アドセンスを使ったアフィリがオワコンな3つの理由

トレンドブログアフィリ稼げなオワコン

最終更新日

この記事の所要時間: 836

 

こんにちは、細野です。

 

アフィリエイトの入り口としてトレンドブログを実践する人が増えています。

僕も初報酬をアフィリエイトで稼いだのはトレンドブログでした。

アドセンスがクリックされて、本当にアフィリエイトって稼げるんだなーとびっくりしたのを覚えています。

 

今現在、トレンドアフィリは全くオススメできない稼ぎ方になっています。

その理由としていつも言うように「この世に同じサイトは2つとしていらない」と検索エンジンが判断するからです。

 

アフィリエイトが後発ほど稼げないのはこの原理があるからなんですね。

 

冷静に考えて欲しいのですが、人と違うことを話すのって難しいですよね?

細野さんは人と違うことばかり言うじゃんって思うかもですが、それは僕が変わった人だから出来るのであり、殆どの人は無理です。

 

実際アフィリエイトの稼ぎ方、アフィリエイトのおすすめ教材といったキーワードで調べると、どの人も下克上、プライド、アンリミテッドアフィリエイトを推奨していますね。

あと最近はアドモールというASPで販売している教材を推す人も目立つようになってきた。

僕はこれらは全部クソであり、再現性が皆無だと思っています。

 

教材販売者や初期に参加した人は結果を出しているけど、今から参入して稼ぐのは超困難です。

100%無理とはいいませんが、挫折率は超絶高いです。

だからあなたがマゾとか、天才じゃない限りおすすめしないです。

 

今回はトレンドアフィリが無理ゲーな理由について、わかりやすくまとめていきます。

 

アクセスを集めないといけないからマスを狙うのが苦手な人には無理

 

トレンドブログで稼げる人ってマスを意識した話が出来る人です。

芸能ネタもそうですし、花火大会の記事を一般大衆に向けておもしろおかしく書けること。

 

これがトレンドブログで稼ぐために必要な素質です。

ネタ自体はどの人も同じようなものになるので、差別化は難しいです。

 

YouTuberと呼ばれる人たちの動画を見て下さい。

最初は斬新だったが現在ではどの人も同じような発信になっていますね?

そして広告報酬単価が下がり、収入が激減していると言われています。

 

トレンドブログでも全く同じです。

 

スキャンダルネタを書いたサイトに自社の広告を掲載したくないと考える広告主は多いですし、自社の販売する商品とマッチング率の悪いサイトには広告単価を下げようと考える広告主が出てくる。

グーグルは広告代理店なので広告主の意向を汲み取って、自動的に成約率や広告単価をAIで判断して調整をさせています。

 

これから大量にアクセスを集めて収益化するという稼ぎ方はどんどんしんどくなってきます。

 

あなたが子供の頃からクラスにおける話題の中心的存在であるなら、トレンドブログやYouTuberは向いていると思います。

ただし、芸能記事や花火の記事をまとめて書く作業が苦痛と感じるのであれば、トレンドアフィリエイトからは徹底されることをおすすめします。

 

つまらない事、くるしい事って続かないんです。

それを続けて大きく稼げるならいいですが、トレンドブログはいつかグーグルからペナルティを食らって検索圏外に飛ばされてしまいます。

 

必ず破綻するとわかっているビジネスをやるな

 

全てのトレンドブログはいつか検索圏外に飛ばされる。

 

この言葉を伝えた時にあなたは嘘だと思うでしょうか?

しかし事実です。

 

僕は芸能ブログを作っていた時に、当時勢いのあるブログをブックマークして参考にしていました。

ところがその数カ月後に同じサイトにアクセスすると、サイト事態が消滅していたり、更新が完全に止まっているサイトばかりだったのです。

 

続いているサイトは1割にも満たなかった。

 

これの意味する所は、トレンドブログは短期間で大きく稼ぐ(100万以上行くこともある)事が可能だけど、その後稼げなくなるか、収入が下がっていくビジネスモデルだという事です。

 

だからこそアドセンスで稼げた人は自分が稼げたやり方を人に教えて稼ぐという方向にシフトしています。

月収1000万達成しましたとか言う人は皆このやり方です。

 

僕もそういう提案をするコンサルを受けたことがあるのでわかるのですが、長く稼げないことを学んで実践するのって夢が持てないんですよね。

誰もが情報発信やりたいわけではないですし。

 

ちゅーか情報発信なんて本音では皆やりたくないと思っているはずなんです。

誹謗中傷されるリスクがありますし、人生詰んでますみたいな人らがお客さんになるので相手するのもめちゃくちゃしんどい。

コンサルとかせどり以上に肉体労働ですよ。やりたくないですw

 

間違っても自動化は出来ない

 

僕はトレンドブログをやっていた時に、作業を外注化して記事を増やせばどんどん報酬も上がっていくと考えていました。

確かに記事を増やせばアクセスも上がるし、維持ができるのですが、サイトの育成というのは爆発的なアクセスを取らない限り上がらないんです。

 

大きなアクセスが来て上のレンジにシフトし、また大きなアクセスを集めて上のレンジにシフトする。

この繰り返しでSEOというのは上がっていきます。

 

つまり、どこかしらのタイミングで大きなアクセスを取れなければ、あなたのサイトはずっとアクセスが集まらない状態だという事です。

これがあるからこそ、ブログアフィリエイトを僕は最初にやることをおすすめしません。

 

トレンドブログで自動化というのは僕はないと思ってます。

僕に教えてくれた人も100万稼いでその後放置して30万程度を維持という状態でした。

 

月に数回の更新で30万を維持できるならありっちゃありですが、参入のタイミング、ライバルが不在だったなど、実力とは無関係の運に左右される部分が大きくて稼げるのがアフィリエイトです。

 

どんなにいい情報を持っていても、ゼロベースでライバルが多いテーマを上げるのって困難です。

新しいキーワードをまだライバルが書いてないタイミングで書いて、爆発的なアクセスを集める。

これをやっていかないと無理です。

 

でも新しいキーワードなんてそんなに簡単に見つかるわけではないし、アンテナ貼るのもしんどいです。

 

トレンドブログをやるのが大好きという人なら続けられると思うのですが、殆どの人はアフィリエイトなんてやりたくないし、記事も書きたくないと思っているはずです。

 

であるならば、同じ時間と労力を避けば、確実に稼げる物販をやったほうがいいというのが僕の考えです。

物販では100万とか200万稼ぐのは難しいですが、30万程度であれば殆どの人が達成できます。

そして作業も外注化すれば、週に1回の作業でも収益が出るようになります。

 

これであれば副業として理想的だと思うし、本業との収入、共働きの収入でどんな人でも年収1000万まで行けるはずです。

 

なのでまずは物販から入り手堅く月利30万を稼げるようになり、年間1000万を家族で生み出せるようになる事をおすすめします。

 

副業で30万、週に1回の作業で稼いでますって言ったら、相当な引きが取れるので、教える側に回っても稼げます。

 

ライスワークラボではアンケートを取っているのですが、短い時間で30万、50万と稼げるようになりたいと答える人がすごく多いんです。

 

今まで僕はそれを見て「なめんなよ」と思っていたのだが、やろうと思えば出来るなと感じるようになりました。

 

週に1回の作業で100万、200万はちょっとイメージが今は持てないですが、30万ぐらいなら達成可能です。

最初からは無理ですが、3ヶ月から半年ぐらい仕組みづくりを頑張れば充分に到達可能です。

 

まとめ

 

トレンドアフィリは2013年頃であればまだ稼げていたし、おすすめしてもいいかなと感じられる余地がありました。

しかし今はもう無理です。

 

同じテーマで記事を書いてる人が増えすぎて完全に飽和しています。

 

YouTubeでも同じような状況です。

テレビを切り取って量産、ラジオを切り取って量産、ブログをコピペして量産。

 

視聴者として同じようなコンテンツが溢れてくるとうざいですよね?

 

そういったシグナルをグーグルは敏感にキャッチしてアカウントを削除したり、検索圏外に追いやるというのをやっています。

 

ネットビジネスをやりたい人なんて一人もいないと思います。

稼ぐ手段として、今より1万でも2万でもいいからお金が欲しい。

 

そういう思いを持って入ってきていると思います。

 

ですから賞味期限切れの手法に振り回されないように注意して下さい。

 

もう一度超本質を言いますが「世界に同じサイトは2つとして必要ない」のです。

 

アフィリエイトや発信をやるということは人と違うことをやり続けるという意味です。

それが出来る人だけが長く稼ぐことが出来ます。

 

同じ事やっていると飽きられて、またこの手のタイプか…と敬遠されてしまうんですね。

 

言われてみればその通りと思うことなのですが、自分が実践する側になるとこの視点を失ってしまいます。

 

あなたがそのような遠回りをせずに最短で稼げる方に来られるように願っています。

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です