バイマ転売で後発(初心者)が稼ぐ条件

バイマ後発

 


この記事の所要時間: 544

過去に何度か参入と撤退を繰り返していたバイマに最近再度参入しました。

飽和しているかな?と思ってリサーチをしているのですが、昔に比べて考える力が身についているせいか、ライバルがいない場所を攻めるという戦い方が実践できるようになりました。

1ヶ月以内にまずは最低5万円の利益を目指していくので、その実践の記録を残していきます。

 

バイマのコスパの悪さ

 

まず最初にバイマで副業を考えているのであれば、最初に取り組むべきでないことをお伝えします。

その理由として30万円を稼げるまでに時間がかかる事、強いライバルがいて後発ほど不利な市場であるからです。

そしてプラットフォームなのでいつアカウントが消されるわかりません。

 

結果が出るまで時間がかかり、稼げる期待値も低く、さらにはプラットフォーム。

これはしょっぱすぎますね。

 

ですから仕組みが作れて自動で50万、100万と稼げるようになってから参入をすればよいです。

 

後発が今からバイマをやる上で抑えるべきポイント

 

アパレルが飽和しにくい理由として、毎年新商品が出続けるというのがあります。

せどりのように過去の商品を何度も売るというイメージでもなく、アパレル以外の輸入転売のようにロングスパンで同じ商品をずっと売るという考え方ではない。

 

シーズンアイテムを限られた期間で販売して収益を稼ぐ超短期ビジネスなのです。

だからこそ飽和をしにくく、後発でも参入する余地が残っています。

 

では参入する上でどういった事を理解する必要性があるでしょうか?

 

まず最初に市場にいるユーザーです。

男性もいますが、女性がメイン。

 

男性を相手にするか、女性を相手にするかで販売すべき商材が変わってきます。

バイマ以外であればそこまでシビアに性別を考える必要はありません。

市場がデカイので性別に関係なく買ってくれるからです。

 

しかしアパレルの場合、属性が細分化されているため、入口の部分で誰がその商品を購入するのかしっかりと考えなければいけません。

 

次にトレンドです。

もしあなたが服の知識や流行について追いつけていないのであれば、勉強をする必要があります。

 

当たり前に主要雑誌に全て目を通し、海外の雑誌、メディアは全て見て追いついていかないと駄目です。

最先端のファッションを購入したいと思う人が集まるマーケットなので、販売する側である自分も最先端を知る必要があります。

 

逆に言うと勉強熱心な人であれば後発でも有利に戦っていけるとうことです。

アパレルせどりのように在庫を持つビジネスモデルではないので、あなたがやる事はリサーチをして見つけた商品の登録作業です。

 

集客と販売はバイマがやってくれます。

 

規約に最新の注意を払う

 

バイマは規約にとても厳しく、ちょっと油断するとすぐにアカウントを停止にしてきます。

それぐらい厳しくやっているからブランドが保持をされて、お客さんは安心をして購入ができるわけです。

 

仕入れが禁止されているサイトからの商品を登録しない。

ルールをしっかりと理解をして販売活動を続けていきましょう。

 

後発には不利な市場なので、これ一本でやるというよりはバイマでしか取れない期待値を取っていくというのが良いです。

 

そしてバイマで売れて季節に関係なくロングスパンで販売できる商品があれば、自分のネットショップでも販売していきましょう。

衣類だと販売期間も短くSEOが上がったときには在庫切れになってしまいます。

 

しかしSEOを上げたときに在庫が確保できる商品であればそこで利益確定をすることが出来ます。

 

無在庫転売で最も大事なことは流動性の確保です。

在庫は持たないのですから扱える商品数は常に無限です。

 

問題は売れたときに商品をお客様に提供できないこと。

ですからSEOを上げて商品を販売する際には流動性の確保が出来ることを事前に考えましょう。

 

バイマで収益を上げるコツ

 

僕の感覚ですが利益率としては15%〜20%ぐらいになるのではないかと感じます。

後発で有利な条件で買い付けが出来ない状態であれば、どうしても薄利多売にならざるを得ない感は否めません。

(だからこそコスパが悪いので後回しにしろと主張しています)

 

海外での買い付けにはミスタリーベーツを挟むことでCBを受けることが出来ます。

わずかではありますが、クレジットカードの手数料や利益率を高めることが可能になります。

 

ミスターリベーツの登録方法を日本語で解説(紹介コードあり)

 

より手数料を削減したい方はマネパカードを活用しましょう。

 

出品審査に落ちない

 

最初の出品は審査が入るので、それに落ちないように対策をします。

最大で4営業日かかるので、落とされないように未入力項目や、不鮮明な項目がないか注意をはらいます。

 

公式サイトやデパートからの仕入れであれば審査で問題出ることはまずないはずです。

 

審査に通り作業に慣れたら、外注さんを雇って自動化していきます。

自分の求める基準に達し、それを維持できる状態まで仕組みを作り込みましょう。

 

まとめ

 

後発で参入する方法を考えて来て、効率性まじで悪い市場だなーと。

短期ビジネスだし、リサーチして出品してを繰り返さないといけないので、放ったらかしと本質的に相性が悪いやり方だなって思います。

 

だからこそ最後の最後にやればいいと考えましたし、実際に最後になって再参入をしました。

 

稼ぎたい金額にもよりますけど、30万でいいならヤフオクが一番はやいです。

2ヶ月かからないで30万なら行くので。

 

100万、200万と数値目標を上げていくにあたって、作り込まれた仕組みや分散を考えねばなりません。

自動化を施して自分が自由になることで、より多くのことをこなしても破綻しない生活が手に入ります。

 

出来ることを増やし、収益化出来る場をいくつも持ち、何もしなくても儲かる状態を作り込む。

 

思うようにならなかったり、作った仕組みが崩壊する経験もするでしょう。

それでも続けていくことが出来る人だけが、永続的にお金を稼ぎ続けます。

 

 


細野をシェアする!!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.