せどりを今から副業で始めても儲からないって知ってました?

せどり後発

せどりというのは後発でも稼げる余地がある、数少ないビジネスです。

しかしながら割の良いビジネスかと言うと、そんな事はないです。

 

肉体労働ですし、単発報酬しか稼げませんし、プラットフォームの気分次第で簡単に収入がゼロになります。

なので、せどりで独立とかありえないですし、長く続けるビジネスでないことを覚えておきましょう。

 

その上でこの虚業に取り組むのであれば、期日を決めて短期集中でやること。

これに尽きる。

 

1年間やって300万稼ぐ。

3年間で1000万稼ぐ。

期間を決めてその期間を脇目も振らずに行動しまくって金を稼ぐ。

 

せどりはそういう付き合い方が適しています。

 

よく言われるせどりで実績を作って情報発信するみたいな流れも、基本シカトでいいです。

ずっとプレイヤーだったり現場を見ながら修正をしていく作業というのは骨が折れます。

 

そして相手が個人である以上、報酬として請求できる金額には限界があります。

月額200万の顧問報酬を請求しても、個人相手だと払える人はほぼいない。

個人相手という商売である以上、価格には限界があるし、そこで出会える人にも上限があるという事。

 

もちろんこれも経験としてやってみるというのはありだと思いますが、せどりを通じて長く付き合える人を集めるのは非常に難しいと考えています。

それはせどりという稼ぎ方が短期ビジネスである事と密接に関係しています。

 

短期ビジネスで出会える人は、どこまでいっても短期間でしか付き合えない可能性が大きいという事。

 

ですから、ビジネスを通じて仲間が欲しかったり、ビジネスパートナーを見つけていきたいと考えるのであれば、せどりを軸にダラダラやる事はおすすめしません。

 

たくさんの人にせどりを提案してきましたが、年間を通じて活動が続く人は非常に少ないです。

一時的に30万とか50万円稼げるようになった人も、しばらくすると辞めていたり、別のビジネスに取り組んでいたりする。

 

そうならないように長くせどりが出来る人を育てようと頑張ってきたのですが、せどりというのは本質的に長く続けられないビジネスなんだと現在は理解しています。

稼げる金額にも限界がありますし、将来性も非常に暗い。

 

このようなビジネスに10年単位で向き合うというのは難しいのです。

 

しかし月に5万とか10万でいいのならば、少ない作業量でもすぐに達成できる魅力もあります。

ですから、おすすめのせどりとの付き合い方はノルマも設けずに稼ぎたい時に稼ぐというスタイルです。

 

月に1回集中して仕入れをやればこのぐらいの利益は簡単に稼げますし、気分転換にもなっていい。

自分の得意なジャンルだったり、仕入れ方を確立して、それが継続できる状態になってしまえば、仕入れ回数や仕入量に依存をすることもなくなります。

 

後発としてせどりに今から入るのであれば、せどりの先を考えることはもちろんの事、期日を設定するというのを意識して下さい。

 

目標設定の重要性:せどりは長くやるビジネスではない

 

いつまでに、いくら稼ぐのか?

達成した先に何を見据えるのか?

 

ここを決めておけばブレることなく愚直に行動が出来るはずです。

 

電脳せどりをやる際も、いつまで仕入れが出来るかわからない以上、このような博打型ビジネスを続けるのは非常にリスクが大きいですね。

だから電脳せどりをやる際も期日目標は必ず作り、その目標を達成したらスパッと辞めて次に行きましょう。

 

短期間で成長する重要性

 

1年から2年ほど集中して取り組み、ガッツリ数千万ほど稼いで次にステップアップする。

せどりというのは短期ビジネスであり、長く続けられるものではありません。

 

あなたの年齢が高いなら肉体的な限界もありますし、家族がいるなら家庭との両立も考えなければなりません。

じゃあどれぐらい稼げるようになればいいの?って話ですが、3ヶ月一緒に仕入れに行けば食っていけるラインに到達すると考えています。

 

僕と毎月3ヶ月、毎月遠征仕入れ(泊まり込みで仕入れをやること)をやる。

そして日々、学んだことや工夫したこと、失敗したことを僕にアウトプットしてくる。

これをやれば月に30万〜50万の利益をコンスタントに出せる状態にはなるはずです。

 

もちろん資金(現金で200万以上)や時間(週に3回以上は仕入れに行って下さい)は確保した上です。

 

本気で学ぶとどれぐらい稼げるようになるのか?

 

例えば僕が過去に福島にお客さんと仕入れに行った時は、こんな感じでした。

 

4人で車二台で出かけて、3日で40万の見込み利益。

 

福島市から南下して、郡山市まで2泊3日で周りました。

全体的に福島を見ていて思ったのは、安定しているという事です。

他の東北のエリアや関東のエリアと比較しても、ライバルが少なく、荒らされている感がない。

なんで安心して回れるというのがあります。

また街の規模がでかく、お店の数が大変多い。

福島県の面積そのものもかなり巨大で、僕らが今回行った場所以外にも、会津若松市やいわき市があり、次に福島に行くときはこの2つにも行きたいと考えています。

 

仕入れた商品としてはCD、フィギア、家電、おもちゃなど。

リサイクルショップも新品のお店も全部良かったです。

福島県は食べ物もおいしくて、この地域にしかない回転寿司に行ったり、夜はホテルの温泉入ったりで、満足度の高い遠征となりました。

 

また、岩手から、宮城に南下してせどりをした時はこんな感じでした。

 

2泊3日の日程で、
岩手県と宮城県を横断。

結果としては3日で24万の見込み利益獲得と
なかなか苦戦をしました。

ただ、もっと掘り下げて多くのお店を周り
経験値を獲得していけば
この数字は改善できると考えています。

東北のせどりは癖がありますが、
コツコツ回っていけばびっくりするぐらい
利益の良い商品が見つかりますし、
車の運転もしやすいエリアなので
運転慣れしてない人にもハードルが低いです。

最終日の宮城県は仙台市内を回ったのですが
途中でお客さんの仕入れ資金が付きてしまったので
夜の7時ぐらいで終わりにしました。

遠征に行く度に思うことですが、
車が常にパンパンになるので
コマ目な荷物発送は欠かせませんね。

2日目に思ったほど大量に仕入れが出来なかったことがあり
荷物の発送を翌日に繰り越したのですが
このせいで最後は後ろが全く見えない+荷物が入らない
という状況になり、何度も荷物の詰め替えをやる羽目になりましたw

 

女性でもせどりで今から参入して稼げるのか?

 

僕のお客さんには女性の人がいるんですけど、
彼女たちのバックグラウンドは様々。

離婚を機に自分でお金を稼がざるを得なくなった人、
旦那の収入が少なく、自分も稼ぐことで家計に貢献したい人、
今の仕事を辞めてやりたい夢があるが、まずはお金の問題を現実的に解決したい人。

年齢も住んでいる所もバラバラですが、
どの人も僕と一緒に仕入れに行ってせどりが上手になりましたし、
収入も以前と比べて上がりました。

そして現在教えている人達の変化は目を見張るものがあり、

他の人の仕入れツアーや教材を買ってきたが赤字になってしまった人が
毎月の収支を黒字にしたり、

せどりを知らず興味が1ミリもなかった人が
月の粗利を20万円以上コンスタントに稼ぐようになり、

ブックオフで108円の本を全頭サーチして
全然稼げなかった人が
その時よりも遥かに少ない時間で
効率的にお金を稼げるようになりました。

せどりを実践する上で
体力や集中力があったほうが望ましいですが、
女性だから、主婦だから無理というのはありません。

正しい努力の仕方、適切な商品分析の仕方を学び、
それを繰り返し続ける事で
未来永劫安定的に金を無限に生み出せるようになります。

これを読んでいる方がどれぐらい稼ぎたいかはわからないのですが、
月収30万程度なら超余裕。

月収50万も頑張れば達成可能。

月収100万は専業でガチでやれば不可能ではない目標です。

他のビジネスと比較しても、結果が出るまで待たなくて良いですし、
稼げる金額としても申し分ないラインを狙えます。

家族から協力してもらったり、
人を雇って作業を割り当てることで
時間的制約が大きい主婦の人でも
問題なくせどりは実践できるので安心して下さい。

 

子育てしながらせどりで稼ぐコツ

 

せどりの場合はお店を回って仕入れというのをやらなければいけないので、子育てをしているとお店を見ている間子供をどうすればいいのか?という問題が出てきます。

 

これに対する僕の提案としては、家族の協力です。

僕のお客さんにもこれはお願いをしていて

要は自分が仕入れに行っている間面倒を見てくれる家族であったり
ベビーシッターを雇って面倒を見てもらえばいいのです。

1日仕入れをして見込み利益が5万円とか10万円とか出せれば
ベビーシッターを雇っても十分に利益が出ますよね。

 

レンタカーやベビーシッターというものに経費をかけてもなお
しっかり利益を出せるのがせどりであり
そのための実力を身につけるために
稼いでいる人と一緒に仕入れに行くというのが超重要になってきます。

 

結論として、子育てをしながらせどりをして稼ぎまくるのは可能ですし、
実際に稼いでる人を何人も知っています。

時間的制約が大きい人に結果を出させるのは僕の得意とするところですので、
子育てをしながらせどりをやってたくさん稼ぎたいという人は
相談をしてもらえばと思います。

 

統計学で金持ちに。それがせどりだ

 

僕の周りには、様々なバックグランドを持った人がいて、
経済的に自立している人が多いです。

 

今朝起きた時に、
僕や、僕と仲良くさせてもらっている人の共通項というものに気がついたので
それを今回はシェアしたいと思います。

 

不確実性の中にある傾向という概念

「世の中に確実なことなんて何もない。」

この言葉は一見説得力があるように思えるのですが、
本当に確実だと信じられることがないのであれば
人は何一つ行動を起こすことが出来ないのではないでしょうか。

 

会社は永続しないかもしれないけれど、
今月の給料は払われるだろう。
でも20年後、今の会社が生き残っている確実性はない。

 

電車に乗れば目的地まで辿り着くだろう。
でも、人身事故やテロに巻き込まれる可能性は常にある。

 

僕達が生活をする中で、こういった不確実な
リスクと呼ばれるものが常にあって、
そのリスクと、その先にある結果を見捨て
行動を決める。

 

これを生活、仕事、交友範囲全般において
毎日、人は行っているわけです。

 

そして、期待値が高いギャンブルというのも
この考え方に基づいて収益を上げています。

 

おととい、何の計画も練らずに寄ったブックオフで
1万円を超える収益をサクッと短時間で出せたのはなぜなのか?

 

お店にはライバルが3人以上いて、
散々ブックオフは飽和した、もう無理だと言われているにもかかわらずです。

 

その答えが統計学です。

 

つまり、ブックオフは一般顧客から商品を集めて、
その商品をお店の店に並べて販売をする。

 

その販売価格は概ね定価の半額から75%程度に終焉する。

 

そして一滴期間売れないと、値下げをして、
販売価格を一気に定価の30%以下まで落とす。

 

この構図があるわけですね。

 

アマゾンで販売されている商品の中には
売れ行きはそれほど強くないけれど、
定価の80%から150%程度で安定的に売れる商品が
それなりに存在をするわけです。

 

であるならば、不定期で30%以下に値下げされる商品を購入して、
80%以上の価格で販売をすれば利益を出し続けることが出来る。

 

これがブックオフせどりで稼げる原理です。

 

ヤマダ電機でも原理は同じですよ。

 

ヤマダ電機というのは、上場企業なので
定期的に決算を発表して株主に自社の経営を発表しなければならない。

 

経営者は株主に対して利益を上げ続ける責任があるので、
決算が行われる時期には、短期的な利益を犠牲にしてでも
帳簿の数字をよく見せたいという動機が動く。

 

その結果として店頭にある、
動きが鈍い商品が値下げをされ
割安な価格になる。

 

アマゾンで販売されている商品の中には
型落ちや、店頭では売れないものでも
引きが強い商品が多々ある。

 

であるならば、店頭で売れ行きが鈍い商品を割安で買って、
それを必要としている市場(Amazon)で販売をすれば
収益をあげられる。

 

こうやって、なぜせどりで収益を出せるのか?を考えると
とてもとてもシンプルな統計学の上に成り立っていることがわかります。

 

もちろん統計学は万全なものではないので、
傾向を無視した動きになってしまうことも普通にあります。

 

でも長い目で見たら、概ねそういったパターンに帰結をしていくので、
統計上有利なポジションをとり続ければ
せどりで稼ぎ続けることが出来ると言えます。

 

でも、逆に統計学を使って、有利なポジションを多くの人が取ったらどうなるか?
そのやり方は飽和をして使えなくなります。

 

ブックオフであれば、108円仕入れなどが、
アフィリエイトであれば、人と同じテーマで量産された記事や動画が
これに該当します。

 

こういったものは、多くの人に知れ渡るまでは
その優位性が確保されていたのですが、
雑誌であるとか、無料レポート、教材で知れ渡るにつれ、
多くの人がそれを実践するようになり、普通にやっていたのでは稼げなくなってしまいました。

 

でも、その横で108円仕入れで収益を出し続ける人、
コピーコンテンツで利益を出す人が今なおいるのも事実です。

 

なぜそういった人達は、飽和した手法を使っているのに
稼ぎ続けられるのか?

 

統計学の優位性と罠を見据えた上で
ここを考えるのがとても大事です。

 

最近になり、サボっていた情報収集を再開し、
資本経済の本を読み漁っているのですが、
とてもおもしろいですね。

 

これは読んでおいて良かったなーという本も何冊か出てきているので
Facebookで近日中にまとめて紹介したいと思います。

 

本を読んでメルマガであるとか、
Facebookに投稿するネタを着想することは多いですよ。

 

人に話したり、伝えることで
定着率は大幅に上昇をすることが
脳科学の研究ではわかっています。

 

この方法を応用すると、
慶應大学に三ヶ月で合格することもできるぐらい
アウトプットというのは強力なのです。

 

課題:2008年のサブプライム危機や、
ユーロ危機は統計学の不完全さと穴を証明した事象でした。

 

サブプライムで大損をこく人がいる横で、
巨万の富を手にする人がいたわけですが、
なぜそういった人がいたのか理由はわかりますか?

 

これが理解できると、飽和していく世界で
どうやって自分が振る舞えばいいか
明確に理解することが出来ます。

 

そして飽和していく世界=むしろ受け入れるべき世界という認識になるので
怖いものなしになれますw

 

結構大事なテーマなので
考えてみて欲しいです。

 

まとめ:後発という立ち位置よりマインドの問題

 

結局の所、ビジネスで稼げるか、稼げないかはノウハウ云々よりも、マインドの問題が大きいというのがわかったと思います。

 

家族を巻き込む、学ぶためにお金を払う、最短で結果を出すために大量行動、日々の学びを僕にアウトプット、僕と一緒に遠征に行く。

 

片手間気分、お小遣い稼ぎ気分ではせどりで稼ぐのは困難なのですよ。

そして今あえてどうしてせどり?という疑問もあるわけです。

 

在庫を持ち、仕入れに出かけ、肉体労働してしんどい思いして、ようやっと30万。。

しかも僕という口うるさい人間と毎月一緒に泊まり込みで仕入れやらないといけない。

相当にハードですね?w

 

そんな事やらなくても現在は30万でいいなら、1ヶ月でコピペだけしてれば到達可能なんです。

ですからあなたに考えて欲しいのは、なぜ今せどりという合理的ではないビジネスを選ぶのか?という事です。

 

稼ぐだけならもっと簡単な方法はいくらでもあります。

在宅副業で月に200万、300万を自動で稼ぎたい人は、僕のメルマガに登録をして下さい。

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です