PR

【徹底解説】せどりコンサルの評判・相場・失敗しないコツを紹介

せどりコンサルの選び方 せどり
この記事は約18分で読めます。
-

メルマガ

「せどりのコンサルを受けたい」
「コンサルの内容が知りたい」
「悪いコンサルに騙されるのが怖い」

せどりのコンサルは、講師の実力次第でクオリティに天地の差が生まれます。

良い講師に巡り合えば爆発的に売り上げを伸ばせるかもしれませんが、逆に悪いコンサルに騙されると、最悪お金を持ち逃げされるかもしれません…。

そのためコンサルを受ける前に、講師が本物なのかしっかりと見極める必要があります。

そこで今回は、優良せどりコンサルを見分けるポイントを6つご紹介します!

  1. 今も通用する内容を教えてもらえるか
  2. 複数のコンサルを見比べる
  3. 無料の教材等を出しているか
  4. 大人数を集めていないか
  5. レスポンスは素早く丁寧か
  6. 長期的に稼げているか

また、どうしてせどりにコンサルが必要なのか、理由も含めて解説していきます。

コンサルに申し込む前に、まずはこの記事を読んで、お金を無駄にしないコツを掴みましょう!

本気で稼ぐならせどりコンサルが必要!3つの理由を解説

もしあなたがせどりで月収50万円、100万円と一気に売上を伸ばしたいのであれば、コンサルを受けたほうが良いです。

理由は大きく分けて3つあります。

  1. 回り道せず最短で稼げるようになる
  2. 経験者しか知らない&紹介できない仕入先がある
  3. 講師や仲間に触発されてモチベーションが高められる

お小遣い稼ぎ程度では満足できない方は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 回り道せず最短で稼げるようになる

「車輪の再発明」という言葉があるように、独学だとすでにプロせどらーに証明されているノウハウを1つひとつ検証しながら進まないといけません。そのため、無駄な回り道をしてしまう可能性が高いです。

たとえ独学で最高の稼ぎ方を見つけたとしても、それよりも数倍効率の良い方法が世に出回っている可能性は大いにあります。

せどりは歴史の長いビジネスなので、ノウハウの随所に積み上げられた先人の知識が詰まっています。コンサルを受ければ、その歴史をショートカットして最先端の技術を習得できるでしょう。

独学では稼げないとは言いませんが、最短・最速で稼ぎたいのであればコンサルを受けるべきでしょう。

2. 経験者しか知らない&紹介できない仕入先がある

せどりはいかに安く仕入れるかが根幹であり、そのためには極力上流で商品を購入しなくてはなりません。経験者に指導してもらうことで、一人では見つけられない上流の仕入先を紹介してくれることもあるでしょう。

例えば1本100円のペンにしても、多くの業者がマージンを抜いて、最終的に消費者のもとに届けられています。

【ペンの価格の例】

  1. メーカーが1本作るのにかかった原価:40円
  2. メーカーが卸売業者へ販売:60円(マージン20円)
  3. 卸売業者が小売店へ販売:80円(マージン20円)
  4. 小売店が消費者へ販売:100円(マージン20円)

もし早い段階で仕入れられれば、中間業者が中抜きしているマージンをまるごと手に入れられるので、儲かりやすくなりますよ。

3. 講師や仲間に触発されてモチベーションが高められる

一人で黙々とせどりを行うのは、精神的に辛い方も多いのではないでしょうか。せどりコンサルを受ければ、講師や受講生仲間とのコミュニケーションが行えます。

一人では抱えてしまう不安も、仲間と共有すれば軽くなります。切磋琢磨する環境に身を置けるので、モチベーションも維持しやすくなるはずです。

もちろん「支払ったコンサル料の元を取りたい」という思いが、更に勢いを増してくれる面もあります。

せどりコンサルの評判は悪い?失敗を避けるために必要な考え方

せどりのコンサルを受ける前に、注意しなければならないことが3つあります。

  1. 受ければ100%稼げるわけではない
  2. 手取り足取りは教えてくれない
  3. 詐欺まがいのものが横行している

せどりのコンサルは魔法ではないので、覚悟を持って契約に臨んでください。

それぞれ詳しく解説します。

1. 受ければ100%稼げるわけではない

「高いお金を払ったんだから、絶対に稼げるようになるはず!」
そのような他人任せの考えは改めたほうが良いです。

確かにせどりコンサルでは重要なノウハウや知識を教えてくれるでしょう。しかし、それをどこまで再現できるかはあなたの行動量次第です。

コンサルはあくまで指導者にすぎず、成果が発生するかは本人の努力が物を言うということを覚えておきましょう。

2. 手取り足取りは教えてくれない

「コンサルに申し込んだからには、稼げるようになるまで一生面倒を見て!」という考えも改めましょう。

コンサルは学校ではないので、一から十まで手取り足取り教えて教えてもらえるわけではありません。

自分で考え、意欲的に取り組む姿勢が大切です。成果は自分の努力で達成し、より高度な質問をぶつける気概を持ちましょう。

3. 詐欺まがいのものが横行している

せどりコンサルで最も注意しなければならないのが、詐欺まがいのものを掴まないことです。

コンサルは基本的に会ったこともない方にお願いするので、その人が本物なのか慎重に確かめる必要があります。

  • 今は使えない過去のノウハウしか教えてもらえない
  • 雑な対応で料金に見合ったサービスを受けられない
  • お金だけ取って逃げられる

実際のところ、僕も昔、悪徳コンサルに騙されてしまった経験があります。だから声を大にして伝えたいのですが、その日見つけたばかりの人にコンサルに申し込むのはものすごく危険です。

魅力的な訴求を見て運命を感じたとしても、一旦冷静になって考えましょう。

せどりコンサルの相場は形式によって上下する

「せどりコンサル」と一口に言っても、その形は様々です。大きく分けて3つの形が存在し、相場も関連して大きく上下します。

  1. 教材のみ
  2. セミナー
  3. 長期指導

順に解説していくので、自分にあったものを選んでみてください。

1. 教材のみ:5千円〜3万円

最も手軽な形式が、教材だけ受け取るタイプのコンサルです。いわゆる情報商材というもので、限定公開のpdfやnoteなどがこれにあたります。

料金はピンキリで、無料のブログやメルマガに始まり、数万円のものまで存在します。

自分のペースで読み進められるのがメリットですが、疑問点が出てきても質問まで対応していない場合が多いので注意してください。

2. セミナー:3万円〜30万円

セミナー型は、受講生に対して講義形式で行うせどりコンサルです。イメージとしては学校や塾に近い感覚で、せどりのノウハウを教えてもらえます。

回数は講師によってまちまちで、コロナの影響もあってかオンライン形式のものも増えてきています。

講師に直接質問できるのがメリットですが、アフターフォローまで行ってくれるとは限らないので注意してください。

3. 長期指導:30万円〜100万円以上

せどりコンサルと言われて、多くの方がイメージするのはこの形です。限られた人数を相手に、密な教育を長期で行うコンサルの形になります。

家庭教師に近い形で、質問対応や教育に注力してくれるでしょう。

ただしその分価格は飛び抜けて高くなり、場合によっては受講料が数百万円になることもあります。

優良なせどりコンサルを見分ける6つのポイント

せどりコンサルは講師の力量が全てです。内容には天地の差が生まれるので、慎重に吟味を繰り返してください。

優良なせどりコンサルを見極めるコツは6つあるので、全て必ず確認しましょう。

  1. 今も通用する内容を教えてもらえるか
  2. 複数のコンサルを見比べる
  3. 無料の教材等を出しているか
  4. 大人数を集めていないか
  5. レスポンスは素早く丁寧か
  6. 長期的に稼げているか

順番に解説していきます。

1. 今も通用する内容を教えてもらえるか

せどりの技術は日進月歩なので、昔使えたノウハウが今も同じ様に使えるとは限りません。重要なのは「今実際に稼げているノウハウか」なので、講師が現役でせどりを行っている方かは必ずチェックしましょう。

例えば無在庫転売は少ない元手で稼げる有効な手法だったのですが、今では規制が厳しくなり、過去ほどの勢いはありません。

そうとは知らずに申し込んでしまうと、大金が無駄になってしまうので注意してください。

2. 複数のコンサルを見比べる

せどりコンサルについて調べるうちに「これしかない!」と思わせるようなコンサルを見つけるかもしれません。

いくら運命だと思ったとしてもすぐには申し込まず、一旦落ち着いて考えましょう。仮に「今申し込めば料金50%offです!」と言われても焦ってはいけません。

期間限定の値下げは、あなたに購入を決心させるための撒き餌かも知れません。そのコンサルが本当に優良なものかどうか、複数を見比べてから決めましょう。

冷静な判断力を失っているときがいちばん判断ミスを起こしやすいです。

3. 無料の教材等を出しているか

せどりコンサルは講師がキモなので、出している無料教材があればすべてチェックしましょう。ブログやメルマガなど、SNSまで確認できれば良いでしょう。

主張がコロコロ変わっていたり、情報が薄かったりする場合は偽物の可能性が高いです。

また無料の教材が一切ない、正体不明の方にコンサルを依頼するのは、リスクが高いのでおすすめしません。

4. 大人数を集めていないか

コンサルにも様々な形があるので、セミナー形式などで数百人を相手に講義をする場合もあるでしょう。しかし、人数が多いと講師が受講生一人にさける時間が少なくなります。

質問への回答が遅くなったり、最悪の場合質問自体ができなくなったりする可能性もあるでしょう。

「スパン・オブ・コントロール」という考え方によれば、一人の人間が管理できる人数は5〜8人が限界と言われているので、それを超える人数が集まるコンサルは避けたほうが無難です。

5. レスポンスは素早く丁寧か

せっかくせどりコンサルに申し込んだのに、質問が3日経っても返ってこないようでは問題です。素早く丁寧なレスポンスがもらえるかどうか、購入前に確認しておきましょう。

コンサルに関する質問があれば、何でも問い合わせを行い返事の速度・質をチェックしてください。

もし対応が遅く雑だった場合は、コンサル中の対応も期待できないかもしれません。

6. 長期的に稼げているか

教えてもらうノウハウは、あなたがやっても稼げるものでなければなりません。ラッキーで一発当てただけの人の話には再現性が低いので、長期的に稼げているかに注目しましょう。

また、最高月収に惑わされるのも危険です。

例えば1,000万円で買った商品をそのまま1,000万円で売れば、利益は0円でも月収1,000万円は達成できます。

月収は簡単に偽造できるので、信用しないようにしましょう。

せどりのコンサルティングを受けたのに失敗する理由8選

せどりのコンサルティングを受けたのに、満足する結果が生まれないケースでは8つの理由があります。

  1. 現状を正直に共有していない
  2. コンサルタントに依頼する理由や目標が不明瞭
  3. 詐欺だと知らずに申し込んだ
  4. ネットで集められる内容しか教えてくれない
  5. コンサルタント側の知識が不十分
  6. コンサルティングの内容が教材の配布だけだった
  7. リスクが高い講座内容だった
  8. コンサルタントが現役でせどりをしていない

サービスを受けたのに失敗してしまうのには、コンサルティングを申し込む側にも、ノウハウを教えてくれるコンサルタント側にも理由が隠れています。

注意が必要なコンサルタントの特徴や、コンサルティングを受ける際に求められる姿勢を確認しておきましょう。

過去にせどりのコンサルティングで納得のいく成長ができなかった経験がある方は、ここで紹介する理由に当てはまることがなかったかぜひ振り返ってみてください。

1.現状を正直に共有していない

せどりのコンサルティングを受ける際は、コンサルタントに現状を包み隠さず共有することが大切です。どんなに有能なコンサルタントでも、現状把握ができなければ適切な戦法を伝授できません。

せどりの現状を隠すと、コンサルタント側が正しい判断をする材料が減ってしまうためです。

  • 上手くいっていないことが恥ずかしい
  • 数字は見られたくない
  • 注意されたり呆れられたりしそうで怖い

このような不安は1度捨て、コンサルティングを信頼することがポイントです。コンサルティング詐欺でない限り、共有した情報を悪用されることはありません。

2.コンサルタントに依頼する理由や目標が不明瞭

コンサルタントに依頼する理由や目標が不明瞭だと、失敗の原因になります。「コンサルを受けてどうなりたい」というビジョンがないと、コンサルタント側はあなたをどのようにサポートすればいいか分からず困ってしまいます。

特にコンサルティングを受けて成し遂げたい目標は、具体的であるほど道筋がハッキリします。どのように目標を立てればいいか分からない方は、その気持ちも含めてコンサルタントに相談すると失敗のリスクを防げます。

3.詐欺だと知らずに申し込んだ

詐欺コンサルに申し込むと、せどりで成功するどころか金銭的な損失を抱える原因になります。残念ながら、せどり初心者を騙すコンサル詐欺も存在するのが現状です。

詐欺に引っかかってしまうと次のような被害で、失敗する恐れがあります。

  • 教材代などで高額な追加料金を請求される
  • 会員制ビジネスに入会させられる
  • 個人情報を悪用される

詐欺コンサルで失敗しないためにも、契約を検討しているサービスについて、申し込み前によくリサーチすることが重要です。

4.ネットで集められる内容しか教えてくれない

一部のサービスでは、コンサルタントを名乗りながら、ネットで集められる内容しか教えてくれないことがあります。

お金を払ったのにネットから無料で知れる内容しか学べないのは、非常にもったいない契約です。

本来であればそのようなサービスを受けるのは避けたいところ。しかしほとんどのケースで、教わる内容はコンサルティングが始まるまで分かりません。

5.コンサルタント側の知識が不十分

コンサルタント側のせどりに関する知識が不十分だと、サービスを受けても満足感を得られません。

あなたがニッチジャンルに特化したせどりを行なっていると「コンサルタントよりも自分のほうが詳しい知識を持っている」という矛盾した状況が生まれるのです。これではあなたとコンサルタントのどちらが先生なのか分かりません。

コンサルタントの得意ジャンルと、あなたの専門分野がマッチしなければ、相手の知識不足で失敗してしまいます。

6.コンサルティングの内容が教材の配布だけだった

コンサルティングと名乗っているのに、教材を配布されるだけで終わるサービスも存在します。

本来コンサルティングとは、あなたの課題解決のために、最善案を考えてくれたり活動が上手くいくよう助言したりしてくれるサービスのこと。

しかしサービスの提供方法に明確なルールがあるわけではないので、教材を渡すだけでお金をとるコンサルタントもいるのです。

内容が濃ければせどりの成功に役立ちますが、中にはごく初心者向けのコンテンツしか含まれていない教材も。

コンサルタントからしっかりサポートを受けるという醍醐味を味わえないのは、失敗の大きな原因です。

7.リスクが高い講座内容だった

しっかりサポートをしてくれるコンサルタントを選んでも、リスクが高い行動を勧められて失敗することがあります。

せどりの裏技として、次のような行動を提案してくるのです。

  • 違法行為
  • 法の抜け道をつく行為
  • 仕入れ先サイトや販売先サイトの規約違反
  • ユーザーを騙すような売り方

このようなリスクの高い行為は、発覚するとサイト内で処分を受けたり、罪に問われたりする可能性も。

一時的には稼げたとしても、自分の実力になるわけではありません。

自分だけでなくせどらー全体の評価を下げる原因になります。

8.コンサルタントが現役でせどりをしていない

コンサルタントが現役せどらーでないと、教わった通りに行動しても売上が伸びずに失敗することがあります。

せどりを引退してから年月が経っているコンサルタントは、知識が古いままだったり勘が鈍っていたりすることがあるためです。

最悪の失敗ケースでは、せどり未経験のコンサルタントが本や教材で知っただけの知識を語っている場合があります。

引退していたり実践経験を積んでいなかったりするコンサルタントが絶対に悪いというわけではありませんが、現役せどらーに教わったほうが失敗のリスクを下げられます。

せどりのコンサルティング選びで失敗しないためのチェックポイント7つ

せどりのコンサルタントに高いお金を払ったのに、満足する結果をえられずに失敗してしまう方が多くいます。

コンサルティング選びで失敗しないためには、次の8つのポイントをチェックした上で契約を決めることが重要です。

  1. 価格
  2. 利用者からの口コミ
  3. アフターフォロー
  4. コンサルタントの実績
  5. 契約前の対応
  6. 広告表現
  7. 質問のしやすさ

コンサルティングで後悔しないよう、それぞれ確認していきましょう。

1.価格

コンサルティングの価格を、同じようなサービスの相場と比較してください。

相場よりも極端に高いコンサルティングでは、お金を得ることだけを目的とした詐欺も紛れているためです。

逆に価格が安すぎるコンサルティングでは、動画や資料を渡されて終わりという満足度の低い内容であるケースが考えられます。

複数のサービスの価格を比べて相場を調べ、値段に見合ったサービス内容か判断することが大切です。

2.利用者からの口コミ

コンサルティング利用者かの口コミも参考になります。良い意見も悪い意見もリサーチして、サービスの質を見極めましょう。

口コミを調べる手段は主に4つです。

  • 公式サイトの「お客様の声」
  • SNSへの投稿
  • 質問サイトやレビューサイトへの投稿
  • 利用者が体験談を綴ったブログ

口コミを調べる際に注意したいのが、アフィリエイト記事の存在です。コンサルの利用者が紹介報酬を受け取るため、サービスを過大評価した記事があるのです。

公平な目線で書かれた口コミを探し、偏ったレビューに騙されないよう注意してください。

3.アフターフォロー

価格やサポート内容がよく似たコンサルティングで迷っていたら、アフターフォローでも比べてみるのをおすすめします。

アフターフォローが充実したコンサルティングサービスを選べば、サポート終了後の不安を減らせるためです。

コンサルティング終了後も質問する機会があったり、卒業生限定のコミュニティに招待してくれたりといったアフターフォローがよくあります。

コンサルティングが終わって1人立ちしても、アフターフォローがあれば安心してせどりに取り組めるでしょう。

4.コンサルタントの実績

コンサルタントの実績を調べることも、失敗しないポイント。

受講生のせどりを大きく成長させた実績を持つコンサルタントのほうが、稼ぐノウハウを知っている可能性が高いです。

「受講生の8割が月商15万円アップ!」など、多くのコンサルタントがブログやランディングページで実績を公開しています。

実績をチェックするポイントは、利益に注目することです。

例えば月商100万円に成長させた実績があっても、仕入れに90万円かかっていては最終的な利益が10万円しかありません。

「月商◯万円」という実績の書き方は一見すると高い稼ぎを叩き出しているように感じますが、落ち着いて利益も確認してくださいね。

5.契約前の対応

申し込みを迷っている段階での問い合わせで、丁寧に対応してくれるかも確かめておきましょう。

優良なコンサルタントは、申し込み前の方にも真摯に対応してくれます。

  • 受け答えの雰囲気が良い
  • 分かりやすく説明してくれる
  • 返信が早い

申し込み前に良い対応をしてくれると、サービスへの疑問や不安が軽減されます。

気になることがあったら積極的に問い合わせをし、コンサルタントの本質を見抜くきっかけにしてください。

6.広告表現

ランディングページや広告で、極端に魅力的な売り文句を書いているコンサルタントには警戒しましょう。

申し込みを増やすために、実現が難しい目標を掲げている可ことがあります。例えば次のような表現は誇大広告という違法な表現である可能性も。

  • 1日1クリックで稼げる
  • 完全に自動化できる
  • 誰でも絶対に稼げる

明らかに非現実的なキャッチコピーは、根拠を確かめることが大切です。

7.質問のしやすさ

質問しやすい環境が整っていることも、コンサルティング選びで重視したい項目です。

例えば資料を読んで自習するスタイルのコンサルティングを受けたとしましょう。

資料の質にもよりますが、質問できなければYouTubeや本でせどりを独学するのとほとんど変わりません。

高いお金を払ってせどりの成長を目指すのなら、他の勉強方法にはないコンサルティングならではのサポートを受けたいところです。

質問の回数制限や受け答えの方法も、コンサルティング選びで比較してみてください。

せどりコンサルティングの種類は主に5つ!自分に合う形式を見つけよう

せどりのコンサルティングサービスは、提供方式が次の4つに分かれます。

  1. 対面型
  2. ネット指導型
  3. コミュニティ型
  4. セミナー型
  5. 自習型

コンサルティングの方式によって、メリットやデメリットは変わります。自分に合ったコンサルティングを選ぶための参考にしてみてください。

1.対面型

実際にオフラインで顔を合わせ、直接教えてもらう方式のコンサルティングです。

気になったことがあればその場で質問できたり、一緒に仕入れを行ってくれたりするのがメリットです。

ちょっとした雑談の中でも、せどりの豆知識を吸収できるかもしれません。

一方で地方に住んでいる方には、近くに住むコンサルタントが少ないというデメリットがあります。

サービス内容によっては出張で教えに来てくれますが、出張費や追加料金が必要なケースも多いです。

2.ネット指導型

オフラインでは会わずに、ネット完結の指導をしてくれるコンサルティングです。チャットやWeb会議システムで指導してくれるので、地方に住んでいる方でも積極的にせどりを学べます。

しかしネット越しの指導では、コンサルタントと十分な信頼関係を築くのが難しいです。対面型と比較すると、ネット完結型のコンサルティングはあっさりとした指導になるでしょう。

3.コミュニティ型

LINEのオープンチャットなどに受講生が集まり、情報交換しながらせどりを学びます。オンラインサロンに近い感覚で、周りの受講生と刺激し合ってせどりをスキルアップできることがメリットです。

コンサルティングによっては、1対1での個別指導を受けられなかったり、コンサルティング本人がコミュニティに顔を出す機会が少なかったりするデメリットもあります。

4.セミナー型

セミナー(講義)を聞きに行き、授業のように集団で学ぶスタイルのコンサルティングです。せどり塾とも呼ばれています。

目の前で直接教われて、コンサルタントや他の受講生の熱量を感じられる学び方です。デメリットは、集団でセミナーを受けるため個別対応をしてもらうことが難しいこと。また、セミナー後に高額な教材を案内する詐欺もあるので注意しましょう。

5.自習型

テキストや動画を渡され、自分で学ぶスタイルです。学習の進捗に合わせて面談したり、質問したりしてコンサルティングを受けます。

コンサルタントからのサポートがない完全自習型のサービスは、コンサルティングと名乗っていても情報教材とほぼ違いがない場合もあります。

ぜひこの記事を参考に、せどりコンサルティングを選んでみてください!対応の良いコンサルタントと出会えれば、せどりの稼ぎを大きく成長させられますよ。

まとめ:自分のニーズに合ったせどりコンサルを受けましょう

せどりコンサルは稼げるようになる上で、有効な手段となりえます。

しかし学ぶ相手を間違えると、挫折をしてしまったり、スキルを習得できないまま、指導期間が終わってしまいます。

 

コンサルを受ける前に、自分が何に困っているのかを明確にし、それを解決できる人を探すようにしましょう。

せどりコンサルの呆れた実態。安くてもこんな輩に頼んだら稼げるようになんてならないぞ
僕の所は他の人から習ったが結果が出なかったり、思ったのと違ったという人が流れ着いてくる。 言うなれば最後の砦として細野悠輔という男が機能をしているわけだ。 その事に対して僕は強い責任感とプロ意識を持って毎日生活をしている。 別にせどり業界に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました