ワウマの出店審査から開通までを解説

ワウマ転売

最終更新日

この記事の所要時間: 547

アマゾンやヤフオクと言ったプラットフォームは、結果が出るまでの速度が早く、短期ビジネスとの相性が抜群です。

しかし所詮は他人が作った市場でしかないので、運営者会社のさじ加減一つでアカウントが停止させられたり、削除されるというリスクが常にあります。

 

何度も伝えていますが、プラットフォームはあくまでも短期的な収益を得るための使うものです。

プラットフォームからの収入に頼って生活なんてただの博打ですし、ビジネスではありません。

 

プラットフォームに依存しなくても稼げるようにするために、自分のネットショップを作り、そちらで成約が常に出る状態を作ること。

ここを目指していきましょう。

 

今回はKDDIが運営するワウマというプラットフォームの審査を受けてから、審査に合格をするまでの流れをまとめます。

ワウマはAUのユーザーに自社の商品をPR出来る強みがあります。

AUが持っていたショッピングモールとDeNAが持っていたショッピングモールが一緒になってできたのがワウマなのです。

 

弱い者同士がくっついただけじゃねーかってツッコミも出来そうですが、儲かるチャンスが有るならそこに参入していくのが経営であります。

この記事を書いている時点であれば初期費用や月額利用料金を無料にしてくれるキャンペーンをやっているので、まずは登録だけして、稼げなかったら撤退をすればリスクフリーで出店が出来ます。

 

ワウマの利用料金と審査条件

 

ワウマに出店するためには入会金1万円に加え、月額利用料金4800円を支払う必要があります。

キャンペーンをやっている今であればこれらは期間限定ではありますが無料になります。

 

KDDIとしては出店を増やしたいので、無料で出店が出来るヤフーショッピングと同じ条件にしてどんどん出店をして欲しいと考えているようです。

と申しますのも、出店の申込みをしたら、携帯電話に速攻で営業から電話が来たので。

出店して欲しいんだなーって熱意を感じましたね。

 

ちなみに後述しますが、ユーザーを獲得しようと頑張っている割には審査は無駄に複雑で時間がかかります。

営業担当から電話もかかってきてちょっとめんどくさいです。

(メールで送ってこいと言ったらメール対応になりました)

 

出店には2つのプランがあり、シンプル出店プラントコミコミ出店プランというのがあります。

コミコミ出店で出店をさせようと向こうも誘導してきますが、コミコミ出店プランはクレジットカード決済会社と別途契約が必要です。

ペイジェントという会社なのですが、このペイジェントという会社はものすごく使い勝手が悪いです。

利用料金も高いので、僕は二度と利用したくありません。

 

ですからクソしょっぱいペイジェントと契約しなくて済む、シンプル出店プランで申し込みをしました。

 

クレカ決済がないことで成約率が落ちますが、最初からAUユーザーのキャリア決済しか狙っていません。

ワウマ一本で食べていこうと考えていたらペイジェントを入れますが、プラットフォーム分散の一環で取り組むのでコミット度合いはそれほど高くないのです。

 

そういった事もあり余計なサービスが付いてこないシンプル出店プランを選んでいます。

 

長期的に大量の商品を販売したい人には、コミコミ出店プランのほうが手数料は安くなります。

シンプル出店プランだと手数料が5.7%〜11.2%取られます。

アマゾンよりは安いけど、ヤフーショッピングと比べるとかなり高いです。

 

これがコミコミ出店プランになると、4.5%〜9%になります。

最初から維持費無料でクレカ決済とTポイントまで付けてくれるヤフーショッピングと比べるとこれでも見劣りしますよね。

 

正直な話、ワウマがヤフーショッピングを追い抜くことはないです。

楽天も今は安泰ですが、ヤフーショッピングに中期的には追い抜かれていくでしょう。

 

UIが使いにくいですし、手数料もバカ高いので、ヤフーショッピングに多くのお店が流出していると聞きます。

そりゃそうだよね。

コスパ悪くてSEOも大差ないなら安くてブランドや信用があるヤフーに行くに決まってます。

 

今は覇権を取っていても全く安心ができないのが日本のEC市場です。

 

家電、ブランド物販売禁止という謎の縛り

 

出店を申し込んでからもう1週間が経過したと思うのですが、なかなか開通のお知らせが来ないです。

ダメならダメで切ってくれていいのですが、対応が非常に鈍くさい。

 

まあこっちもやる気あんまないのでお互い様ですがw

 

そして出店時に販売する商品を家電に設定していたら、家電は出品できないと言われました。

シンプル出店だと嫌がらせされるんですかね。

 

今回のご出店では下記の商材がご出品頂けませんのでご確認ください。
 
1)ブランド品
2)家電
3)ゲーム機、ゲームソフト、DVD
4)海外製サプリメント
 
以上の商材についてはご出品頂けません。

 

出品できないなら申込時に項目作るなよって感じだったのだが、OKして変わりにおもちゃと時計を出しますと担当の人に伝えました。

 

ワウマでの販売戦略

 

すでにやってる人がいますけど、後発で参入して無在庫で販売をしていきます。

国内の在庫はもちろん、海外の商品も販売しつつ、アパレルなども扱っていく予定です。

 

AUのユーザーということでターゲットの特性をしっかりと理解し、彼らが好む商品を販売していく。

 

実践1ヶ月の収益目標としてはまず5万円です。

そして収益が安定するようであれば登録商品を増やしつつ、10万、20万と収益が上がる市場にしていきます。

 

他の市場で売れてるデータがある状態での参入になるので、商材選びで悩むことはありません。

外注さんに指示を出してコピペ出品させるだけですからね。

 

すぐに登録商品も100個、200個となるはずなので、1週間もせずに成約は出ていくでしょう。

1週間で成約が出なければユーザーがいないという事になるので、プラットフォームとしてはしょっぱすぎです。

 

その場合は60日間ほど様子を見て、伸びないようであれば損切りします。

維持費を払ってコスパが悪いプラットフォームに留まる理由はどこにもないですからね。

 

また進展があればこちらの記事は更新をしていきます。

 

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です