PR

嫁ブロックの原因と成果実証済の具体的な対策方法3つ

嫁ブロック対策方法 QOL
この記事は約8分で読めます。
-

メルマガ

転職の意思を嫁に話したら、反対された

副業をやる事を嫁に反対されている

起業をしたいのだが、妻が応援をしてくれない。

転職や副業を始めようとしたら、家族から反対をされる‥。妻から理解を得られずに、行動することを躊躇してしまっている。

 

新しい目標に向かって行動を起こそうとしているのに、それを邪魔されるのはとても辛いことです。

この記事では嫁ブロックと呼ばれる、家族からの反対、妨害の原因と解決策を紹介していきます。

 

嫁ブロックが発生する原因

そもそもなぜ嫁ブロックが発生するのか?このパートでは、嫁ブロックの発生原理について解説をします。

嫁が夫の転職に不安を感じている

転職をすることで収入が下がったり、新しい会社で評価をされないリスクがあります。結婚をしている方の場合、自分の生活だけでなく、家族の生活も考えなければいけません。

あなたの奥さんが専業主婦の場合、収入が減ったり、途絶えることで、生活レベルが大きく下がってしまいます。自分や子供の安全を守るために、反対をしているのです。

嫁が夫の転職意思を事前に知らされていない

転職が決まってから事後報告したり、面接が進んだ段階で伝えるなど、事前に十分なコミュニケーションを取らない事で、問題に発展をします。

ヘッドハンティング会社から連絡をもらった、転職を考えている。行動の初期段階で、家族に対しても伝え、理解を得られるように動いていきましょう。事後報告を行うと、相手はあなたに対して不信感を持つようになります。

嫁が本質的にドリームキラー

人が成功することを本心では望んでいなかったり、変わろうとする相手を否定する性質を持ってる人を「ドリームキラー」と呼びます。あなたの奥さんがドリームキラーである場合、理由や状況に関係なく、あなたが挑戦しようとする事に対して口出しをしてくるでしょう。

ドリームキラーは自己中心的、ネガティブ、支配欲、嫉妬心を持っており、人の夢や目標を否定したり妨害してきます。前向きに人生を生きていきたいと考える人にとっては、絶対に付き合ってはいけない存在です。

嫁ブロックへの具体的な対策方法

嫁ブロックが発生してしまった時に、どういった行動を取ればいいのでしょうか?今すぐ実践できる対策方法について解説をします。

時間をかけて丁寧に説明をする

自分が行動を起こそうと思った経緯や背景について、丁寧に説明を行います。なぜそれほどまでしてあなたが何かを変えようとしているのかを伝えることで、相手もあなたの真意や本気度をわかってくれるようになります。

人に伝えるためには思考を整理しなければならないので、説明をしていく過程で自分の矛盾やおかしさに気がつくこともあるでしょう。

不安や反対する気持ちを理解し、それを解決できるように努力をする

人間は変化や新しい行動を嫌う生き物です。今までとは全く異なる環境に足を踏み入れようとしているあなたに対して、妻が不安を感じることはとても自然なことです。

相手の不安を理解し、どうすれば不安を払拭できるかを二人で話し合っていきましょう。相手が感じている不安に対して、自分がどのように対応をするかを伝えるのです。仮にその通りにならなくても、対応を考えている事を知れば、相手はあなたに対して理解を示すようになっていきます。

転職後の生活を具体的にイメージし、それが夫婦にとって理想であると説く

今の生活の延長にある未来と、行動を起こした先にある未来を比較し、どちらが自分たちにとって理想的であるかを整理します。自分の理想だけでなく、妻の理想も聞き出しましょう。

例えばあなたは収入を上げることを重視しているが、妻は子供と過ごす時間を増やして欲しいと考えている場合、両者の利害は一致しませんよね。その場合、収入は同等で可処分時間が増える職場への転職を目指すと伝えれば、理解をしてもらえるようになるでしょう。

夫婦間のコミュニケーションは命題と反対命題を弁証法させる事が大切です。どちらか片方の言い分だけを通そうとすると、説き伏せることは出来ても、相手は納得していないため、不満を感じるようになります。

理想の共有を行うことで、反対していた相手を、味方にすることが出来るでしょう。

数値を用いて生活の安全を担保する

転職や起業直後は収入が下がってしまうことの方が多いです。この構造を変えることは難しいです。

生活防衛費として3年分がある事を銀行の貯金残高を見せて伝えたり、余暇にウーバーイーツを実践して、生活費を稼ぎながら続ける覚悟があることを伝えましょう。

生活レベルが下がることは誰だって嫌です。今住んでいる場所を離れなければならなかったり、不便で狭い場所に引っ越さなければならないと知ったら、反対をされても仕方がないでしょう。

安全の担保を細かく行いながら、自分に対する信用を高めていく事が、収入が下がる環境ではとても大事です。

成功者が実践してきた嫁ブロックを乗り越える3つの方法

あなたの妻がドリームキラーに該当する場合、上記の対策を講じても理解を得ることは困難でしょう。

身も蓋もない話をしますが、ドリームキラーの妻は負債です。ドリームキラーと一緒に過ごしてもあなたが今後幸せになることはありません。

このパートでは、あなたと同じように嫁ブロックを経験し、転職や起業を成功させてきた人たちが行ってきた成果実証済の具体的な対策方法を紹介します。

別居

ドリームキラー妻は負債であり、あなたの人生を破壊する癌です。距離を取り、ドリームキラーが発する言葉に耳を貸さない事が大切です。妻と言えども元々は他人であり、あなたの悩みや葛藤を100%正確に理解することは出来ません。

話し合いの上、理解を得られそうにないとわかった場合は、まずは物理的な距離を取ることからスタートしましょう。具体的には現在住んでいる家とは別に部屋を借りて、そこで生活をします。あなたが家から出て行っても良いですし、妻に別居先での生活を提案しても構いません。

 

物理的に距離を置くことで、クールダウンが行われ、冷静に話し合いが出来るようになる可能性があります。

人間の性格や行動習慣が切り替わるためには、最低でも半年間の期間が必要と言われます。半年の期間を目安に別居を行うと良いでしょう。

離婚

別居をしても改善しない、妻がさらにヒートアップをして邪魔をしてくる場合は、離婚を視野に入れます。

離婚なんてしたくないと思うでしょうが、誠意を尽くして言葉と態度で伝えようとしても理解しない相手と、人生を共にしていく事は困難です。

 

あなたは成功するために、今の人間関係を整理し、今までとは異なる基準値で行動をしなければならないのです。そのためには妻という存在でさえも、関係性を整理しなければならない時があります。

 

離婚をしろと言うと、多くの方はびっくりして「そんな事が出来るはずがない」と言ってきますが、永遠に関係性を断てと言っているのではありません。転職や起業に成功して生活が安定した段階で、呼び戻して、再婚をすればいいのです。

 

まともな相手であれば、そこまでして成功しようとしたあなたを評価して、戻ってきてくれます。

戻ってきてくれないのであれば、遅かれ早かれ夫婦の関係は破綻をするような関係性だったという事です。転職や起業はそのきっかけに過ぎず、仮に行動を起こさなくてもどこかしらのタイミングで離婚に至っていたのです。

諦める

妻や子供と離れる事ができない、そのための犠牲を払えないという方は、諦める事も視野に入れましょう。人間の心は現状を維持しようとすることを優先したり、元の場所に戻ろうとする物理法則(慣性の法則)の影響を受けます。

 

成功するまで距離を取り、成功してから呼び戻すというやり方は、嫁ブロックを経験した成功者が実践してきた方法です。彼らは短期的には大きな犠牲と苦痛を味わいながら、孤独になり、ビジネスや転職を成功させる事に集中をしました。

成功するためには何かを犠牲にしなければいけないのは、自明の理です。しかしながら、結果が出ない人の多くは、この因果関係を受け入れず、今の生活を変えずに成功を手に入れようとします。

大半の人がそのような心理的、物理的な法則に支配をされて生きているため、成功する人の数はいつの時代も少ないのです。

まとめ:生き方が変われば付き合う人も変わる

結論として、嫁ブロックを発動させてくる相手というのは、あなたの成功を願わず、あなたの意思を尊重することもなく、聞き入れる余地も与えない相手である事のほうが多いです。

まともな相手であれば、まずはなぜあなたがそう思っているのか?と疑問に思い、話を聞こうとしてきます。それをしてこない時点で、ドリームキラーである可能性が高いです。

 

未来を変えるために行動を起こそうとする人を邪魔する人間。相手からしたらそれが自分や家族の安全を守るための行動だと思っているのでしょう。

 

行動を起こしたいあなたはわかっているはずです。今の生活の延長に幸せはなく、行動を起こさなければさらにひどい未来が待っていると。

 

別居や離婚を経て、妻の考え方が変わり、再び家族に戻れた成功者もいます。ですが、中には最後まで妻の理解を得ることが出来ずに、別々の人生を歩むことになった成功者もいるのです。成功していく過程で人間性が高まり、これまでよりも素敵なパートナーと出会えた成功者もたくさんいます。

 

人がステージや生き方を変える時には、付き合う人や環境も変わっていきます。僕であれば大学や高校時代に出会った人との交友関係は途絶え、話が全く合わなくなりました。また、社会に出てからも自分の価値観や基準の変化とともに、付き合う人が変化し、その度に環境も変わっていきました。

過去には会社を2回作り、抜けていますし、新規事業として取り組んだビジネスは数え切れない程あります。その度に付き合う人も、環境も大きく変化し、それまで付き合っていた人たちとの関係性は希薄になっていきました。

 

成功者は孤独と言われます。成功するためには付き合う人や環境を切り替えなければなりません。

あなたはそこまでの覚悟を持って、転職や起業をしたいと思えるでしょうか?もし思えないのであれば今の会社で会社員を続けていくことをおすすめします。

変化を嫌う方に、転職や起業家の適性はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました