【諦めるのは早い】異性から「機会があれば」と返信が来た!脈あり・なしの見分け方と対処方法を解説

婚活
この記事は約10分で読めます。

メルマガ

「異性にお誘いしたら機会があればと言われた」
「また機会があればと言われたら脈なし?」
「機会があればと言われた際の対処法を知りたい」

異性をデートに誘ったら「機会があれば」と返信がきたことがある方は多いはず。脈あり・なしのどちらとも取れる返信内容なので、どうすれば良いか悩む方は、いるのではないでしょうか。

「機会があれば」と送信する人の心理がわからなければ、その後の対処ができないでしょう。

そこでこの記事では「機会があれば」と返信がきた際の、送信者の心理や脈あり・なしの見分け方を解説します。

  • 異性からの誘いに「機会があれば」と伝える心理
  • 脈あり・なしの見分け方
  • 「機会があれば」と言われた際の対処法
  • 「機会があれば」と言われないためのコツ

どのような心理で送信してくるのか理解できれば、その後の対処法がわかりますよ。ぜひ最後まで読んで、参考にしてみてください。

なお、ブログでは書いていない収入アップ・人生の満足度向上に関する情報は、僕のメルマガでも配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてくださいね!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

異性から「機会があれば」と返信が来た!意味を解説

そもそも「機会があれば」の意味は「時期が来たら」という意味があります。

異性を食事デートに誘って「機会があれば食事したい」の返信がきたら「また会うことがあれば、一緒に食事したい」ということになります。

脈あり・なしのどちらとも取れるメッセージですが、次につながる可能性は低いです。気になる相手から次のデートに誘われたら「機会があれば」と返信しないためです。

本当に行きたければ「ぜひ行きましょう」「◯曜日の何時はどうですか」など、積極的な返信がきます。

社交辞令で伝えてくることが多いので「機会があれば」と返信がきたら、脈なしである可能性が高いでしょう。

異性からの誘いに「機会があれば」と伝える心理

異性からの誘いに「機会があれば」と伝える心理は3つに分けられます。

こちらでは、以下の心理を解説します。

  1. はっきり断れない
  2. 場の雰囲気を崩したくない
  3. 予定が合えば会いたい

心理を把握して対処の参考にしてみてください。

1.はっきり断れない

異性からの誘いをはっきり断れない場合「また機会があれば」と使うことがあります。はっきり断ると誘ってくれた方を傷つけてしまうと考え、角が立たないように伝えているのです。

その後、会話を続けたとしても話題を変えられて、こっそりいなくなろうとします。

はっきり断れない場合、社交辞令として伝えている可能性が高いので次につながりません。

2.場の雰囲気を崩したくない

対面で話しているときに相手を誘って「機会があれば」と言われた場合、場の雰囲気を崩さないため、社交辞令で発言していることがあります。

その場ではっきり断ると、後の会話が続かなくなったり、気まずくなったりするのを防ぐためです。

メッセージのやり取りより対面で話すほうが、場の雰囲気を意識しがちになります。

3.予定が合えば会いたい

可能性は低いですが、予定が合わなくて「機会があれば」と返信してくることがあります。仕事や趣味などで忙しくて、行けないことが考えられるためです。

予定が合わない場合は、無理に日程を組もうとするのは良くありません。相手に焦っている印象を与えることになり、引かれてしまいます。

そのため、少し時間を置いてから連絡してみましょう。そうすれば、お互いの日程が合って次につながるかもしれません。

「機会があれば」の脈あり・なしの見分け方

「機会があれば」の返信で、脈あり・なしの見分け方が気になる方は、多いのではないでしょうか。

異性を誘って「機会があれば」と返信がきた際は「いつなら都合が良いのか」とスケジュールを提案してみると脈あり・なしのどちらなのかがわかります。

こちらでは、それぞれのケースの見分け方を解説します。

  1. 脈ありのケース
  2. 脈なしのケース

順番に見ていきましょう。

1.脈ありのケース

脈ありの場合は、相手から空いている日程を教えてくれます

例えば「◯日なら空いてる」「木曜日はダメだけど、土曜日なら大丈夫」など、具体的なスケジュールの提案がきてスムーズに日程調整が可能。

「機会があれば」と言われても、具体的なスケジュールを聞いてみて、前向きな返事が返ってくれば脈ありと判断できます。

2.脈なしのケース

脈なしの場合、誘いに乗ってきません。他の話題に変えられたり、曖昧な返事だったりなど、前向きな返事がこないケースがほとんどです。

例えば、はっきり断れないと「スケジュールを確認しないとわからない」のように、遠回しに断られるでしょう。

「機会があれば」と返信がきてから、具体的なスケジュールを聞いても日程調整できなければ脈なしと判断できます。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

婚活で「機会があれば」と言われた際の6つの対処法

婚活において「機会があれば」と言われたら、どのように対処すれば良いのでしょうか。

対処法を理解していれば、次のデートにつながる可能性が出てきます。

こちらでは、以下の内容を解説します。

  1. しつこく誘わない
  2. 時間を置いてから連絡する
  3. 自分から次の日程・プランを提案する
  4. 相手にスケジュールを聞く
  5. グループで会う約束を提案する
  6. 反応が良くなかったら諦める

ぜひ参考にしてみてください。

1.しつこく誘わない

「機会があれば」は、遠回しに断っている可能性が高いので、しつこく誘うのは良くありません。相手に不快な思いをさせてしまい、嫌われる原因になるためです。

嫌われてしまうと、次の機会に誘ってもOKしてもらえないでしょう。

また、しつこく誘うと焦っていることが相手に伝わってしまうので、あまり印象が良くありません。「機会があれば」と言われたら、深追いしないようにしましょう。

2.時間を置いてから連絡する

デートの誘いに行きたいけど、忙しくて「機会があれば」と返事しているケースがあります。その際は、しばらく時間を置いてから連絡すれば、相手が暇になっている可能性があるでしょう。

例えば1ヶ月後に資格の試験があって断られたなら、1ヶ月半後くらいに連絡すればスムーズに日程調整できるかもできるかもしれません。

そのため、もう一度デートに誘いたいときは、時間を置いてから連絡してみてください。

3.自分から次の日程・プランを提案する

デートに誘って「機会があれば」と言われても、自分から次の日程やプランを提案すればOKをもらえる可能性があります。

自分から日程を提案すれば、まっすぐな気持ちが相手に伝わり、気になっていることをアピール可能。押しに弱い異性であれば、次のデートにつながるかもしれません。

また、相手に日程を提案する際は、プランも一緒に話すのがおすすめ。とくにおしゃれなカフェや有名なデートスポットなど、相手の興味を惹けるプランであればOKになるケースがあります。

「機会があれば」と言われたら脈なしと考えず、自分からアクションを起こしてみても良いでしょう。

4.相手にスケジュールを聞く

デートに誘って「機会があれば」と言われたら、相手にスケジュールを聞いてみるのも1つの手段です。スケジュールを聞いて、脈ありであれば具体的な日程を教えてもらえます

「いつなら空いてますか」「来週の土曜日はどうですか」のように、日程を聞いてみましょう。

もし、脈なしであれば話題を変えられるので、諦めるしかありません。

5.グループで会う約束を提案する

人によっては、1対1で会うのが恥かしかったり、抵抗があったりする可能性があります。その際は、複数人のグループで会う提案をするとOKしてもらえるかもしれません。

特に人見知りの方は、1対1だと緊張してしまうため会うのをためらってしまうことが考えられます。グループであれば、個別で会うよりもハードルが低いので約束しやすいです。

6.反応が良くなかったら諦める

「機会があれば」と言われた後に、自分から日程を提案したり、スケジュールを聞いたりしても相手の反応が悪ければ諦めましょう。

無理に誘おうとしても、相手に悪い印象を与えるだけです。周囲の人に悪い印象を伝えられて、婚活がやりにくくなるかもしれません。

デートに誘って反応が良くなかったら、すっぱり身を引くのも大事な心構えです。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

婚活で「機会があれば」と言われないための6つのコツ

婚活で「機会があれば」と言われないためには、会ったときの印象を良くすることが大切です。ポイントをしっかり押さえていれば、次のデートにつながりやすくなるでしょう。

こちらでは、以下の内容を解説します。

  1. 清潔感のある身だしなみをする
  2. 自分磨きをする
  3. 相手の話をしっかり聞く
  4. 自分の良いところをアピールする
  5. 明るい表情で接する
  6. 相手の良いところを褒める

それでは見ていきましょう。

1.清潔感のある身だしなみをする

婚活において次のデートにつなげるには、清潔感のある身だしなみにするのが重要。初対面の人と会うことが多く、第一印象が悪いと恋愛対象から外されるためです。

例えば以下のようなことが挙げられます。

  • 服や靴の汚れをきれいにする
  • 寝癖をなおす
  • 髭を剃る
  • 肌・髪の手入れをする
  • 似合う髪型にする
  • 口臭・体臭を予防する

清潔感のある身だしなみになれば、第一印象で恋愛対象から外されることはなくなります。そのため、次のデートにつなげやすくなるでしょう。

2.自分磨きをする

婚活で自分の理想や条件にマッチする異性と良い関係になる人は、自分磨きをしている傾向です。何もしないで、相手にばかり理想を追い求めても「高望み」でしかありません。

相手に理想を求めることと同じように、自分磨きをして選んでもらえるような努力をしましょう。

例えばスポーツジムに通って筋トレをしたり、料理教室に通ったりなどが挙げられます。

また、自分磨きをすると自信がつきます。自分の強みをアピールできるので、良い印象を与えやすいです。

3.相手の話をしっかり聞く

双方向のコミュニケーションをするため、相手の話を聞くことが大切です。一方的に自分のことばかり話していると、相手に退屈な思いをさせてしまいます。

その結果「この人といてもつまらない」と判断されて、恋愛に発展しないでしょう。

適度に質問を入れて相手に気持ちよく喋ってもらえれば、会話が盛り上がります。「また会いたい」と相手に思ってもらえるので、次のデートにつながりやすいです。

4.自分の良いところをアピールする

相手に知ってもらいたい自分の良いところは、積極的にアピールしましょう。

婚活では短時間でお互いのことを知る必要があります。自分から積極的にアピールしなければ、どんなに良い強みがあっても相手に伝わりません

相手からすると、どんな人なのかがわからないので、次につながりづらいです。

アピールしすぎは良くないですが「家事が得意です」「仕事で人と話すことが多いので、初対面でも仲良くなりやすい」など、適度に自分の良いところを話しましょう。

5.明るい表情で接する

婚活は初対面の人と会うことが多いので、明るい表情で接するのが重要です。明るい表情で接すること、相手に安心感を与えられます。

お互いにリラックスした状態になり、会話が弾みやすいでしょう。

逆に無愛想な表情だと、怒っているように感じられるので相手が緊張してしまいます。緊張から会話が弾まず、デートが盛り上がらないことになります。

できる限り明るい表情で接して、相手にリラックスしてもらいましょう。

6.相手の良いところを褒める

デート中はとにかく相手の良いところを褒めるのが重要です。褒められると嬉しくなって、良い雰囲気でデートを進められます

そのため、外見と内面どちらも積極的に褒めましょう。

例えば「服装可愛いね」「優しいね」などが挙げられます。

思いついたら我慢せず、どんどん伝えて良い雰囲気のデートにしてみてください。

異性に「機会があれば」と言われる前に婚活コンサルへ相談するのがおすすめ

異性をデートに誘って「機会があれば」と言われたら、脈なしの可能性が高いです。具体的なスケジュールを聞いても、話題を変えられたり、曖昧な返事がきたりしたら諦めるしかありません。

しかし、本当に忙しくて予定が合わないケースもあります。少し時間を空けてからしつこくない程度に誘ってみて、反応を見てみるのも良いでしょう。

また「機会があれば」と言われないような関係になるために、何をしたら良いかわからなければ婚活コンサルへの相談がおすすめ。

30代後半で20代女性と結婚できた経験から、身だしなみのコーディネート・デートプランの作成などマンツーマンであなたの婚活をサポートします。ぜひ婚活コンサルのご利用を検討してみてください!

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました