amazon輸入ビジネスで初心者が失敗して儲からない必然性

この記事の所要時間: 355

輸入転売で稼ぐパターンは大きく分けて2つあります。

 

一つはeBayや海外ネットショップで仕入れてヤフオクで売るというやり方。

もう一つはアマゾンで売るというやり方です。

 

どちらも初期投資を伴い在庫を持つビジネスであり、全くおすすめの出来ないやり方です。

そしておススできないだけでなく、これらは実際コスパが悪く、稼げないのです。

 

今回はAmazon輸入がなぜ稼げないのか?という点について掘り下げて解説をしていきます。

 

バカでも出来て真似が簡単だから秒で飽和して稼げなくなる

 

ビジネスに参入する際に考えるべきことは、儲かるビジネスの鉄則を満たしていることと、稼いだ先の参入障壁です。

 

初期投資と在庫を持つ時点で輸入転売は論外なビジネスですが、オススメできない点はこれだけではありません。

誰でも出来るから参入障壁を作りにくいのです。

 

Amazonで売れる商品はモノレートやkeepaを使えば誰でも見つけることが出来ます。

海外との価格差を自動で計算してリストアップしてくれるツールもあります。

 

これの意味する所は、作業をして価格差があるものを見つけて仕入れをすれば、誰でも簡単にお金が稼げてしまうということです。

 

もちろん実際にはライバルが増えて価格が暴落したり、赤字になるという問題も起きます。

しかしそういった商品を複数仕入れることによって、全体では黒字にする事が出来る。

 

ですから輸入転売で稼ぐ上で必要なスキルは、価格差があるものを見つけて、それをひたすら淡々と仕入れてAmazonに納品するという反復作業なのです。

そして同じことは作業を覚えれば誰でも出来てしまうため、すぐに飽和をしていきます。

 

結果常に新規商品の開拓やリサーチをしなければならず、いつまでも自由になれません。

気がついた時にはモチベーションが枯れて輸入転売を辞めてしまうのです。

 

仕入に資金がかかるから最短で稼げない

 

在庫を持つビジネスの問題点は、仕入れが出来る物量に限界があるという事です。

利益の出る商品を見つけることが出来ても、自分の資金量の限界を超えていたら仕入れることが出来ません。

 

そうするともっと短い期間で大きく稼げたはずのチャンスを逃すことになり、機会損失が発生をします。

 

ビジネスにおいて機会損失が毎日発生するというのは致命的な状況であり、あなたの時間と資金はその効力が最大化される場所に費やされるべきです。

 

一人のビジネスオーナーとして何にお金と時間を割くべきかは、常に考えていかなければなりません。

そして費用対効果が悪いと判断したら、時には撤退をするという決断もしなければならないのです。

 

在庫を持つビジネスは中途半端に結果も出るので、撤退しようと思ってももサクッと決断が出来ません。

サンクコストを支払っているため、ここで辞めたらもったいないと思ってしまうわけです。

 

在庫は罪庫と心得よ

 

そもそも転売は犯罪と思っている人がいるぐらい、転売行為というのは誤解を招きやすいビジネスです。

ですから参入をするのであれば、可能限り在庫を持たないようにする事。

 

無在庫で稼げるようになり、資金が余ってきたら在庫を持つビジネスに参入をすればいいわけです。

 

輸入転売は自動化とも相性がよく、自分が1秒も作業をしなくても稼ぎ続けることが出来るビジネスです。

だからこそ、ビジネスオーナーになり、輸入転売を権利収入にするために行動をしていく。

 

ゴール設定がお金を稼ぐだけだと、あなたはいつまでもただの個人事業主です。

そしてあなたが個人事業主である限り、いつまでも肉体労働やって労働収入して小銭稼ぎで終わりです。

 

世界の富の9割はビジネスオーナーと投資家が牛耳っってます。

トマ・ピケティが証明してくれたとおり、我々がやらなければいけない事はRの住人になる事です。

 

資産を作りRにシフトし、人生レベルで圧勝できるように、戦略的に行動をしていきましょう。

最終更新日

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです

にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