アフィリエイトと無在庫転売どっちがおすすめ?

 


この記事の所要時間: 318

アフィリエイトで稼ぐ。

これは本当に夢のある世界です。

 

収入の上昇が指数関数的であり、上限がありません。

 

だからこそ一度は挑戦し、この夢を実現するために行動を起こしてみていいと思います。

 

しかしアフィリエイトに適正がないことがわかったら早めに撤退をして転売をやったほうがいいです。

なぜかというとアフィリエイトには再現性がないが、転売には再現性があるからです。

 

確かにアフィリエイトでも継続してコンテンツを増やして行動し続けることで、記事や動画を上手に作れるようになるでしょう。

しかしそれまでにかかる期間は最短でも半年であり、半年頑張ったからと言って報われるかどうかわからない。

 

もちろん半年頑張って得られる結果が確定をしているならやる価値があります。

大いに頑張っていただきたい。

 

しかしアフィリエイトの本質は「同じコンテンツは2つとしていらない」なので、後発ほど不利な仕組みである事は理解して下さい。

 

あなたの先生や先輩が稼げたのは、ライバルがいない状態で取り組んだから結果が出ただけです。

 

先輩と同じ記事を書いてSEOは上がるのか?

上がりません。

だって同じ記事がすでにあるし、ライバルも先輩の記事以上のコンテンツを作ろうと研究しまくってるから。

 

あなたの師匠と同じ動画を作って再生数が稼げるのか?

稼げない。

 

だってその動画はすでに存在していて別の薄っぺらい動画を無理して見る必要性は皆無だから。

 

あなたは自分が一人のユーザーとして文字が流れてくるだけのコピペ動画を最後まで見ますか?

そういった動画で広告が流れてきて、それでも再生を止めずにチャンネル登録してまで見たいと思いますか?

 

僕は見たくないです。

速攻で戻るボタン押して他の動画を探しにいきます。

 

これを読むあなたも僕と同じ行動を取るはずです。

つまりそういう事。

 

この盛大なねずみ講ビジネスは、先駆者であり、ライバルいなかったから稼げただけのビジネスなのです。

後発ほど不利であり、難しく、再現性は限りなくゼロに近い仕組みなのです。

 

この例外を行こうと考えるなら、使命感というものが必要であり、扱えるテーマは限られてくるはずです。

儲かるからと言って記事を量産したり、動画を沢山作れるかって言うと作れない。

 

人間は好きでもないことを長期的に頑張れるように設計されていません。

 

外注に任せればできる?

質の高いコンテンツを自分で作ることができるならその人は独立して自分でやりますよ。

 

確かに昔は内容が薄いほぼコピペ記事でも上位表示が出来ました。

でも今は無理なんです。

動画でもそれは同じこと。

 

他のサイトやSNSからコピーしただけのコンテンツは評価も悪く、コメント欄も荒れているはずです。

 

時代的にも”何が(what)”よりも”誰によって(by who)”という部分が見られるようになっています。

 

誰が書いたサイトなのか、誰が販売している商品なのか、誰が作った動画なのか。

こういった所が今後は重視されて伸びていくというわけですね。

 

ということは誰でも出来て、あなたでなくてもいいやり方を実践しているなら、あなたの未来は淘汰という結末に終結をしていくと考えたほうが良い。

 

AI社会の到来もこれと同じ考えで実現されていきます。

 

なぜ自分?

他人じゃなく自分が選ばれる理由は?

 

ここが明確でない限りあなたの未来は非常に暗いことを覚えておいて下さい。

 


細野をシェアする!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください