【Z世代】現代人が結婚しない理由7選!独身のまま生活するメリットと注意点とは

婚活
この記事は約9分で読めます。

メルマガ

「結婚しない人の割合はどうなってる?」
「結婚しない人の理由や特徴を知りたい」
「独身のままでいるメリットとは?」

婚活をしていると、なかなか良い人に出会えず上手くいかない方は多いはず。結婚しないで独身のまま生活していく選択肢を考える方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、現代人が結婚しない理由を解説します。

  • 結婚しない人の理由・特徴
  • 結婚しないで独身のまま生活するメリット
  • 結婚しないで独身のままの注意点

独身のまま生活するメリットや注意点も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、ブログでは書いていない収入アップ・人生の満足度向上に関する情報は、僕のメルマガでも配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてくださいね!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

年々結婚しない人が増えている

生涯未婚率は年々変化しており、結婚しない人の割合は増えています生涯未婚率とは50歳時点で1度も結婚したことがない人の割合です。

2020年の国勢調査の結果によると、外国籍を含む生涯未婚率は男性25.7%、女16.4%でした。この数値は国勢調査が始まって以来、過去最高となっています。

2015年の生涯未婚率は男性23.4%、女14.1%なので、年々結婚しない人が増えている結果です。2030年には男性の3割、女性の2割が生涯独身になると予測されており、結婚しない生き方が普通になるかもしれません。

また、2015年の出生動向基本調査(18〜34歳の男女が対象)によると、2010年から2015年にかけて男女ともに「一生結婚するつもりはない」と回答した人の割合が増えました。若い世代でも結婚しない生き方を考えている方が多くなっています。

さらに、ヨーロッパでは事実婚が広まっています。「事実婚」とは法的に入籍していないが、夫婦のような関係にある男女のことです。

日本でも結婚しない生き方の1つとして、事実婚が増えていく可能性があるでしょう。

結婚しない人の理由7選

年々結婚しない人の割合は増えていますが、どのような理由があるか知りたい方は多いのではないでしょうか。理由を把握すれば、結婚しない選択をする際の参考にできます。

こちらでは、以下の内容を解説します。

  1. 1人でも生活できる
  2. 自由に生きたい
  3. ずっと現役で恋愛したい
  4. お金がかかる
  5. 仕事が忙しい
  6. 勇気が出ない
  7. 子どもや子育てが好きではない

順番に見ていきましょう。

1.1人でも生活できる

結婚しないと1人で生きていかなければなりません。誰かと一緒にいるよりも、1人で生活したい方は結婚しない選択をします。

一昔前は男性が稼いで、女性が家庭のことをやるのが多かったでしょう。

しかし、現代では生き方の多様化が普及したり、女性でも男性のようにお金を稼げたりします。金銭面に不安がなく1人でも生活できるようになったことが、生涯未婚率上昇の理由の1つでしょう。

また、結婚しない人の中には、趣味や娯楽に没頭している方がいます。自分の好きなことに時間を使うことで、結婚しなくても人生に満足している気持ちを感じるでしょう。

2.自由に生きたい

結婚しない人は時間やお金などに縛られず、自由に生きたいと考えている方がいます。結婚すると夫婦での時間や子育てなどがあり、1人よりプライベートな時間が少なくなる傾向です。

何をするにも拘束されてしまうため、1人の時間を持ちたい方にとってマイナスイメージを与えてしまいます。よって結婚しない選択を取ることにつながるでしょう。

3.ずっと現役で恋愛したい

結婚するとパートナー以外の異性と恋愛できなくなります。恋愛体質で自由に異性と付き合いたい方は、結婚に向いていません。

世の中には1人の異性を愛し続けることに、窮屈を感じる方もいます。そのような方は不倫で家族に迷惑をかけることになるので、結婚しないほうが幸せになれる可能性が高いです。

