無在庫転売初心者のやり方2019。稼げない詐欺情報に騙されるな

無在庫転売初心者 無在庫転売初心者

この記事の所要時間: 1329

ビジネスにおいて経験の有無というは現在では重要ではありません。

 

経験者だろうと稼げてなかったら無条件で負け犬ですし、後発でも稼げているならその人は勝者です。

ネットの世界では稼げる人は稼げるけど、稼げない人は何をやっても全くといっていいほど結果が出ません。

その理由はひとえにマインドセットにあるのですが、稼げない人ほど小手先のテクニックを追い求めるため、自分を変えることなくいつまでも負け続ける人生を歩むのです。

 

誰から学ぶかで決まる

 

初心者や後発の人間が参入をする上でまず何を見るべきか?

 

僕であればまず徹底した比較をやります。

表に出しているコンテンツの質を見て、その人の質の高さを評価していきます。

動画やサイト、メルマガを登録してみて、質の高い発振をしていたらその人から学ぶ理由になります。

 

ダメなのはインスタグラムとかツイッターで集客している人で、彼らには表に出してるコンテンツがありません。

LINEしか持ってなかったり、DMを送れと書いてある人は全部アウトだと思って下さい。

 

そうやって一対一の関係に持ち込んで断れない状態にすることでしか売れないから、彼らはそういう集客をやっているのです。

 

僕であれば比較をされたら勝つ自信しかないので、比較をしてくださいと堂々とあなたに伝えることが出来る。

僕らのスキームはオリジナルであり、誰かから学んだとか、パクったとかないので、常に宇宙最先端の仕組みになっています。

そして日々ノウハウの改良を行っているので、成長が停止しません。

 

情報商材のように売られた時にすでに時代遅れであり、後から買う人ほど不利な粗悪品とは根本的に異なります。

 

塾はなぜだめなのか?

 

塾というのもまた一つの選択肢になるでしょう。

しかし塾とは名前ばかりであり、コンテンツを渡して終わりという所が非常に多いです。

 

ひどい所になると塾で知り得た情報や評判を外部に発信しないことを入塾前に信書を書かせるところもあります。

これの意味する所は将来的に発信活動をやって自分が学んだことを人に教える事が出来なくなるということです。

 

僕としては僕よりも上手に伝えられて、僕よりも優れた仕組みを提供できるのであれば、発信活動はやってくれていい。

他人の意思を拘束する資格は僕にはないし、そうするつもりもない。

ただし現実問題力を合わせて戦っていたほうが、お互いに理がありませんか?という提案です。

 

合う合わないもあると思うので、この辺りはお任せというスタンスです。

 

無在庫転売で稼げるまでの期間はどれぐらい?

 

最後に後発とか初心者とか全く意味ないことを理解してもらうために、稼げるまでの正常な期間を書いておきます。

 

まずよく言われる30万は1ヶ月で超えます。

1ヶ月で超えなかったらそのビジネスはねずみ講だったり、時間がかかるビジネスだと思って下さい。

 

時間がかかるビジネスは最初はやらないほうがいいです。

気持ちが折れてしまいますし、時間がかかった割に月に10万しか稼げないやり方も普通にあったりする。

 

あなたがやろうとしているのは慈善事業ですか?

月に10万稼いで人生何か変わるんですか?

 

小銭稼ぎをしたいなら時代遅れのトレンドアフィリだの国内無在庫転売でもやってどうぞ。

 

やるなら会社を辞められるレベルをサクッと稼げないと。

それが1ヶ月という期間で突破できる。

これぐらい夢がないならやる価値ないと考えています。

 

そして2ヶ月目には50という数字を超え、3ヶ月目には100という数字に迫る。

4ヶ月目には月収100万を超える。

 

これまで僕は月に100万稼ぐには半年は必要だと思っていたのですが、それは思い込みだったんですね。

4ヶ月あれば可能。

 

もちろん普通にやっていたらダメですよ。

仕組みを作ってレバレッジがかかる状態を作らないと駄目です。

 

初心者だからと言うな

 

初心者であることを正当化しないこと。

関係ないです。

 

稼ぐためには、稼げない人の思考パターンを知り、その逆に行動をしなければなりません。

私は初心者だから難しい作業は出来ませんとか、時間がありませんと言っていたら一生無理ですよ。

稼げるまでは無理してでも時間割かないといけないし、センスで勝負できないなら量で勝負して慣れていくしかない。

 

無在庫転売は最も最短で大きく稼げるビジネスモデルです。

1ヶ月で30万という基準値で行動していき、さっさと稼げる側にシフトをしましょう。

 

無在庫販売初心者のための行動プランを丁寧に解説

 

ここからは無在庫販売を始めることを決めた方に行動プランを具体的に示していきます。

まず最初に取り組むのは、ネットショップがいいです。

 

少し前まではヤフオクが良かったのですが、現在では規制をされて、全く稼げないプラットフォームになってしまいました。

もし未だにヤフオク無在庫転売が稼げると言ってる人がいたら、その人は詐欺師なので注意して下さい。

今から参入をしてもすぐにアカウントが停止になってしまい、ヤフオクで無在庫販売をして稼ぐことは出来ません。

 

ではどこからスタートさせればいいの?という話ですが、僕であればストアーズを使って輸入無在庫転売をしていきます。

なぜストアーズを使うのかというと、価格が安く、最初から決済やSNS連携など稼ぐ上で必要な仕組みが整っていること。

そして集客の仕組みが秀逸であり、正しいリサーチ方法で商品選定を行えば3週間ほどで成約が出るからです。

 

在庫を持ってもいいのであれば、Amazonやヤフオクを使ってもいいのですが、今回は無在庫転売を実践する話をしているので、プラットフォームは使いません。

 

もちろんずっと使わないのであれば、慣れてきたら部分的に在庫を持ったり、アカウントが停止してもいいならリスクを取ってみてもいいでしょう。

稼げるプラットフォームとして、ヤフーショッピングやAmazon、eBayなど色々ありますが、自分が扱っている商品がよく売れる市場を選ぶといいでしょう。

 

僕らであれば輸入無在庫転売をメインに実践しているため、ヤフーショッピングに集中をします。

なぜヤフーショッピングに手を出すのかというと、僕らが扱っている商材とヤフーショッピングが非常に相性がよく、成約が取りやすいからです。

すると、ヤフーショッピングだけでもすぐに利益が10万、20万と出ていくようになります。

 

ただ、ヤフーショッピングは現在は審査が厳しくなっており、新規でアカウントを取ろうとしてもなかなか許可をくれないので、簡単に参入できると思わないで下さい。

 

ヤフーショッピングの審査に確実に合格する方法は準備。対策は簡単です
ヤフーショッピングは高い集客力を持ち、出店したその日から成約を狙っていける魅力的なプラットフォームです。 物販ビジネスに取り組むのであれば、ヤフーショッピングは必須。 あなたがどんなジャンルや手法を実践していよう...

 

ここまで出来ると、収益構造としては安定した形になっているはずです。

次に取り組むべき事は、プラットフォームの外で収益が自動で上がる仕組みづくりです。

 

なぜこれをやるかというと、ヤフオクやヤフーショッピングといった仕組みは、誰がやっても同じ結果が出す事が出来、簡単に真似をされてしまいます。

いくら無在庫転売が後発でも稼げる手法であるとはいえ、多くの人が同じことを実践していたら、飽和をしてしまいます。

 

ライバルが取り組まず、取り組んでも簡単には結果を出せない分野で仕組みを築き上げる。

プラットフォームで仕組みができた後で集中すべきポイントはそこです。

他の人がやらない事で結果を出せるようにならない限り、ビジネスの寿命は短くなってしまいます。

聞きたくない話かもしれませんが、それが真実なのです。

 

誰がやっても結果が出る、バカでも出来る、アホでも稼げる。

このようなやり方で長くビジネスを続けることは不可能であることは、理解をしましょう。

 

ウーコマースの使い方を覚えれば最短で億り人になれる
全世界のEコマース売上のうち20%を占めるのは、ウーコマースという無料で使えるネットショップシステムです。 これはWordPressと組み合わせて無料で使うことが出来、システムの利用料金が無料であるだけでなく、決済も維持費無料で利用が...

 

リサーチのやり方

 

無在庫転売のリサーチ方法はいくつもありますが、ここでは基本中の基本を解説します。

まずは仕入先の売り上げランキングを見ながら、上位に出てくる商品を一つ一つ比較をしていきましょう。

 

例えばあなたがヤフオクで無在庫転売をやるのであれば、ヤフオクと仕入先の価格を一つ一つ比較していきます。

そして仕入先が例えばAmazonだったとして、Amazonの販売価格よりヤフオクの落札価格が高ければ転売可能な商品です。

 

コピペをして出品をすることで、収益が上がる可能性があります。

 

ただ、前述の通りヤフオクは無在庫転売に対する規制を強めているため、ヤフオクとAmazonを利用した無在庫転売では稼げません。

上記のリサーチ術を汎用して、ご自身の販売先に活用をしていく必要があります。

 

おすすめの売れる商品を教えて下さい

 

無在庫転売で売れやすい商品にはある程度特徴があります。

 

まず第一に今すぐ手に入れなければまずいと感じる品です。

僕らがAmazonの商品を転売していた時に、バッテリーチャージャーという商品が高い価格で何度も売れることがありました。

 

これはバッテリーが上がってしまったり、長く乗っていない車を動かしたいニーズがあることの現れです。

 

あるいは炊飯器やホットプレートといった調理家電が売れたことがありました。

これも炊飯器の買い替えや、新生活のスタートなど、今すぐ必要な商品を探している人から生まれるニーズです。

 

ランキングから機械的にリサーチをしているだけでも、利益の出る商品は見つかりますが、コツがなかなかつかめないという方は、その商品はどういう人が探していて、どんなことに困っているかを考えるようにしましょう。

 

ツールは必要ですか?

 

ヤフオクをやっていた時はツールを使っていたのですが、現在はネットショップに主眼を移動させているため、ツールは使っていません。

プラットフォームでは大量の商品を効率的に回すことが、稼ぐコツだったりしますが、ネットショップの場合はSEOで上位表示を取ったり、読み手に購入したいと思ってもらうための仕掛けを作らなければいけないため、一つ一つの商品ページを丁寧に作り込んでいきます。

 

なので大量に出品をするというよりは、毎日少しずつでも質の高いページを作ること、既存のページを改善することが主な作業となります。

ツールでこれらの作業を自動化することも出来なくはありませんが、僕らは人間が泥臭く作り込んだほうが儲かると考えているため、社員やアルバイト(外注)を雇い、自動化するというアプローチを取っています。

 

無在庫転売の利益率について、国内と海外の違いは?

 

僕らが実践していた時の数字でいうと、国内は10%、海外は20%以上は常に出ていました。

海外の方が稼げるし、ライバルも少ないので、これから無在庫転売をスタートするなら、海外一択という感じです。

 

ただ、海外の場合は英語は必須だし、日本と風習の違う人と商取引をやっていくことになるので、簡単に稼げると思わないことです。

ハードルが高いからこそ、ライバルが少ないし、言語の壁があるからこそ、リターンが得られる。

 

たまに無在庫転売はノーリスクという人がいますが、そんな事はありません。

壊れた商品を送ってきてお金だけ取られるなんて事もありますし、詐欺的な対応をしてくる販売者もいます。

 

そういったトラブルを経験しながらトータルの収益をプラスにしていき、学びを稼ぎに変えていくメンタリティが求められます。

 

無在庫転売初心者にコンサルは必要か?

 

自分一人で取り組めるか不安、横について教えてくれる先生が欲しいという方は少なくないと思います。

残念ながら僕はいわゆる初心者という方の相手をしなくなってしまっていて、直接会って教える活動は、ある程度仕組みができあがった中級者以上の方を相手にしています。

他の塾や教材で勉強した方は相手にしておらず、自分が育てて、さらに先のステージに進みたいと考えてる人だけを対象にしています。

 

何かを学ぶ時に、最初の先生を誰にするのかってとても大事だと思ってます。

何故かと言うと、最初の先生がビジネス(勉強)の楽しさを教えてくれなかったら、あなたは対象のことを嫌いになったまま、一生を過ごすでしょう。

一方で最初の先生がビジネスの面白さを伝えてくれたら、大変なことがあっても頑張ることが出来るし、目標達成をして自信を持つことが出来ます。

 

なので、コンサル(先生)を探しているという方は、その人と一緒にビジネスをやりたいか?という視点で探してみて下さい。

その人のノウハウが良さそうだから…ではなく、人ありきで相手を見るということです。

 

そうすれば自分と相性のいい先生が見つかり、その人のもとに出頑張って結果を出すことが出来るでしょう。

 

ただこの業界の教える側にいる人間は、自分が稼げなくなったから教える側に回って賞味期限切れの手法を売りつけている輩も多いです。

相手を見ると同時に、相手の手法の優位性、将来性も見定めるようにしたほうがいいでしょう。

 

間違ってもAmazon無在庫転売とか、ヤフオク無在庫転売しか教えられない人にコンサルをお願いしないことです。

そこに未来はありませんから。

 

まとめ

 

一昔前に比べると、無在庫転売で結果を出すことは難しくなっています。

ただそれは他のビジネスも同じで、アフィリエイトだろうが、雑記ブログだろうが、YouTubeだろうが、電脳せどりだろうが、参入社が増えてくれば飽和の影響は免れません。

 

今までは簡単に稼げすぎていただけであり、今はそのバランスが正されただけ。

これからはしっかりとビジネスとして仕組みを作り込まないと、無在庫転売といえど全く稼げずに撤退をしてしまうことになるでしょう。

 

そうならないように、当サイトでしっかりとインプットをして、稼げる側にシフトされていくようにおすすめします。

市場が飽和をしても、ノウハウは常に進化をしており、どのタイミングで始めても、稼ぐことは可能です。

 

あなたの成功を願っています。