無在庫転売ネットショップを作って荒稼ぎする方法

ネットショップを作って無在庫転売で成約を取って下さい。

このように伝えると出来ない人は1ヶ月で1個も成約が取れません。

 

しかし僕はもちろんの事、出来る人は2週間もすれば成約が出始めて、安定した収益源となります。

 

成果報告
出品数/利益
0 / 34512円 ヤフオク
20 / 06958円 ヤフオク
10 / 00000円 ヤフーショッピング
0 / 11738円 ネットショップ国内
0 / 00000円 アマゾン
0 / 00000円 ラクマ
0 / 00000円 イーベイ
0 / 00000円 ネットショップ海外
  利益 53208円

 

これはある日のお客さんの成果報告です。

ネットショップだけでも1万円を超える利益が出ていることがわかると思います。

 

この方は分散がまだまだですが、極めてる人だとアマゾンやヤフーショッピング、eBayも加わってさらに安定した収益が出ていきます。

 

プラットフォームは便利なので使っていきますが、いつアカウントが停まるかわからないので、自分のプラットフォームでも月に30万ぐらいは余裕ぶちかまして稼げるようにしておく。

ここが初期段階における目標です。

 

ネットショップを実践する上で理解すべきこと

 

販売する場所が変わればお客さんの属性が変わる。

これは当たり前のことです、

 

吉野家と叙々苑では客層が全く異なる。

だからこそ売る商品も価格帯も全く異なる性質の商品を二社は扱っています。

 

僕らがビジネスをする際も販売する場所に応じて柔軟に販売する商品を変えていかなければいけません。

その上でヤフオクから始めるのが一番結果が出やすいのでまずはヤフオクを極める。

そして自動化を進めながら他の市場を攻略していく。

 

最終的には海外向けのネットショップからコンスタントに利益が出ると良いです。

ただ海外は日本と異なり価格の比較がかなりシビアであり、衝動買いをする人が少ないように感じています。

 

今後の研究次第ですが、現時点では国内のお客さんを対象にした販売を極めたほうが月収100万に到達する速度は早いと考えています。

 

ですからネットショップを実践する際にも国内からまずは整備していきます。

 

比較されない土壌を作る

 

ネットショップ最大の魅力は何かと言うと、比較されない土壌にあると言えます。

気に入ってくれれば何度でも購入してくれる。

お客さんのリストに対して何度も新商品の案内をすることが出来る。

 

ヤフオクやアマゾンより高くても売れる。

 

審査が厳しい楽天やワウマなどと異なり、ネットショップはお金を払えばどんな人でも開業ができます。

 

そして商品数に比例してアクセウ数も伸びていくので、はやければ2週間程度で成約が出始めます。

2週間やっているのに制約が出ない場合は需要がない商品を販売している可能性が大きいです。

 

ネットショプで売れる商品には決まったパターンがあるので、その特性をまずは見定めましょう。

 

売れた商品から広げていく

 

あなたが販売している商品を限定していないなら、様々なジャンルで回転をしている商品が見つかるはずです。

 

あるいはライバルが定期的に成約を取っている商品を調べることが出来るはずです。

そういった商品を5個単位、10個単位で登録をしていき、反応を見ましょう。

 

成約でない人は同じ商品ばかり大量に登録してしまっています。

なので性質の異なる商品を色々登録してき、ネットショプで売れる商品を絞り込みましょう。

 

ある程度自分の得意分野が出来てきたらジャンルは掘り下げてもいいですが、ジャンルは絞らずに販売したほうが安定します。

 

ネットショップと言えど真似をしてくる人は真似してくるので、彼らが追いつけないレベルでの分散を継続して施すのです。

 

短期ビジネスであるプラットフォーム(ヤフオク)の成果を長期ビジネスであるネットショップに移動をさせる。

これを継続することで飽和の影響を受けずに収益を上げ続けることが出来ます。

 

ネットショップで稼げない人は実力のない人

 

殆どの転売プレイヤーはプラットフォームでしか稼げない人です。

そういう人はアカウントが停止をしたら1円も稼げなくなる博打をやってる人なので、僕らからするとありえない状態。

 

きちんとマーケティングをして、育てていくことでネットショップは収益に貢献をしてくれるようになります。

商材選定、お客さんに対する動線の引き方、リピートの獲得。

 

こういったビジネスでは当たり前のスキルが転売屋にはないため、プラットフォームの外で1円も稼げないのです。

雑魚ですよね。

 

これを読むあなたはそんな頭の悪い博打打ちはフルシカトして、プラットフォームの内側でも外側でも稼いでいけるビジネスオーナーになっていきましょう。

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です