「ずっと現役で恋愛したい」ことは、結婚しない人の理由の1つになります。

4.お金がかかる

結婚は非常にお金がかかります。金銭面を理由に結婚しない選択をする方もいるでしょう。

独身のままであれば、全てのお金を自分のために使えます。しかし、結婚するにもお金がかかりますし、子どもが生まれると子育ての出費が発生します。

特に多趣味の方は普段からお金を使うケースが多く、結婚すると足りなくなる可能性があるでしょう。

5.仕事が忙しい

仕事が忙しいと家に帰っても疲れた状態になり、プライベートな時間が取れず恋愛や結婚をしたいと思わなくなる方もいます。

結婚を意識し始める年代になると、仕事で役職に就いたり、重要なプロジェクトを任されたりしてキャリアを築いていることが多いでしょう。

若い頃より仕事量が多くなり、頭の中が仕事のことばかりになって、なかなか結婚を考えられない可能性があります。

仕事が忙しい方は、独身のままでいる選択肢を取る方がいます。

6.勇気が出ない

結婚するには非常に勇気が必要です。「パートナーに断られたらどうしよう」「親御さんに反対されたらどうしよう」などを考えて、結婚を踏み切れない可能性があります。

また、経済面や子育てなどに不安を抱えていると、今後が心配になって勇気を出せないことがあるでしょう。

7.子どもや子育てが好きではない

子どもや子育てが苦手なことを理由にして、結婚しない方もいます。子どもが生まれると何年も子育てすることになります。

苦手なことを何年も続けることは厳しく、ストレスを抱える原因になって結婚生活を楽しめません。

また周囲の夫婦から「子育てが大変」という話を耳にすると、マイナスイメージを感じやすいです。

子どもや子育てが好きではない場合、独身を選択する方もいるでしょう。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

結婚しないで独身のまま生活する5つのメリット

独身のまま生活するには、さまざまなメリットがあります。メリットを把握すれば、ご自身に合った生活ができるでしょう。

こちらでは以下の内容を解説します。

  1. 自分の時間を大切にできる
  2. 家事の量が少なく時間がかからない
  3. 自分の好きなようにお金を使える
  4. 相手の家族や親戚との付き合いがない
  5. 転職・引越しを好きなタイミングでできる

それぞれ参考にしてみてください。

1.自分の時間を大切にできる

独身は全ての時間を仕事や趣味など、自分のために使えて大切にできます

結婚すると嫌だも夫婦で顔を合わせることになり、自分だけの時間は少なくなる傾向です。

独身であれば仕事や趣味などに没頭できるので、自分の時間を大切にできるでしょう。

2.家事の量が少なく時間がかからない

結婚していると最低でも2人分の家事を行う必要があります。家事の負担が大きくなるので、かかる時間も増えるでしょう。

精神的な負担になってストレスがかかることも。

独身であれば1人分の家事だけやれば良く、時間がかからないのがメリットです。

3.自分の好きなようにお金を使える

結婚すると収入は夫婦の財産になるので自由に使えません。生活に必要なものも2人分になるので、独身よりも必要なお金が増えます

欲しいものがあった際に自由に使えるお金がなくて、買えないことがあるでしょう。

独身であれば全ての収入を自由に使えるので、自分の判断だけで欲しいものを購入できます。

4.相手の家族や親戚との付き合いがない

結婚せず独身であれば、相手の家族や親戚との付き合いはありません。

個人差がありますが、結婚後は相手の家族や親戚との付き合いを行います。付き合いが濃く頻繁に会う場合は、人付き合いが苦手だと疲れやストレスを感じるでしょう。

相手の家族との相性は結婚しないとわからないため、自分ではどうすることもできないです。

独身には相手の家族や親戚との付き合いがないのが、メリットになります。

5.転職・引越しを好きなタイミングでできる

独身であれば自分の都合で転職・引越し可能です。結婚しているとパートナーや子どものことを考えなければならず、実施するタイミングを考慮する必要があります。

特に子どもがいる場合は、経済面から転職に踏み出せなかったり、学校関係で引っ越しできなかったりします。

一方で独身であれば自分の都合だけ考えれば良く、好きなタイミングで転職・引越しできるでしょう。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

結婚しないで独身のままの5つの注意点

独身の生活には注意点があります。把握しないと、今は良くても将来的に困る可能性があるでしょう。

こちらでは、以下の内容を解説します。

  1. もしもの時に頼れる人がいない
  2. 経済的な余裕が少ない
  3. 子供を作れない
  4. 周囲の目が気になる
  5. 老後に不安がある

それぞれ参考にしてみてください。

1.もしもの時に頼れる人がいない

独身のままだと病気になったり、怪我をしたりした際に身近に頼れる人がいるとは限りません自分に何かトラブルに遭うことを考えると、不安になるでしょう。

結婚しているとすぐ近くにパートナーがいるので、病気や怪我をするとサポートしてもらえます。もしもの時、身近に頼れる人がいないのは、独身で生活する注意点になります。

2.経済的な余裕が少ない

独身だと全て自分の収入でやりくりをしなければなりません。病気や怪我など自分に何かあって働けなくなった場合、収入がストップします。

働けている分には心配ありませんが、もし働けなくなったときのことを考えると経済的な余裕は少なくなるでしょう。

一方で結婚しているとどちらかが働けなくなっても、もう片方が仕事をすれば収入が途切れることはありません。結婚しているほうが、経済的な余裕を持ちやすいです。

独身の方は自分に何かあった際の経済的な不安に注意しましょう。

3.子供を作れない

独身のままでも出産できますが、ほしいと思ったときに子どもを作れませんなぜなら、結婚しないで子どもを産むことを許容できるパートナーを見つけるのは難しいからです。

また、パートナーが近くにいない場合もあるので、すぐ子作りができません。

子どもが好きで子育てをしてみたいなら、結婚を視野に入れるほうが良いでしょう。

4.周囲の目が気になる

年齢を重ねるごとに周囲の友人は、どんどん結婚していきます。親族や友人から「結婚しないの?」と聞かれて問い詰められることがあるので、周囲の目が気になるでしょう。

また、直接言われなくても友人の結婚生活や子育てなどを見たり、聞いたりすると不安を感じて落ち込むことがあるかもしれません。

独身で生活していくなら、周囲の目が気になることを把握しておきましょう。

5.老後に不安がある

老後になると周囲の人も同様に老いていくので、病気や怪我をしたときに相談できる人が少なくなっていきますサポートしてくれる人がいないことに不安を感じるでしょう。

また、お金を貯めていても1人でいると、人間は寂しさを感じるものです。

独身のまま老後のことを考えると、不安になりやすいので注意しなければなりません。

結婚をしない選択は自由!ただし決断する前にコンサルに相談するのがおすすめ

年々生涯未婚率は上昇しており、結婚しない男女の割合が増えている状況です。今後も結婚しないで独身のまま生活する人は、増えていくと考えられます。

結婚しない選択を取るのは個人の自由ですが、独身で生活するには注意点があります。

注意点を把握していないと、不安やストレスを感じる原因の1つになるでしょう。

その際は、一度婚活のプロであるコンサルに相談するのがおすすめです。過去の経験から最適なアドバイスを行いますよ。

\ 婚活アプリ・パーティから脱却!/
>> 婚活コンサルの詳細はこちら

メルマガ無料登録で人生が好転するセミナー映像をプレゼント!

・メールアドレスだけの簡単登録!
・人生を好転させるために必要な考え方が学べる!
・メルマガではせどりや転売で稼ぎたい方に向けた情報を発信!
・今ならセミナー映像を無料でプレゼント!

収入UP&人生好転の考え方を配信!
>> 細野悠輔 公式メルマガ の無料購読はこちら

コメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました