ヤフーショッピングで無在庫販売禁止。ツールの多様が要因か?

ヤフーショッピング

この記事の所要時間: 334

新規で出店をする際に審査がある、ヤフーショッピング。

ストアクリエイターやストアクリエイタープロで出店する際の審査が厳しくなっています。

 

この要因として考えられるのがツールを利用した大量に無在庫出品です。

Amazonに登録されている商品をコピーして一度に1万個単位で出品をする人が続出したことで、ヤフーは無在庫転売屋に対する規制を強化しました。

 

僕自身も登録している商品が削除されたり、他のお店と同じ商品を販売していのに規約違反と指摘され、誓約文の提出を求められました。

 

後発で入ってくる人に対して不利な条件にヤフーショッピングは切り上がっており、昔からやっている人は有利にヤフーショッピングで稼げる状態になっています。

 

今後の方向として、プラットフォームは短期ビジネスとの相性が良いこと。

これは今後も変わらないので利用をしていきます。

 

Amazon、ヤフオク、ヤフーショッピング。

この辺りは実践初日から報酬が発生をし、軌道に乗せやすいので、短期ビジネスとして非常に優れています。

 

しかしどこまで行っても所詮は短期ビジネスなので、これで独立とか、生計を建てようなんて思わないこと。

いつアカウントが停められるかわからないビジネスに依存するのはリスクが高すぎます。

博打と変わりませんから。

 

再現性を重視すればするほど大量のデータを扱い、ツールを活用することでしか太刀打ちができなくなりますが、市販されているツールに依存した瞬間にそのビジネスに未来はないと考えて下さい。

 

貴方と同じ戦法を何人の人が実践をするのか?

そしてお客さんは同じような商品が並んでいるのを見て、何を感じるのか?

 

人と同じことをやっているだけでは稼げないのはビジネスの基本です。

ツールに任せたビジネススキームはうまく行っている間は最短で莫大な収益をもたらしますが、ダメになるのも早い。

それを理解して活用しないといけません。

 

無在庫転売で稼ぐためにはある程度の商品登録は避けて通れません。

輸入無在庫であれば100個で10万円というのが期待値です。

 

ですから月に100万稼ぎたければ1000個の商品構成を回していく必要があるということ。

 

1日に100個出せば10日でこの水準には達しますが、出来ない人は1日に10個すら出せません。

 

だらだらやる人は一生稼げないのが無在庫転売の世界。

再現性はあるけど、だめな人は全然結果が出ないんですね。

 

でも自分を厳しく律して大量行動できる人は2ヶ月もせずに十二分な収益を稼げるようになっていきます。

 

ヤフーショッピングは数あるプラットフォームの一つであり、これがないと稼げないというものではありません。

しかしヤフーショッピングがある事で有利に稼げる場面があるのも事実。

だから使っていきます。

 

僕らはヤフオクもAmazonもイーベイもウーマ、自分のネットショップも全部使う。

全部やるから毎日色んな市場で商品が売れて安定して儲かるんです。

 

これがヤフオクだけー、Amazonだけーとかだと、アカウントが停止した瞬間に終わりですからね。

おっかなくてそんな博打やれません。

 

今後僕の見通しとして法人化をしてガチでビジネスに取り組む人に有利な時代が来ると考えています。

 

ヤフオクもストアアカウントにする事でアカウントヘルスを維持しやすくなりますし、ヤフーショッピングもストアクリエイタープロで作る。

そのために法人を作り、税金もしっかり払い、真剣にビジネスにコミットメントしている組織だとヤフーに理解してもらうこと。

 

これがヤフーショッピングの審査で落ちないための必要条件になってくると考えます。

個人でやる方でも事業届を出しておき、納税証明や他のモールでの実績をPRし、審査を受ける。

それでもダメならライト出品で取り組み、法人化出来るように頑張っていきましょう。

記事が参考になったり役立ったらクリックしてくれると嬉しいです




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください