【悩まないで】独身で寂しいと感じる瞬間9選!すぐにできる対処方法を伝授

婚活
この記事は約10分で読めます。

メルマガ

「独身でいるのが寂しくて、どうすれば良いのかわからない」
「独身が寂しいと感じるのはなぜ?」
「独身でいるのは寂しいだけ?」

などの悩みにお答えします。

独身でいると、ふとした瞬間に寂しさを感じることがあるはず。近くに頼れるパートナーがいないと、年を重ねるごとに寂しい想いが増していきます。

しかし、適切な対処方法を実践すれば、寂しさを解決できる可能性があります。まずは独身の人がどんな瞬間に寂しさを感じるのか把握し、客観的に考えてみることが重要です。

そこでこちらでは、以下の内容を解説します。

  • 独身が寂しいと感じる瞬間・対処法
  • 独身でいるメリット

この記事を読むと、独身が寂しいと感じる瞬間・対処法を理解できますよ。ぜひ最後までご覧ください。

なお、ブログでは書いていない収入アップ・人生の満足度向上に関する情報は、僕のメルマガでも配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてくださいね!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

独身でいるときに寂しいと感じる瞬間9選

独身でいるときに寂しいと感じる瞬間は、以下のとおりです。

  1. 幸せなカップル・家族を見たとき
  2. 自分の周囲で気軽に話せる人がいないとき
  3. 友人から結婚の報告を受けるとき
  4. 何の予定もないとき
  5. イベントを一緒に過ごす人がいないとき
  6. 病気の看病をしてほしいとき
  7. 孤独死のニュースを見たとき
  8. 誰もいない部屋に帰宅したとき
  9. 恋愛がうまくいかないとき

自分は大丈夫と思っていても、誰しもが寂しさを感じる可能性があります。自分はどんな時に独身でいることが辛く感じるのかが分かれば、対処の方向性が見えてくるはず。

それでは順番に見ていきましょう。

1.幸せなカップル・家族を見たとき

普段から1人でいると、街中で幸せなカップル・家族を見た瞬間に寂しいと感じることがあります。「自分もパートナーが欲しい」「結婚したい」といった願望が頭をよぎるためです。

スーパーへ買い物に行ったり、旅行したりすると、どこかしらでカップルや家族を見かけますよね。自分の現状との違いが大きいほど、寂しさを避けることはなかなかできません。

幸せなパートナーがいる人を見て寂しいと感じるのは、独身ならではの感情です。

2.自分の周囲で気軽に話せる人がいないとき

日常生活の中で誰かに話をしたいとき、近くにパートナーがいないと寂しく感じます。気軽に世間話をできる相手がいないので「誰かに話を聞いてもらいたいな」「この話を誰かとしたいな」などと感じるでしょう。

さらに、話をすると気持ちがスッキリしますが、独身で誰にも喋れないとストレスを溜め込む原因の1つになります。

もし結婚していて同じ家に住んでいれば、パートナーがいつでも話し相手になってくれるはず。他愛もない世間話から、仕事やお金などの重要な話まで、話し相手がいるだけで生活の充実度が上がるのです。

自分の周囲で気軽に話をできる相手がいないと、「こんな時にパートナーがいたら…」と寂しく感じるでしょう。

3.友人から結婚の報告を受けるとき

独身生活の中で強く寂しさを感じる瞬間は、友人から結婚の報告を受けるときです。

20代後半から30代前半になると、周囲の人が続々と結婚していきます。「自分は独身でも寂しくなんかない」と考えていても、友人からの晴れやかな報告は心にくるものです。

独身時代によく遊んでいた人が結婚したら、誘いづらくなって1人で行動することが増えます。急に1人で行動することになって、孤独を感じるかもしれません。

4.何の予定もないとき

仕事以外でプライベートの予定がないと、孤独を感じることがあります。仕事をしていると、周囲に同僚がいるのであまり寂しさを感じません。

しかし、プライベートの予定がないと「パートナーと出かけたい」「周りは充実した休日を過ごしているのに…」などの感情が込み上げてくるかもしれません。

特に長期休暇に予定が入っていないと、長い時間1人でいることになるので寂しさを感じやすいです。

5.イベントを一緒に過ごす人がいないとき

クリスマスやバレンタインなど季節のイベントが近づくと、幸せそうなカップルや既婚者の姿を見て羨ましく感じることがあります。

さらに、イベントが近くなるとテレビで特集が組まれたり、街中でキャンペーンをしていたりします。

生活の中で嫌でも目にする機会があるので「羨ましい」「なんで自分は1人なんだろう」と寂しくなるでしょう。

結婚している場合、パートナーと一緒にイベントを楽しめるため、孤独を感じることはまずありません。

6.病気の看病をしてほしいとき

独身の人が病気になると、どんなに具合が悪くても、身の回りのことを自分でしなければなりません。満足に食事を作れなかったり、買い物に行けなかったりして、自分が1人であることをヒシヒシと実感することになります。

結婚していれば同じ家にパートナーが住んでいるので、身の回りの世話をしてもらえます。

体に不調があると心も弱り、不安を感じてしまうもの。独身で病気をすると、誰にも看病してもらえないため、寂しさがつのります。

7.孤独死のニュースを見たとき

孤独死のニュースを「他人事ではない」ととらえる方もいます。もし自分が亡くなっても誰にも発見されないことを想像すると、孤独や寂しさを感じるでしょう。

その点、結婚してパートナーと同じ家に住んでいたら、孤独死する可能性は少ないです。

男性でも女性でも、まだ年齢を重ねていない人でも、孤独死の危険は0ではありません。自分と近い状況の人が孤独死したと聞くと、寂しさ・恐怖がより増えるでしょう。

8.誰もいない部屋に帰宅したとき

たとえ独身で仕事やプライベートが充実していても、誰もいない暗い部屋に帰宅すると、1人でいる現実を意識してしまいます。「ただいま」と言っても返事がないので、虚しい気持ちになるでしょう。

結婚していれば、パートナーや子どもが帰りを待っているため、帰宅で寂しさを感じません。

誰もいない部屋に帰宅したとき、寂しいと感じるのは独身特有の感情です。

9.恋愛がうまくいかないとき

独身で「結婚したい」と思って婚活していても、うまくいかないと自分に自信がなくなりやすいです。

「いつまで独身なんだろう」「早く結婚したい」と、寂しさや焦りを感じるきっかけになります。

また、既婚者の幸せな姿を見ていると、恋愛がうまくいかない自分に対して虚しい感情が湧くことも。周囲と比べてしまい、寂しさを感じやすくなります。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

独身でいるのが寂しいと感じたときの5つの対処法

独身でいることに寂しいと感じたら、以下5つの対処法を試してみましょう。

  1. 新しい趣味を始める
  2. 新しいキャリアを検討する
  3. ペットを飼う
  4. 友人と会う
  5. 婚活を始める

対処法を実践すると、日々の生活が充実して寂しさを感じづらくなったり、独身を卒業するきっかけが生まれたりします。

それぞれ参考にしてみてください。

1.新しい趣味を始める

新しい趣味を始めると、気持ちをリフレッシュして、寂しい気持ちを紛らわせることができます。仕事以外の予定を埋められるので、充実した生活を過ごせて孤独感を解消できるためです。

さらに前向きな気持ちになれるので、私生活や仕事がうまく行く可能性もあります。

フットサルや映画鑑賞など、新たに始める趣味は何でもOK。自分が好きなことや、興味に合いそうなものを見つけて、ぜひ始めてみましょう。

2.新しいキャリアを検討する

新しいキャリアを検討するのも、寂しさを解消するための1つの方法です。特に副業では休日や平日の空き時間で行えるので、スケジュールを充実させられます。

アルバイトや、クラウドソーシングサイトの初心者向けの案件なら、未経験でも始められるものが多いです。

また、転職に挑戦するのも重要です。今の環境を変えることになるので、年収が増えたり、新たな人間関係を構築できたりします。

充実した生活を送れるため、寂しさを解消できるきっかけにできるでしょう。

3.ペットを飼う

独身の寂しさを解消するため、ペットを飼う人もいます。ペットの世話に時間を使えて、余計なことを考えなくて済むためです1人で家にいても寂しくない生活を送れるでしょう。

また、家でペットが待っていてくれるので、帰宅したときに孤独を感じづらいです。

ペットを迎え入れたいと思ったら、住んでいるアパートやマンションの契約書で、飼育の許可を確認してみましょう。

4.友人と会う

1人でいることが孤独や寂しさの原因なら、友人に会うと気を紛らわすことができます話し相手になってもらえるので、1人でいるより気持ちがスッキリするためです。

また、季節のイベントごとでも、友人と一緒にいれば寂しさを感じません。独身生活で寂しいと感じたら、友人との時間を大切にしてくださいね。

5.婚活を始める

独身生活に終止符を打つため、婚活を始めるのも1つの方法です。婚活がうまく行けば、生涯を一緒に過ごすパートナーを見つけられます。

もしうまくいかなくても、普段では出会えないタイプの異性と関われるため、寂しさを減らせるはずです。

婚活は何歳から始めても問題ありません。独身の根本的な寂しさを解消したいなら、ぜひ婚活を始めてみてください。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

寂しいだけじゃない!独身でいる5つのメリット

独身でいるのは寂しいだけではありません。さまざまなメリットがあり、考え方次第で楽しい人生に変えられます。

こちらでは、以下のメリットを解説します。

  1. 自由に時間を使える
  2. 好きなようにお金を使える
  3. 今後のキャリアや引越しを自由に選択できる
  4. 仕事に集中しやすい
  5. 異性と自由な恋愛ができる

それぞれ見ていきましょう。

1.自由に時間を使える

独身者は既婚者よりも、自由に使える時間が多いです。独身は家族に合わせて生活をする必要がなく、何をするにも自分のペースで決められるためです。

結婚していると、パートナーや子どもを優先しなければならないシーンもあり、自分に使える時間が少なくなります。

しかし独身なら、趣味に没頭したり、プライベートを気にせず仕事に集中したりしやすいでしょう。

2.好きなようにお金を使える

独身では一緒に暮らすパートナーがいないため、収入を好きなように使えます

結婚するとどんなに稼いでも夫婦共通の財産になり、自分の意思だけではお金を使えません。家族分の生活費を負担したり、子どもの将来のために貯金したりする必要があります。

独身であれば自由にお金を使えるので、やりたいことや趣味などを始めやすいです。

3.今後のキャリアや引越しを自由に選択できる

独身なら自分の都合に合わせて、今後のキャリアや引越しなどを決められます

既婚者が今後のキャリアや引越しを考える際は、家族のことを考慮しなければなりません。自分の意思だけでは決められず、希望を叶えられない可能性があります。

今後の仕事や生活を自由に選択できるのは、独身だからこそのメリットといえるでしょう。

4.仕事に集中しやすい

独身では家事や育児などを分担する必要がないので、仕事に集中しやすいです。子どもの都合で、仕事中に退勤することもありません。

最低限の家事は1人でこなさなくてはなりませんが、誰にもルールを決められることなく、自分のペースで動けます。

女性の場合は、結婚して妊娠・出産すると、キャリアが途中で途絶える可能性も。仕事に復帰しても、以前と同じような働き方はできないこともあるでしょう。

独身のうちは仕事に集中しやすく、働き方も自由に決められます。

5.異性と自由な恋愛ができる

異性と自由な恋愛ができるのは、独身ならではのメリットです。

結婚後は好きな人ができても、不倫になってしまうので自由に恋愛できません。

配偶者に縛られず、異性と付き合えるのは独身だけです。そのため、自由にパートナーを変えて恋愛を楽しめるでしょう。

独身でいるのが寂しいと感じたら婚活コンサルに相談するのがおすすめ

独身だと、周囲から結婚の報告をされたり、幸せなカップル・家族を見たりする際に、孤独を感じやすいです。自分は大丈夫と思っていても、誰しも寂しさを感じる可能性があります。

しかし、新しい趣味を始めたり、ペットを飼ったりすると寂しさを解消できます。中でも婚活を始めてみると、結婚相手を見つけられるかもしれないので、根本的な解決が可能です。

婚活を始めるなら、コンサルに相談するのがおすすめ。婚活コンサルでは恋愛経験が少なくても、相談者に合った方法で独身を卒業するためのアドバイスをします。

自分だけで行動するより、効率よく理想の相手を見つけられますよ。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました