せどりに今から後発で参入する意味

この記事の所要時間: 310

せどりというのは後発でも稼げる余地がある、数少ないビジネスです。

しかしながら割の良いビジネスかと言うと、そんな事はないです。

 

肉体労働ですし、単発報酬しか稼げませんし、プラットフォームの気分次第で簡単に収入がゼロになります。

なので、せどりで独立とかありえないですし、長く続けるビジネスでないことを覚えておきましょう。

 

その上でこの虚業に取り組むのであれば、期日を決めて短期集中でやること。

これに尽きる。

 

1年間やって300万稼ぐ。

3年間で1000万稼ぐ。

期間を決めてその期間を脇目も振らずに行動しまくって金を稼ぐ。

 

せどりはそういう付き合い方が適しています。

 

よく言われるせどりで実績を作って情報発信するみたいな流れも、基本シカトでいいです。

ずっとプレイヤーだったり現場を見ながら修正をしていく作業というのは骨が折れます。

 

そして相手が個人である以上、報酬として請求できる金額には限界があります。

月額200万の顧問報酬を請求しても、個人相手だと払える人はほぼいない。

個人相手という商売である以上、価格には限界があるし、そこで出会える人にも上限があるという事。

 

もちろんこれも経験としてやってみるというのはありだと思いますが、せどりを通じて長く付き合える人を集めるのは非常に難しいと考えています。

それはせどりという稼ぎ方が短期ビジネスである事と密接に関係しています。

 

短期ビジネスで出会える人は、どこまでいっても短期間でしか付き合えない可能性が大きいという事。

 

ですから、ビジネスを通じて仲間が欲しかったり、ビジネスパートナーを見つけていきたいと考えるのであれば、せどりを軸にダラダラやる事はおすすめしません。

 

たくさんの人にせどりを提案してきましたが、年間を通じて活動が続く人は非常に少ないです。

一時的に30万とか50万円稼げるようになった人も、しばらくすると辞めていたり、別のビジネスに取り組んでいたりする。

 

そうならないように長くせどりが出来る人を育てようと頑張ってきたのですが、せどりというは本質的に長く続けられないビジネスなんだと現在は理解しています。

稼げる金額にも限界がありますし、将来性も非常に暗い。

 

このようなビジネスに10年単位で向き合うというのは難しいのです。

 

しかし月に5万とか10万でいいのならば、少ない作業量でもすぐに達成できる魅力もあります。

ですから、おすすめのせどりとの付き合い方はノルマも設けずに稼ぎたい時に稼ぐというスタイルです。

 

月に1回集中して仕入れをやればこのぐらいの利益は簡単に稼げますし、気分転換にもなっていい。

自分の得意なジャンルだったり、仕入れ方を確立して、それが継続できる状態になってしまえば、仕入れ回数や仕入量に依存をすることもなくなります。

 

後発としてせどりに今から入るのであれば、せどりの先を考えることはもちろんの事、期日を設定するというのを意識して下さい。

 

いつまでに、いくら稼ぐのか?

達成した先に何を見据えるのか?

 

ここを決めておけばブレることなく愚直に行動が出来るはずです。

 

電脳せどりをやる際も、いつまで仕入れが出来るかわからない以上、このような博打型ビジネスを続けるのは非常にリスクが大きいですね。

だから電脳せどりをやる際も期日目標は必ず作り、その目標を達成したらスパッと辞めて次に行きましょう。

 

 

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください