店舗せどりと電脳せどりはどちらが早く稼げるようになるのか?

短期ビジネスの代表格とも言えるせどり。

 

これは大きく分けて2つに区分をされます。

 

一つがお店に自分が出向いて仕入れをする店舗せどり。

もう一つがネットショップやオークションから仕入れをする電脳せどりです。

 

ネットの世界で大きく稼ぐ人は電脳せどりに比重を移動させています。

その理由としては同じ商品を何度も仕入れることが出来る、そして資金力を使って有利に戦うことが出来るからです。

 

あなたにまとまった資金があったり、店舗せどりの経験があるならば、電脳せどりの比重を高めていくといいでしょう。

電脳せどりは人に作業を任せやすいため、自動化とも相性が非常に良いです。

そして在庫を持つため、商品が売れるまでの速度も非常に短いです。

短期的な利益を発生させやすく、自動化とも相性がいいのです。

 

一方で店舗せどりですが、こちらは力技で稼いでいくビジネスになります。

仕入れに行き商品を仕入れる。

そしてそれを販売する。

 

仕入れが出来ないと収益は全く上がらず、そこがストレスとなり諦めてしまう人も多いです。

ただ、利益は電脳せどりよりも取りやすく、短い期間で30万、50万とステップアップをする人も珍しくありません。

 

僕自身は店舗せどりからスタートをさせたので、店舗の方が手っ取り早いと思っている節があります。

ただ店舗せどりは作業を人に任せづらく、体力面の問題があるので長く続けるのが難しいです。

 

電脳せどりのように仕組みを作るには、会社を作り組織として回していかないと厳しい。

 

どちらかというと店舗せどりは仕事にすると言うよりかは、気軽な副業という位置づけがおすすめで、普段の生活の中で転売できる商品を見つけたら仕入れて販売をする。

こういった付き合い方が理想的だと考えています。

 

ノルマも設けない。

仕入れは日常生活のみ。

売れるまでの期日も決めずに、まったりとやる。

 

なぜこのようなスタンスを推奨するかと言えば、僕自身が仕入れをしていた時に、精神的なプレッシャーが強かったからです。

これをずっと続けていくのは不可能だとすぐに分かりましたし、自分の先輩も買い取りや店舗運営など、稼いだ原資を使って実業にシフトをしていきました。

 

短期ビジネスは目先のお金を得るにはとても有効な方法ですが、長く続けるという観点からすると相性があまり良くないのです。

特に店舗せどりのように意志力を消耗しながら稼いでいくやり方は、続けられる人が非常に限定的になっていきます。

 

では電脳せどりのほうはどうかと言うと、これは資金の問題さえクリアできればなかなか理想的です。

というのも、前述の通り作業を人に任せやすいので、自分が一切動かなくても収益が発生する状態を作り込むことが出来るからです。

 

在庫を持っていますので、常に商品が動き、収益も安定しやすい。

人に任せるので自分の意志力や行動料に左右をされない状態を維持することが出来る。

 

まさに副業に理想的なスキームであると言えます。

 

そんな電脳せどりですが、在庫を持つことに加え、資金の問題、そしてアカウント閉鎖の問題があります。

販売先はAmazonがメインとなってくるため、ここでアカウントが停止してしまうと活動が不能になります。

 

組織化を進めていく際に間違って偽物を仕入れて販売してしまったり、クレーム処理が追いつかずにアカウントが止められたりと、思わぬトラップが電脳せどりには仕掛けられています。

 

こういった問題を回避するには、問題が起きてからの再発防止、起こりやすい問題を事前に認知しておくといった対策が大事になってきます。

仕入れのスキルは身につけるのは実はそれほど難しくありません。

 

何がいくらで売れるかを調べて、利益が出る商品を絞り込んで販売をするだけです。

そして在庫が切れたら再び仕入れを繰り返します。

非常に単調であり、習得に時間はかかりません。

 

まとめ

 

どちらが自分に適しているかは、実際にやってみないとわからないです。

一番良くないのは毛嫌いをして自分はやらないと最初から決めてかかること。

これは非常にもったいない。

 

実際に経験をしてみて自分が楽しめるなら続ける。

これは続けられないなーと思ったら別の方法を探す。

 

僕はせどりや転売を全員がやるべきだとは思いません。

これ以上に簡単に稼ぐ方法はおそらくないと考えますが、向いてない人もいます。

自分自身もやってて虚しくなりますしw

 

ちゃんとした仕事として人に言えるものでもないですよね。

ネットショップから仕入れたものを延々と転売する仕事をやってますってw

 

ただそんな流暢なことをいってる余裕が無い方もいらっしゃると思うので、目の前の問題を解決する手段としてこういった方法があること。

その上で両者にどういったメリットとデメリットがあるのかを今回はお話してきました。

 

あなたの副業選定にお役立て頂ければ幸いです。

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です