無在庫転売のおすすめ効率化ツールは?リサーチのコツは?

無在庫転売ツール 無在庫転売

この記事の所要時間: 2834

無在庫転売は在庫を持たずに収益を得ることが出来る、非常に強力なやり方です。

在庫を持ってヒーヒー小銭稼ぎをしている人がいる横で、僕らは毎日涼しい顔して4万円とか、5万円、日によっては6万円を超える利益が出ているわけです。

 

在庫を持っていたらこの数字を出そうと思ったら相当の仕入れをしなければならない。

そしてすべての在庫が売れるわけではないし、値下げをしたり、不良品が出て返金したり、納品した商品が反映されるまでにラグがあったりと、相当なレベルの無理ゲーなわけ。

 

僕自身在庫を持っていた時期は毎日5万、10万と利益が出る日はなかったわけだが、現在は在庫を持たないという戦略を採用したことでこの数字が当たり前に連続して出るようになりました。

 

月収100万って簡単だな。

戦略が変わった事でこのようなマインドを持つことが出来るようになったのです。

 

あなたが得たい収入が30万とかそういうチンケなレベルであれば、達成しないほうが難しい。

無在庫で稼ぐ世界ってそういうものです。

 

ただしツールを使うといった安易なやり方、頭を使わないやり方だけだと一瞬稼いで終わるでしょう。

 

ツールを使うことで莫大な作業時間や意志力をカット出来ますが、同じことをやる人が続出をしてしまう。

そうするとどれだけ優位性のあるやり方だったとしても、そのアプローチは飽和をしてしまう。

 

当たり前の話なんだけど、わかってない人もいるみたいなので指摘します。

 

ツールを使ったら一瞬稼げて終わるか、全く稼げない。

 

ここを忘れずに覚えておきましょう。

 

無料の無在庫転売ツールで稼げない理由

 

例えば先日メルマガでAmazonの無在庫転売を自動化するツールを紹介しました。

無料で利用できるのですが、これをそのまま使っても大きく稼ぐことは出来ないでしょう。

 

なぜならあなたと同じことを考えてツールで出品をする人が何人もいるからです。

 

無料で使えるということはハードルが低くなりますが、ライバルが一気に増えることを意味します。

ビジネスをやるなら無料はNGです。

対価をしっかりと払う事。

 

最も理想的なのは自主開発をして自分だけが使えるツールを持つことですね。

ただしこれは維持費も開発費もかさむので、初期段階の人にはまず無理です。

 

従って有料でそこまで高くないツールを検討するというのが、選択肢の一つになります。

無料は論外。

 

ヤフオク無在庫転売ツールが稼げない理由

 

ヤフオクでツールに依存した稼ぎ方を実践するのも全然だめなやり方です。

 

なぜならこれも前述のように自分と同じ商品を扱う人が大量に溢れるからです。

 

ツールを使うなら自分一人か、使ってる人が少ないツール、ツールで得たデータを応用して稼ぐという選択をしないと大きく稼ぐ事は出来ません。

 

出品を自動化するのではなく、管理の部分で誰がやっても大差がない作業を機械に任せるほうが良いでしょう。

 

例えばフォローアップメールや価格改定は誰がやっても大差がなく、機械が得意とする分野です。

こういった単調作業で誰がやっても変わらない作業をツールに任せるのです。

 

稼げない人は差が付く部分、ツールに任せてはいけない部分を自動化しようとして失敗します。

 

そうはいっても、ヤフオクの作業を効率化したい、稼いでる人が使ってるツールを知りたいという人もいると思うので、ここではヤフオクの作業を効率化するツールを紹介します。

 

主には、出品の効率化、ライバル分析、過去の売上実績の調査の3つをツールに担当させて、効率化させていきます。

 

ヤフオク出品を効率化するツール

オークタウン

 

大量に出品した商品を一括で再出品したり、設定をまとめて切り替えることが出来るツールとしてオークタウンというツールがあります。

利用料金は無料。

 

使うためには一定期間の運用実績が必要です。

評価が200に迫ってきた段階で使えるようになったという報告を頂くことが多いです。

 

同様のツールにAppToolというものがあります。

 

ライバルを分析するツール

落ち札

 

ライバルがいつ、何を販売したのかを調べるツールとしては、落ち札というサイトが秀逸です。

相手のIDを入力することで、相手が販売した全商品を調べることが出来ます。

追跡できる期間も長いため、このツールで掘り下げれば相手の販売戦略も丸裸にできます。

 

販売実績を調べるツール

オークフリー

 

ライバル分析よりももっと広い範囲で、売れている商品名を調べたいときには、オークフリーというサイトを使いましょう。

このサイトはヤフオクで調査可能な3ヶ月を超えて、過去1年間の販売実績を調べることが可能です。

 

3ヶ月のデータでは見ることが出来ない、1年単位の販売戦略をオークフリーを使うことで立てることが可能になります。

 

 

eBay無在庫ツールが役に立たない理由

 

eBayでもツールを使った稼ぎ方は全然優位性がないです。

ライバルは国内に比べて減っていきますが、同じ商品を扱っていればどんどん価格競争になって利益は減っていきます。

 

結局ツールで扱える商品というのは期待値が非常に低く、飽和もしやすい商品なのです。

それを何個だそうが薄利多売というパラダイムから抜け出せる日は来ないのです。

 

実際ツールに依存をしたがためにアカウントが停止したり、作業量の割に利益がしょぼすぎて辞めていく人を何人も見てきました。

あなたも彼らと同じ道を辿りますか?

得るものは何もありません。

 

メルカリ無在庫ツールとかいう脳死しちゃってる選択肢

 

もしあなたがメルカリ無在庫転売ツールを探しているなら、重度の情報弱者であり、非常に危険な状態です。

 

メルカリ無在庫転売は完全に終わりました。

 

メルカリは在庫を持って電脳仕入れをする時に使う場所です。

そして在庫を持つビジネスは資金がないと稼げないので、初心者には適しません。

 

あなたは売れるか売れないものを仕入れて、家の中が段ボールだらけになる人生が好きですか?

ダンボールが部屋に溢れている部屋はエネルギー値も下がり、空間として最悪な部屋に変わっていきます。

 

電脳仕入れメインになったらそういう最悪な環境で毎日を過ごすことになるので、おすすめしません。

(事業として取り組み倉庫や事務所を構えるならやってもいいと思います)

 

自宅は回復する場所であり、空間価値を高めていくべきです。

電脳せどりをやると、あなたの自宅は波動エネルギーが急低下し、それに連想してQOLも下がっていきます。

 

在庫は罪庫。

罪庫持ったら人生終了。

このマインドで行きましょう。

 

月収300万までは在庫保つ必要一切ないです。

 

メルカリ転売に使うツール

 

メルカリで稼ぐのって今までも相当に簡単だったんですけど、リサーチの部分を効率化するツールですね。

これが無料で登場した。

 

メルリサーチという名前のツールです。

 

さっそく使ってみたのだが、1分と経たずに儲かる商品を発見。

輸入でも使ってみたら思考停止で利益の出る商品が見つかってしまう…。

 

こんだけアホでも稼げるとなると、今後メルカリへの参入は増えて、視点をずらせる人以外は消えていくでしょうね。

今までが楽すぎたわけであり、バカでも稼げたが、今回さらにアホでも稼げるインフラが整った事で、業界はさらなる前進を求められるでしょう。

 

便利すぎて使わない理由が見当たらないメルリサーチについて今回は解説をしていきます。

 

メルリサーチを無在庫販売で使う方法

 

メルリサーチを使って無在庫販売で金儲けする方法は簡単です。

販売実績を調べて無在庫販売している商品を見つけ、利益が出るかどうかを調べる。

利益が出るならそれをコピペして出品。

 

これだけっすw

 

これ出来ない人いるんだろうか…。

思考停止すぎてやってて虚しくなると思われます。。。

 

メルリサーチx電脳せどりで金儲けする方法

 

電脳せどりは積み上げ式になってくるのでメルリサーチを使わなくてもいいと考えております。

電脳で稼ぐ場合はメルリサーチ以外のツールを使って自動化をやっていきます。

 

今回使ってみてえげつない破壊力を発揮すると思ったのが輸入であります。

メルカリで稼いでる人を分析すると在庫を持って転売している事がわかります。

 

そしてその在庫は海外から仕入れた商品である事が多いので、メルカリで稼ぐなら輸入をやるべきという結論になる。

 

で、メルリサーチで調べた検索結果と海外の仕入れ価格を比較すると、利益の出る商品を簡単に見つけることが出来るんですよね。

 

今までは知恵を絞って見つける感じだったのですが、ツールを使うととても簡単に見つけることが出来てしまいます。

リサーチルールもシンプルなので外注さんに教えて24時間体制でリサーチをさせたら鬼のように儲かる商品が発見されると思われます。

 

ツールによる効率化x外注化による仕組み化により、会社に行ってる間も利益の出る商品が見つかり、販売や梱包も外注さんを雇うことで自動化されて、全自動収益発生マシーンをネット上に作ることが出来ます。

 

時間もかかりませんし、センスも不要。

抜群の再現性で達成ができます。

 

ここまでノウハウが洗練されると初心者向けビジネスとしては申し分ない段階に達したと言っていいのではないでしょうか?

 

メルカリの出品ツールはいらないけど、リサーチツールは使うことでさらに効率的に金儲けが出来るので、導入するといいと思います。

僕は無料プランで使ってこんだけ楽して利益の出る商品を見つけられたので、これをさらに深めていけばどこまでいけるのか楽しみです。

 

アマゾン転売でもツールを使うやり方は微妙すぎる

 

スマホやパソコンの高性能化により、機械に莫大な情報処理を任せることが容易になりました。

それまで人間の裁量判断で手間と時間を賭けて分析していた作業は、今や機械に任せたほうがミスもなく確実になっています。

当然そういったツールやアプリといったものを使う事は有効であり、導入を検討していく価値があると言えます。

 

しかしながらツールを導入することで、破滅的な未来を招いてしまう局面もあり、盲目的にツールを信奉するのは危険な思考であると言えます。

 

例えばAmazonというプラットフォームを利用して、国内外の価格差を分析して抽出してくれるツールがありました。

ツールが人間の分析処理能力を遥かに超越して24時間世界中のAmazonを分析して、価格差が生まれている商品をピックアップしてくれる。

これは一見素晴らしく、物凄く稼げそうな匂いがしますよね。

 

しかしこの手法を使った人たちは稼げなくなったり、アカウントが停止をして再起不能になりました。

ツールを使うとその先には破滅が待っている。

 

しかしそれでもツールを知りたいという人もいると思うので、以下にアマゾン転売で使えるツールについて言及をします。

 

Amazon転売で使うツール

 

Amazonを使った転売では、価格改定、評価取得、ライバル分析の3つを主に使います。

これについては、以下の記事で掘り下げて解説しておりますので、一読下さい。

 

せどりアプリおすすめ2019。神の組み合わせで仕入れは爆益になる
こんにちは、細野です。 現代におけるビジネスは情報戦であり、情報を制した人間が圧倒的に大きく勝ちます。 せどりというビジネスは、資本力もそうですが、効率的に情報を処理出来るアプリやツールを組み合わせて、それを適切に処理す...

 

市販のツールを使うとなぜ稼げなくなるのか?

 

なぜか?

ツールに依存し、リスク管理や、同じツールを使う人が増えることを考えなかったからです。

そしてプラットフォームがそのような無秩序な参入者に対してどういった判断をするか全く考えていなかった。

 

まずこのようなツールを使うと、一時的には全能感に包まれ、物凄く稼げる気がしてきますw

これはもうツールが持つ麻薬的な破壊力と言うか、人を魅了してやまない側面だと思ってます。

 

人間が手動でやったら到底処理する事が出来ない莫大な情報を正確に処理してくれる。

その事により、時間をショートカットして、収益化することが出来る。

使う人間が初心者だろうが、未経験だろうが関係ない。

同じ結果を同じツールを使えばもたらされるのです。

 

ツールの全能感に包まれて勘違いをした転売ヤーはここで、過剰にリスクを取ろうとします。

「抽出されたデータを元に出品すれば金を稼ぐことなど容易い」

 

こうして大量出品をして、仕入れが出来なくなったり、同じ商品をライバルが仕入れてきて価格競争になるのです。

 

ツールで稼ぐ方法は自社開発だけ

 

長く稼ぐのであればツールに情報を大量処理させて、それを出品していく手法ではなく、ツールと自分の最良判断を組み合わせたやり方のほうが息が長いです。

 

僕が伝えたいのは、ツールの有効性を認めつつ、最後に生き残るのは人間のクリエイティビティだという事なんです。

 

例えばこちらのツールを僕が紹介した際は、ツールが叩き出してきたデータに、若干のアレンジと裁量判断を加えることを提案しました。

 

フリマハッカーの使い方コツは資産化と自動化。稼げない!はデタラメ
フリマウォッチャーのキャンペーンで登場した、フリマ仕入れ支援ツール「フリマハッカー」。 そのフリマハッカーがインフォトップに登場しました。 販売価格は先着1000名で19,800円。 月額課...

 

その結果、購入をした人から「副業レベルで50万を超える利益を出せた」という報告を貰っています。

 

利益率が10%と言われる電脳せどりの世界で、これだけの利益を副業で出せる。

こんな事が可能なのも、AI+裁量仕入れという戦い方を選び、実践しているからなんです。

 

思考停止でツール万能と思って買った方は、同じツールを使っていてもライバルと衝突して全然稼げていません。

 

より究極的な話をすると、ツールというものは他人が作ったものを使うのではなく、自社開発することが最強です。

なぜなら自社開発をすれば、ロジックは自分達以外に漏れませんし、それを利用するライバルもいないからです。

 

ただ初期段階ではツールを開発するための視点や資金力もない。

だからまずは他人が作ったツールやアプリを組み合わせて使い、100万でも200万でもいいから稼げるようになる。

これがおすすめです。

 

最も儲かるのはツールを使わずにプラットフォームの外で逆張りをすること

 

副業が市民権を得て、多くの人が参入をしてきている今、プラットフォームというのは完全に飽和をした荒野です。

この地に未来はなく、そこに留まっても飽和と規制、そしてアカウント停止のリスクしかありません。

 

他人が作った土壌でビジネスをやるのは、究極的に会社員やっているのと大差がないので、コスパは悪いです。

手数料を取られますし、ルールに縛られて自分が思い描くビジネスを自由に行うことが出来ません。

 

しかしプラットフォームが駄目なのではありません。

初期段階で行うビジネスとしてはプラットフォームが最適なのです。

 

集客やマーケティングといった問題から開放され、単調作業だけで収益が上がる。

短期ビジネスとして最も理想的な土壌がプラットフォームには整備されています。

 

他人が作ってくれた信頼にタダノリして、無名で実績のないあなたがビジネスをする事が出来る。

これがプラットフォームのすごい所なのです。

 

事業を売ること前提で物販ビジネスをやれ

 

ですから最初はプラットフォームを数ヶ月やって100万、200万と稼ぎ、その後プラットフォームの外でライバルフリーでお金を稼げるようになる。

これが理想的なステップアップです。

 

駄目な人はいつまでもダラダラAmazonだの、ヤフオクだの、ebayを延々とやっています。

そしてそういう人は成長が停止して、稼ぎも頭打ち、何なら稼げなくなっていたりします。

 

中期的な到達地点はプラットフォームの外であり、自分で集客して商品の魅力を伝えて成約が取れる状態になることです。

これが出来ればライバルの影響も、飽和の影響も受けにくい状態になり、リピート受注も安定的に獲得しやすくなっていきます。

 

そして最終的には全てのアカウントをバイアウトして億を稼ぐお金を手に入れリタイアする。

これが物販ビジネスで集中して2年から3年で到達すべきロードマップです。

長くやるビジネスではないので、短期集中でガッツリ稼いで、売っぱらう。

そして自分のやりたいことや、もっと人の役に立つ活動にフォーカスをしていくのです。

 

これから無在庫転売で稼ぐ人のマインドセット

 

アルバイトや会社と異なり、自分でビジネスをやる際に結果は保証されません。

 

バイトや会社の仕事であれば質が悪くても給与は払われますが、自分でビジネスをする場合は収入が0になったりマイナスになることが普通にあります。

 

僕自身は初報酬が出るまでの速度が短いビジネスを選んで実践してきたので、稼げなくて悩んだという記憶はありません。

経験も知識もありませんでしたが、行動をしながら感覚を作ってそれがどんどん結果に繋がっていた。

 

