不用品販売のやり方

この記事は約4分で読めます。

このページでは不用品販売のやり方を解説しています。

 

不用品販売は自己アフィリとセットで、再現性100%の手法です。ネットを通じてお金を稼いだ経験が全く無い方は不用品販売のやり方を学んでいきましょう。

不用品販売とは?

不用品販売と言われても、何をするのかイメージできない人もいるでしょう。

 

不用品販売とは、自宅にあるいらないモノをヤフオクやメルカリを利用して販売することです。

 

かつては不定期で開催されるフリマに出店をしたり、リサイクルショップに買取りに出して不用品をお金に変えていましたが、現在ではスマホがあれば誰でも不用品販売をネットを通じて行えるようになったのです。

いらないモノを出品するだけなので、リスクはゼロ。商品を仕入れたり、赤字が発生する事がありません。

不用品販売の手順

不用品販売を始めるのに必要なものは多くありません。スマホがあれば誰でも今すぐ実践が可能です。

不用品販売に取り組む手順を解説していきます

販売できそうな商品をリストアップする

まずは使わずに眠らせている不用品をリストアップしていきます。メルカリが出した資産によると、家庭内にある不用品には平均して70万円の価値がある事がわかっています。家の中にあるいらないもモノを販売するとボーナス一回分ほどの金額を稼ぐことが出来るのです。

 

とはいえ不用品をお金に変えるためには、行動を起こさなければなりません。まずはいらないものを一箇所にまとめたり、リストアップするなどして整理しましょう。

商品の取引価格を調べる

リストアップした商品候補がいくらで売れるかを調べます。ここではメルカリを使うことを想定して解説をします。

 

家電であれば機種名を入力して検索。機種名がわからければメーカー名と商品名を入れて近しい商品を探していきます。

 

検索をすると右上に【絞り込み】という項目が出てきますので、こちらをタップします。

 

 

するとこのような表示に切り替わるので、一番下の【販売状況】をタップして下さい。

 

 

条件を選択する画面に切り替わるので、【売り切れ】にチェックを入れて【決定】をタップします。

 

すると指定した検索KWで過去に売れた商品だけが表示をされます。自分が販売しようとしている商品と同じものや、見つからない場合は近い商品がいくらで取引されているか探していきましょう。

出品する

相場を調べ終えたら出品作業をやっていきます。出品作業は最初は難しいと感じるかも知れませんが、場数を踏めば慣れていきます。

商品の写真撮影

まずは商品の写真を撮影します。全体がわかる写真を1枚取り、細部がわかる写真を撮影していきます。過去に売れた商品を参考に、写真を撮影すれば大丈夫です。枚数は多ければ多いほどいいです。

撮影に使うカメラはスマホカメラで問題なしです。

商品説明文の作成

商品の特徴を文章でも書いていきます。売れてる商品を参考に書き換えたり、複数の商品説明のいい所を真似していけばOK。

販売価格は相場よりも少し安くして、お買い得感を出すようにしましょう。

梱包と発送

相場よりも少し安い値段で出品すれば1週間以内に売れていくはずです。商品が売れたら梱包をします。

梱包作業も最初はよくわからんと思いますが、難しく考えなくてもOKです。

 

ダンボールはスーパーなどで無料で調達

梱包資材は新聞紙や広告、紙袋を利用

手に入れることが難しればダイソーで購入

 

梱包資材をお金を出して購入したら損するじゃんと思うかもですが、事前に取引価格を調べているので大丈夫です。手間暇を考慮して割に合わないと思う品は自分で売るのではなく、処分をしたり、まとめてリサイクルショップに持っていくなど、工夫が出来ます。

 

梱包ができたら最寄りのコンビニや運送会社から発送をします。荷物が相手に届き、相手が受け取り評価をしたら、自分も評価をして取引終了となります。

最短即日で得る成功体験

不用品販売は扱う商材によっては実践を開始した初日から結果が出る方法です。まだ1円も稼げてない方は、「不用品販売なんて‥」とバカにせずに、まずはこういった基礎的な所から取り組むことをおすすめします。

 

一度不用品販売のスキルが身につけば、そこから先は身につけた技術を使って不用品を無限にお金に変えていくことが出来ます。一過性の知識ではなく、一生レベルで使える知識なのです。人生単位で見ると莫大な節約に繋がりますし、あなただけでなく家族や会社、親戚が処分したいと思ってるものをお金に変えてあげることも出来るようになります。

 

まずは自分が稼ぐために行う。それが出来たらこのスキルを人のために使っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました