【脈あり】付き合う前に元彼の話をする5つの心理!聞きたくないと思う理由と対処法も紹介

婚活
この記事は約8分で読めます。

メルマガ

どうして元彼の話をしてくるんだろう?
元彼の話をされたから自分は脈なしかも
どう対応したら良いか分からない…

などとお悩みではないでしょうか。気になる女性から元彼の話をされると、恋愛対象から外され、壁を作られたのではないかと不安になりますよね。

まだ元彼が好きなのかもしれないと考えすぎたり、嫉妬して相手に強く当たったりすると、恋人ができるせっかくのチャンスを逃してしまいます。

しかし、女性が付き合う前に元彼の話をするのは、必ずしも脈なしだからとは限りません。

貴重な出会いを大切にしてもらうために、この記事では以下の内容を解説していきます。

  • 脈ありの可能性が高い理由
  • 女性の心理
  • 男性の本音
  • 対処法

ぜひ参考にしていただき、女性の気持ちに寄り添った余裕ある対応で、幸せを掴み取ってください。

なお、ブログでは書いていない収入アップ・人生の満足度向上に関する情報は、僕のメルマガでも配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてくださいね!

 

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

付き合う前に元彼の話をする女性は脈ありの可能性が高い

元彼の話をされるとネガティブな印象を抱くかもしれません。しかし、女性はあなたとの関係に前向きだからこそ、元彼の話をしている場合が多いです。

女性の「恋バナ」はある程度仲良くなった相手と盛り上がる話題のひとつ。

心を開いているからこそ、自分の過去の恋愛について踏み込んで話します。元彼を引きずっていると言われても、すぐには脈なしと判断せず、まずは相手の話や状況を受け止めてみてください。

後悔や情を断ち切りたいという思いからあなたに話して、新しい恋愛ができるように背中を押してもらいたいのかもしれません。

あなたへの信頼や期待から元彼の話をしているので、脈ありの可能性が高いといえます。

付き合う前に元彼の話をする5つの心理

元彼の話をする人ほど、これからあなたと誠実に向き合いたいと考え自己開示をしていたり、幸せな恋愛を望んでいたりします。

女性の心理を知ると対応の仕方も見えてくるので、しっかりと見極めましょう。元彼の話をしてくる女性の、5つのパターンを紹介します。

  1. 吹っ切れている
  2. 元彼に未練が残っている
  3. 相手の反応を確かめたい
  4. 自分の恋愛観を知ってほしい
  5. 元彼と同じようになってほしくない

順に解説します。

1. 吹っ切れている

ただの昔話として、深く考えずに話しているケースです。元彼が好きなわけでも、嫉妬して欲しいわけでもなく「昨日友達と遊んできたんだよねー」という感覚で、一つの会話のネタと考えています。

この場合、過剰に反応すると驚かせてしまったり、めんどくさいと思われたりすることも。世間話を聞くテンションで「そうなんだー」と相槌を打つのが得策です。こちらも余裕のある対応をしてみましょう。

2. 元彼に未練が残っている

 別れて間もない時や、心の整理がついていない状況であれば、元彼を話題に出してしまいます。「自分の入る隙がない…」と思ってしまうかもしれませんが、女性としては別れる選択は正しかったのかという迷いや、未練を払拭したいと思いから話していることがほとんどです。

男性目線として優しく「別れられてよかったと思うよ」などと肯定してあげると落ち着くでしょう。次へ進むひと押しをして、あなたは魅力的だから大丈夫だと安心させることがポイントです。

3. 相手の反応を確かめたい

あなたを恋愛対象として見ており、元彼の話をすることでどんな反応をするか見たいと思っています。女性として意識して欲しい気持ちがあり、試し行動をしているのです。

元彼の話をあなたが少し嫌がるような反応をすると脈あり、無関心な態度を見せると自分に興味がなく脈なしと探りながら確かめています。

お互いに好意を感じているようなら「元彼の話は意識してしまう」と正直に話すと満足してもらえるでしょう。

4. 自分の恋愛観を知ってほしい

脈ありだからこそ、自分の恋愛観を知って欲しいと思っているパターンです。女性は自分の全てを受け入れて欲しいと思うもの。恋愛に対する価値観を開示して、きちんと知った上で好きになってほしいと考えています。

共感を混ぜた返事をしながら話を聞いてあげると良いでしょう。

5. 元彼と同じようになってほしくない

元彼の話をする中で愚痴や不満が多い時は「もう同じ経験をしたくない」という気持ちが隠れています

「辛い思いをしたね」といたわったり「自分はそんなことしない」と伝えたりすると安心してくれます。相手の嫌がることをしないというのは恋愛において大切です。過去の恋愛をヒントに知っていきましょう。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

【本音】元彼の話は正直聞きたくないと思う4つの理由

元彼の話を聞いて嬉しいと思う男性はいないでしょう。「いちいち気にしてしまうなんて心が狭い…」と自分を責める必要はありません。

ここでは元彼の話をされた時、世の男性はどんな心境になるのかを4つ紹介します。

  1. 比較されたくない
  2. 嫉妬してしまう
  3. 冷めてくる
  4. 無意味で退屈だと感じる

自分にどれが当てはまるか考えながら、気持ちを整理してみてください。

1. 比較されたくない

女性側は無意識に話していても、元彼と比べられる気がして嫌な気持ちになりますよね。元彼を超えなきゃいけないというプレッシャーを感じてしまいます。自分よりもハイスペックな元彼だったとわかったり、自慢話をされたりしてしまうと、自分への劣等感が押し寄せることもあるでしょう。

人にはそれぞれ良さがあります。自分に自信を持って、元彼を褒める一枚上手の対応で勝負してみてください。

2. 嫉妬してしまう

元彼は、彼女の良いところも悪いところも含め、たくさんの表情を知っています。「男性は最初になりたがる」というように、彼女の初めてを元彼に奪われてしまったと思うと嫉妬せずにはいられません。

過去は変えられないので誰も責められず、もどかしい気持ちになります。嫉妬したことを上手く伝えられるなら良いですが、八つ当たりするのは格好悪いと思われてしまうので注意が必要です。

3. 冷めてくる

嫉妬をしているうちはまだ愛情がありますが、しつこく元彼の話をされると急に冷めてしまう人もいます。「元彼は優しかった」「なんでもしてくれた」と褒めるような発言を聞くと「元彼とヨリを戻したら?」と思っても仕方ありません。

ここで一度、元彼の話はやめて欲しいと伝えてみましょう。会話が盛り上がらないのはフィーリングが合っていないサインかも。女性の出方を踏まえて、付き合っていけるかどうか考えてみてください。

4. 無意味で退屈だと感じる

男性は女性の世間話やオチのない話が苦手です。「元彼の話をしてどうしたいんだろう?」「つまり何が言いたいの?」と、結論がわからない話は聞いているうちに退屈に思ってしまいます

つまらない雰囲気を出しているのに話し続けられると、苦痛になりストレスが溜まる一方です。元彼の話に限らず、話がまとまるような相槌や質問の仕方を習得するなど、今後のために早めに対処しておくと良いかもしれません。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

付き合う前に元彼の話をする人への対処法5選

耳を塞ぎたくなるような元彼の話でも、気の利いたスマートな返しができるのは理想的ですよね。会話の状況を見ながら柔軟に対応していきましょう。

ここでは、以下の5つの対処法を紹介します。

  1. 聞き流して話題を変える
  2. 自分も元カノの話をしてみる
  3. 単刀直入になぜ元彼の話をするか聞く
  4. 「喜ぶこと」「嫌がること」を参考にする
  5. 聞きたくないと素直に伝える

順番に説明します。

1. 聞き流して話題を変える

「そうだったんだ」「大変だったね」など適度に相槌を打って聞き流すことが有効です。女性はアドバイスやあなたの考えを求めているのではなく、聞いて欲しいだけの場合が多くあります

うまく聞き流せば、すんなり次の話題に行くか、会話が盛り上がらないことを察して話すのをやめてくれるかもしれません。過去は時間と共に薄れていくものなので、そのうち元彼の話題も減っていくでしょう。

2. 自分も元カノの話をしてみる

あなたの過去の恋愛について知りたくて、元彼の話をきっかけに聞き出そうとしていることもあります。相手が嫌がらない程度にあなたも元カノの話をしてみましょう。

あなたの過去を知って満足してくれることがありますし、もし元カノの話をされていい気がしないと思ったのなら相手も控えてくれるかもしれません。ただし女性の気分を悪くしてしまうリスクが伴うので、語り過ぎには注意してください。

3. 単刀直入になぜ元彼の話をするか聞く

昔話として聞いて欲しいのか、元彼の話をした時のあなたの反応を見ているのか、女性の意図がどうしてもわからないこともあります。憶測で悩んでいるとどんどん悪い方向に考えてしまいがちなので、思い切って聞いてみるのがおすすめです。

なぜ元彼の話をしているのか、重苦しい雰囲気ではなく、軽い流れで聞いてみましょう。本人に直接聞くことで、お互いの勘違いによる「すれ違い」を避けることができます。

4. 「喜ぶこと」「嫌がること」を参考にする

元彼の話がはじまると、反射的にネガティブなことだととらえ、相手のことよりも自分が平常心を保つことで精一杯になりがちです。しかし、元彼との出来事を聞くのは、相手がどんなことをされると嬉しいのか・嫌なのかを学べる良い機会でもあります。

「前に〇〇が好きだと言ってたよね」「〇〇されるのは嫌だと言っていたから自分はしないよ」など、話した内容を覚えていてくれるのは好印象です。特に、嫌がることは何かを知っていると喧嘩が減るので、仲の良さを保つのにも繋がるでしょう。

アクションを起こすだけではなく、考え方を変えてみるのも一つの方法です。

5. 聞きたくないと素直に伝える

我慢を続けるのは良くないので、元彼の話をされるのは嫌だと素直に伝えてみましょう。「嫉妬してしまうから」「比較されてるように感じる」など、なぜ嫌なのか理由がわかると女性側も納得しやすいです。

これからいい関係を築きたいと思っているなら、あなたの嫌がることはやめてくれるはずです。本音を伝えられる相手とは、付き合った後に起こる困難も一緒に乗り越えていけます。相手を信じて正直に伝えてみましょう。

元彼の存在が気になってうまく付き合えない場合はプロに相談しよう

「終わった恋愛だから」「時間が解決する」といっても、元彼の存在は気になってしまうものです。女性の心理や対処法を頭では分かっていても、元彼というデリケートな話に踏み込む勇気が出ないこともあります。

そんな時は、自分一人で頑張り過ぎず、一度プロに相談してみるのがおすすめです。婚活コンサルでは、的確なアドバイスをもらえて、人間性まで高められます元彼と比べられても自信を持てるようになりたい人は、ぜひ参加してみてください。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました