【次はあなた】周りが結婚していく焦りへの6つ対処法!ラッシュの年齢と引き寄せのコツも紹介

婚活
この記事は約9分で読めます。

メルマガ

「周りが結婚ラッシュで焦る」
「自分だけ取り残されて寂しい」
「早く結婚したいのにうまくいかない」

身近な人が結婚し始めると他人事ではなくなり、焦りを感じますよね。結婚願望がなくても、親から心配されるとつい意識してしまうのではないでしょうか。しかし、自分と向き合わず焦って結婚してしまうと、後悔したり相手とのズレが生じたりして思い描いてたものとは違う結果になってしまうことがあります。

そこでこの記事では、自分が納得のいく結婚ができるように以下の内容を説明します。

  • 結婚ラッシュの年齢
  • 結婚を焦ってしまう理由と対処法
  • おすすめの婚活方法

ぜひ参考にし、周りと比べず自分の意思で結婚を決めていきましょう。

なお、ブログでは書いていない収入アップ・人生の満足度向上に関する情報は、僕のメルマガでも配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてくださいね!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

【3度ある】周りが結婚ラッシュになる年齢

「最近同級生がどんどん結婚していく…」と感じる時期を経験した人も多いのではないでしょうか。または、結婚ラッシュ真っ只中という人もいるかもしれません。人生で3度あるといわれる結婚ラッシュは何歳頃なのか、具体的に紹介していきます。

  1. 第一次結婚ラッシュは24〜25歳
  2. 第二次結婚ラッシュは28〜29歳
  3. 第三次結婚ラッシュは34〜35歳

詳しく見ていきましょう。

1. 第一次結婚ラッシュは24〜25歳

25歳前後は学生を卒業してから数年経った時期です。社会人として落ち着き始め、学生時代から付き合っていたカップルなどが結婚し始めますまた、子供がたくさん欲しいと考えている女性が結婚を意識する年齢です。

まだ世間では「若い」と認識されているので、結婚への憧れはあっても焦りを感じる人は少ないでしょう。初婚が大半で、祝う方も友人の結婚に祝福ムードが高まります。多くの人が24〜25歳で初めての結婚ラッシュを経験しています。

2. 第二次結婚ラッシュは28〜29歳

30歳を節目と考える人が多く、少し手前の28〜29歳に結婚報告が続く傾向があります。20代のうちに仕事の経験を重ね、趣味を楽しみ、経済的に余裕が出てくる時期なので結婚に踏み切る人が集中します。

この第二次結婚ラッシュでは焦りを感じやすく、親族からのプレッシャーも始まるので悩む人もいるでしょう。世間体を気にし始め、より結婚の意識が高くなる時期です。ここから真剣に結婚相手を探し始める人が多くなります。

3. 第三次結婚ラッシュは34〜35歳

2度の結婚ラッシュが過ぎ、これが最後のチャンスだと思い始める30代半ばに第三次が訪れます。第二次結婚ラッシュから相手を探し始め、この頃にゴールインする人もいるでしょう。子供がいる同世代も増え、家庭を持つことや老後までを真剣に考える年齢です。

しかし、最近では晩婚化であるため、第三次結婚ラッシュの時期から婚活を始める人が多くいますまた結婚の多様化も進んでいるので、自分の価値観を優先し事実婚や独身を選択する場合もあります。さまざまな葛藤を乗り越えた34〜35歳が最後の結婚ラッシュとなるでしょう。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

周りが結婚していくときに焦ってしまう5つの理由

周りの人が結婚しているからといって、自分もしないといけない決まりはありません。焦りからする結婚は、後悔や失敗の原因になります。納得のいく人生にするために、なぜ焦っているかを分析して自分の気持ちとじっくり向き合ってみましょう。ここでは以下の5つの理由を紹介します。

  1. 自分だけ取り残されたくない
  2. 親族からのプレッシャー
  3. 結婚が幸せだと思っている
  4. 恋人に結婚願望がない
  5. 老後が心配になる

自分の状況と照らし合わせて、参考にしてみてください。

1. 自分だけ取り残されたくない

今まで一緒に飲み会や休日を楽しんでいた友達が、結婚をして家庭を持つと会う回数が減っていき、寂しさを感じることもあります。また職場の後輩が結婚をしたり、周りが結婚生活の話ばかりでついていけなかったりなど、肩身の狭い思いをすることもあるでしょう。

「気づけば独身は自分だけ」という状況が嫌になり、取り残されたくないという思いから焦りが生まれます。しかし、ここで「自分はダメだ」と思い込むのはNGです。周りと違うことを受け入れ、自分のペースで前向きに過ごすことを意識してみてください。

2. 親族からのプレッシャー

両親や親族から「〇〇ちゃんは結婚したけどあなたはいつ結婚するの?」など、周りの結婚した人と比べられ、プレッシャーをかけられることもあるでしょう。

自分はそこまで結婚願望がない場合でも、両親に心配をかけまいと焦りが出てくる人もいます。特に親世代は、結婚するのが当たり前の時代でした。プレッシャーをかけるつもりがなく、無意識に結婚の話をしていることがあるので、理解しながら自分の考えを伝えてみると良いでしょう。

3. 結婚が幸せだと思っている

周りが結婚して幸せになっているのに、自分だけがまだ幸せじゃないと感じると焦りが出てきます。

結婚や出産で家族ができることは人生において大きな幸せです。しかし「早く自分も結婚して幸せになりたい!」という考えは、今ある幸せに目を向けられていない可能性があるので、気持ちを改めた方が良いでしょう。

「結婚=幸せ」とは限らず、独身でも幸福を感じながら充実した生活をしている人は多くいます。目の前のことに感謝して過ごすのは、幸せを引き寄せるカギになります。自分にとって結婚以外の幸せとは何か考えてみましょう。

4. 恋人に結婚願望がない

今現在恋人がいるのに「結婚願望がない」「全く結婚の話をしない」という相手だと焦ってしまいます。今後どうしていくかの話し合いをする勇気と、この先新しいパートナーができるのかという不安の両方があるので、辛い気持ちを抱えているでしょう。

そんな時に、周りがすんなり結婚していると「自分はどうしてうまくいかないんだろう…」とさらに落ち込んでしまいます。好きな相手でも、時には見切りをつけるのも大切です。1人で抱え込まず、信頼できる人に相談して乗り越えていきましょう。

5. 老後が心配になる

このまま一人で過ごしていくのかと考えると寂しくなる時があります。周りが結婚し、子供ができ、幸せそうな家族を目の当たりにすると羨ましく感じることもあるでしょう。両親も同時に年を重ねるので、いつまでも頼るわけにはいきません。

お金や健康面でも、病気や怪我をしたときパートナーや家族のサポートは心強いものです。今まで結婚願望がなかったのに、老後の不安から結婚を焦るのは珍しくありません。第三次結婚ラッシュがくる30代半ばの世代で多い傾向です。

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

【引き寄せ】周りが結婚していく焦りへの6つの対処法

将来に不安を覚えたり、羨ましく感じたりして、周りが結婚していくことに焦ることは珍しくありません。そこで見えてきた自分の焦りを、どう整理していくか考えてみましょう。また、自分にぴったりな人を引き寄せることにも繋がる方法もここで紹介していきます。

  1. 結婚について深く考えてみる
  2. 自分の時間を大切にする
  3. 他人と比較しない
  4. ポジティブに考える
  5. 婚活をしてみる

これらの内容について順番に説明します。

1. 結婚について深く考えてみる

自分はどんな人生を送りたいのか、その中で結婚とは何かをじっくり考えてみましょう。周りの影響や親の意見ではなく、自分軸で決めることが大切です。

焦っているときに恋人を選ぶと、ありのままの自分を見せられなかったり、相手に負担をかけたりしてしまいがちです。一旦落ち着いて、結婚後の生活やキャリアもイメージしてみてください。

考えを改めてもう少し仕事や趣味を楽しむのもいいですし、やっぱり今が結婚に最適な時期だと思うのなら積極的に行動していきましょう。

2. 自分の時間を大切にする

結婚後も幸せに過ごすために、まずは自分の生活を充実させることを意識してみてください。結婚のことばかりに意識を向けず、視野を広く持つことがポイントです。

結婚に必死で余裕がないより、趣味や仕事など何かに打ち込んでいる方が魅力的に見え、周りに自然と人が集まってきます。「結婚=幸せ」とは限らず、幸せを感じるのは自分次第です。自分の機嫌の取り方や、結婚以外の何に幸せを感じるかを考える時間を作りましょう。

新しい土地への移住やキャリアチェンジなど結婚していないからこそ気軽にチャレンジしてみるのも、独身の特権です。

3. 他人と比較しない

「あの人はモテるから結婚できた」「どうしてあの人が結婚できて自分はできないの」などと考え始めるとキリがないのでやめましょう。妬みや悔しさでモチベーションを下げるより、素直に祝福し結婚の秘訣を聞ける方が自分にとってプラスに働きます。

他人と比較しないためにも外見も内面も磨いて、自己肯定感を高める努力が重要です。仕事や趣味に打ち込んだり、積極的に行動していろんな人との出会いを楽しんだり、自分が今やるべきことを明確にしたりすると、他人の結婚に気持ちが左右されないようになります。周りと比較せず自分を信じて過ごしましょう。

4. ポジティブに考える

「今度は自分が結婚する番」「自分もきっと良い人と出会える」と思って行動すると、同じように明るく前向きな人が引き寄せられます結婚ラッシュに乗った人の良いところを吸収する気持ちで、既婚者にアドバイスを求めると良い人を紹介してくれるかも知れません。

ポジティブ思考の人は、結婚後も何かあった時に励ましてくれたり、一緒に乗り越えたりできるイメージが湧きやすいので好印象です。「こんな人もいるんだ」「まあいっか!」と相手との違いも前向きに受け入れられるようになると、自分自身も楽に生きられるでしょう。

5. 婚活をしてみる

結婚願望があるのなら、思い切って婚活をスタートするのがおすすめ。すでに婚活を始めているけど「うまくいってない…」という人は、一度方法を見直してみましょう。

結婚を真剣に考えているなら、手当たり次第合コンやマッチングアプリで出会いを求めるのは避けた方が無難です。恋人が欲しいだけの人や結婚意思がない人と出会うのは、時間と体力を消耗してしまいます。

結婚ラッシュを期に、婚活パーティーや結婚相談所など、結婚への真剣度が高い人が集まる場所で効率的に婚活してみてください。いろいろな人との出会いで結婚への意識がさらに明確になるので、自分から行動するのみです。

「◯◯歳までに結婚する」といった具体的な目標を持って、自分に合った婚活方法を試してみてください。

タイミングは人それぞれ!周りの結婚に流されず自分の価値観を大切にしよう

結婚のタイミングは人それぞれなので、無理に周りの結婚ラッシュの波に乗ろうと思う必要はありません。それでも周りが気になるというのであれば、SNSを触らないようにしたり、自分磨きに集中したりして、自分の気持ちとペースを大切にしていきましょう。

結婚したいのにできないと悩んでいる人は、一人で抱え込まず誰かに相談してみることをおすすめします。結婚への本気度が高い人は、特に「婚活コンサル」を利用してみてください。あなたに合ったオーダーメイドのプランで、自分磨きの方法からサポートしてくれます。

プロからのアドバイスで、周りに流されず、自分らしい婚活ができるでしょう。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました