないための対策を行う前に、現状をしっかり把握しましょう。

こちらでは、以下の内容を解説します。

  1. 孤独を感じる
  2. 世話をしてくれる人がいない
  3. 宗教の勧誘が増える
  4. 孤独死と隣り合わせ
  5. 健康の維持が大変になる

それぞれ参考にしてみてください。

1.孤独を感じる

独身だと自分の好きなように時間を使えますが、自分の周囲の人が既婚者ばかりだと予定を合わせることが難しいです。

予定が合わないと、1人で行動することになって孤独を感じやすくなります。

また、結婚していないと、妻や子どもがいない人生になります。休日やイベントの日を1人で過ごさないといけません。

結婚で得られる、妻や子どもとの賑やかな生活を想像すると、孤独を感じるでしょう。

2.世話をしてくれる人がいない

独身生活は1人で生活することになります。身の回りのことはもちろんのこと、もし病気や怪我で大変な状況になっても、世話をしてくれる人はほぼいませんそのため、どんなにきつい状況でも、全て自分で解決する必要があります。

独身男性が病気や怪我をした際は「結婚しておけば良かったな」と感じるかもしれません。

独身で生活していくなら、周囲に世話をしてくれる人がいないことを把握しておきましょう。

3.宗教の勧誘が増える

独身の高齢者は宗教勧誘のターゲットにされやすいです。身寄りのない高齢者は心の拠り所を求めているケースがあり、宗教の勧誘をすれば入信すると考えられているためです。

独身男性は自由に使えるお金が比較的多いので、勧誘の絶好の標的になります。

4.孤独死と隣り合わせ

独身男性が働いているうちは、会社の同僚と過ごすことが多いです。しかし、退職後は社会とのつながりが薄くなり、孤立する可能性があります。

また、歳をとると同時に身体の自由が効かなくなっていくでしょう。その際、周囲の人に異変を気づいてもらえず、誰の助けも借りられないまま孤独死する可能性が考えられるのです。

5.健康の維持が大変になる

独身男性は外食やファストフードで食事を済ませる傾向にあり、体調管理をおろそかにしがちです。不摂生な生活が続くと、若い頃は丈夫だった身体でも、病気になる可能性があります。

健康の維持が大変になり、肥満や病気にもなりかねません。

食事に限らず、生活習慣に無頓着な独身男性は、将来的に不健康になるリスクがあるでしょう。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

独身男性が結婚できない5つの理由

独身男性で結婚したいのにできない方には、さまざまな理由が考えられます。

こちらでは、独身男性が結婚できない理由を解説します。

  1. 結婚を諦めている
  2. 理想と現実のギャップがある
  3. 結婚にメリットを感じない
  4. あまり出会いがない
  5. 収入が少ない

詳しくみていきましょう。

1.結婚を諦めている

独身男性の中には、婚活がうまく行かず結婚を諦めている人もいるでしょう。

諦める理由は、収入面や異性との相性など人によってさまざまです。婚活で自分の思うようにいかないと「自分は結婚に向いていない」と感じ、諦めるきっかけになってしまいます。

そのため、積極的に行動できず結婚しにくくなるでしょう。

2.理想と現実のギャップがある

婚活をしていると、理想と現実のギャップを感じる瞬間があります。ギャップを埋められないと、良いと思う人を見つけられず、結婚につながりません。

例えば40代なのに、20代の若い女性しか好きになれない場合、年を取るごとに理想と現実の差が広がります。年齢差があると、自分が好きになった人の恋愛対象に入れず、結婚につなげることが難しいです。

自分に不相応な人ばかり探していると、いつになっても結婚できないでしょう。

3.結婚にメリットを感じない

独身男性の中には、結婚にメリットを感じない方も少なからずいます。独身生活が充実している人ほど、結婚生活に魅力を感じないでしょう。

結婚するとパートナーとの共同生活になるので、自分の好きなように時間やお金を使えなくなります。さらに子どもが生まれたら、育児をする必要があるのでより自分に使える時間が減ります。

しかし、独身であれば自分の好きなように、時間やお金を使えます。自由度が高い生活を送れるため、結婚にメリットを感じなくなるのです。

4.あまり出会いがない

社会人になると、自宅と職場の往復ばかりの生活になります。毎日同じ人と顔を合わせることになるので、学生時代と比べて異性と出会えるチャンスが多くありません

また、職場には既婚者の女性もいるため、恋愛に発展する可能性は低くなります。グイグイ攻めすぎると、セクハラと疑われることも。

そのため、年齢を重ねるにつれ自然な出会いが減り、結婚できない原因になります。

5.収入が少ない

結婚生活はお金がかかるので、収入が少ないとなかなか踏み出せない人もいます。に子どもが生まれると、育児をしなければならないため、経済面で不安を感じやすいです。

収入が少なく家族を養う自信がない独身男性は、結婚のハードルが高く感じてしまうでしょう。

独身の男性が悲しい末路を迎えないための5つの対策

独身の男性でも、しっかり対策を取れば充実した人生を送れます。

主な対策は以下の5つです。

  1. 定期的に友人や近所の人と交流する
  2. 資産を貯めておく
  3. 健康を大事にする
  4. 趣味を見つける
  5. 婚活にチャレンジする

ぜひ参考にしてみてください。

1.定期的に友人や近所の人と交流する

独身男性は、孤独感・孤独死を回避するためにも、友人や近所の人と定期的に交流しましょう。

独身だと1人で生活することが多く、どうしても孤独を感じやすいです。しかし、定期的に友人や近所の人と交流すると、生活の楽しみが生まれます。

友人であれば食事に誘ったり、旅行の計画を立てたり。近所の人であれば、すれ違ったときに挨拶や世間話をすると、社会とのつながりが途絶えません。

できるだけ1人で過ごさず、周囲の人との交流を楽しんでみてください。

2.資産を貯めておく

独身のまま年を取っていくと両親が亡くなって、周囲に頼れる人が少なくなります。その際に頼れるのはお金だけです。

そのため、あらかじめ資産を貯めておくと、病気や怪我の際もお金があるので安心して治療できます

また、お金があれば介護施設に入ったり、ヘルパーを雇ったりもできます。

将来のために資産を貯めておきましょう。

3.健康を大事にする

長生きするには健康を維持することが重要です。独身だとパートナーがいないので、病気になっても助けてくれる人がいません。

そのため、若いうちから栄養バランスが整った食事や、適度な運動を心がけましょう。

4.趣味を見つける

趣味を見つけることも、独身男性が悲しい末路を迎えないための対策の1つです。趣味を見つけて没頭すると、楽しみや生きがいになって人生が豊かになります。

また、趣味に集中すると日々のストレス発散にも効果的です。ストレスが原因で引き起こされる「体」と「心」の異変・病気を防げます。

ぜひ、没頭できる趣味を見つけて始めてみてください。

5.婚活にチャレンジする

独身男性の悲しい末路を回避するため、婚活にチャレンジするのも1つの方法です。婚活は、合コンやマッチングアプリなどを利用して、結婚相手を探す活動です。

うまくいけば結婚につながるので、将来一緒に生活するパートナーが見つかります。

結婚すると孤独を感じず、病気になっても世話してくれる人ができます。

独身の悲しい末路を回避できるので、結婚願望がある方はぜひ婚活にチャレンジしてみてください。

独身男性の悲しい末路を迎えないために婚活コンサルに相談するのがおすすめ

独身男性には、悲しい末路が待ち受けています。孤独を感じたり、世話をしてくれる人がいなかったりなど、生活に影響が出る可能性があるでしょう。

しかし、対策を把握しておけば、悲しい末路になることを防げます。

健康を大事にすることや趣味を見つけることはすぐにでも始められるので、試しに挑戦してみてください。

また、婚活にチャレンジするならコンサルに相談するのがおすすめです。自分磨きや異性とのやり取りなどのアドバイスを受けられます。コンサルと一緒に行動すれば、初めての婚活でも迷子になりません。

24時間にわたり1対1のサポート体制を提供しているので、理想の結婚を実現できます。独身のまま生涯を終えることに恐怖を感じていたら、ぜひ婚活コンサルをご利用ください。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました