sms認証代行が消えた理由と今後の対策方法

最終更新日

この記事の所要時間: 229

アカウントの量産や規制に対応するためにSMSの認証代行はとても便利なサービスでした。

それ以前にはアカウントの売買というものがヤフオクでも繰り返されていたり、もっと昔にはアカウトを譲渡できるサイトがありました。

 

しかし現在はアカウントを買うことも出来ませんし、売ることも出来ません。

そして近年ではSMSの認証を代行してくれるサービスも姿を消しました。

 

もしあなたが何らの理由でアカウントが作れない状態(ブラックリスト)になってしまった場合、再復活は非常に難しいです。

IP単位、パソコン単位、自分の名義単位でブラリに入ると、自分の名義と銀行口座で復活することは非常に難しくなっていきます。

 

アカウントが止められたり、剥奪をされる背景には必ず理由があります。

 

よくアカウントが止まった人に「なぜ止まったのか理解していますか?」と聞くと、「わかりません」と答える人がいます。

このような状況で再度参入をしてもすぐにその人はアカウントが停止をしてしまいます。

 

そして作っては止められて、止められては作ってと繰り返している間にブラックリストに掲載をされてしまうのです。

 

警告や運営からの処分を甘く受け止めないこと。

同じミスを二度と繰り返さないように徹底した対策を施すこと。

 

ここをやらない限りプラットフォームで長期的にビジネスを行うことは非常に難しいです。

 

最大の対策とはSMS認証を他人に頼まなくてもいい状態を作ること

 

そもそも運営側のさじ加減一つでアカウント停止に追い込まれるプラットフォームビジネスを長期的収益の源泉とするべきではありません。

今は稼げてるけど来月どうなるかわからない。

こんなビジネスはただの博打であり、仕事ではありません。

 

プラットフォームを続けなければいけないのは、自分のレベルが低いから。

 

分散をさせたり、プラットフォームに頼らなくても稼げる基盤を一刻も早く作っていくべきです。

 

ビジネスの世界は栄枯盛衰であり、華やかな結果を出す人がいる横で、稼げなくなり撤退をしていく人がいる。

 

あなたが目指すのは一時的に稼げる刹那ですか?持続的に収益が発生する仕組みですか?

 

楽をした先には絶望が待っていることを忘れないで下さい。

入口の部分では何も出来なくても問題ありません。

しかし低い基準値のままでは駄目なのです。

 

低すぎる基準値を高め続けて、永続的な成功を手にしていきましょう。

 

それでもSMS認証をやりたい方へ

 

格安SIMとシムフリースマホがあれば出来ます。

必要な台数のSIMを契約してSMS認証を突破していきましょう。

 

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です