もちろん時代背景もあります。

ライバルが少なかった。やってる人のレベルが低かった。

こういった要因もあったでしょう。

 

しかし時代が変わり、ライバルが強くなっても僕らは稼ぎ続けることが出来ています。

 

これまでの転売というのは、仕入れをして、それを販売することで転売益を出すというやり方が主流でした。

せどり、電脳せどり、輸入転売、輸出転売は全て国内外から仕入れた商品を、仕入先とは別のプラットフォームで販売することで利益を出していました。

 

在庫を持つことで、需要があるものを自分が確保しておき、それを必要としてる人に転売できるメリットがあります。

しかしこのやり方には資金と在庫が必要であるという、致命的な結果がありました。

 

そこで出てきたのが無在庫転売というやり方です。

在庫を持つことなく、商品登録だけをしておき、売れてから購入者の住所に荷物を直送する。

 

このやり方で荒稼ぎする人が出てくるようになったのです。

 

メルカリやヤフオクのオワコン化から学べ

 

かつて無在庫転売と言えばメルカリが主戦場であり、多くの人がメルカリで無在庫転売をしていました。

しかしメルカリが規制を強化すると全く稼げなくなり、多くの人が消えていきました。

 

一部残った人たちは同じことをヤフオクでやっていますが、ヤフオクでも同じように規制をされ、無在庫転売で稼ぐことは出来なくなりました。

もし今あなたが無在庫転売に興味があり、いろいろ調べているとしたら、Amazonやヤフオク、メルカリを使う無在庫転売に果を出さないようにしましょう。

 

それらは過去には稼げていたやり方ですが、規約違反でアカウントが停止するリスクが非常に高く、長く稼げるやり方ではなくなってしまいました。

 

無在庫販売はオワコンなのか?

 

無在庫転売というのは商品を別の場所に移動させるだけの単純作業だったはずです。

 

しかし時代遅れのノウハウを実践していると「大変な割に稼げないな…」という印象を持ってしまい、行動が鈍化します。

その結果として本当に稼げない未来が訪れてしまうのです。

 

覚えることが多く、結果が出るまでに時間がかかるアフィリエイトと異なり、転売はシンプルなルールを理解してひたすら反復を繰り返すだけ。

ハードルは非常に低く、簡単に稼げるはずなのです。

 

しかし簡単なはずの作業を難しく考えたり、複雑にしてしまったりして、稼げなくなってしまう方もいらっしゃる。

 

この問題を解決するためには、徹底した自我の破壊を行うしかないのですが、定点観測をしてくれるコーチのような人がいないとなかなか難しい。

 

スポーツジムでトレーナーを付けてトレーニングをしていても、トレーナーがいない期間が続くと正してもらったフォームが乱れてくる。

まさにビジネスも同じで、定点観測を入れて行動にズレが出ないように補正をかけてやる必要があるんです。

 

頭が良い方ほど、シンプルなものを複雑にする事でもっと結果が出ると考えてしまう傾向があります。

 

実際はシンプルに無駄を削ぎ落としたスキームが最も最短で大きな結果をもたらします。

 

もし無在庫転売で稼げていなかったり、頭打ちになっている方は、自分の実践しているやり方が時代遅れになっていないかを確認して下さい。

 

僕らは年末商戦でも何でもない時期に100万を超える利益を出すことが出来ています。

そして飽和の影響やライバルが増えても収益は減っていません。

 

スキームがダメだと稼ぎは右肩下がりですが、優れた仕組みは回せば回すほど右肩上がりで収益が上がっていきます。

 

プラットフォームを使わないビジネスで、収益が上がる仕組みを作ること。

これからの物販ビジネスではこの状態に達しない限り、未来はありません。

 

今稼げてる人たちも一寸先は闇であり、それが事業や仕事として続いてく保証はどこにもありません。

 

稼ぎ続けられる無在庫転売の仕入先は海外だけ

 

淘汰が繰り返されて、それでも生き残って安定的に稼げているのは輸入無在庫転売だけです。

仕入先は主に中国ですが、中国以外からでも利益を出せる仕入先がいくつもあります。

 

例えば販売先としてはオワコン臭が漂っているAmazonも、仕入先としては機能しており、ドイツやフランス、アメリカから仕入れて利益が出る商品がいくつもあります。

価格差も1万円以上あるものも珍しくなく、そういったものをSEOで上位表示させる事ができれば、楽天やAmazonを使わなくても収益を上げることが出来ます。

 

また逆転の発送ではあるものの、ブランド品も仕入先としては有能です。

やはり著名ブランドの商品を買いたいという層は常に一定数いて、これを無在庫転売する事で、収益を上げる余地があります。

 

ただアパレルの場合は季節ごとに商品が全て入れ替わるため、カバンや財布、スニーカーなど、年間を通じて入れ替わりが少ない商品の方がSEOを上げた時のメリットが大きいです。

BUYMAで転売をしている人はわかると思いますが、売れたときには品切れというパターンは非常に多いので。

 

僕はせどりを提案していた頃から、仕入れ先や販売先を固定しないことをずっと推奨してきました。

Amazonがだめになり、ヤフオクも規制でだめになった今、プラットフォームビジネスは完全にオワコン化しています。

 

在庫を持つビジネスであれば、今後も使う価値はありますが、それが出来るのは資金があって在庫を大量にホールドできる人だけ。

ほとんどの人は在庫ビジネスを継続することが出来ずに、挫折をしていきます。

 

ツールに価格差を抽出させたり、CSVを使って一括でデータを登録するやり方がありますが、人と同じやり方で稼げたのはプラットフォームの内側だけです。

そしてAmazonにしろ、ヤフオクにしろ、ツールで出品したデータや、リサーチをした商品は他の人とバッティングしてしまい、価格競争に陥ってしまいます。

 

ではプラットフォームの外ならどうなのか?と実験をしてみたのですが、重複コンテンツやコピーコンテンツと検索エンジンに認知されてしまい、SEOが上がりませんでした。

 

物販ビジネスは人と同じ事をやっていても結果が出やすいビジネスでしたが、これからは人との違い、オリジナルティが転売ビジネスにおいても求められていきます。

その変化に適合できた人だけが、次の10年を笑顔で過ごせるのです。

 

在庫ビジネスであればツールを使うことで、仕入れが効率化されたり、価格改定ツールで回転率を高めるという優位性があります。

しかし無在庫ビジネスでは、ツールを使うことで逆に遠回りになるという特性があり、使うことをおすすめしません。

 

無在庫転売で稼げない理由はプラットフォーム

 

こちらの記事でも書いた通り、転売で失敗する理由は、プラットフォームを使うからです。

 

転売で失敗する理由はプラットフォーム!Amazonを使うな!
転売ビジネスは自動化との相性もよく、大きく稼いでる人がたくさんいます。 その一方で全く稼げなかったり、少額(月30万以下)しか稼げずに、そこで成長が停止してしまう方もいます。 この記事ではなぜ転売で失敗してしまうのか。 ...

 

プラットフォームは短い時間軸では収益を生み出しやすいメリットがあるものの、長い目で見ると規制やアカウント停止のリスクを排除することが出来ず、実際多くの人が何かしらのタイミングでアカウントを失い、活動が不能になっています。

 

名義を変えたり、法人を作って復活することは可能であるものの、他人に自分の人生を全て託生しているのは、会社員と大差がなく、ビジネスではなく博打です。

副業であれば何も問題はありませんが、たまに転売で起業をしてしまう人もいて、非常に危ないと感じています。

 

転売はこれからも稼ぎやすいやり方として、生き残っていきますが、これで起業をする事をおすすめしません。

そうやって起業をして稼げなくなり、消えていく人を僕は何人も見てきました。

 

ネットビジネスで脱サラして失敗した人たちの末路が悲惨な事に…
どうも、細野です。 たくさんの人を教えてきて、将来的に会社を辞めてインターネットビジネスだけで食べていきたいと考える人がいる事を感じています。 私自身も就職をせず誰にも雇われずに自分の力でお金を稼ぎ、生活をしています。 会社員...

 

アカウント停止は詐欺行為!自分だけでなく買ってくれた人にも迷惑をかける

 

ヤフオクでアカウント停止を食らうと、購入者の方と連絡を取ることができなくなってしまいます、

売上を受け取った後であれば、持ち逃げをしてしまうことが出来てしまう状態であり、不本意であったとしてもこれは詐欺行為になります。

 

だからこそ無在庫販売をするのであれば、確実に相手に商品を提供できること、品切れや出荷遅れで相手に迷惑をかけない事が絶対条件です。

納期や連絡の方法については、自分で仕組みを作れるネットショップでないと、柔軟に対応することは不可能です。

 

自分のネットショップであればアカウント停止や規制という概念は存在しないため、詐欺取引に陥ってしまうことはありません。

相手の連絡先として、住所以外にも、メールアドレス、電話番号を取得できるため、トラブルがあった時の連絡がもちろんの事、お店からの連絡として、メルマガ送り、リピート受注を狙うことも可能になります。

 

規制が厳しくなった今、初心者は何から始めればいいのか?

 

これだけプラットフォームが厳しくなり、初心者が稼ぐのが困難になってしまうと、転売=初心者向けのビジネスということは難しくなります。

 

初心者の方にお伝えしたいのは、転売だけがオワコン化しているわけではなく、アフィリエイトも検索圏外に追放されて稼ぎがゼロになる人が出ていたり、フランチャイズビジネスの闇がニュースなどで報道されるようになったりと、どの副業も簡単に稼げるものではなく、本腰を入れてしっかりと取り組まないと結果が出ないものになっているということです。

 

すぐに結果を出したい、楽をしたい。

この気持は理解できるのですが、近道を探すことが、結果として遠回りになっているのが、今のネットビジネス界です。

 

プラットフォームを使ったビジネスは、短い期間で結果を出すことが出来るものの、継続して報酬を発生させることが難しく、多くの人は途中で挫折をしたり、稼げなくなって撤退をしています。

 

これから無在庫転売を始めるのであれば、これを一つの物販ビジネスと考え、資産となるネットショップを作り、事業売却を見据えて行動されることをおすすめします。

プラットフォームのアカウントやそこで販売している商品は、残念ながら資産にはなりません。

 

もし、今現在ヤフオク無在庫転売で稼げると言ってる人がいたら、その人は詐欺師です。

ヤフオクでは現在AIが導入されており、新規のアカウントは秒速で規制をされ、アカウントが停止になります。

 

過去にヤフオクで不用品販売や、在庫を持って取り組んでいたアカウントでも規制をされるようになっており、もはやヤフオク無在庫転売で稼ぐことは不可能です。

 

中には写真を工夫したり、出品数を絞ったり、一部を有在庫にすることで生き残ってる人もいますが、これも時間の問題です。

在庫を持つには資金がいるし、仕入れた商品が売れる保証はどこにもない。

 

長く続く余地があるのは、ネットショップを使った無在庫販売ビジネスだけです。

 

稼げなくなった賞味期限切れの手法を売り逃げする輩に騙されて、詐欺商材を掴まされないよう注意していきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

様々なツールが現れては消え、消えてはまた出てきました。

生き残っているツールやアプリはごく一部です。

 

私が紹介しているものですら、今後数年もしないうちに淘汰され、消えていくものが出てくるでしょう。

 

物販ビジネスの世界は変化が数ヶ月単位で訪れ、アップデートを余儀なくされます。

学び続け、変化に対応できるものだけが、生き残ります。

 

AIの特性を理解し、AIを活用する側に回って下さい。

そうすればあなたの可能性は、AIに使われている転売屋と比べた時に、比較にならないレベルで強固になっていきます。

 

普段から僕の発信を見てくれてる人には今更感のある話だったと思います。

ツールがあれば稼げるとか、どんだけ頭悪いんだよって感じですよね。

 

稼げない人ほどこういった小手先レベルテクニックで部分対処して何とかしようとします。

ビジネスとは人生を統括した仕組みであり、全てが繋がっています。

 

時間の使い方、マインドセット、ノウハウ。

これらが三位一体となって高次で成立して始めて大きな結果がついてくるのです。

 

表層をなぞっている頭の悪い人達はこれからもずっと稼げません。

一時的に稼げてすごいなーと思うかもしれませんが、稼げなくなるのも一瞬なので傍観していましょう。

勝手に自滅して消えていきますので。